泉川

経済分野の人

「大塚鳩斎」

泉川と名づけた清酒を売り出し 大塚鳩斎は、明治26年(1893年)に泉川と名づけた清酒を売り出しました。泉川とは、鳩斎が住んでいた鳩ヶ谷の別称です。この清酒は、鳩ヶ谷の水道水を使って醸造され、まろやかな口当たりとすっきりとした後味が特徴でした。泉川は、鳩ヶ谷だけでなく、東京や横浜などでも販売され、大好評を博しました。 泉川を売り出したことで、鳩斎は清酒醸造家としての名声を確立しました。また、泉川は鳩ヶ谷の名産品として知られるようになり、鳩ヶ谷の経済発展に貢献しました。 鳩斎が泉川を売り出した背景には、鳩ヶ谷の水道水が酒造りに適していたということがあります。鳩ヶ谷の水道水は、軟水でミネラル分が少なく、酒造りに最適でした。また、鳩ヶ谷には酒造りに適した気候風土も整っていました。 泉川は、鳩斎の清酒醸造技術と鳩ヶ谷の水道水や気候風土が合わさって生まれた清酒でした。泉川は、鳩ヶ谷を代表する清酒として、現在でも多くの人々に愛されています。
スポーツ分野の人

出水川貞右衛門 – 江戸時代中期の力士

-大坂相撲での活躍- 出水川貞右衛門は、元文4年(1739年)に大坂相撲に初土俵を踏み、すぐに頭角を現しました。当時の大坂相撲は、江戸相撲に比べて規模が小さく、力士のレベルも低かったのですが、出水川はそんな中でもひときわ目立つ存在でした。 出水川は、身長180cm、体重100kgの恵まれた体格を持ち、そのうえ力も強く、技も巧みでした。特に、右からの巻き込みが得意で、それを決めて勝つことが多かったため、「出水の巻き込み」と呼ばれていました。 出水川は、大坂相撲で活躍を続け、宝暦8年(1758年)には大関に昇進しました。そして、宝暦10年(1760年)には、大坂相撲の最高位である横綱に昇進しました。 出水川は、横綱として大坂相撲で君臨し、安永9年(1780年)に引退するまで、一度も負けませんでした。これは、大坂相撲の歴史上でも前代未聞の記録です。 出水川は、引退後も大坂相撲で後進の指導にあたり、多くの力士を育て上げました。また、相撲の技術や規則の整備にも尽力し、大坂相撲の発展に貢献しました。 出水川は、大坂相撲の黄金時代を築いた偉大な力士であり、その功績は今日でも語り継がれています。