江戸時代中期の大名

歴史上の偉人

松平信将 – 江戸時代中期の大名

松平信将の生い立ちと家系 松平信将は、江戸時代中期の大名であり、上野国高崎藩の藩主を務めました。1706年(宝永3年)に、信綱の三男として江戸で生まれました。信綱は、徳川家康の孫娘である松平勝姫と日根野弘次の娘である高岡平政の娘を妻としており、信将は庶子として生まれました。 信将の生家は、三河国岡崎藩の第2代藩主である松平忠吉の次男である松平信綱の三男として生まれました。信綱は、徳川家康の孫娘である松平勝姫と日根野弘次の娘である高岡平政の娘を妻としており、信将は庶子として生まれました。 信将の祖父である信綱は、1644年(正保元年)に高崎藩主となり、1668年(寛文8年)に死去しました。信綱の嫡男である信明が家督を継ぎますが、1685年(貞享2年)に死去しました。信明の死後、信将の父の信綱の次男である信輝が家督を継ぎましたが、1699年(元禄12年)に死去しました。 信輝の死後、信将が家督を継ぎ、高崎藩主となりました。信将は、1726年(享保11年)に病気を患い、1728年(享保13年)に死去しました。信将の死後、信将の弟である信興が家督を継ぎました。
歴史上の偉人

松平清武-江戸時代中期の大名

松平清武の生涯と功績 松平清武は、江戸時代中期の大名であり、越後国高田藩の初代藩主です。徳川家康の異母弟である松平康元の次男として生まれ、1675年に高田藩主となります。清武は、藩政改革を行い、高田藩の財政を安定させました。また、学問を奨励し、藩士に儒教を学ばせました。清武は、1724年に亡くなり、跡を長男の清輝が継ぎました。 松平清武の生涯と功績を、以下にまとめます。 * 1622年(元和8年)に徳川家康の異母弟である松平康元の次男として生まれる。 * 1638年(寛永15年)に徳川家光の近習となる。 * 1649年(慶安2年)に越後国高田藩の藩主となる。 * 1675年(延宝3年)に藩政改革を行い、高田藩の財政を安定させる。 * 1684年(貞享元年)に学問を奨励し、藩士に儒教を学ばせる。 * 1695年(元禄8年)に江戸幕府の老中となる。 * 1724年(享保9年)に亡くなる。 松平清武は、高田藩の財政を安定させ、学問を奨励した名君でした。清武の功績は、高田藩の発展に大きく貢献しました。
歴史上の偉人

水野忠見

- 水野忠見の生涯 水野忠見は、江戸時代の安土桃山時代から江戸時代にかけての武将、大名である。徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いで功績を挙げ、越後高田藩の初代藩主となった。 水野忠見は、永禄3年(1560年)に三河国で生まれた。父は織田信長の家臣である水野信元である。信元は、永禄6年(1563年)に織田信長と対立し、三河国を追放された。忠見は、父とともに三河国を脱出し、徳川家康に仕えた。 徳川家康に仕えた忠見は、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで初陣を果たした。その後も、徳川軍の主力として各地を転戦し、小田原征伐、関ヶ原の戦いなどで功績を挙げた。 関ヶ原の戦いの後、忠見は越後高田藩の初代藩主となった。高田藩の藩政に努め、領内の開発、治安の維持、産業の振興に尽力した。また、儒教を奨励し、藩校である「養浩館」を創設した。 忠見は、元和2年(1616年)に死去した。享年57歳。忠見の死後、高田藩は子の水野勝成が継いだ。 水野忠見は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いで功績を挙げ、越後高田藩の初代藩主となった。忠見は、高田藩の藩政に努め、領内の開発、治安の維持、産業の振興に尽力した。また、儒教を奨励し、藩校である「養浩館」を創設した。忠見は、元和2年(1616年)に死去した。享年57歳。
歴史上の偉人

「井伊直定」

-「井伊直定」- -井伊直定の生涯- 井伊直定(いいなおさだ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。徳川家康の家臣。井伊氏17代当主。遠江国井伊谷城主。 -生い立ち- 直定は、永正10年(1513年)、井伊直盛の長男として遠江国井伊谷城に生まれた。父・直盛は、徳川家康の祖父である松平広忠に仕えていた武将であった。直定は、幼い頃から武芸に秀でており、家康と同い年であったことから、家康とは親友同士であった。 -家康の家臣となる- 永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで今川義元が討死すると、家康は織田信長に臣従した。この時、直定も家康に従い、家康の家臣となった。直定は、家康の側近として活躍し、数々の戦いで功績を挙げた。 -井伊谷城の戦い- 天正10年(1582年)、徳川家康が本能寺の変で織田信長が討たれたことを知ると、武田勝頼と同盟して信長の後継者である織田信雄と戦った。この時、直定は、井伊谷城に籠城して武田軍の攻撃を耐え抜いた。しかし、武田軍は家康の軍勢に敗れ、直定は井伊谷城を放棄して逃亡した。 -織田信雄との戦い- 本能寺の変の後、織田信雄は家康と敵対した。天正13年(1585年)、家康は信雄を攻撃し、小牧・長久手の戦いが勃発した。この時、直定は、家康の軍勢に参加して信雄軍と戦った。直定は、この戦いで負傷し、陣没した。享年73。 -直定の死後- 直定の死後、井伊氏18代当主となったのは、直定の嫡男である井伊直政であった。直政は、徳川家康の重臣として活躍し、徳川幕府の成立に貢献した。
歴史上の偉人

織田信朝 – 江戸時代 中期の大名

-織田信朝の生涯- 織田信朝は江戸時代 中期の 大名 。丹波亀山藩の第7代藩主。丹波亀山藩10万石。信憑性は欠けるが、生涯の事績としては、摂津国、相模国での旧領(祖発跡地とも)に対する冥加金寄進行為、信州松代藩主など他藩への度々の逗留、また若き日の江戸滞在中に、多額の資金による寄付行為が記録されており、その詳細については明らかではないが、どこかしら、波乱万丈な人生を送ったようである。 特に摂津、相模共々、祖先の地に寄付しているが、相模方面は信長の系譜である「清洲譜代」の旧跡地なので、純粋に寄付行為というよりは、清洲旧領地(織田氏旧領)に対する哀悼の意味が強かったと考えられる。ただし、信玄にも寄付行為を行っていることが記録されていることから、織田信朝自身の善意による寄付であると考える説もある。 織田家の菩提寺である総見院には、信朝が、隠居生活に没頭し、剃髪した後に改名した「信寿」の位牌と肖像画が現在も残されており、親・信久・兄・長政も、生前中に剃髪し、院号を持つなど、この時代は、旧来の価値観に対する喪失感が、一定の層の人々に、影響を及ぼしていたように思われる。実際に信朝も、こうした社会的背景を背景にして、数多くの寄付を行ったと考えられる。 信朝は、家督を息子信福に継がせた後、剃髪して信寿と号した。その性根は、もともと法哲学者用の天分を備えており、隠居後は、京都に居を構えて、学問に没頭した。例えば、表千家を継承する家元である歴代宗匠の細川三斎、松尾芭蕉、近衛信尹などと親交があり、当時の京都社交界で活躍した。特に、松尾芭蕉は、江戸で柳営に仕えていたころの信朝に預けられ、俳諧の指導を受けていた。その理由としては、宗鑑流の詩を体得していたこともあるが、芭蕉の出自が武士階級だったことが上げられる。 晩年は、江戸で病没した。享年62。墓所は、東京都豊島区にある谷中墓地にある。
歴史上の偉人

人物録-青山俊春

- 青山俊春の生涯 - 青山俊春は、1895年に神奈川県横浜市に生まれました。父は青山秀蔵、母は青山みのりです。青山俊春は、東京帝国大学法学部政治学科を卒業後、内務省に入省しました。内務省では、主に警察畑を歩み、警視庁警務部部長、警視庁刑事部長、警視庁警視総監を歴任しました。 1945年、青山俊春は、内務大臣に就任しました。青山俊春は、内務大臣として、戦後の復興に尽力しました。また、警察制度の改革にも取り組んでおり、現在の警察官採用試験制度を制定しました。 1946年、青山俊春は、衆議院議員に当選しました。青山俊春は、衆議院議員として、警察制度の改革や、戦後の復興に尽力しました。 1952年、青山俊春は、参議院議員に当選しました。青山俊春は、参議院議員として、警察制度の改革や、戦後の復興に尽力しました。 1958年、青山俊春は、文部大臣に就任しました。青山俊春は、文部大臣として、教育制度の改革に取り組みました。また、文教予算の拡充にも尽力しました。 1960年、青山俊春は、衆議院議員に当選しました。青山俊春は、衆議院議員として、警察制度の改革や、戦後の復興に尽力しました。 1964年、青山俊春は、参議院議員に当選しました。青山俊春は、参議院議員として、警察制度の改革や、戦後の復興に尽力しました。 1968年、青山俊春は、沖縄開発庁長官に就任しました。青山俊春は、沖縄開発庁長官として、沖縄の開発に尽力しました。 1972年、青山俊春は、衆議院議員に当選しました。青山俊春は、衆議院議員として、警察制度の改革や、戦後の復興に尽力しました。 1976年、青山俊春は、日本社会党委員長に就任しました。青山俊春は、日本社会党委員長として、社会党の改革に取り組みました。また、社会党の綱領の改訂にも尽力しました。 1980年、青山俊春は、衆議院議員を辞職しました。青山俊春は、衆議院議員辞職後、社会党の顧問に就任しました。青山俊春は、社会党の顧問として、社会党の改革に取り組みました。また、社会党の綱領の改訂にも尽力しました。 1984年、青山俊春は、東京都世田谷区で死去しました。
歴史上の偉人

黒田直純 – 江戸時代中期の大名の人生

-黒田直純の生涯- 黒田直純は、1662年に筑前福岡藩の2代藩主・黒田光之の長男として誕生しました。幼名は鶴千代。母は光之の正室・菊姫で、筑前国主・小早川忠興の娘でした。 1675年に徳川5代将軍・徳川綱吉が将軍宣下を祝って全国の大名を江戸に招いた際、父・光之が急死。直純は急ぎ帰国し、わずか14歳で藩主となりました。 藩主就任早々、直純は領内の統治に力を注ぎました。中でも力を注いだのは、藩の財政立て直しでした。光之の死によって藩の財政は悪化しており、直純は藩の収入を増やすため、領内の鉱山開発や新田開発を積極的に行いました。また、藩の支出を削減するため、家臣の俸禄を減額したり、藩の運営を簡素化したりしました。 直純の努力によって、藩の財政は徐々に回復していきました。また、直純は学問を奨励し、藩校である「福岡藩学問所」を創設しました。この学問所には、優秀な人材が集まり、藩の政治や経済に大きく貢献しました。 1700年、直純は藩主の座を嫡男の黒田綱政に譲り、隠居しました。隠居後は、福岡藩の顧問として政務をサポートしました。1729年、直純は68歳で亡くなりました。 直純は、藩主として領内の統治に力を注ぎ、財政を立て直し、学問を奨励しました。その功績は大きく、福岡藩の発展に大きく貢献しました。
歴史上の偉人

井伊直員 – 江戸時代中期の旗本

井伊直員の生涯 井伊直員 (いいな おな) は、江戸時代中期の旗本であり、井伊直政の曾孫にあたる。 井伊直員は、延宝2年(1674年)に誕生した。父は井伊直興、母は久昌院。直員は、幼少期から聡明で勇猛果敢な性格で、祖父の井伊直孝に可愛がられたという。 元禄14年(1701年)、直員は28歳のときに、幕府の旗本に取り立てられた。その後、直員は、数々の合戦に従軍し、功績をあげた。 享保元年(1716年)、直員は、上野国の厩橋城主となった。そして、享保9年(1724年)に、直員は、上野国の前橋城主となった。 前橋城主となった直員は、領内の治世に努めた。直員は、領民に寄り添い、人々の暮らしを向上させるための政策を数多く行った。 元文4年(1739年)、直員は、66歳のときに、江戸で死去した。直員の死後、直員の嫡男である井伊直存が家督を継いだ。 井伊直員は、江戸時代中期の旗本として、数々の功績を残した。直員の治世は、前橋藩の繁栄の礎となった。
歴史上の偉人

高木正恒とは?河内丹南藩主の高木正恒について

-高木正恒の生涯と業績- 高木正恒は、江戸時代前期の大名で、丹南藩の初代藩主である。河内国丹南郡(現在の大阪府南河内郡)出身。 高木正恒は、1592年、丹南藩主・高木正成の長男として誕生した。幼名は万五朗。1615年の大坂夏の陣では、父・正成に従って豊臣氏方として参陣し、天王寺口の戦いで戦功を挙げた。 大坂夏の陣後、正恒は父・正成が丹南藩を改易されたため、浪人となった。しかし、1623年に丹南藩が再封され、正恒が藩主となった。 正恒は、藩政の改革に尽力し、藩財政の再建や、新田開発、産業振興などを行った。また、藩校「丹南藩校」を設立し、藩士の教育にも力を注いだ。 正恒は、1658年に死去した。享年67。正恒の跡は、長男・正房が継いだ。 正恒は、丹南藩の基礎を築いた名君として知られている。正恒の業績は、現在も丹南地方に受け継がれている。
歴史上の偉人

宗方煕 – 江戸時代中期の対馬藩主

-宗方煕の生涯- 宗方煕(そうがたひろし)は、江戸時代中期の対馬藩主です。1674年(延宝2年)に生まれ、1686年(貞享3年)に家督を継いで藩主となりました。藩主在任中は、対馬藩の財政再建や、朝鮮との外交交渉、キリシタンの取り締まりなど、多くの功績を残しました。 1704年(宝永元年)、将軍徳川綱吉の命を受けて、朝鮮に渡り、朝鮮国王の粛宗と会談しました。この会談で、両国は朝鮮から日本への米の輸出を認め合うなど、友好関係を強化しました。また、宗方煕はキリシタンの取り締まりにも力を入れ、対馬藩内でのキリシタンの活動を禁止しました。 宗方煕は、1713年(正徳3年)に死去しました。享年40歳でした。 -宗方煕の功績- 宗方煕は、対馬藩の財政再建に成功しました。就任当時、対馬藩は財政難に陥っており、藩士の給与も滞るほどでした。宗方煕は、藩内の産業振興や、倹約政策を実施して財政を再建し、藩士の給与も引き上げました。また、宗方煕は朝鮮との外交交渉にも成功しました。1704年(宝永元年)に朝鮮に渡り、朝鮮国王の粛宗と会談し、朝鮮から日本への米の輸出を認め合いました。これは、対馬藩にとって大きな利益となりました。さらに、宗方煕はキリシタンの取り締まりにも力を入れ、対馬藩内でのキリシタンの活動を禁止しました。これにより、対馬藩内でのキリシタンの勢力は衰退しました。 宗方煕は、対馬藩主として、多くの功績を残しました。財政再建、朝鮮との外交交渉、キリシタンの取り締まりなどは、対馬藩の安定と発展に貢献しました。宗方煕は、対馬藩の歴史上、重要な人物の一人です。
歴史上の偉人

– 松平頼寛

松平頼寛の生涯 松平頼寛は、江戸時代中期の陸奥国仙台藩の第5代藩主です。寛永13年(1636年)、仙台藩の第3代藩主・伊達宗綱の三男として生まれました。正保3年(1646年)、父・宗綱の隠居に伴い、11歳で家督を相続しました。 頼寛は、藩政改革に積極的な藩主でした。寛文2年(1662年)には、藩士の禄高を削減し、藩財政の立て直しを図りました。寛文5年(1665年)には、藩の直轄地である天領を拡大し、藩収入の増加を図りました。 頼寛は、学問にも熱心な藩主でした。寛文4年(1664年)には、仙台藩に藩校である「養賢堂」を設立しました。養賢堂は、藩士の子弟を教育する機関であり、多くの優秀な人材を輩出しました。 頼寛は、藩政改革と学問振興に尽力し、仙台藩の発展に貢献しました。元禄元年(1688年)に53歳で死去しました。 松平頼寛の功績 松平頼寛の功績は、藩政改革と学問振興の2つに大別されます。 藩政改革では、藩士の禄高を削減し、藩財政の立て直しを図りました。また、藩の直轄地である天領を拡大し、藩収入の増加を図りました。さらに、藩政を効率化するために、藩の組織を改編しました。 学問振興では、仙台藩に藩校である「養賢堂」を設立しました。養賢堂は、藩士の子弟を教育する機関であり、多くの優秀な人材を輩出しました。また、藩内の図書館である「藩書閣」を充実させ、藩士の学問を奨励しました。 松平頼寛の功績は、仙台藩の発展に大きく貢献しました。仙台藩は、江戸時代を通じて、東北地方で最も繁栄した藩のひとつであり、松平頼寛の功績は、その発展の礎を築いたものと言えます。
歴史上の偉人

渡辺信綱 – 江戸時代中期の大名

-# 渡辺信綱の生涯 渡辺信綱は、江戸時代中期の大名で、信濃国飯山藩(現在の長野県飯山市)の第2代藩主を務めました。 信綱は、元禄14年(1701年)に、信濃国飯山藩主・渡辺綱敷の長男として生まれました。享保6年(1721年)に、綱敷の死去によって家督を継ぎ、飯山藩の第2代藩主となりました。 信綱の藩政は、財政改革と産業振興に重点が置かれました。信綱は、藩の財政を立て直すために、倹約令を出し、藩士の俸禄を削減しました。また、産業振興のため、藩内に養蚕業と製糸業を奨励しました。 信綱の藩政は、成功を収め、飯山藩は、信濃国有数の藩となりました。信綱は、享保17年(1732年)に、42歳で死去しました。 信綱の死後、飯山藩は、信綱の養子・信政が継ぎました。信政は、信綱の藩政を継承し、飯山藩をさらに発展させました。 信綱は、飯山藩の発展に貢献した名君として知られています。信綱の功績は、現在も飯山市に伝えられています。
歴史上の偉人

堀田正富ー江戸時代中期の大名ー

堀田正富の生涯 堀田正富は、江戸時代中期の1696年(元禄9年)に美濃国笠松藩主・堀田正清の次男として生まれました。正富の幼名は新次郎、通称は伊勢守、官位は従五位下、侍従、左近衛少将でした。 正富は、1719年(享保4年)に父・正清の隠居に伴い、笠松藩主を継ぎました。正富は、藩政改革を行って藩財政を立て直し、藩士の教育にも力を入れました。 1731年(享保16年)、正富は老中に出世しました。正富は、徳川吉宗の側近として幕政に参加し、享保の改革に尽力しました。正富は、勘定奉行として財政改革を行い、寺社奉行として宗教政策を担当しました。また、正富は、外国貿易にも関心を持ち、長崎奉行に命じて外国船の来航を許可しました。 1746年(延享3年)、正富は老中を辞任しました。正富は、京都に隠居しましたが、引き続き幕政に影響力を持ち続けました。1751年(寛延4年)、正富は京都で死去しました。享年56歳でした。 堀田正富は、享保の改革を推進した名臣として知られています。正富は、藩政改革を行うとともに、幕政にも参与して諸改革に尽力しました。また、正富は、外国貿易にも関心を持ち、日本の近代化に貢献しました。
歴史上の偉人

堀直央 – 江戸時代中期の越後椎谷藩主

堀直央の生い立ちと家督継承 堀直央は、江戸時代中期の越後椎谷藩主である。元禄12年(1699年)に、父・堀直政の長男として江戸に生まれる。幼名は久太郎。 享保6年(1721年)、父が死去したため、家督を継いで椎谷藩の藩主となる。直央は、藩政改革に尽力し、藩の財政を立て直した。また、学問を奨励し、藩校「致道館」を創設した。 直央は、明和元年(1764年)に死去した。享年66。跡を長男の堀直興が継いだ。 直央は、名君として知られ、椎谷藩を繁栄させた。また、学問を奨励し、藩校「致道館」を創設したことで、藩士の学問の向上に貢献した。
歴史上の偉人

小笠原長恭-江戸時代中期の大名

- 小笠原長恭の生涯 小笠原長恭は、江戸時代中期の大名であり、播磨国明石藩の第3代藩主を務めた人物です。1687年に誕生し、1728年に家督を継いで藩主となります。1751年に65歳で亡くなるまで、23年間藩政を担いました。 長恭の治世は、明石藩にとって安定した時代でした。長恭は、藩財政の立て直しや、領内の開発に力を注ぎ、藩の経済力を強化しました。また、学問や文化を奨励し、明石藩に多くの優れた人材を輩出しました。 長恭は、藩政だけでなく、幕政にも積極的に関与しました。1745年には、老中格に任命され、幕府の重要政策の決定に参与しました。また、朝鮮通信使の接待役も務め、外交手腕を発揮しました。 長恭は、明石藩の発展に貢献した名君として知られています。江戸時代中期を代表する大名の一人であり、その功績は今日でも高く評価されています。 小笠原長恭は、1687年(貞享4年)に播磨国明石藩の第2代藩主・小笠原長重の長男として生まれました。母は、上杉綱宗の娘である幸姫です。長恭は、幼少期から聡明で、学問を好みました。1704年(宝永元年)に元服し、長恭と名乗ります。 1728年(享保13年)、父・長重が亡くなり、長恭が家督を継いで第3代藩主となります。長恭は、藩財政の立て直しや、領内の開発に力を注ぎました。また、学問や文化を奨励し、明石藩に多くの優れた人材を輩出しました。 1745年(延享2年)、長恭は老中格に任命され、幕府の重要政策の決定に参与しました。また、朝鮮通信使の接待役も務め、外交手腕を発揮しました。 1751年(宝暦元年)、長恭は65歳で亡くなりました。長恭の死後、長男の長福が家督を継ぎました。 長恭は、明石藩の発展に貢献した名君として知られています。江戸時代中期を代表する大名の一人であり、その功績は今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

水野勝起 – 江戸時代中期の大名

水野勝起の生涯 水野勝起は、江戸時代中期の大名である。 尾張藩主・徳川光友の三男として生まれ、水野勝重の養子となる。 1739年(元文4年)に家督を相続し、美濃高須藩主となる。 1745年(延享2年)に駿府藩主に移封され、1754年(宝暦4年)には老中となる。 老中としては、田沼意次らとともに、幕府の改革に尽力した。 1763年(宝暦13年)には、江戸城火災の責任をとって老中を辞任した。 1765年(明和2年)に死去した。 水野勝起は、徳川光友の三男として生まれ、水野勝重の養子となった。 1739年(元文4年)に家督を相続し、美濃高須藩主となった。 1745年(延享2年)に駿府藩主に転封され、1754年(宝暦4年)に老中となった。 老中としては、田沼意次らとともに、幕府の改革に尽力した。 1763年(宝暦13年)には、江戸城火災の責任をとって老中を辞任した。 1765年(明和2年)に死去した。 水野勝起は、幕府の改革に尽力した老中として知られている。 老中としては、田沼意次らとともに、幕府の財政改革や軍制改革に尽力した。 また、外国貿易の振興にも努めた。 水野勝起は、徳川吉宗の信任が厚く、その死後も重用された。 水野勝起は、1763年(宝暦13年)に江戸城火災の責任をとって老中を辞任した。 江戸城火災は、江戸城の天守閣が焼失する大火であり、幕府の権威を傷つけた。 水野勝起は、老中として江戸城火災の責任をとって辞任した。 水野勝起は、1765年(明和2年)に死去した。 享年55歳であった。 水野勝起は、短命であったが、幕府の改革に尽力し、その功績は大きい。
歴史上の偉人

柳沢保卓と江戸時代中期の歴史

-柳沢保卓の生涯- 柳沢保卓は、江戸時代中期に活躍した大名であり、徳川将軍家の側用人として活躍しました。柳沢保卓は、1650年に江戸で生まれ、1680年に、徳川綱吉の側用人となりました。柳沢保卓は、綱吉の寵愛を受け、1684年に、上総国と下総国の2国を領有する大名となりました。また、柳沢保卓は、綱吉の命により、上野に柳沢文庫を建立し、多くの書物を収集しました。 柳沢保卓は、綱吉の死後、将軍家から離れ、1724年に江戸で死去しました。柳沢保卓は、その生涯において、多くの功績を残しており、江戸時代中期の歴史に大きな影響を与えました。 -出生と幼少期- 柳沢保卓は、1650年に江戸で生まれました。柳沢保卓の父は、徳川将軍家に仕える旗本であり、柳沢保卓は、その長男として生まれました。柳沢保卓は、幼少の頃から聡明で、学問を好みました。 -徳川綱吉の側用人となる- 1680年、柳沢保卓は、徳川綱吉の側用人となりました。柳沢保卓は、綱吉の寵愛を受け、1684年に、上総国と下総国の2国を領有する大名となりました。柳沢保卓は、綱吉の命により、上野に柳沢文庫を建立し、多くの書物を収集しました。 -将軍家から離れ、死去- 綱吉の死後、柳沢保卓は、将軍家から離れ、1724年に江戸で死去しました。柳沢保卓は、その生涯において、多くの功績を残しており、江戸時代中期の歴史に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

前田利物 – 江戸時代中期の加賀大聖寺藩主

-加賀藩前田家7代当主- 前田利物(まえだ としただ)は、江戸時代中期の加賀大聖寺藩主。加賀藩前田家7代当主。太夫松、久米之助、徳五左衛門。官位は従五位下、若狭守、大膳大夫。 -加賀藩主を継ぐ- 加賀藩5代藩主・前田綱紀の四男として誕生。母は側室・竹の方。幼名は徳五郎。 藩主を継いでいた前田吉徳に嫡男がいなかったため、吉徳の養嗣子となり、享保6年(1721年)吉徳の死で家督を継いだ。 -藩政- 利物は藩政の改革に着手し、藩の財政や軍事力を強化した。また、学問や文化を奨励し、藩士に学問所を設立した。さらに、領内の産業を振興し、加賀藩の経済力を向上させた。 -加賀藩の改革- 利物は加賀藩の改革に力を入れ、藩政を立て直した。まずは、藩の財政を立て直すため、倹約令を出し、藩士の俸禄を削減した。また、藩士に学問を奨励し、藩校である明倫堂を設立した。さらに、藩領内の産業を振興し、加賀藩の経済力を向上させた。 -加賀藩の繁栄- 利物の改革により、加賀藩は繁栄を遂げた。藩の財政は安定し、藩士の俸禄も増加した。また、藩校である明倫堂は、多くの優秀な人材を輩出し、加賀藩の発展に貢献した。さらに、藩領内の産業も振興し、加賀藩の経済力は向上した。 -利物の死- 利物は、宝暦8年(1758年)に死去した。享年60。法名は寿昌院殿前若狭守徹堂利物大居士。墓所は石川県金沢市の野田山墓地。 -利物の功績- 利物は、加賀藩の改革に尽力し、藩政を立て直した。また、学問や文化を奨励し、藩士に学問所を設立した。さらに、領内の産業を振興し、加賀藩の経済力を向上させた。利物は、加賀藩の発展に大きな貢献をした藩主である。
歴史上の偉人

木下長保

木下長保の略歴 木下長保は、1916年、大阪で生まれました。 1940年に東京帝国大学経済学部を卒業後、日本勧業銀行に入行しました。 1961年に同銀行の取締役となり、1965年に社長に就任しました。1975年に同社を退職し、1976年に経団連の会長に就任しました。 木下長保は、1980年に内閣総理大臣に就任しました。在任中は、日米貿易摩擦の解決に尽力し、1981年に日米自動車摩擦の解決につながる日米自動車協定を締結しました。また、1982年に日本初の消費税である付加価値税を導入しました。 木下長保は、1983年に退任しました。退任後は、日本総合研究所の理事長や日本銀行の総裁などを務めました。2003年に死去しました。 木下長保は、日本の経済界で活躍し、内閣総理大臣も務めた人物です。彼の功績は、日本経済の発展に大きく貢献しました。
歴史上の偉人

松平信明 – 江戸時代中期の大名

-松平信明の生涯- 松平信明は、江戸時代中期の大名です。1691年、信州飯田藩主松平忠周の長男として生まれました。1710年に父が亡くなり、19歳で藩主となりました。 信明は、藩政改革に取り組みました。藩の財政を立て直すため、倹約令を発令し、領内の産業を振興しました。また、学問を奨励し、藩校を設立しました。 信明は、幕府でも活躍しました。1733年に老中となり、1745年に大老に就任しました。大老として、幕府の財政改革や幕府の権威の強化に取り組みました。 信明は、1751年に亡くなりました。享年60歳でした。信明の死後、子の信祝が藩主となりました。 信明は、江戸時代中期に活躍した名君です。藩政改革に成功し、幕府でも活躍しました。信明の功績は、今日でも語り継がれています。
歴史上の偉人

高木正弼 – 江戸時代中期の大名

-高木正弼の生涯- 高木正弼は、江戸時代中期の大名です。加賀藩の支藩である大聖寺藩の第3代藩主を務めました。 正弼は、1682年に大聖寺藩の第2代藩主・高木正長の次男として生まれました。1712年に父が死去すると、家督を継いで第3代藩主となりました。 正弼は、藩政改革に尽力したことで知られています。藩の財政を立て直すために、倹約令を発令したり、殖産興業政策を推進したりしました。また、藩校「大聖寺藩校」を創設し、藩士の教育にも力を入れました。 正弼は、1749年に死去しました。享年68歳でした。 正弼の死後、大聖寺藩は、第4代藩主・高木正陳、第5代藩主・高木正英、第6代藩主・高木正恒、第7代藩主・高木正成と続きます。そして、1871年に廃藩置県が行われ、大聖寺藩は消滅しました。
歴史上の偉人

前田利見-江戸時代中期の七日市藩主

-# 前田利見の生涯 前田利見は、江戸時代中期の加賀藩前田家の分家である七日市藩の第3代藩主である。七日市藩は、加賀藩の支藩として加賀藩主前田綱紀の五男、利見を藩祖として立藩した。前田家は、加賀藩主前田利常の嫡男である前田光高を初代藩主として、加賀藩を立藩した。前田利見は、前田光高の孫にあたる。 前田利見は、享保11年(1726年)に七日市藩の初代藩主、前田利昌の嫡男として江戸で生まれた。幼名は亀次郎といい、後に利見と改名した。元文4年(1739年)に父が死去し、家督を継いで七日市藩の第2代藩主となった。 前田利見は、藩政を改革し、七日市藩の財政を立て直した。また、儒学を奨励し、藩校である七日市学校を開設した。七日市学校は、加賀藩の藩校である加賀藩校に次いで、加賀藩領内で2番目に設立された藩校である。前田利見は、七日市学校の開設によって、七日市藩の藩士の教育を充実させ、藩政を強化した。 前田利見は、宝暦10年(1760年)に死去した。享年35。跡を長男の利幹が継いだ。 前田利見は、七日市藩の藩政を改革し、藩財政を立て直した名君である。また、儒学を奨励し、藩校を設立して、藩士の教育を充実させた。前田利見は、七日市藩の発展に大きく貢献した藩主である。
歴史上の偉人

藤堂高矗 – 江戸時代中期の大名

-藤堂高矗- -人名辞典-藤堂高矗- 藤堂高矗(とうどう たかとし)は、江戸時代中期の大名。津藩の第6代藩主。高睦の四男。母は亀姫(蜂屋茂長の娘)。正室は谷衛甫の娘。子は忠恕、高雅、娘など。 延享元年(1744年)6月26日、誕生。明和2年(1765年)5月17日、父の死去により跡を継ぐ。 明和4年(1767年)8月、江戸城大奥の御年寄となる。安永8年(1779年)9月、従四位下侍従に叙任される。 寛政元年(1789年)12月、江戸城大奥の御年寄を辞任。寛政4年(1792年)3月、従四位上に昇叙される。 寛政5年(1793年)3月、隠居し、家督を長男の忠恕に譲る。寛政11年(1799年)7月25日、死去。享年56。
歴史上の偉人

牧野明成の歴史

牧野明成の生涯 牧野明成は、1839年(天保10年)に、播州赤穂藩主・牧野忠雅の三男として生まれました。幼名は廉之介、のちに明成と改名しました。14歳の時に江戸に出て、学習院で学びました。1860年(万延元年)に、幕府の使節団の一員としてアメリカに渡り、欧米の文明を学びました。帰国後は、幕府の役人として働き、1868年(明治元年)には、新政府の外国事務官に任命されました。 1871年(明治4年)には、アメリカ公使としてワシントンD.C.に赴任しました。1873年(明治6年)には、外務卿に任命され、外務大臣として活躍しました。1879年(明治12年)には、内務卿に任命され、内務大臣として活躍しました。1881年(明治14年)には、再び外務卿に任命され、外務大臣として活躍しました。 1885年(明治18年)には、文部卿に任命され、文部大臣として活躍しました。1889年(明治22年)には、貴族院議員に任命されました。1891年(明治24年)には、枢密顧問官に任命されました。1895年(明治28年)には、第2次伊藤内閣の外務大臣として活躍しました。1898年(明治31年)には、第3次伊藤内閣の外務大臣として活躍しました。 1899年(明治32年)には、第4次伊藤内閣の外務大臣として活躍しました。1900年(明治33年)には、第4次伊藤内閣の内務大臣として活躍しました。1901年(明治34年)には、枢密院議長に任命されました。1919年(大正8年)に79歳で死去しました。