池田光仲

歴史上の人物

池田光仲 – 江戸時代前期の大名

-池田光仲の生涯- 池田光仲は、江戸時代前期の大名であり、初代高梁藩主を務めました。1565年、池田輝政の長男として播磨国姫路城で生まれ、幼名は万福丸でした。 1582年、本能寺の変で父・輝政が山崎の戦いで戦死した後、家督を継いで姫路城主となりました。1600年の関ヶ原の戦いでは、徳川家康に従って西軍と戦いましたが、戦功を挙げることはできませんでした。 戦後、光仲は丹波国亀山藩に移封されました。1613年、備中国高梁藩に移され、1万石の大名となりました。光仲は、高梁藩の藩政を安定させ、領民の生活を向上させることに努めました。 1632年、江戸で死去しました。享年68。光仲の跡を、長男の光政が継ぎました。 池田光仲は、戦国時代の動乱を生き抜き、江戸時代の大名として活躍した人物です。高梁藩の藩祖として、藩政の安定に貢献しました。
歴史上の人物

池田綱清 – 江戸時代前期の大名

-池田綱清の生涯 - 江戸時代前期の大名- -池田綱清とは- 池田綱清は、江戸時代前期の大名。因幡国鳥取藩第2代藩主。 -生い立ち- 綱清は、1632年(寛永9年)に、因幡国鳥取藩初代藩主・池田光政の長男として江戸に生まれる。綱清の母は、光政の正室である妙静院。 -藩主時代- 1650年(慶安3年)、光政が死去したため、綱清が家督を継いで、因幡国鳥取藩の第2代藩主となった。綱清は、藩政改革を行い、藩の財政を再建した。また、学問を奨励し、藩校・足利学校を創設した。 -晩年- 綱清は、1695年(元禄8年)に64歳で死去した。綱清の死後は、子の池田綱政が家督を継いだ。 -人物- 綱清は、聡明で、学問を好んだ。また、茶道や和歌にも通じていた。綱清は、江戸幕府の要職を歴任し、老中や若年寄を務めた。綱清は、江戸幕府の重臣として、政治に大きな影響力を及ぼした。
歴史上の人物

池田忠雄,光仲につかえた武士「由宇勘平」について

-由宇勘平の業績- 由宇勘平は、戦国時代の武士で、光仲につかえていました。彼は、勇猛果敢な武将として知られ、多くの戦いで活躍しました。中でも、桶狭間の戦いで、今川義元を討ち取った功績は有名です。 由宇勘平は、はじめ、今川義元の家臣でした。しかし、義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれると、彼は織田信長に仕えるようになりました。信長は、由宇勘平の武勇を高く評価し、彼を重臣として取り立てました。 由宇勘平は、織田信長に仕えた後、豊臣秀吉、徳川家康にも仕えました。彼は、各地を転戦し、多くの戦いで功績を挙げました。特に、九州征伐では、島津氏を降伏させるのに貢献しました。 由宇勘平は、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで戦死しました。戦乱の世を駆け抜けた武勇伝の英雄として、後世にも語り継がれています。