沈惟岳

歴史上の人物

「沈惟岳」

-「沈惟岳」- -遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに唐に渡り、天平宝字(てんぴょうほうじ)5年(761)大宰府(だざいふ)に来着- 沈惟岳(しんいぼく)は、唐の官僚・外交官である。天平宝字(てんぴょうほうじ)5年(761)に、遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに唐に渡り、大宰府に来着した。 沈惟岳は、唐の宰相である李揆(りき)の推薦を受けて、遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに日本に派遣された。沈惟岳は、唐の船に乗って日本に到着し、大宰府で藤原清河(きよかわ)と会見した。沈惟岳は、藤原清河(きよかわ)に、唐の皇帝である唐玄宗(とうげんそう)からの国書を手渡した。唐玄宗(とうげんそう)は、国書の中で、藤原清河(きよかわ)の来訪を歓迎し、日本と唐の友好関係を深めたいという気持ちを表明した。 藤原清河(きよかわ)は、沈惟岳から国書を受け取り、唐玄宗(とうげんそう)に感謝の意を表した。藤原清河(きよかわ)は、沈惟岳を唐に送り返し、唐玄宗(とうげんそう)に日本からの国書を手渡させた。唐玄宗(とうげんそう)は、日本からの国書を受け取り、藤原清河(きよかわ)の来訪を喜び、日本と唐の友好関係を深めることを約束した。 沈惟岳は、遣唐使藤原清河(きよかわ)をむかえに日本に派遣され、大宰府で藤原清河(きよかわ)と会見した。沈惟岳は、唐玄宗(とうげんそう)からの国書を藤原清河(きよかわ)に手渡し、藤原清河(きよかわ)は、唐玄宗(とうげんそう)に感謝の意を表した。藤原清河(きよかわ)は、沈惟岳を唐に送り返し、唐玄宗(とうげんそう)に日本からの国書を手渡させた。唐玄宗(とうげんそう)は、日本からの国書を受け取り、藤原清河(きよかわ)の来訪を喜び、日本と唐の友好関係を深めることを約束した。
歴史上の人物

吾税児 – 天平宝字5年来日の渡来人

-渡来人の時代と吾税児- 奈良時代には、中国や朝鮮半島などから多くの渡来人が日本にやって来ました。彼らは、日本の文化や技術の発展に大きな貢献を果たしました。 吾税児は、天平宝字5年(761年)に唐から来日した渡来人の一人です。彼は、唐の皇族である李氏の一族であり、日本に帰化した後は藤原姓を賜りました。吾税児は、官僚として活躍し、鑑真和上の来日に尽力したことで知られています。 鑑真和上は、唐の僧侶で、日本で律宗を伝えました。吾税児は、鑑真和上が来日できるように、唐の皇帝に何度も嘆願しました。その結果、鑑真和上は、天平勝宝5年(753年)に日本で入唐しました。 吾税児は、鑑真和上が日本で布教できるように、多くの支援を行いました。彼は、鑑真和上のために寺院を建立し、弟子を集めました。また、鑑真和上の著作物を日本に広める活動にも尽力しました。 吾税児は、日本の文化や技術の発展に大きな貢献を果たした渡来人の一人です。彼は、官僚として活躍し、鑑真和上の来日に尽力しました。また、鑑真和上が日本で布教できるように、多くの支援を行いました。 吾税児は、日本の歴史上、重要な人物です。彼は、渡来人の功績を象徴する人物であり、日本と中国の文化交流に貢献した人物でもあります。吾税児の存在は、日本と中国の友好関係の重要性を示唆しています。