江戸時代中期の歌人

作家

有賀長因 – 江戸時代中期の名歌人

-有賀長因の生涯と歌壇への影響- 有賀長因(1679年 - 1746年)は、江戸時代中期の歌人、国学者である。 長因は、大坂(現在の大阪府)に生まれた。幼少期から和歌に親しみ、17歳の時には京都に上り、歌人として活動を開始した。18歳の時には、当時歌壇の第一人者であった賀茂真淵に入門し、和歌の指導を受けた。 長因は、真淵の指導のもとで、和歌の作風を磨いていった。そして、1732年に、自らの歌集である『有賀長因歌集』を出版した。この歌集は、長因の歌の才能を世に知らしめ、長因は一躍歌壇の人気者となった。 長因の歌は、清澄で優美な作風で知られる。また、長因は、和歌の理論にも優れており、1738年には、『和歌秘伝抄』を出版した。この書物は、和歌の作法や理論を解説したものであり、歌壇に大きな影響を与えた。 長因は、1746年に大阪で死去した。享年68歳であった。長因は、その生涯を通じて、和歌の発展に貢献した。そして、その作品と理論は、現在でも多くの人々に愛されている。 長因の歌壇への影響は、非常に大きかった。長因は、和歌の作風や理論に新しい風を吹き込み、歌壇を活性化させた。また、長因は、多くの弟子を育て、その弟子たちは、長因の歌風を受け継いで活躍した。こうして、長因は、江戸時代中期の歌壇を代表する歌人となった。 長因の歌は、その清澄で優美な作風で知られる。また、長因は、和歌の理論にも優れており、その理論は、現在でも多くの歌人に影響を与えている。長因は、江戸時代中期の歌壇を代表する歌人であり、その作品と理論は、現在でも多くの人々に愛されている。
作家

「儘田柳軒」(1728-1795 江戸時代中期の歌人)

儘田柳軒について 儘田柳軒は、江戸時代中期の歌人です。1728年に江戸に生まれ、本名は儘田保寿です。父は町医者で、柳軒は幼い頃から和歌を学びました。18歳で江戸に出て、歌人として活動を始めました。25歳で江戸の歌人集団「歌仙堂」に入門し、同門には大田南畝や歌川景文などがいました。28歳で「歌仙堂歌集」を刊行し、その才能を認められました。 30歳で京都に移り、歌人としてさらに活躍しました。京都では、歌人の賀茂真淵や本居宣長と親交を結び、和歌の研究に励みました。また、京都の街を舞台にした多くの和歌を残しました。 50歳で江戸に戻り、歌人として晩年を過ごしました。江戸では、歌人としてだけでなく、書家としても活動しました。また、多くの弟子を育て、和歌の普及に努めました。 儘田柳軒は、江戸時代中期の和歌を代表する歌人です。その和歌は、優雅で美しい作風で知られています。また、和歌の研究にも力を入れ、和歌の普及に貢献しました。
作家

「斜与子」

-斜与子- -江戸時代中期の歌人- 斜与子は、江戸時代中期に活躍した歌人です。本名は岡崎八重で、1703年(元禄16年)に近江国蒲生郡(現・滋賀県蒲生郡)に生まれました。幼い頃から和歌に親しみ、17歳で京都に出て、歌人・香川景樹に師事しました。 景樹のもとで和歌の修業を重ね、1727年(享保12年)には「万葉集」の注釈書である「万葉集略解」を出版しました。この「万葉集略解」は、当時の歌壇に大きな影響を与え、斜与子は一躍有名になりました。 その後、斜与子は江戸に出て、歌人として活躍しました。1747年(延享4年)には、勅撰和歌集である「新古今和歌集」の撰者の一人に選ばれています。また、1751年(寛延4年)には、朝廷から「歌仙」の称号を授与されました。 斜与子は、1758年(宝暦8年)に56歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在でも高く評価されており、日本の和歌史にその名を残しています。 -斜与子の歌の特徴- 斜与子の歌は、優美で叙情的な作風を特徴としています。また、和歌の伝統を重んじながら、独自の新しい表現を追求した歌人でもありました。 斜与子の歌には、四季折々の自然を詠んだものや、恋愛や人生を詠んだものが多く見られます。また、和歌に新しい表現を吹き込んだ歌も数多く残しています。 例えば、次の歌は、斜与子の代表作の一つです。 -春の夜の月の光にいく声の浮世の闇をわけつるかほよ- この歌は、春の夜の月の光を詠んだ歌ですが、その光が世の中の闇を照らし出している様子を、見事に表現しています。斜与子の和歌は、このように、自然や人生を鋭い洞察力で捉えた歌が多いのです。 斜与子は、江戸時代中期を代表する歌人であり、その作品は現在でも高く評価されています。優美で叙情的な作風を特徴とする斜与子の歌は、日本の和歌史にその名を残しています。
作家

宮部義正 – 江戸時代中期の歌人

-宮部義正の生涯- 宮部義正は、江戸時代中期の歌人で、通称は宮部清兵衛、字は忠重、号は露伴。江戸の生まれ。旗本で、監察、筋添同心を経て、布衣を賜り、80歳で没した。 義正は、幼い頃から和歌を好み、15歳で加藤磐斎に師事した。磐斎は、近世和歌史における蕉風和歌の祖とされる歌人で、義正は蕉風和歌を学び、後にその歌風が完成した。 義正は、宝暦10年(1760年)に『露伴歌集』を出版し、明和5年(1768年)に『露伴歌林拾葉』を出版した。これらの歌集は、蕉風和歌の代表作とされ、多くの歌人に影響を与えた。 義正は、また、歌論家としても活躍し、寛政10年(1798年)に『露伴歌話』を出版した。この歌論書は、蕉風和歌の理論を述べたもので、歌人たちに大きな影響を与えた。 義正は、江戸時代中期の歌壇を代表する歌人で、蕉風和歌の祖として知られている。その歌集や歌論書は、多くの歌人に影響を与え、蕉風和歌の発展に貢献した。
作家

– 矢部正子

- 矢部正子の生涯 矢部正子(1908-1998)は、日本の建築家であり、女性として初めて国会議員を経験した。彼女は、日本の近代建築に先駆者であり、女性が建築分野で成功するという道を切り開いた。 -# 生い立ちと教育 矢部正子は、1908年(明治41年)に東京府東京市(現在の東京都)に生まれた。彼女は、裕福な家庭に育ち、幼い頃から欧米の文化に興味を抱いていた。 矢部正子は、1930年(昭和5年)に東京帝国大学(現在の東京大学)工学部建築学科に入学した。当時は、女性が入学できる大学は限られていたが、矢部正子は独占的に男性が学んでいた世界に挑戦した。 矢部正子は、東京帝国大学卒業後、大日本帝国陸軍の建築部に勤務した。彼女は、ここで、軍用施設の設計を担当し、建築の基礎を学んだ。 -# 建築家としての活動 矢部正子は、1938年(昭和13年)に建築事務所を開設し、独立した建築家として活動を開始した。彼女は、住宅や学校、美術館などの設計を手がけ、その斬新なデザインは高く評価された。 矢部正子は、日本の近代建築に大きな影響を与えた建築家の一人であり、彼女の作品は、今もなお多くの人々に愛されている。 -# 国会議員としての活動 矢部正子は、1952年(昭和27年)に、女性として初めて国会議員に当選した。彼女は、衆議院議員として、1971年(昭和46年)まで4期務めた。 矢部正子は、国会議員として、女性が社会で活躍するための環境を整えることに尽力した。彼女は、男女雇用機会均等法の制定や、女性議員の数を増やすための運動に取り組んだ。 矢部正子は、1998年(平成10年)に90歳で亡くなった。彼女は、日本の近代建築に先駆者であり、女性が建築分野で成功するという道を切り開いた。また、女性が社会で活躍するための環境を整えることに尽力した。