池田長常

歴史上の人物

池田長常 – 江戸時代前期の大名

-池田長常の生涯- 池田長常は、江戸時代前期の大名で、岡山藩の初代藩主です。1594年に摂津国池田で生まれ、徳川家康に仕えて大坂の陣で武功を挙げました。1615年に岡山藩を拝領し、藩主として藩政を改革しました。 池田長常は、岡山藩の経済発展に力を入れ、干拓や新田開発を奨励しました。また、岡山城の整備や岡山藩の分限帳である「岡山藩士分限録」の編纂などにも取り組みました。 池田長常は、1632年に岡山城で亡くなりました。享年39歳でした。池田長常の死後、岡山藩は子の光政が継ぎました。光政は、池田長常の遺志を継ぎ、岡山藩の藩政改革をさらに進めました。 池田長常は、岡山藩の礎を築いた名君として知られています。その功績は、岡山藩の発展に大きく貢献しました。 池田長常の生涯を年表にすると以下のようになります。 * 1594年摂津国池田で生まれる * 1600年関ヶ原の戦いで徳川家康に味方する * 1603年江戸幕府が開設され、池田長常は旗本となる * 1615年岡山藩を拝領し、藩主となる * 1617年岡山城の整備を開始する * 1621年「岡山藩士分限録」を編纂する * 1622年干拓や新田開発を奨励する * 1632年岡山城で亡くなる。享年39歳
歴史上の人物

池田長頼-徳川幕府の武士

池田長頼の生い立ちと徳川秀忠への仕官 池田長頼は、1565年(永禄8年)に越前国丹生郡朝日山城(現在の福井県越前市)で生まれました。父は池田恒興、母は織田信長の妹・お市の方です。長頼は、幼い頃から聡明で武勇に優れており、1573年(天正元年)には、わずか9歳で初陣を果たしました。 1582年(天正10年)、本能寺の変で信長が亡くなると、長頼は織田信雄に仕えました。しかし、信雄は秀吉と対立して敗北し、長頼は秀吉に降伏しました。秀吉は、長頼の才能を高く評価し、1585年(天正13年)には、近江国長浜城10万石を与えました。 秀吉の死後、天下統一を成し遂げた徳川家康が江戸幕府を開くと、長頼は徳川秀忠に仕えることになりました。秀忠は、長頼の武勇と知略を頼り、彼を重臣として重用しました。長頼は、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いでは、東軍として参加し、大いに功を挙げました。 関ヶ原の戦い後、長頼は播磨国姫路城24万石に加増されました。長頼は、姫路城を拠点として、播磨国を治めるとともに、大坂の陣にも参加しました。大坂の陣では、長頼は豊臣軍を相手に奮戦し、徳川軍の勝利に貢献しました。 1615年(元和元年)、大坂の陣が終わると、長頼は徳川氏から従四位下侍従の官位と、土佐国一国を与えられました。長頼は、土佐国を治めるとともに、幕府の要職を歴任しました。1630年(寛永7年)、長頼は江戸城で死去しました。享年66歳でした。