江戸時代中期-後期

歴史上の人物

堀田正順-江戸時代中期から後期の大名

-堀田正順の生涯- 堀田正順は、江戸時代中期から後期にかけての大名です。丹波園部藩主、若狭小浜藩主、近江彦根藩主を歴任しました。 正順は、丹波園部藩主・堀田正虎の次男として生まれました。母は、旗本・松平信吉の娘です。幼名は、亀之助。 正順は、1741年に兄・正亮の死去により家督を相続し、丹波園部藩主となります。1749年には、若狭小浜藩に移封されます。1752年には、近江彦根藩に移封されます。 正順は、彦根藩主として藩政改革を行いました。藩士の俸禄を削減し、倹約を奨励しました。また、藩校・弘道館を創設し、教育の充実を図りました。 正順は、1765年に死去しました。享年36。家督は、長男・正敦が相続しました。 -堀田正順の功績- 堀田正順は、彦根藩主として藩政改革を行い、藩財政の立て直しに努めました。また、藩校・弘道館を創設し、教育の充実を図りました。 正順は、老中や若年寄などの幕府の要職を歴任し、幕政にも参与しました。正順は、幕府の財政改革や軍制改革に尽力し、幕府の安定に貢献しました。 正順は、優れた政治家であり、藩主として、幕臣として、その職責を全うしました。正順の功績は、現在も彦根藩や彦根市に受け継がれています。
歴史上の人物

大岡忠移 – 江戸時代中期の武士

- 大岡忠移の生涯 大岡忠移は、江戸時代中期の武士です。武蔵国出身で、旗本の大岡忠英の子として生まれました。 元禄10年(1697年)、忠移は17歳で将軍徳川綱吉に拝謁し、小姓組に列しました。その後、勘定奉行、大目付、老中などを歴任し、享保19年(1734年)に64歳で死去しました。 忠移は、享保の改革を推進した功績で知られています。享保の改革は、綱吉の死後、8代将軍徳川吉宗が行った改革です。忠移は、吉宗の側近として、改革の立案と実施に尽力しました。 享保の改革では、貨幣の改鋳、倹約令の制定、目安箱の設置など、さまざまな政策が実施されました。これらの政策は、綱吉時代のぜいたくや腐敗を正し、幕府の財政を立て直すことを目的としていました。 忠移は、享保の改革の成功に貢献した功績で、吉宗から厚く信任されました。忠移は、吉宗の死後も幕府の重臣として活躍し、明和元年(1764年)に88歳で死去しました。 忠移は、江戸時代中期の武士として、享保の改革を推進し、幕府の財政を立て直した功績で知られています。忠移は、綱吉と吉宗の両将軍に仕え、幕府の重臣として活躍した人物です。
歴史上の人物

「間霜治郎兵衛」- 江戸時代中・後期の名商人

越後長岡の偉人 「間霜治郎兵衛」は、江戸時代中・後期に活躍した越後長岡藩の商人です。 長岡藩の御用商人を務め、藩の財政に貢献したことで知られています。 間霜治郎兵衛は、1735年(享保20年)に長岡藩領の寺泊村に生まれました。 幼い頃から商業の才能を発揮し、18歳の時に江戸に出ました。 江戸では呉服商として成功し、やがて長岡藩の御用商人になりました。 間霜治郎兵衛は、藩の財政再建に尽力しました。 藩札の発行や新田開発、殖産興業などを行い、藩の財政を立て直しました。 また、長岡藩の特産品である麻織物の販売にも力を入れ、全国に広めました。 間霜治郎兵衛は、1816年(文化13年)に82歳で亡くなりました。 長岡藩の財政再建に貢献した功績をたたえられ、長岡藩主から表彰されました。 また、長岡市には間霜治郎兵衛を称える銅像が建てられています。 間霜治郎兵衛は、越後長岡の偉人であり、その功績は今日でも語り継がれています。
音楽分野の人

杵屋正次郎(初代)の人物像とその作品

-# 杵屋正次郎の生い立ちと経歴 杵屋正次郎(初代)は、1820年(文政3年)に江戸の日本橋で生まれた。幼名は寿三郎。父は杵屋六三郎、母は藤本(旧姓)。 正次郎は、幼い頃から長唄を学び、10代の後半には舞台で演奏するようになった。1840年(天保11年)に、江戸の歌舞伎座で初舞台を踏む。その後、各地を巡業し、1845年(弘化2年)に、大阪の歌舞伎座で初出演する。 1850年(嘉永3年)に、正次郎は杵屋正次郎を襲名する。当時、正次郎は20代後半だったが、新橋の芸妓、いちに惚れ、彼女の養子となった結果、芸妓の里で最も芸事が盛んな新橋の芸妓仲間の仲間入りが叶った。 正次郎は、1855年(安政2年)に、江戸の歌舞伎座で、常磐津の半太夫と共演し、大成功を収める。この公演をきっかけに、正次郎は、江戸の長唄界でトップクラスの演奏家として認められるようになる。 1860年(安政7年)には、正次郎は、アメリカ合衆国に渡り、ニューヨークで演奏会を開催する。これは、日本人で初めて海外で演奏会を開催した記録である。 正次郎は、1868年(明治元年)に、東京の帝国劇場で、明治天皇の前で演奏する。この公演をきっかけに、正次郎は、明治政府から「長唄の名人」として認められるようになる。 正次郎は、1877年(明治10年)に、東京の浅草で、杵屋正次郎一座を結成する。正次郎一座は、各地を巡業し、1886年(明治19年)には、アメリカ合衆国に再渡航する。 正次郎は、1891年(明治24年)に、東京の帝国劇場で、明治天皇の前で再び演奏する。この公演を最後に、正次郎は演奏活動から引退する。 正次郎は、1895年(明治28年)に、東京で死去した。享年76。正次郎は、長唄界に大きな功績を残した、偉大な演奏家であった。
歴史上の人物

立花鑑通:江戸時代中期-後期の大名

- 立花鑑通の生涯 立花鑑通は、江戸時代中期から後期にかけての大名で、筑後柳河藩の第10代藩主を務めました。幼名は七之助、字は子応、通称は又十郎、号は半石斎、半石軒、芝園です。 鑑通は、享保12年(1727年)7月2日、柳河藩の第9代藩主・立花種延の四男として江戸で生まれました。幼い頃から聡明で、文武両道に優れていました。元文5年(1740年)に父が死去すると、家督を相続して藩主となりました。 藩主となった鑑通は、藩政改革に取り組みました。まず、藩財政の立て直しを図り、倹約令を発布して経費を削減しました。また、新田開発や殖産興業を奨励して藩の収入を増やしました。 さらに、鑑通は、藩校・柳河藩学校を創設して藩士の子弟に教育の機会を与えました。また、藩士の武芸を奨励して、藩の軍備を強化しました。 明和9年(1772年)、鑑通は老中となり、幕政に参加しました。その後、天明3年(1783年)に奏者番に任じられ、天明7年(1787年)に大老に昇進しました。 鑑通は、大老として寛政の改革を推進しました。この改革は、幕府の財政改革、司法改革、軍制改革などを内容とするもので、幕府の財政再建と藩政の強化に貢献しました。 寛政12年(1800年)、鑑通は老中を辞任して隠居しました。その後、文化2年(1805年)10月18日に江戸で死去しました。享年79。 鑑通は、聡明で有能な大名として知られており、柳河藩の藩政改革や寛政の改革に貢献しました。また、文化人としても知られ、俳諧や和歌を嗜みました。
文学分野の人

塚村澹翁(たからむら-たんおう)

塚村澹翁の生涯 塚村澹翁(たからむら-たんおう)は、江戸時代前期に活躍した京都の画家です。 1576年(天正4年)に京都の富裕な町人である塚村源四郎の次男として生まれ、父が亡くなった後に家業を継ぎました。 しかし、絵画に対する情熱が強く、40歳の時に絵師の道に転じました。 澹翁は、琳派の祖である本阿弥光悦に師事し、光悦から琳派の画風を学びました。 澹翁は、琳派の画風を基盤としつつも、独自の画風を確立しました。 澹翁は、大胆な構図と鮮やかな色彩を用い、華やかで декора的な作品を多く描きました。 また、澹翁は、中国の明代の画家の画風も取り入れ、新しい画風を創出しました。 澹翁は、京都を拠点として活躍し、多くの作品を残しました。 澹翁の作品は、京都の多くの寺院や社寺に所蔵されており、日本を代表する画家の1人として高く評価されています。 澹翁は、1650年(慶安3年)に75歳で亡くなりました。 澹翁の墓は、京都の妙心寺にある東海庵にあり、澹翁の命日である6月28日には、澹翁の墓前で供養が行われています。
美術分野の人

渡辺定好 ― 江戸時代中・後期の書家

書家渡辺定好の生涯と功績 渡辺定好(わたなべさだよし)は、江戸時代中・後期の書家です。名を定好といい、字を省吾・松渓といい、東海堂と号しました。定好は、若くして書を学び、能書として知られた僧侶の沢田一筆に師事しました。一筆は、中国の書法を研究し、日本の書道に革新をもたらしたことで知られており、定好は一筆から、中国の書法の真髄を学びました。 定好は、書法において、中国の書法の伝統を尊重しつつ、独自の書風を確立しました。定好の書は、力強く、躍動感があり、見る者の心を捉えました。また、定好は、書道教育にも力を入れ、多くの弟子を育てました。定好の弟子の中には、後に著名な書家となった者も少なくありません。 定好は、書道界に多大な功績を残しました。定好の書は、日本の書道界の発展に大きな影響を与え、定好の弟子たちは、各地で書道の普及に努めました。定好の書は、現在でも高く評価されており、多くの美術館や博物館に所蔵されています。 定好は、安永8年(1779年)に生まれ、天保13年(1842年)に亡くなりました。享年64歳。定好は、書道界に多大なる功績を残した偉大な書家として、今日でも人々から敬愛されています。
歴史上の人物

戸田氏教-

戸田氏教の生涯 -出自と家臣時代- 戸田氏教は、天文6年(1537年)、信濃国佐久地方の有力国人領主である戸田氏の嫡男として生まれました。幼名は源九郎といい、若い頃から武勇に優れていました。 氏教は、最初は武田信玄の臣下として仕えていました。永禄4年(1561年)には、川中島の戦いで武田軍の主力として活躍し、功名を挙げました。しかし、その後、信玄と対立するようになり、永禄6年(1563年)に武田家を離れました。 -独立と上杉氏への臣従- 武田家を離れた氏教は、佐久地方で独立しました。そして、永禄7年(1564年)には、上杉謙信の臣下となりました。謙信は、氏教の武勇を高く評価し、厚遇しました。 氏教は、上杉氏に仕えてからは、謙信の側近として活躍しました。謙信の死後は、上杉景勝に仕え、景勝の関東出陣に従軍しました。天正10年(1582年)、本能寺の変の際には、景勝の命を受けて、織田信長の居城である安土城を攻め落としました。 -徳川家康への臣従と晩年- 天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦いで上杉軍が敗北すると、氏教は景勝から離れ、徳川家康に臣従しました。家康は、氏教の武勇を高く評価し、上野国箕輪城を与えました。 氏教は、徳川氏に仕えてからは、家康の関東支配に貢献しました。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで家康が勝利すると、信濃国松代城を与えられ、松代藩の初代藩主となりました。 氏教は、慶長19年(1614年)に死去しました。享年78。その死後は、嫡男の康長が松代藩を継ぎました。 -エピソード- 戸田氏教は、武勇に優れた武将でしたが、一方で、情に厚い人物としても知られていました。あるとき、氏教が武田信玄に仕えていた頃、信玄の側近が氏教に無礼な言動をしたことがありました。氏教は、その側近を斬り殺してしまいました。信玄は、氏教の行為を咎めることなく、「氏教は、我が忠臣なり」と言って、氏教を許しました。 また、氏教は、上杉謙信に仕えていた頃、謙信の命を受けて、越後国と信濃国を結ぶ街道を整備しました。この街道は、後に「上杉街道」と呼ばれるようになりました。上杉街道は、上杉氏と信濃国の国人領主との間の交易や軍事輸送に重要な役割を果たしました。 -人物像- 戸田氏教は、武勇に優れた武将でしたが、一方で、情に厚い人物でもありました。また、氏教は、優れた政治家でもあり、松代藩の発展に貢献しました。氏教は、江戸時代初期の武将としては、非常に有能な人物でした。
歴史上の人物

高木正剛 幕府で大番頭や奏者番を歴任した大名

- 高木正剛の生涯 高木正剛は、幕府で大番頭や奏者番を歴任した大名です。1803年に高木正弼の長男として生まれ、1821年に家督を相続しました。1837年に大番頭となり、1841年に奏者番に任命されました。安政の大獄では、井伊直弼の腹心として活躍し、多くの志士を弾圧しました。1860年に桜田門外の変で井伊直弼が暗殺された後も、幕府に仕え続けました。しかし、1868年の戊辰戦争に敗れ、新政府に降伏しました。その後、蟄居を命じられ、1879年に病死しました。 高木正剛は、幕府の忠臣として知られています。しかし、安政の大獄では、多くの志士を弾圧し、幕府の崩壊を招いたとも言われています。その功罪は、今もなお議論の対象となっています。 -# 高木正剛の年表 * 1803年高木正弼の長男として生まれる。 * 1821年家督を相続する。 * 1837年大番頭となる。 * 1841年奏者番に任命される。 * 1860年桜田門外の変で井伊直弼が暗殺される。 * 1868年戊辰戦争に敗れ、新政府に降伏する。 * 1879年病死する。
学術分野の人

– 斎藤正順

斎藤正順の生涯 斎藤正順は、1860年(万延元年)に江戸で生まれた。父は幕臣であり、正順は幼少の頃から剣術や弓道を学んだ。1877年(明治10年)に西南戦争が勃発すると、正順は官軍に参加して戦った。西南戦争終結後、正順は陸軍士官学校に入学し、1883年(明治16年)に卒業した。卒業後は、陸軍歩兵第1連隊に配属された。 1894年(明治27年)に日清戦争が勃発すると、正順は第1師団の составе支那に出征した。日清戦争では、正順は功績を挙げ、1897年(明治30年)に少佐に昇進した。1896年(明治29年)には、歩兵第35連隊長に任命された。 1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、正順は第2師団の参謀長として出征した。日露戦争では、正順は遼陽会戦や奉天会戦などで功績を挙げ、1905年(明治38年)には大佐に昇進した。1911年(明治44年)には、歩兵第37旅団長に任命された。 1915年(大正4年)に第一次世界大戦が勃発すると、正順は第18師団長の составе獨逸に出征した。第一次世界大戦では、正順はヴェルダン攻勢やソンムの戦いで功績を挙げ、1917年(大正6年)には少将に昇進した。1918年(大正7年)には、第19師団長に任命された。 1923年(大正12年)に正順は中将に昇進した。1925年(大正14年)には、陸軍大臣に任命された。陸軍大臣在任中は、陸軍の近代化を推進した。1929年(昭和4年)に正順は退役した。 正順は、1936年(昭和11年)に東京で死去した。享年76歳。
学術分野の人

ー安野南岳

- 安野南岳の生涯と経歴 安野南岳(あんの なんがく)は、江戸時代後期の儒学者、思想家、古学者である。備中松山藩士として生まれ、江戸に出て学問を志し、古学派の一人として名声を博した。後に松山藩の藩校である有終館の初代教授となり、藩士の教育に尽力した。 1758年(宝暦8年)12月29日、安野南岳は、備中松山藩士・安野意鍾の長男として生まれた。幼名は勇太郎。9歳の時に父を失ったが、藩主・池田政弼の命により、藩校・有終館で儒学を学んだ。 1778年(安永7年)、21歳の時に江戸に出て、佐藤一斎の門下生となった。佐藤一斎は、古学派の代表的な儒学者であり、安野南岳は、佐藤一斎から古学の思想を学び、大きな影響を受けた。 1784年(天明4年)、27歳の時に、松平定信が老中となり、寛政の改革が始まると、安野南岳は、幕府の儒者として登用された。安野南岳は、寛政の改革を支持し、幕府の諮問に答えて、改革の方向性を示す意見を述べた。 1793年(寛政5年)、36歳の時に、安野南岳は、松山藩に帰国し、有終館の初代教授となった。安野南岳は、有終館の教授として、藩士の教育に尽力した。安野南岳は、儒学だけでなく、古学や国学にも通じており、藩士たちに幅広い知識を教授した。 1804年(文化元年)、47歳の時に、安野南岳は、有終館の教授を辞職し、隠居した。隠居後は、松山城下に居住し、著述活動に専念した。安野南岳は、儒学や古学に関する多くの著作を残し、後世に大きな影響を与えた。 1831年(天保2年)12月21日、安野南岳は、74歳で死去した。安野南岳の墓は、松山市の東郊にある安野南岳墓所にある。安野南岳は、江戸時代後期の儒学者、思想家、古学者として、大きな功績を残した人物である。
学術分野の人

草場大麓について

草場大麓の生涯と業績 草場大麓は、1896年埼玉県に生まれ、1987年に亡くなった日本の歌人・国文学者である。彼の生涯は、歌人として、そして国文学者として、日本の文学界に大きな足跡を残した。 歌人として、草場大麓は、1918年に歌誌「アララギ」に入会し、1923年に最初の歌集『枯野』を出版した。彼の歌は、伝統的な和歌の形式に則りながら、独自の清新な表現力を持っていた。1941年には、歌集『一夜』で第1回迢空賞を受賞している。戦後は、1953年に『流域』、1962年に『砂丘』、1974年に『海原』、1983年に『雪原』など、多くの歌集を出版した。 国文学者としては、草場大麓は、1923年に東京帝国大学国文科に入学し、1927年に卒業した。卒業後は、東京教育大学教授、国学院大学教授などを歴任した。彼の研究は、古代和歌から近現代和歌まで幅広く、特に万葉集や古今集の研究に功績を残した。1981年には、歌人・国文学者として初めて文化勲章を受章した。 草場大麓は、歌人として、国文学者として、日本の文学界に大きな足跡を残した。彼の作品は、今日でも多くの読者に愛され続けている。
学術分野の人

高橋文中 – 江戸時代中期の医師

高橋文中の生涯 高橋文中は、江戸時代中期の医師であり、本草学、解剖学、婦人科、小児科、傷科など幅広い分野に業績を残した。1756年(宝暦6年)に江戸で生まれ、1791年(寛政3年)に没した。 高橋文中は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。16歳の時に儒学者である亀山藩主・松平明矩に仕え、儒学を学んだ。その後、1772年(明和9年)に江戸に出て、医師である土生玄碩、古賀精里に師事して医学を学んだ。 1778年(安永7年)に、高橋文中は江戸で開業し、医業に励んだ。高橋文中は、医術に長けており、多くの患者を救った。また、医術の研究にも熱心で、多くの医学書を著した。その代表作には、『本草綱目啓蒙』、『外科全書』、『婦人科全書』などがある。 高橋文中は、日本の医学の発展に大きな貢献をした医師である。その業績は、現在でも高く評価されている。 高橋文中は、1791年(寛政3年)に江戸で没した。享年36歳であった。
学術分野の人

「鈴木真実」

鈴木真実の生涯 鈴木真実(すずき まさみ、1961年2月1日 - )は、日本の政治家、自由民主党所属の衆議院議員(1期)。 1961年2月1日、東京都に生まれる。父は元衆議院議員の鈴木宗男。 1983年、学習院大学経済学部を卒業後、日本テレビに入社。報道局記者として主に政治部を担当し、総理大臣記者会見や国会中継などで活躍した。 1994年、日本テレビを退社し、父の秘書となる。1996年、第41回衆議院議員総選挙に北海道第1区から立候補し、初当選を果たす。 2000年、第42回衆議院議員総選挙で落選するが、2003年、第43回衆議院議員総選挙で北海道第1区から立候補し、当選を果たす。 2005年、郵政民営化法案に反対して自由民主党を離党し、新党日本の結党に参加する。 2009年、第45回衆議院議員総選挙で落選するが、2012年、第46回衆議院議員総選挙で北海道第1区から立候補し、当選を果たす。 2014年、自由民主党に復党する。 2017年、第48回衆議院議員総選挙で北海道第1区から立候補し、当選を果たす。 現在、衆議院環境委員会理事、衆議院経済産業委員会委員、自由民主党北海道第1選挙区支部連合会会長を務めている。 鈴木真実の政治活動は、以下の政策分野に重点を置いている。 ・経済政策鈴木真実氏は、市場原理主義を支持しており、政府による経済への介入に反対している。また、減税や規制緩和を主張している。 ・社会政策鈴木氏は、社会保障制度の改革を支持しており、福祉手当の削減や高齢者向け医療費の負担増を主張している。また、同性婚や人工妊娠中絶にも反対している。 ・外交政策鈴木氏は、安全保障政策の強化を支持しており、防衛費の増加や日米同盟の強化を主張している。また、中国や北朝鮮に対して強硬な姿勢をとっている。 鈴木真実氏の政治活動は、物議を醸すことも多い。例えば、同氏は差別的とみなされる発言をしたことで批判されている。また、財政政策や社会政策についても、批判されている。しかし、鈴木氏は党内でも人気のある政治家であり、今後さらなる活躍が期待されている。
学術分野の人

馬屋原重帯-江戸時代中・後期儒学者

-概要- 馬屋原重帯(1747-1814)は、江戸時代中・後期の儒学者であり、荻生徂徠の学統を受け継ぐ荻生派の代表的な人物の一人である。諱は重帯、字は子綱、通称は治部右衛門。号は稚圭、稚珪、万一斎、碧洋、棣花亭、与楽亭など。 重帯は、伯耆国河村郡下河村(現在の鳥取県西伯郡大山町下河原)に生まれた。父は馬屋原茂栄、母は貞。幼少の頃から読書を好み、13歳の時に江戸に出て、荻生徂徠の門人である太宰春台に師事した。春台没後は、同門の古賀侗庵に師事し、荻生徠学を学び、さらに北条霞亭や大窪詩仏らと交わって、その学問を深めた。 19歳の時に故郷に戻り、下河原に塾を開いて、私塾「棣花亭」にて多くの門人を育成。その門下からは、柴野栗山や田中大秀ら、多くの優秀な儒学者を輩出した。一方で、学問だけでなく、郷土の発展にも貢献し、下河原の灌漑事業や河川改修を計画し、その実現に尽力した。 また、重帯は医術に優れており、多くの病人を診察し、救ったと言われている。重帯の学問は、荻生徠学を基本とし、兄である馬屋原琢如との親交が深く、琢如が提唱した「万象尽性説」に強い影響を受けている。重帯は、万象はすべて性によって生じ、性によって存し、性によって滅するとし、その性とは、仁・義・礼・智・信の五常であるとした。また、重帯は、性と情の関係についても論じ、情は性の発露であるとした。 重帯の学問は、その学識の高さから、江戸幕府からも高く評価され、1792年に、幕府の儒官に任命され、昌平坂学問所に仕えた。重帯は、昌平坂学問所において、荻生徠学を講義し、多くの学生を育成した。重帯は、1814年に昌平坂学問所で没した。享年68。
文学分野の人

北村季春:江戸時代中・後期の国学者

北村季春の生涯 北村季春は、江戸時代中期から後期の国学者である。1718年、武蔵国埼玉郡大和田村(現・埼玉県さいたま市桜区大和田町)に生まれる。幼名は喜三郎。家は代々、医師を業としていたが、季春は10歳の時に両親を失い、伯父の北村澹斎に育てられる。澹斎は、儒学者であり、季春に儒学を教えた。 季春は、儒学を学びながら、同時に古典にも関心を持ち、独学で古文を修めた。18歳の時に、江戸に出て、国学者である賀茂真淵の門下生となる。真淵からは、古語や古事記、日本書紀などの講義を受け、国学の基礎を固めた。 真淵の門下生となった季春は、国学の研究に没頭する。1748年、22歳の時に、神道に関する著書である『神道弁』を著し、国学者として名を馳せるようになる。その後も、多くの著書を著し、国学の発展に貢献した。 季春は、国学の研究だけでなく、和歌や連歌にも優れていた。1763年、47歳の時に、和歌の著書である『和歌初学抄』を著し、和歌の入門書として広く読まれた。また、連歌の著書である『連歌初学抄』も著し、連歌の入門書として広く読まれた。 季春は、1806年、89歳の時に死去した。江戸時代を代表する国学者として、その功績は大きく、後世の国学者に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

松平信成

松平信成の生涯 松平信成は、江戸時代初期の武将。徳川家康の異父弟である松平康元の子であり、徳川家康の養子となって徳川宗家に仕えた。通称は次郎三郎、のちに主計助。官位は従五位下、肥前守。 松平信成は、元亀元年(1570年)に三河国岡崎城で生まれた。天正12年(1584年)に徳川家康の養子となり、家康の関東入国に際して上総国五井を1万石で与えられた。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東軍に属して活躍し、戦後には下総国古河城10万石に加増された。 慶長19年(1614年)に大坂冬の陣が起こると、松平信成は徳川秀忠の軍勢に加わって出陣し、天王寺口の戦いで真田幸村らと激戦を繰り広げた。元和元年(1615年)の大坂夏の陣では、真田丸の戦いで真田幸村を破り、徳川軍の勝利に貢献した。 元和3年(1617年)、松平信成は越後国高田藩15万石に加増され、藩主となった。高田藩主として、信成は藩政に励み、領内の開発や治水事業に尽力した。また、信成は茶の湯を好み、自らが茶室を設けて茶会を催すなど、文化の振興にも努めた。 寛永12年(1635年)、松平信成は江戸城で死去した。享年66。信成の死後、高田藩は子の松平光長が継いだ。 松平信成は、徳川家康の養子として徳川宗家に仕え、関ヶ原の戦い、大坂冬の陣、大坂夏の陣などで活躍した武将である。また、高田藩主として藩政に励み、領内の開発や治水事業に尽力した。信成は、徳川家康の信頼が厚く、江戸幕府の初期に重要な役割を果たした人物である。
歴史上の人物

等々力孫一郎 – 江戸時代中期の治水家

奈良井川から烏川堰にそそぐ水路開削計画 等々力孫一郎は、奈良井川から烏川堰にそそぐ水路を開削する計画を立てました。この計画は、奈良井川の水を烏川堰に流し、江戸の町に水を送ることを目的としていました。 奈良井川は、多摩川の上流に位置する川です。烏川堰は、江戸の町に水を供給していた堰です。奈良井川から烏川堰までは、約40キロメートル離れていました。 等々力孫一郎は、この計画を実現するために、奈良井川から烏川堰までを結ぶ水路を開削しました。この水路は、幅約10メートル、深さ約2メートル、長さ約40キロメートルでした。 この水路は、1732年に完成しました。水路が完成すると、奈良井川の水が烏川堰に流れ込み、江戸の町に水が供給されるようになりました。 この計画は、江戸の町に安定した水供給をもたらしました。この計画は、等々力孫一郎の治水技術の高さを見せつけるものでした。
歴史上の人物

清水道斎|茶人|江戸時代中期 – 後期

石州流清水派の茶人 清水道斎(しみず どうさい、延宝3年(1675年) - 安永8年6月20日(1779年7月28日))は、江戸時代中期から後期にかけての茶人、書家。大坂生まれ、京都の出身。名は尚、字は一成。号は道斎、別に東極亭・清心園・不識庵・氷霜庵など。浮世絵師や役者に交友関係が深く、芸術界に影響を与えた。また、園芸の発展にも寄与している。 道斎は、若くして大坂で茶の湯を学び、後に京都に移住して千利休の孫にあたる千宗旦に師事した。宗旦の死後は、その子である千宗守に師事し、石州流清水派の茶人を名乗った。 道斎の茶風は、利休のわび茶を基本としながらも、独自の工夫を凝らしたもので、茶の湯を芸術として昇華させた。また、茶道具の収集にも熱心で、多くの名品を所蔵していた。 道斎は、茶の湯以外にも書画にも優れ、特に花鳥画を得意とした。また、園芸にも詳しく、多くの珍しい植物を栽培していた。これらの知識や経験を活かして、茶会や茶道具の制作、園芸書の作成など、幅広く活動した。 道斎は、茶の湯界や芸術界に大きな足跡を残した人物であり、江戸時代中期から後期の茶の湯文化の発展に貢献した。 道斎の弟子には、茶人として活躍した清水宗里や、浮世絵師として活躍した葛飾北斎などがいる。
文学分野の人

倉田葛三:江戸時代中期の俳人

-二人の師匠から学ぶ- 倉田葛三は、元禄9年(1696年)に江戸の深川で生まれました。俳諧を愛する家庭に育ち、若くして芭蕉に師事しました。芭蕉からは俳諧の精神と技法を学び、その影響を強く受けました。 元禄16年(1703年)、芭蕉が亡くなると、葛三は芭蕉の弟子である其角に師事しました。其角からは俳諧の技巧と句作の方法を学び、さらにその俳諧の道を深めました。 葛三は、芭蕉と其角という二人の偉大な師匠から学び、俳諧の世界で頭角を現しました。そして、享保18年(1733年)に、わずか37歳で亡くなるまで、多くの名句を残しました。 葛三の句風は、芭蕉の写生俳諧と其角の技巧派俳諧が融合したもので、清新で洒脱な句が多いのが特徴です。また、葛三は、俳諧のみならず、和歌や漢詩にも通じており、その教養が俳諧の創作に活かされています。 葛三は、江戸時代中期の俳諧を代表する俳人の一人であり、その句風は、後世の俳人に大きな影響を与えました。 葛三の代表的な句には、以下のものがあります。 * 「春風や 昼のほそぼそ 寺の跡」 * 「道のべの 花見て過ぐる 旅人と」 * 「木がくれて 月の入るまで 蝉の声」 これらの句は、葛三の清新で洒脱な句風がよく表れています。
美術分野の人

書家荒木呉橋の人物辞典

-江戸時代中期-後期の書家- -狩野探幽-(かのう たんゆう、1602~1674年) 江戸時代初期の画家。狩野派の四代目当主。徳川家光の命で江戸城や日光東照宮などの障壁画を手がけた。書も能くし、特に草書を得意とした。 -酒井抱一-(さかい ほういつ、1761~1829年) 江戸時代後期の画家、書家。琳派の代表的画家の一人。洒脱でユーモラスな作風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。 -池大雅-(いけ の たいが、1723~1776年) 江戸時代中期の画家、書家。南画の代表的画家の一人。中国の文人画を学び、写生を重視した画風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。 -与謝蕪村-(よさ ぶそん、1716~1784年) 江戸時代中期の俳諧師、画家、書家。俳諧では蕉風を継ぎ、蕪村風と呼ばれた。画も能くし、南画の影響を受けた独自の画風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。 -谷文晁-(たに ぶんちょう、1763~1840年) 江戸時代後期の画家、書家。南画の代表的画家の一人。中国の文人画を学び、写生を重視した画風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。 -高久靄厓-(たかく あいがい、1785~1861年) 江戸時代後期の書家、篆刻家。篆刻を秦蔵六に学び、独自の画風を確立した。書も能くし、特に篆書を得意とした。 -貫名菘翁-(ぬきな しょうおう、1778~1861年) 江戸時代後期の書家、画家。篆書を得意とし、その書風は「菘翁体」と呼ばれた。画も能くし、南画の影響を受けた独自の画風で知られる。 -渡辺崋山-(わたなべ かざん、1793~1841年) 江戸時代後期の画家、書家。南画の代表的画家の一人。中国の文人画を学び、写生を重視した画風で知られる。書も能くし、特に草書を得意とした。
歴史上の人物

「内山伊吉」:江戸時代中期の殖産家

-伊吉櫨の開発- 伊吉櫨とは、伊吉が開発した櫨の一種で、実が大きく、油の収量が多いのが特徴です。従来の櫨は、実が小さく、油の収量も少なかったため、商品価値が低く、主に自給自足の用途でしか使われていませんでした。しかし、伊吉が開発した伊吉櫨は、実が大きく、油の収量が多かったため、商品価値が高く、全国各地に出荷されるようになりました。 伊吉櫨の開発は、日本の櫨産業の発展に大きく貢献しました。従来は、櫨の油は、主に照明用として使われていましたが、伊吉櫨の開発により、櫨の油の生産量が増加し、櫨の油は、照明用だけでなく、石鹸や化粧品などの原料としても使われるようになりました。また、伊吉櫨の開発により、櫨の栽培面積も増加し、櫨は、日本全国で栽培されるようになりました。 伊吉櫨の開発は、日本の経済の発展にも貢献しました。櫨の油は、江戸時代には、重要な輸出品目であり、海外に輸出されて、日本の外貨獲得に貢献しました。また、櫨の栽培は、農家にとって重要な収入源となり、日本の農業の発展に貢献しました。 伊吉櫨の開発は、日本の文化の発展にも貢献しました。櫨の油は、照明用として使われていたため、人々の生活を明るくし、文化の発展に貢献しました。また、櫨の油は、石鹸や化粧品などの原料としても使われていたため、人々の生活を豊かにし、文化の発展に貢献しました。
学術分野の人

– 内田鵜洲

-内田鵜洲の生涯- 内田鵜洲(1885年1月28日 - 1962年2月25日)は、日本の歌人、国文学者。 1885年(明治18年)、三重県員弁郡佐波村(現・いなべ市梅原)に生まれる。1901年(明治34年)に上京して大学予備門に入学。1906年(明治39年)に東京帝国大学国文科に進学する。在学中に島崎藤村の門下に入り、歌人として出発する。 1910年(明治43年)に東京帝国大学を卒業。1913年(大正2年)に『青艸』を創刊。1915年(大正4年)に、国定国語教科書編纂委員となる。1921年(大正10年)に『心の花』を創刊。 1927年(昭和2年)に、東京帝国大学教授となる。1937年(昭和12年)に、日本歌人協会会長に就任。1941年(昭和16年)に、帝国芸術院会員に選ばれる。 1945年(昭和20年)に、東京帝国大学を退官。1962年(昭和37年)に、死去。 内田鵜洲は、短歌に写実的な手法を取り入れた「写生歌」を提唱した。また、国文学の研究にも力を入れ、特に万葉集の研究に大きな功績を残した。
美術分野の人

「山口素絢」について

-山口素絢の生涯と経歴- 山口素絢は、1966年8月23日に大阪府大阪市で生まれました。1989年に大阪大学工学部を卒業し、日本IBMに入社しました。1992年に日本IBMを退社し、株式会社サン・マイクロシステムズに入社しました。1997年に株式会社サン・マイクロシステムズを退社し、フリーランスのエンジニアとして活動を始めました。2000年に、株式会社ロータス・ディベロップメント・カンパニーに入社しました。2001年に株式会社ロータス・ディベロップメント・カンパニーを退社し、 フリーランスのエンジニアとして活動を始めました。2003年に、株式会社日本オラクルに入社しました。2010年に株式会社日本オラクルを退社し、 フリーランスのエンジニアとして活動を始めました。2011年に、株式会社クラウドナインを設立しました。2013年に、株式会社クラウドナインを退社し、 フリーランスのエンジニアとして活動を始めました。2015年に、株式会社インフォティカを設立しました。 山口素絢は、ソフトウェアエンジニアとして30年以上のキャリアを持ち、Java、C++、Pythonなどのプログラミング言語に精通しています。また、データベース、クラウドコンピューティング、人工知能などの分野にも精通しています。山口素絢は、著書や論文を多数執筆しており、ソフトウェアエンジニアリングの分野で高い評価を受けています。 山口素絢は、2019年に株式会社インフォティカを退社し、フリーランスのエンジニアとして活動を始めました。現在は、ソフトウェアエンジニアとして、ソフトウェアの開発やコンサルティングを行っています。