沢田吾一

研究者

沢田吾一とは?偉大な数学者と歴史学者の生涯

-沢田吾一とは?偉大な数学者と歴史学者の生涯- -菊池大麓に師事し高等商業教授に- 沢田吾一は、1884年(明治17年)に福岡県に生まれました。幼少期から数学に興味を持ち、1908年(明治41年)に京都帝国大学理学部数学科を卒業しました。卒業後は、京都帝国大学教授を務めていた菊池大麓に師事し、数学の研究に励みました。 1913年(大正2年)、沢田吾一は東京高等商業学校(現・一橋大学)の教授に就任しました。東京高等商業学校では、数学と経済学を教え、多くの学生を指導しました。また、この時期に、数学と経済学の融合に関する研究を進め、多くの論文を発表しました。 1922年(大正11年)、沢田吾一は東京帝国大学経済学部教授に就任しました。東京帝国大学では、経済学と数学を教え、多くの学生を指導しました。また、この間に、経済学の研究を進め、多くの論文を発表しました。 1934年(昭和9年)、沢田吾一は定年退職しましたが、その後も研究を続けました。1941年(昭和16年)、沢田吾一は逝去しました。 沢田吾一は、数学と経済学の融合に関する研究で大きな功績を残しました。また、多くの学生を指導し、日本の数学と経済学の発展に貢献しました。