水上勉

エンターテインメント

浅利香津代:卓越した演技力を持つ女優の生涯と功績

-劇団新人会と前進座での初期のキャリア- 浅利香津代は、劇団新人会で演劇のキャリアをスタートさせた。劇団新人会は、1938年に村山知義によって設立された劇団で、浅利は1942年に同劇団に参加した。劇団新人会では、リアリズム演劇や労働演劇を中心に活動し、浅利は数多くの舞台に出演した。 1945年、劇団新人会は解散し、浅利は前進座に参加した。前進座は、1931年に青山杉作によって設立された劇団で、左翼演劇やプロレタリア演劇を中心に活動していた。浅利は、前進座でも数多くの舞台に出演し、その演技力が評価された。 1948年、浅利は前進座を退団し、フリーランスの女優として活動を開始した。フリーランスになってからも、浅利は数多くの舞台に出演し、その活躍は続いた。 浅利香津代の劇団新人会と前進座での初期のキャリアは、彼女の演劇人生の基礎を築いた。浅利は、これらの劇団でリアリズム演劇や労働演劇、左翼演劇やプロレタリア演劇など、さまざまなジャンルの演劇を経験し、その演技力を磨いた。これらの経験が、浅利を日本を代表する女優の一人にしたのである。
作家

「早坂久子」

-早坂久子の人生と作品- 早坂久子は、1903年(明治36年)1月4日に北海道小樽市に生まれた小説家です。旧姓は谷崎。父は谷崎潤一郎、姉は谷崎 diku子です。 早坂は、幼い頃から文学に親しみ、1921年(大正10年)に東京帝国大学英文科に入学しました。しかし、翌年には中退し、早稲田大学文学部国文科に編入しました。 早坂は、1923年(大正12年)に早稲田大学を卒業した後、出版社に就職しました。その後、1928年(昭和3年)に小説家・早坂邦太郎と結婚し、1930年(昭和5年)に長女の早坂美智子を出産しました。 早坂は、1932年(昭和7年)に『暦』で芥川賞を受賞しました。この作品は、北海道の田舎町を舞台に、貧しい生活を送る少女の成長を描いたものです。 その後、早坂は『女の宿』『火の鳥』『冬の宿』『渡辺綱』『鳩とその影』『星と祭』『上海の街』など、数多くの小説を発表しました。 早坂の作品は、リアリズムと幻想主義を融合したもので、繊細な心理描写と美しい文体が特徴です。また、早坂は、社会問題や女性の生き方にも関心を持ち、作品の中でそれらを取り上げました。 早坂久子は、1980年(昭和55年)7月2日に77歳で亡くなりました。 -主な作品- * 『暦』(1932年) * 『女の宿』(1933年) * 『火の鳥』(1934年) * 『冬の宿』(1936年) * 『渡辺綱』(1937年) * 『鳩とその影』(1938年) * 『星と祭』(1939年) * 『上海の街』(1940年) * 『橋ものがたり』(1941年) * 『春の城』(1942年) * 『秋風吹く』(1943年) * 『冬に流れる川』(1944年) * 『雪の宿』(1945年) * 『晩夏』(1946年) * 『秋雨』(1947年) * 『冬構え』(1948年) * 『暮れ行く秋』(1949年) * 『冬の海』(1950年) * 『春風の宿』(1951年) * 『夏の宿』(1952年) * 『秋の宿』(1953年) * 『冬の宿』(1954年)
芸術家

美術評論家・窪島誠一郎とその功績

-# 窪島誠一郎の生涯と経歴 窪島誠一郎は、1924年に東京市赤坂区(現東京都港区)に生まれました。幼少期より絵画に興味を持ち、1943年に東京美術学校(現東京藝術大学)に入学しました。1947年に東京美術学校を卒業後、読売新聞社に入社し、美術記者として活躍しました。1955年に読売新聞社を退社し、美術評論家として独立しました。 窪島誠一郎は、1957年に「戦後美術史」を出版し、戦後の美術史を体系的に論じた最初の美術評論家として知られています。また、1960年代から1970年代にかけて、前衛芸術やポップアートなどの新しい美術動向をいち早く紹介し、日本の美術界に大きな影響を与えました。 窪島誠一郎は、1979年に第1回芸術選奨文部大臣賞を受賞し、1984年には紫綬褒章を受章しました。1994年に逝去するまで、美術評論家として活躍し、日本の美術界の発展に大きく貢献しました。 窪島誠一郎は、日本を代表する美術評論家で、その功績は高く評価されています。彼の美術評論は、鋭い洞察力と豊かな知識に裏打ちされており、日本の美術界に大きな影響を与えました。また、窪島誠一郎は、美術評論家としてだけでなく、美術教育者としても活躍し、多くの美術評論家や美術史家を育てました。
作家

小説「五番町夕霧楼」の主人公 – 片桐夕子

-夕子の人生- 片桐夕子は、小説「五番町夕霧楼」の主人公である。彼女は、明治時代の東京を舞台に、様々な困難に立ち向かいながら、強く生き抜いていく女性である。 -夕子の生い立ち- 夕子は、明治維新後に没落した旧華族の娘として生まれた。彼女は、幼い頃に両親を亡くし、兄妹とともに厳しい貧困生活を強いられた。そんな中、夕子は兄妹を養うために、芸者として働くことを決意する。 -夕子と五番町夕霧楼- 夕子は、五番町夕霧楼という料亭で芸者として働き始める。五番町夕霧楼は、政財界の要人たちが集まる高級料亭であり、夕子はそこで多くの著名人と出会うこととなる。 -夕子と辰巳栄一- 夕子は、五番町夕霧楼で働く中で、辰巳栄一という男性と出会い、恋に落ちる。辰巳は、夕子の人生に大きな影響を与えることになる人物であり、二人は様々な困難を乗り越えながら、愛を育んでいく。 -夕子の生き方- 夕子は、常に前向きで、どんな困難にも屈しない強い女性である。彼女は、芸者として働くことを決意した後も、兄妹を養うために必死に働き、貧困生活から抜け出すことに成功する。また、辰巳との愛を貫くため、周囲の反対を押し切って駆け落ちするなど、自分の信念を貫く強さを持っている。 -夕子の最期- 夕子は、明治40年、35歳の若さで亡くなる。彼女の死は、多くの読者から惜しまれた。夕子は、明治時代の女性が生き抜くことの厳しさを象徴する人物であり、彼女の生き方は現代の女性にも勇気と希望を与えている。