江戸の人

美術分野の人

岡田閑林とは?江戸時代後期の画家

岡田閑林の生涯と作品 岡田閑林は、江戸時代後期の画家です。1733年、現在の東京都港区に生まれ、1804年に亡くなりました。名は克、字は子訓、通称は次郎平、号は閑林、南渓、菊園、養竹園などがあります。 閑林は、幼い頃から絵を好み、狩野派の画家である狩野安信に師事しました。安信からは、狩野派の伝統的な画風を学び、高い技術を身につけました。 安信のもとでの修行を終えた後、閑林は江戸に出て、浮世絵師としての活動を始めました。浮世絵とは、江戸時代中期以降に流行した大衆向けの版画のことです。閑林は、浮世絵の風景画や美人画を得意とし、多くの作品を残しました。 閑林の作品は、写生を重視した写実的な画風で知られています。また、閑林は、中国の画風を取り入れたり、西洋の画法を取り入れたりなど、新しい表現に挑戦した画家としても知られています。 閑林の作品は、江戸時代の人々に親しまれ、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されています。閑林は、江戸時代の浮世絵を代表する画家のひとりとして高く評価されています。 閑林の代表作には、以下のものがあります。 * 「東都名所四季風景画巻」(1767年) * 「隅田川両岸図」(1768年) * 「吉原細見図」(1780年) * 「江戸名所図会」(1790年)など
文学分野の人

浅井寥和 – 江戸時代後期の俳人

浅井寥和の生涯 浅井寥和は、江戸時代後期の俳人です。1782年(天明2年)、江戸に生まれました。本名は秀蔵、通称は新七郎、寥和は雅号です。 寥和は、10代の時に俳諧を学び始め、20歳で俳諧師として独立しました。その後、江戸で俳諧の師匠として活躍し、多くの弟子を育てました。また、寥和は俳諧の評論家としても知られ、多くの俳諧論を発表しました。 寥和の俳諧は、写生を重んじた写実的な作風が特徴です。また、寥和は俳諧に庶民の生活や風俗を取り入れることを提唱し、俳諧を庶民の文学に近づけました。 寥和は、1859年(安政6年)に78歳で亡くなりました。寥和の死後、その功績を称えて、俳諧団体「寥和社」が設立されました。寥和社は、現在もなお俳諧の振興に努めています。
美術分野の人

-「高橋正次」

-# 高橋正次の生涯と経歴 -生い立ち- 高橋正次は、1894年に福岡県久留米市で生まれた。父は久留米藩の藩士で、母は地元の資産家の娘であった。正次は幼い頃から聡明で、1907年に久留米中学校を卒業した。その後、東京帝国大学法学部に進学し、1912年に卒業した。 -官僚生活- 正次は卒業後、大蔵省に入省した。正次は大蔵省で順調に出世し、1937年に主計局長、1940年に次官に就任した。正次は次官として、戦時経済の運営に辣腕を振るった。しかし、1944年に大蔵大臣に就任すると、戦局の悪化により、財政運営に苦心することとなった。 -戦後- 正次は戦後、公職追放の対象となった。しかし、1951年に追放が解除されると、政界に復帰した。正次は1952年に自由党から衆議院議員に当選し、1955年には岸信介内閣で経済企画庁長官に就任した。正次は経済企画庁長官として、戦後の経済復興に尽力した。 -晚年- 正次は1960年に政界を引退した。その後は、財界や学界で活躍した。正次は1982年に88歳で死去した。 -功績- 正次は、戦前・戦後の日本経済の発展に大きな功績を残した。正次は、戦時経済の運営や戦後の経済復興に尽力した。また、正次は、財界や学界でも活躍し、日本の発展に貢献した。
文学分野の人

「久津見吟市」について

-久津見吟市の生涯- 久津見吟市は、1922年(大正11年)2月20日に大分県別府市で生まれた。別府市鶴見尋常小学校(現・別府市立亀川小学校)、旧制大分県立大分中学校(現・大分県立大分上野丘高等学校)を経て、1943年(昭和18年)に東京帝国大学医学部を卒業した。 卒業後は別府市内の病院に勤務し、1947年(昭和22年)に別府大学医学部が開設されると、同大学の教授に就任した。1963年(昭和38年)には、別府大学医学部長に就任した。 久津見吟市は、1972年(昭和47年)に別府大学学長に就任し、1980年(昭和55年)までその任にあった。学長在任中は、別府大学のキャンパスを拡張し、新校舎を建設するなど、大学の整備に尽力した。 久津見吟市は、1983年(昭和58年)に別府大学学長を退任した後も、別府市医師会会長や別府大学名誉教授として、医療の発展と地域社会の発展に貢献した。 久津見吟市は、2018年(平成30年)12月28日に死去した。享年96歳。
学術分野の人

人物事典-「西島蘭渓」

# 人物事典-「西島蘭渓」 - 概要 西島蘭渓(にしじま らんけい、1871年6月26日 - 1939年1月15日)は、日本の宗教家、教育者、社会運動家。浄土真宗の僧侶であり、仏教ジャーナリズムの草分けである。西本願寺派の僧侶西島淳一の長男として、京都府京都市下京区に生まれる。本名は、瑞應。幼名は、清吉。 蘭渓は、1894年に東京帝国大学哲学科を卒業後、西本願寺派の僧侶となった。その後、米国に留学し、1901年にシカゴ大学で社会学の博士号を取得した。帰国後は、西本願寺派の機関紙である「仏教時報」の主筆を務め、仏教ジャーナリズムの草分けとなった。 蘭渓は、仏教の近代化を推進し、仏教を社会に役立つものにすることを目指した。1906年に、慈善団体である「仏教社会事業会」を設立し、貧困者や病人の救済活動を行った。また、1911年には、私立の仏教専門学校である「興亜仏教学校」を設立し、仏教徒の教育に尽力した。 蘭渓は、社会運動にも積極的に参加した。1912年には、社会主義政党である「日本社会党」に入党し、労働者の権利向上を目指した運動を行った。また、1918年には、反戦運動である「非戦同盟」に参加し、戦争反対を訴えた。 蘭渓は、仏教の近代化と社会運動に尽力した先駆者であり、その功績は今日でも高く評価されている。
文学分野の人

– 松井宗瑞

松井宗瑞の生涯と功績 松井宗瑞は、戦国時代の武将・大名です。天正15年(1587年)に織田信長に仕え、本能寺の変後には豊臣秀吉に仕えました。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍に属して徳川家康と戦いましたが、敗戦して自害しました。 松井宗瑞は、播磨国出身です。父は松井宗賢、母は三好長慶の娘です。幼名は長安丸といい、元服後に宗瑞と名乗りました。 天正15年(1587年)、松井宗瑞は織田信長に仕えました。信長は、宗瑞の才能を高く評価し、重用しました。宗瑞は、信長の九州平定や四国平定に参陣し、功績を挙げました。 本能寺の変後、松井宗瑞は豊臣秀吉に仕えました。秀吉は、宗瑞の功績を賞し、大名に取り立てました。宗瑞は、播磨国姫路城を居城とし、20万石を領有しました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こりました。宗瑞は、西軍に属して徳川家康と戦いました。しかし、西軍は敗北し、宗瑞は自害しました。 松井宗瑞は、戦国時代の名将として知られています。宗瑞は、優れた軍略家であり、また、政治家としても手腕を発揮しました。宗瑞の死は、豊臣政権にとって大きな痛手となりました。
美術分野の人

溝口源谷について

溝口源谷とは? 溝口源谷は、石川県白山市〜富山県南砺市にまたがる白山国立公園内にある谷です。 白山国立公園は、岐阜県、石川県、福井県、富山県にまたがる日本最大級の国立公園です。 白山国立公園の魅力は、その豊かな自然景観と多様な動植物です。 白山国立公園には、白山、御嶽山、乗鞍岳など、標高3,000メートル級の山々が連なる白山連峰があり、日本一深い谷である黒部峡谷や、日本三大名瀑に数えられる称名滝など、壮大な自然景観を誇ります。 また、白山国立公園には、ライチョウ、クマゲラ、ニホンカモシカなど、貴重な動植物が生息しています。 溝口源谷は、白山国立公園の中でも特に景観に優れた谷として知られており、国の天然記念物に指定されています。 溝口源谷の魅力は、その美しいエメラルドグリーンの水と、奇岩怪石が連なる景観です。 溝口源谷の水は、白山の雪解け水が長い年月をかけて浸透し、ろ過されたもので、とても澄んでいます。 また、溝口源谷には、奇岩怪石が連なっており、その景観はまるで水墨画のようです。 溝口源谷は、ハイキングやトレッキングのコースとしても人気があり、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。
芸能分野の人

五明楼玉輔(初代)

-五明楼玉輔(初代)- -五明楼玉輔の生涯- 五明楼玉輔(初代)は、江戸時代中期の歌舞伎役者です。1716年(享保元年)に江戸で生まれ、1796年(寛政8年)に亡くなりました。本名は山本与兵衛です。 玉輔は、1732年(享保17年)に中村座で初舞台を踏み、1746年(延享3年)に五明楼を襲名しました。玉輔は、優れた演技力と端正な容姿で人気を博し、江戸歌舞伎の代表的な役者の一人となりました。 玉輔は、1752年(宝暦2年)に、市川海老蔵(初代)と中村七三郎(初代)とともに、中村富十郎(初代)を襲名しました。しかし、富十郎は性格的に裏方に向いていないとの判断で、わずか1か月で返上し、再び玉輔を名乗りました。 玉輔は、1772年(安永元年)に、中村座の座頭となりました。そして、1781年(天明元年)に、大河原勘九郎が設立した桐座の座頭にも就任しました。玉輔は、江戸歌舞伎の発展に大きな貢献を果たした人物として知られています。 玉輔は、1796年(寛政8年)に亡くなりました。享年81歳でした。玉輔の死は、江戸歌舞伎界に大きな衝撃を与えました。 玉輔は、優れた演技力と端正な容姿で人気を博した歌舞伎役者でした。また、江戸歌舞伎の発展に大きな貢献を果たした人物としても知られています。
美術分野の人

谷文二 – 江戸時代後期の画家

- 谷文二の生涯 谷文二は、江戸時代後期に活躍した画家であり、浮世絵の名匠として知られています。文化2年(1805年)に江戸の深川の魚河岸に生まれました。文二という名前は、本名の谷林蔵の逆から付けられたものです。 文二は幼い頃から絵に興味を持ち、11歳の時に、当時人気を博していた浮世絵師・喜多川歌麿の弟子になりました。歌麿のもとで、浮世絵の制作技術を学び、早くから才能を発揮しました。 文化11年(1814年)、文二は19歳の時に歌麿が亡くなったため、師匠を亡くしてしまいます。その後、文二は歌麿の弟子だった葛飾北斎のもとで学びましたが、北斎のもとをすぐに離れて、独自の画風を確立していきました。 文二は、歌麿や北斎の影響を受けながらも、独自の画風を確立しました。文二の絵は、細部まで丁寧に描き込まれた写実的な描法が特徴です。また、文二は、美人画や役者絵、風景画など、さまざまなジャンルの絵を描きました。 文二は、浮世絵師として活躍する傍ら、画塾を開いて、多くの弟子を育てました。その中には、歌川国芳や月岡芳年など、後に浮世絵師として活躍する人物も含まれています。 文二は、安政4年(1857年)に52歳の生涯を閉じました。しかし、文二の絵は、その後の浮世絵の発展に大きな影響を与え、現在でも多くの人々に愛されています。
学術分野の人

の菊池南洲

-菊池南洲の生涯- 菊池南洲は、江戸時代末期から明治時代にかけての政治家、思想家です。諱は容。通称は直助、名は寛。南洲は号で、別号に梧軒があります。 菊池南洲は、文政9年(1828年)、肥後国菊池郡隈府村(現・熊本県菊池市隈府)に、菊池家の家臣・菊池直寿の長男として生まれました。幼名は熊太郎。 7歳の時に父を失い、叔父・菊池寛蔵の養子となります。13歳の時に、藩校・時習館に入学。18歳の時に、江戸に遊学して、昌平坂学問所や蕃書調所などで学びました。 25歳の時に、薩摩藩主・島津斉彬の命を受けて、鹿児島に留学。島津斉彬に認められ、藩政改革に参画しました。 31歳の時に、薩摩藩の参政に就任。藩政改革を断行し、薩摩藩を近代化しました。 39歳の時に、薩摩藩の督事となって、京都に上洛。公武合体運動を推進しました。 44歳の時に、薩摩藩の参議に就任。明治維新に際して、薩摩藩の総督として、戊辰戦争を指揮しました。 46歳の時に、明治政府の参与に就任。新政府の建設に尽力しました。 48歳の時に、西南戦争で戦死しました。 菊池南洲は、幕末から明治維新にかけて、日本の近代化に大きく貢献した人物です。
歴史上の人物

丹羽雲気- 江戸時代中期の儒者

- 丹羽雲気の生涯 丹羽雲気は、江戸時代中期の儒学者です。丹羽雲気は、1719年に美濃国(現在の岐阜県)に生まれました。幼少期から聡明で、10歳の頃にはすでに儒学の素養を身につけていました。15歳の頃には、京都に遊学して、儒学を学びました。 その後、丹羽雲気は江戸に出て、昌平黌の儒官となりました。昌平黌は、徳川幕府が設置した儒学の研究機関であり、当時の日本における儒学の中心地でした。丹羽雲気は、昌平黌で儒学を講義し、多くの弟子を育てました。 丹羽雲気の儒学は、朱子学を基盤としたものでしたが、独自の思想も取り入れていました。丹羽雲気は、人間の本性を善であると主張し、人間は努力することによって、その善性を発揮することができると考えました。また、丹羽雲気は、儒学を政治に活用することができると考え、儒学に基づいた政治を行うことを主張しました。 丹羽雲気の儒学は、当時の江戸幕府の政策に大きな影響を与えました。江戸幕府は、丹羽雲気の儒学に基づいて、教育政策や社会政策を行い、社会の安定を図りました。 丹羽雲気は、1790年に亡くなりました。享年72歳でした。丹羽雲気の死後も、その儒学は長く日本の思想界に影響を与え続けました。
美術分野の人

華道家貞月斎一堤について

貞月斎一堤の生涯 貞月斎一堤は、1800年(寛政12年)に京都で生まれ、1873年(明治6年)に同地で没した華道家です。本名は、市村貞次郎。通称は、市村孫三郎。号は、貞月斎一堤、市村一堤、飛龍斎貞月斎など。 貞月斎一堤は、華道家であった父、市村貞次郎のもとで華道を学び、1820年(文政3年)に家督を継いで二代目を襲名しました。その後、京都の華道界で活躍し、1840年(天保11年)には、朝廷から「御花御用掛」を拝命しました。 貞月斎一堤は、華道において、直線的な構図を好みました。また、花材の組み合わせや、花器の配置に工夫を凝らし、斬新な作品を生み出しました。その華道は、当時の人々から高く評価され、多くの弟子を輩出しました。 貞月斎一堤は、華道家としてだけでなく、俳人としても活躍し、数多くの俳句を詠みました。その俳句は、花や自然を題材としたものが多く、その繊細な感性と豊かな表現力がうかがえます。 貞月斎一堤は、華道界に大きな足跡を残した華道家であり、その作品は今日でも多くの人々から愛されています。
文学分野の人

八巣謝徳:幕末・明治時代の俳人

-八巣蕉雨の弟子- 八巣謝徳は、幕末・明治時代の俳人です。蕉風俳諧の復興に努めたことで知られています。謝徳には多くの弟子がいましたが、その中でも特に有名なのが八巣蕉雨です。蕉雨は、謝徳の俳風を継承し、さらに発展させました。蕉雨の弟子には、松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶など、後の俳句界を代表する俳人が輩出しています。 蕉雨は、1753年に越後国に生まれました。17歳の時に谢徳に弟子入りし、俳諧を学びました。蕉雨は、谢徳の俳風を忠実に継承し、その技巧を極めました。1789年に謝徳が亡くなると、蕉雨が谢徳の跡を継いで八巣派を率いることになりました。 蕉雨は、谢徳の俳風をさらに発展させ、独自の俳風を確立しました。蕉雨の俳句は、写生を重んじ、自然をありのままに描写しています。また、蕉雨は滑稽や洒落を好んで用い、ユーモアのある俳句を多く残しています。蕉雨の俳句は、その清新な感覚とユーモアで多くの読者を魅了しました。 蕉雨は、1833年に亡くなるまで、俳諧の復興に努めました。蕉雨の弟子には、松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶など、後の俳句界を代表する俳人が輩出しています。蕉雨は、謝徳の俳風を継承し、さらに発展させた偉大な俳人です。 -蕉雨の弟子たち- 蕉雨の弟子には、松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶など、後の俳句界を代表する俳人が輩出しています。 * -松尾芭蕉- 松尾芭蕉は、1644年に滋賀県に生まれました。17歳の時に蕉雨に弟子入りし、俳諧を学びました。芭蕉は、蕉雨の俳風を忠実に継承し、その技巧を極めました。1680年に蕉雨が亡くなると、芭蕉が谢徳の跡を継いで蕉風俳諧を復興させました。芭蕉は、俳諧の聖祖と呼ばれ、その俳句は多くの人々に愛されています。 * -与謝蕪村- 与謝蕪村は、1697年に京都府に生まれました。20歳の時に蕉雨に弟子入りし、俳諧を学びました。蕪村は、蕉雨の俳風を継承し、さらに独自の俳風を確立しました。蕪村の俳句は、写生を重んじ、自然をありのままに描写しています。また、蕪村は絵画も得意で、俳画を多く残しています。蕪村の俳句と俳画は、その清新な感覚とユーモアで多くの読者を魅了しました。 * -小林一茶- 小林一茶は、1763年に信濃国に生まれました。17歳の時に蕉雨に弟子入りし、俳諧を学びました。一茶は、蕉雨の俳風を継承し、さらに独自の俳風を確立しました。一茶の俳句は、庶民の生活や心情を詠んだものが多く、そのユーモアと人情味で多くの読者に親しまれています。一茶は、俳聖と呼ばれ、その俳句は多くの人々に愛されています。
文学分野の人

小栗旨原 – 江戸時代中期の俳人

-清水超波に師事- 小栗旨原は、清水超波の俳門に入門し、その指導を受けました。超波は、江戸時代中期の俳諧師で、江戸座の座元を務めた人物です。旨原は、超波のもとで俳諧の作法や技法を学び、俳諧の道を歩み始めました。 超波は、蕉風を継承する俳諧師であり、蕉門の伝統を重んじました。旨原もまた、蕉風の俳諧を学び、超波から蕉風を継承しました。旨原の俳諧は、蕉風を基本としつつも、独自の工夫を加えたもので、蕉風を新たな段階に発展させました。 旨原は、超波のもとで俳諧を学びながら、江戸の俳壇で活躍しました。旨原は、江戸座の座元として、江戸の俳壇を牽引する役割を果たしました。また、旨原は、多くの俳人を指導し、俳諧の普及に努めました。 超波の指導を受けた旨原は、江戸時代中期の俳壇を代表する俳人として活躍しました。旨原の俳諧は、蕉風を継承しながらも、独自の工夫を加えたもので、江戸の俳壇に大きな影響を与えました。
文学分野の人

「徳山斎牛呑」

徳山斎牛呑とは 徳山斎牛呑とは、江戸時代中期に活躍した日本の俳人です。名は牛呑、本名は徳山文晁。京都生まれ。 徳山斎牛呑は、1723年(享保8年)に京都に生まれました。父親は公家でしたが、牛呑は家を継がず、15歳で俳諧の道に入りました。 牛呑は、当初は、麻生惟八郎に師事しましたが、その後、加舎白雄に師事しました。白雄からは、俳諧の基礎を学びました。 1748年(寛延元年)には、江戸に遊学しました。江戸では、与謝蕪村や小林一茶など、当時の著名な俳人と交流し、俳諧の腕を磨きました。 1751年(宝暦元年)には、京都に戻り、俳諧の塾を開きました。塾には、多くの弟子が集まり、牛呑は、俳諧の師として活躍しました。 また、牛呑は、俳諧の評論活動にも力を入れました。1763年(宝暦13年)には、俳諧の評論書「花実奇論」を出版しました。この評論書は、俳諧の理論をわかりやすく解説したもので、当時の俳人たちに大きな影響を与えました。 牛呑は、1798年(寛政10年)に76歳で亡くなりました。 牛呑は、俳諧の分野で大きな功績を残した俳人です。牛呑の俳諧は、自然を詠んだものが多く、その俳句は、清涼感があり、読む人の心を癒します。 牛呑の俳諧は、今でも多くの人々に親しまれています。
学術分野の人

鳥取大武-江戸時代後期の儒者に学ぶ

鳥取大武の人物像 鳥取大武(とりとみおおはたけ、1820-1850)は、江戸時代後期の儒学者、教育者です。通称は七郎右衛門、字は君儀、号は復堂。備後国福山市(現・広島県福山市)出身で、備後広島藩(現・広島県広島市)藩主浅野家のお抱え学者として仕えました。 大武は、幼少期から学問を好み、広島藩の藩校である修道館で学びました。修道館では、朱子学を学び、その才能を認められました。 その後、大武は江戸に出て、儒学者の中村正直(なかむらまさなお)に師事しました。中村正直は、幕末維新期の思想家として知られ、大武に大きな影響を与えました。 大武は、中村正直から、朱子学に加えて、陽明学や西欧思想を学び、独自の思想を形成していきました。大武の思想は、幕末維新期の思想に大きな影響を与えました。 大武は、1850年に30歳の若さで亡くなりましたが、その短い生涯の中で、多くの業績を残しました。大武の業績には、以下のものがあります。 * 朱子学、陽明学、西欧思想を融合した独自の思想を形成した。 * 幕末維新期の思想に大きな影響を与えた。 * 藩校の修道館で教鞭をとり、多くの弟子を育てた。 * 多くの著書を残した。 大武の思想は、幕末維新期の思想に大きな影響を与えました。大武の思想は、尊王攘夷運動や倒幕運動の思想的支柱となりました。 大武の思想は、現代にも通じるものです。大武の思想は、自由と平等、民主主義の思想を強調しています。大武の思想は、現代社会の課題を解決するヒントを与えてくれるものです。
文学分野の人

沢田東里 – 江戸時代後期の書家

沢田東里の生涯 沢田東里は、江戸時代後期の書家である。名は賢、字は子康、通称は覚之助、号は東里、別号に花雨亭、滌硯斎などがある。大坂生まれ。 東里は、幼少の頃から書を好んだ。12歳のときに、書家・河野美徳に入門し、書道を学ぶ。その後、京都に出て、書家・松波余勺に師事する。 東里は、松波余勺から、篆書・隷書・楷書・行書・草書など、あらゆる書体を学び、その才能を発揮した。特に、草書に優れ、その書風は「東里草書」と呼ばれ、賞賛された。 東里は、書家としてだけでなく、画家としても活躍した。また、詩文にも優れ、多くの詩文を残している。 東里は、安政5年(1858年)に亡くなった。享年67。 東里の書は、現在でも多くの書道愛好家に愛されており、その書風は「東里流」として受け継がれている。
美術分野の人

畠中西岳と江戸時代の書道

畠中西岳の生涯 畠中西岳は、江戸時代中期の書道家で、江戸の三筆の一人。1684年(貞享元年)に、江戸牛込に生まれる。本名は畠中省。字は子淵。号は西岳、成斎、下台山人など。 西岳は、幼少の頃から書を学び、13歳の時に、烏丸光広に師事。また、歌川広重、谷文晁、長谷川等伯らの絵画にも影響を受け、書画一体の作品を多く残した。 1716年(享保元年)、23歳の時に、江戸幕府の書道方となり、1729年(享保14年)には、将軍徳川吉宗の命により、東叡山寛永寺に「般若心経」を揮毫した。他にも、小石川にある伝通院には「六地蔵尊真言」、「般若心経」が、江戸城西の丸には「論語」が収蔵されている。 西岳は、1756年(宝暦6年)、73歳の時に、江戸で没した。墓所は、東京都文京区にある浄輪寺。 西岳の書は、力強く伸びやかで、自由奔放な筆致が特徴である。また、書の中に絵画的な要素を取り入れた「画書」を得意とし、江戸時代中期を代表する書道家として、現在でも高い評価を受けている。
美術分野の人

葛飾雷周:江戸時代後期の浮世絵師

葛飾雷周の生涯と経歴 葛飾雷周は、江戸時代後期の浮世絵師です。葛飾北斎の門下で、北斎の娘であるお栄を妻とするなど、北斎と親密な関係にありました。雷周は、風景画や美人画、武者絵など、さまざまなジャンルの作品を残しましたが、特に風景画に優れ、「葛飾の風景画家」とも呼ばれています。 雷周は、寛政10年(1798年)に、江戸の浅草で生まれました。本名は、喜多川泰次郎(やすじろう)と言い、幼い頃から絵を学ぶことを好み、15歳の頃には、葛飾北斎の門下に入りました。北斎のもとで、浮世絵の技法を習得し、北斎の娘であるお栄と恋に落ちて、結婚しました。 雷周は、北斎の門下の中で、特に風景画に秀でており、北斎の風景画の技法を受け継ぎ、独自の画風を確立しました。雷周の風景画は、構図が雄大で、筆遣いが繊細で、写実性に優れています。また、雷周は、美人画や武者絵も得意としており、その作品は、江戸の人々から人気を集めました。 雷周は、天保11年(1840年)に、43歳の若さで亡くなりました。その突然の死は、多くの謎を残しており、現在もその死因は解明されていません。しかし、雷周の作品は、今もなお多くの人々に愛されており、彼の功績は、浮世絵の歴史において重要なものとなっています。
美術分野の人

村上如竹 – 江戸時代の装剣金工の祖

村上如竹の生涯と作品 村上如竹は、江戸時代初期の装剣金工の祖として知られる人物です。諱は金左衛門、号は如竹斎。越後国三条に生まれ、京に住んで刀装具を製作しました。 如竹は、初めは刀工として活躍していましたが、後に装剣金工に転向しました。如竹の装剣金工としての作品は、斬新なデザインと精巧な細工で知られています。特に、如竹が得意とした「鐺」は、その美しさで知られています。 如竹の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館に所蔵されています。また、如竹の作品は、刀装具の収集家にとって垂涎の的となっています。 如竹は、江戸時代初期の装剣金工を代表する人物であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。 如竹は、晩年に三条に戻り、80歳で生涯を閉じました。如竹の死後、その作品は弟子たちによって受け継がれ、江戸時代の装剣金工の発展に大きな影響を与えました。
学術分野の人

「横田乾山」

-# 横田乾山の生涯 横田乾山(1663年 - 1745年)は、江戸時代の陶芸家。江戸を代表する陶芸家で、京焼の伝統に学びながら、独自の技法を生み出した。乾山の作品は、華やかさと繊細さを兼ね備え、多くの陶磁器愛好家から親しまれている。 乾山は、京都の富裕な商家に生まれた。幼い頃から絵画を学び、17歳の時に京焼の窯元である粟田焼の弟子となった。粟田焼で陶芸の基礎を学び、その後、京焼の巨匠である尾形乾山のもとで修行を積んだ。 乾山は、尾形乾山の元で陶芸の技法を学びながら、独自の絵画技法も習得した。乾山の絵画は、華やかで繊細な花鳥画を得意とし、陶磁器に描かれることで、一層華やかな印象を与えている。 乾山は、尾形乾山の元で修行を積んだ後、独立して陶芸家として活動を開始した。乾山の作品は、京焼の伝統に学びながら、独自の技法を生み出したことで、多くの陶磁器愛好家から高く評価された。乾山の作品は、江戸城にも納められ、徳川将軍家からも愛好されていた。 乾山は、陶芸家としてだけでなく、茶人としても知られていた。乾山は、茶の湯を好み、茶道具の収集や茶会の開催に熱心に取り組んでいた。乾山の茶道具は、華やかさと繊細さを兼ね備えたもので、多くの茶人から親しまれていた。 乾山は、1745年に83歳で亡くなった。乾山の作品は、現在でも多くの陶磁器愛好家から親しまれており、美術館や博物館に所蔵されている。また、乾山の作品は、オークションに出品されると高値で落札されることもある。
文学分野の人

牧冬映(初代)

牧冬映(初代)の生涯 牧冬映(初代)は、1907年(明治40年)に北海道函館市に生まれました。 幼少期から柔道に親しみ、1926年(大正15年)に上京して講道館に入門。 1930年(昭和5年)に初段を取得し、その後も着実に技量を上げ、1934年(昭和9年)に五段、1937年(昭和12年)に六段を取得しました。 1940年(昭和15年)に講道館師範代に就任し、1945年(昭和20年)には七段を取得しました。 戦後は、講道館の復興に尽力し、1950年(昭和25年)に八段を取得、1956年(昭和31年)に九段を取得しました。 1961年(昭和36年)に講道館館長に就任し、1980年(昭和55年)まで務めました。 在任中は、柔道の普及と発展に努め、1964年(昭和39年)の東京オリンピックでは柔道が正式競技として採用されました。 また、1975年(昭和50年)には、講道館を日本武道館に移転し、柔道の聖地として整備しました。 1984年(昭和59年)に、10段を授与されました。 1993年(平成5年)に、講道館名誉館長に就任しました。 2000年(平成12年)に、93歳で死去しました。 牧冬映(初代)は、柔道の発展に貢献した偉大な人物であり、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

中川南山-江戸時代後期の書家

中川南山の生い立ちと経歴 中川南山は、江戸時代後期の書家である。名は恕、字は子石、号は南山、南山子、一柳荘、半園、雲華。将監、安芸守、大膳亮を称した。 中川南山は、安永元年(1772年)に京都で生まれた。家は代々医者であり、父は中川敬道を名乗っていた。南山は幼い頃から書道を好み、10歳の頃には既に書の名声があったという。 南山は、初めは宋代の書家である蘇軾の書を学んでいたが、後に明代の書家である董其昌の書に傾倒した。董其昌の書は、流麗で優雅な書風であり、南山は董其昌の書を学んでその書風を自分のものとした。 南山は、書道以外にも詩文に優れており、文人画家としても活躍した。南山は、京都の詩文人グループである「南画文人会」の一員であり、与謝蕪村や頼山陽などの文人と交友があった。また、南山は絵画も得意であり、董其昌の画風に影響を受けた山水画を描いた。 南山は、文政元年(1818年)に57歳で没した。南山は、江戸時代後期の書道界を代表する書家であり、その書風は多くの書家に影響を与えた。
美術分野の人

狩野一信 - 江戸時代後期の画家

-狩野一信の生涯- 狩野一信は、江戸時代後期の画家です。1607年、京都に生まれ、1668年に亡くなりました。狩野派の四大家の一人に数えられます。 一信は、狩野探幽の弟子として絵を学びました。探幽は、狩野派の祖である狩野正信の玄孫であり、狩野派の大家として知られていました。一信は、探幽から絵画の基礎を学び、その才能を伸ばしました。 探幽の死後、一信は狩野派の当主となりました。一信は、狩野派の伝統を守りながら、新しい絵画のスタイルを創造しました。一信の絵画は、繊細で優美な筆致と、華やかな色彩が特徴です。 一信は、狩野派の主要な作品である「障壁画」を多く残しました。障壁画とは、襖や屏風に描かれた絵画のことです。一信の障壁画は、京都の二条城や、東京の上野公園にある東京国立博物館に所蔵されています。 一信は、狩野派の画家としてだけでなく、書家としても知られています。一信の書は、力強い筆致と、雅やかな雰囲気で人気を博しました。一信の書は、京都の東福寺や、東京の國立新美術館に所蔵されています。 一信は、江戸時代後期を代表する画家であり、書家です。一信の作品は、その繊細で優美な筆致と、華やかな色彩で、人々を魅了しています。