江戸時代後期の戯作者

作家

月光亭笑寿 – 江戸時代の戯作者

-江戸芝神明町で活躍した戯作者- 月光亭笑寿(げっこうていしょうじゅ)は、江戸時代前期に活躍した戯作者です。その生涯については、ほとんど知られておらず、江戸芝神明町に住んでいたということのみが分かっています。 月光亭笑寿の作品は、主に狂歌や川柳といったものが多く、その作風はユーモアに溢れ、庶民の生活や風俗を巧みに描いています。また、当時の世相を反映した作品も多く残しており、その内容は現代にも通じるものがあります。 月光亭笑寿は、江戸芝神明町で活躍した戯作者として知られており、その作品は庶民に親しまれ、高い評価を得ていました。その功績は大きく、現在でも多くの作品が読み継がれています。 月光亭笑寿の作品をいくつか紹介します。 * -狂歌- > 世の中はままならぬことばかりなり  > 思うにまかせぬことぞ多き > 猫といへば鼠の敵なるべし  > 鼠といへば猫の敵ぞ * -川柳- > 嫁姑 犬と猿とは 仲悪し > 夫婦喧嘩 隣の家が 泣き出す * -当時の世相を反映した作品- > 奢侈を戒む  > 賄賂の悪しきを戒む Moonlight亭笑寿の作品は庶民の生活や風俗を巧みに描き、当時の世相を反映しています。その内容は現代にも通じるものがあり、現在でも多くの人々に親しまれています。
芸術家

神屋蓬洲:江戸時代後期の戯作(げさく)者と浮世絵師

-春川栄山の門人として- 神屋蓬洲(1802-1852)は、江戸時代後期の戯作(げさく)者と浮世絵師である。春川栄山の門人として、戯作と浮世絵の両分野で活躍した。 春川栄山は、江戸時代後期の戯作(げさく)者と浮世絵師である。山東京伝の門人で、読本(よみほん)や滑稽本(かっきぼん)を多く著した。また、浮世絵師としても活躍し、役者絵や美人画などを描いた。 神屋蓬洲は、1802年に江戸に生まれた。本名は鈴木栄五郎で、春川栄山の門人となった。春川栄山からは戯作(げさく)と浮世絵の両方を学び、戯作と浮世絵の両分野で活躍した。 神屋蓬洲は、戯作(げさく)者としては、読本(よみほん)や滑稽本(かっきぼん)を多く著した。代表作としては、読本(よみほん)の『児桜(ちござくら)』や、『紙芝居(かみしばい)化物(ばけもの)根太(ねた)』などがある。 浮世絵師としては、役者絵や美人画などを描いた。代表作としては、役者絵の『中村芝翫(なかむらしかん)の竹本』や、『尾上菊五郎(おのえきくごろう)のひよどり』などがある。 神屋蓬洲は、1852年に江戸で亡くなった。享年51歳であった。