汲古会

歴史上の偉人

秋山宗古:大正・昭和の茶道家と裏千家の名人

秋山宗古の生い立ちと茶道への入門 秋山宗古は、1874年(明治7年)、滋賀県大津市に生まれました。本名は秋山忠次郎。幼少期より裏千家家元13代淡々斎の茶道指南を受け、茶道への道を歩み始めました。 宗古は、若くして茶道の才能を発揮し、1900年(明治33年)に裏千家家元14代即中斎の門下生となりました。即中斎は、宗古の才能を高く評価し、宗古に茶道の奥義を伝授しました。 1913年(大正2年)、宗古は裏千家家元15代一指斎の門下生となり、一指斎の茶道の薫陶を受けました。一指斎は、宗古の茶道の才能をさらに伸ばし、宗古は茶道の名人として知られるようになりました。 1926年(大正15年)、宗古は裏千家家元16代玄々斎の門下生となり、玄々斎の茶道の教えを受けました。玄々斎は、宗古の茶道の才能を認め、宗古を裏千家家元の後継者として育て上げました。 1940年(昭和15年)、宗古は裏千家家元17代となった。宗古は、茶道の伝統を大切にしながらも、新しい茶道のスタイルを追求しました。宗古の茶道は、多くの人々に愛され、宗古は茶道の名人として広く知られるようになりました。 宗古は、1964年(昭和39年)に死去しました。しかし、宗古の茶道の教えは、今もなお多くの人々に受け継がれています。