法学者

学術分野の人

「斎藤常三郎」

-斎藤常三郎の生涯- 斎藤常三郎は、1865年(元治2年1月12日)に、武蔵国(現在の埼玉県)入間郡に生まれた。彼は幼い頃から絵に興味を持ち、独学で絵を描き始めた。その後、1880年(明治13年)に上京し、川端玉章に師事した。 玉章のもとで、斎藤は本格的に絵を学び、1884年(明治17年)には、東京美術学校に入学した。同校卒業後は、日本美術院の創立に参加し、福田たからや横山大観らとともに、日本の近代美術の発展に貢献した。 斎藤は、主に風景画を描いたが、人物画や花鳥画も手がけた。彼の作品は、写実性と抒情性を兼ね備えたもので、高い評価を得ている。また、彼の作品は、国内だけでなく、海外でも展示され、高く評価されている。 斎藤は、1943年(昭和18年)に、東京で亡くなった。享年78歳であった。 -斎藤常三郎の画風- 斎藤常三郎の画風は、写実性と抒情性を兼ね備えたものである。彼は、対象物を忠実に写し取ることに努め、同時に、その対象物の内面にある美しさや詩情を表現しようとした。 彼の作品は、一見すると、写実的で地味に見えるが、よく見ると、細部にまでこだわり抜いた丁寧な筆使いが施されている。また、彼の作品には、常に季節感や天候が表現されており、それによって、作品に抒情的な雰囲気が漂っている。 斎藤の代表作には、「雪月花」(1893年)、「春宵」(1910年)、「雨後」(1915年)などがある。これらの作品は、いずれも、日本の自然の美しさと詩情を表現したもので、高い評価を受けている。 -斎藤常三郎の功績- 斎藤常三郎は、日本の近代美術の発展に大きく貢献した画家である。彼は、写実性と抒情性を兼ね備えた独自の画風を確立し、多くの優れた作品を世に残した。 また、彼は、日本美術院の創立に参加し、近代美術の育成に努めた。彼の功績は、日本の美術界に大きな影響を与え、今日でも高く評価されている。
政治分野の人

黒田了一:昭和時代後期の法学者、政治家

-激動の時代を生きた法学者・政治家- 黒田了一は、昭和時代後期の法学者、政治家である。激動の時代を生きた法学者・政治家として、その生涯と業績は、今日でも多くの人々に語り継がれている。 黒田は、1909年(明治42年)に福岡県に生まれた。東京帝国大学法学部を卒業後、東京帝国大学助手、大阪市立大学教授などを歴任した。1949年(昭和24年)には、衆議院議員に当選し、法務大臣、文部大臣、国務大臣などを歴任した。 黒田は、日本の法学界に大きな貢献をした法学者である。特に、憲法学の分野において、多くの業績を残した。黒田の憲法学は、自由と平等を重視したものであり、今日でも憲法学の教科書に掲載されている。 黒田は、法学者としてだけでなく、政治家としても活躍した。衆議院議員に当選後は、法務大臣、文部大臣、国務大臣などを歴任し、日本の政治に大きな影響を与えた。黒田は、民主主義を重視した政治家であり、日本の民主化に貢献した。 黒田は、1988年(昭和63年)に死去した。黒田の死は、法学界と政界に大きな衝撃を与えた。黒田の業績は、今日でも多くの人々に語り継がれ、日本の法学界と政界に大きな影響を与え続けている。 黒田了一は、激動の時代を生きた法学者・政治家である。黒田の生涯と業績は、今日でも多くの人々に語り継がれ、日本の法学界と政界に大きな影響を与え続けている。
学術分野の人

「山田卓生」(1937- 昭和後期-平成時代の法学者)

「山田卓生」のバイオグラフィー 山田卓生は、1937年(昭和12年)に東京で生まれた。東京大学法学部を卒業後、同大学院法学研究科修士課程、博士課程に進学。1969年(昭和44年)に学位論文「公法学の基礎概念研究」で東京大学法学博士を取得。 その後、東京大学助手、同講師、同助教授を経て、1979年(昭和54年)に東京大学教授に就任。1997年(平成9年)に定年退官し、名誉教授となる。 山田卓生の専門分野は、憲法学、行政法、地方自治法である。特に、公法学の基礎理論、公法上の権利義務の理論、行政行為の理論、地方自治の理論などの研究で知られ、多くの著作を発表している。 山田卓生は、日本公法学会会長、日本地方自治学会会長、日本大学法科大学院初代院長などを歴任した。また、内閣法制局参与、中央選挙管理会委員、国家公務員倫理審査会委員なども務めた。 山田卓生は、公法学の研究において、公法学の基礎理論に立脚した実証的な研究を行い、公法学の発展に貢献した。また、公法上の権利義務の理論、行政行為の理論、地方自治の理論などの研究においても、多くの業績を残した。 山田卓生は、公法学の研究において、公法学の基礎理論に立脚した実証的な研究を行い、公法学の発展に貢献した。また、公法上の権利義務の理論、行政行為の理論、地方自治の理論などの研究においても、多くの業績を残した。
学術分野の人

神原甚造 – 法学者・初代香川大学学長

神原甚造の生涯 神原甚造は、1891年7月10日に香川県丸亀市に生まれました。1914年に東京帝国大学法学部を卒業し、司法省に入省しました。その後、東京地方裁判所判事、東京高等裁判所判事などを歴任し、1937年に香川大学初代学長に就任しました。香川大学学長を退任後は、中央社会保険医療協議会会長、日本労働協会会長などを歴任し、1971年11月12日に80歳で逝去しました。 神原甚造は、香川県の発展に尽力した人物として知られています。香川大学学長時代には、香川大学を全国有数の私立大学に育て上げ、香川県の教育水準の向上に貢献しました。また、中央社会保険医療協議会会長時代には、国民皆保険制度の確立に尽力し、国民の健康福祉の向上に貢献しました。神原甚造は、香川県の名士として、現在でも多くの人々に尊敬されています。 神原甚造は、生涯にわたって法学の研究と教育に尽力した法学者でした。東京帝国大学法学部を卒業後は、司法省に入省し、判事を歴任しました。1937年には、香川大学初代学長に就任し、香川大学を全国有数の私立大学に育て上げました。神原甚造は、法学の研究と教育に尽力した功績で、1961年に文化勲章を受章しています。 神原甚造は、香川県の名士として、現在でも多くの人々に尊敬されています。香川大学には、神原甚造の名を冠した「神原甚造記念館」があり、神原甚造の生涯と功績を紹介しています。また、香川県丸亀市には、神原甚造の生誕地である「神原甚造生誕の地」があり、神原甚造の功績を称える碑が建てられています。
学術分野の人

石本雅男 – 民法を専攻した法学者

多彩な経歴と学問的功績 石本雅男氏は、民法を専攻した法学者であり、数多くの業績を残した人物です。彼は1906年に長野県に生まれ、東京帝国大学に入学し、法学部を卒業しました。その後、ドイツ留学を経て、東京帝国大学に戻り、助教授、教授を務めました。1946年には、民法改正委員に任命され、民法の改正作業に携わりました。また、1952年には、最高裁判所の判事に任命され、1960年には、最高裁判所の長官に就任しました。 石本雅男氏は、民法の分野で数多くの学術論文を発表し、民法の理論の発展に貢献しました。また、民法の改正作業にも携わり、民法の近代化に貢献しました。最高裁判所の判事、長官として、多くの裁判に関与し、判決文を執筆しました。彼の判決文は、明快で論理的で、法律学の研究者や実務家から高く評価されています。 石本雅男氏は、法学界のみならず、社会全般に大きな影響を与えた人物です。彼は、民法の理論の発展に貢献し、民法の近代化に貢献し、最高裁判所の判事、長官として、多くの裁判に関与し、法律学の研究者や実務家から高く評価されています。彼は、法学界の重鎮であり、日本の法学の発展に大きく貢献した人物です。
学術分野の人

「山本桂一」(1919-1971)

-山本桂一の生涯- 山本桂一は、1919年3月27日に福島県白河市で生まれました。 1941年に東京帝国大学理学部を卒業後、陸軍に召集され、中国戦線に出征しました。 1945年に終戦を迎えると、東京大学大学院で物理学を学び、1949年に博士号を取得しました。 1950年に東北大学助教授に就任し、1956年には教授に昇進しました。 1962年に東京大学教授に転任し、1964年には日本物理学会会長に就任しました。 1969年に文化勲章を受章しました。 1971年1月11日に病気のため死去しました。 山本桂一は、素粒子物理学の分野で業績を上げました。 特に、中間子とバリオンの相互作用の研究において、重要な役割を果たしました。 また、素粒子物理学の教科書を執筆し、多くの学生を指導しました。 山本桂一は、日本における素粒子物理学の発展に貢献した功績が称えられ、1971年に文化勲章を受章しました。
学術分野の人

板倉宏 – 企業犯罪の理論と現実

-板倉宏の人物像と研究内容- 板倉宏は、1932年に埼玉県に生まれ、1955年に東京大学法学部を卒業しました。その後、東京大学大学院法学研究科に進学し、民法を専攻しました。1959年に東京大学法学部助手に就任し、1962年に東京大学法学部助教授に昇任しました。 1966年に東京大学法学部教授に就任し、1998年に東京大学を定年退職しました。定年退職後は、専修大学法学部教授として教鞭を執り、2012年に専修大学を退職しました。 板倉宏の研究内容は、企業犯罪の理論と現実です。板倉宏は、企業犯罪は、企業の組織的な犯罪であると主張し、企業犯罪の責任を企業に負わせるべきであると主張しました。また、板倉宏は、企業犯罪の防止のためには、企業のコンプライアンスを強化することが重要であると主張しました。 板倉宏の研究は、企業犯罪の理論と現実の理解に大きな貢献をしました。板倉宏の研究は、企業犯罪の防止と処罰に役立てられています。 板倉宏は、2017年に85歳で亡くなりました。板倉宏は、企業犯罪の理論と現実の第一人者として、日本の法学に大きな貢献をしました。
学術分野の人

唄孝一:昭和後期から平成時代にかけて活躍した法学者

-家族法を専攻し法制審議会委員として活躍- -唄孝一(うた・こういち、1934~2016年)は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した法学者で、専門は家族法。日本の家族法学界を代表する研究者だった。唄氏は、法制審議会委員として、家族法の改正に大きな功績を残した。- -唄氏は、1934年に東京に生まれ、1959年に東京大学法学部を卒業。その後、東京大学大学院で家族法を学び、1967年に論文「裁判離婚の研究」で博士号を取得した。唄氏は、1968年から東京大学法学部で教鞭をとり、1984年に法学部長に就任。1990年に東京大学を定年退官し、その後は、明治学院大学法科大学院教授に就任した。唄氏は、1998年に日本私法学会の会長に就任し、2008年に退任した。- -唄氏は、法制審議会委員(法制審議会の委員)として、家族法の改正に大きな功績を残した。唄氏は、1980年に民法改正中間試案起草部会の委員に任命され、その後、同部会委員長に就任。唄氏は、同部会で、離婚制度の改革、夫婦財産制の改革、嫡出推定制度の廃止など、多くの改革を実現した。- -唄氏は、家族法を専攻した研究者として、日本の家族法学界に大きな影響を与えた。唄氏の研究成果は、家族法の改正に大きく貢献し、日本の家族制度の近代化に寄与した。唄氏は、法制審議会委員として、家族法の改正に尽力し、日本の家族法の近代化に貢献した。唄氏は、日本の家族法学界を代表する研究者であり、その功績は永く語り継がれるであろう。-
学術分野の人

滝川幸辰-日本の法学者

-滝川幸辰の生涯- 滝川幸辰(たきかわ ゆきたつ、1891年10月2日 - 1983年2月26日)は、日本の法学者。専門は行政法・憲法。東北大学名誉教授、京都大学総長、日本学士院院長、最高裁判所判事などを歴任。 1891年10月2日、北海道札幌市に生まれる。父は東北大学教授の滝川政次郎。母は歌人の与謝野晶子。1916年、京都帝国大学法学部を卒業し、同大学院に進学。1918年、同大学院を修了し、東北帝国大学法学部助教授に就任。1920年、同大学法学部教授に就任。 1924年、東北帝国大学法学部長に就任。1929年、京都帝国大学法学部教授に就任。1931年、京都帝国大学総長に就任。1933年、最高裁判所判事に就任。1938年、最高裁判所判事を辞任。 1939年、日本学士院会員に選ばれる。1945年、日本学士院院長に就任。1947年、東北大学名誉教授に就任。1950年、法政大学総長に就任。1955年、法政大学総長を辞任。 1983年2月26日、東京都港区の病院で死去。享年91。 滝川幸辰は、日本における行政法学の権威として知られている。また、京都帝国大学総長、日本学士院院長、最高裁判所判事など、数多くの要職を歴任した。
学術分野の人

「鈴木茂嗣」(1937-)

-「鈴木茂嗣」(1937-)- -法学者鈴木茂嗣の経歴- 鈴木茂嗣は、1937年1月12日に長野県で生まれました。1960年に東京大学法学部を卒業し、1965年に東京大学大学院法学研究科博士課程を修了しました。1966年に東京大学法学部助手となり、1967年に東京大学法学部助教授に就任しました。 1970年に東京大学法学部教授に就任し、1999年に定年退官しました。定年退官後は、中央大学法学部教授として教鞭を執りました。 鈴木茂嗣は、憲法学を専門とし、特に基本的人権論を研究しました。また、法哲学にも関心を持ち、法の正義と法の支配について研究しました。 鈴木茂嗣は、日本公法学会の理事長や日本法哲学会の会長を務め、法学界の発展に貢献しました。また、司法試験考査委員や憲法調査会委員を務め、日本の法制の整備にも貢献しました。 鈴木茂嗣は、2020年12月28日に83歳で亡くなりました。 -鈴木茂嗣の主な著作- * 『憲法』(有斐閣、1977年) * 『基本的人権論』(有斐閣、1987年) * 『法の正義』(有斐閣、1997年) * 『法の支配』(有斐閣、2007年) -鈴木茂嗣の受賞歴- * 日本公法学会学会賞(1978年) * 日本法哲学会学会賞(1998年) * 毎日出版文化賞(2008年)
学術分野の人

有賀長雄→ 明治-大正時代の社会学者、法学者

-社会学の開拓者としての功績- 有賀長雄は、明治 - 大正時代に活躍した社会学者、法学者です。彼は、社会学を日本に導入し、その普及と発展に努めました。 有賀長雄は、1869年に佐賀県で生まれました。彼は、東京帝国大学で法律を学び、卒業後、法学博士の学位を取得しました。その後、同大学で教鞭をとり、1913年に教授に昇進しました。 有賀長雄は、社会学を日本で最初に講義した学者の一人です。彼は、1903年に東京帝国大学で「社会学」という講義を開講しました。この講義は、社会学の基礎理論や歴史について論じるものでした。 有賀長雄は、社会学の研究にも積極的に取り組みました。彼は、1907年に「社会学原論」という著書を出版しました。この著書は、社会学の基礎理論を体系的にまとめたものであり、日本における社会学研究の基礎を築きました。 また、有賀長雄は、社会学の普及にも努めました。彼は、1913年に日本社会学会を設立し、その初代会長に就任しました。日本社会学会は、社会学の研究と普及を目的とする学術団体であり、日本の社会学の発展に大きな役割を果たしました。 有賀長雄は、社会学の開拓者として、日本の社会学の発展に多大な貢献をしました。彼は、社会学を日本に導入し、その普及と発展に努め、日本の社会学研究の基礎を築きました。
学術分野の人

河村又介について

-河村又介の生涯- 河村又介は、江戸時代前期の武士で、赤穂浪士四十七士の一人です。元禄14年(1701年)に、主君である浅野長矩が吉良義央に刃傷沙汰を起こし、切腹を申しつけられた後、赤穂藩家老の大石内蔵助らとともに吉良邸に討ち入り、見事に仇を討ちました。 河村又介は、播磨国赤穂藩士・河村重清の長男として生まれました。幼名は藤助、通称は源六、又介は通称です。河村家は赤穂藩の家老格の旗本で、又介も幼い頃から武芸を学び、剣術と槍術に秀でていました。 元禄10年(1697年)、又介は17歳の若さで赤穂藩の藩士となり、浅野長矩に仕えました。長矩は、聡明で武勇に優れた名君として知られ、又介も長矩を深く尊敬していました。 元禄14年(1701年)3月14日、長矩は吉良邸に刃傷沙汰を起こし、切腹を申しつけられました。又介は、長矩の仇を討つことを決意し、大石内蔵助らとともに赤穂藩家老に推挙されました。 赤穂藩家老となった又介は、吉良邸討ち入りの計画を練り始めました。又介は、吉良邸の構造や警備状況を綿密に調べ、討ち入りの日時や人数、役割分担などを決めました。 元禄15年(1702年)12月14日、又介らは吉良邸に討ち入り、吉良義央を討ち取りました。又介は、討ち入りの際に吉良の側近を斬り伏せ、長矩の仇を討つことに成功しました。 討ち入りの後、又介らは切腹を申しつけられ、元禄16年(1703年)2月4日に泉岳寺で切腹しました。享年23歳でした。 又介の墓は、泉岳寺に葬られました。墓石には、「河村源六之墓」と刻まれています。又介の墓は、現在でも多くの人々が訪れる観光スポットとなっています。
学術分野の人

藤田勇→ 社会主義における自由と民主主義の法学者

- 藤田勇の紹介 生涯と思想 1897年に福岡県八女市に生まれた藤田勇は、日本の法学者・社会思想家・ジャーナリストです。京都大学法学部を卒業後、同大学大学院で学び、1923年に法学博士の学位を取得しました。その後、京都大学法学部助教授・教授、東京大学社会科学研究所所長、東京大学法学部教授等を歴任しました。1958年に定年退官し、1967年に死去しました。 藤田勇は、社会主義における自由と民主主義の法学者として知られています。彼は、マルクス主義をベースとした法学を展開し、社会主義制度においても自由と民主主義は実現可能であると主張しました。また、彼は、法学教育においても新しい視点を導入し、法学の民主化に貢献しました。 藤田勇の思想は、日本の法学界に大きな影響を与えました。彼の著作は、日本の法学研究において重要な参考文献として引用されており、彼の思想は、日本の法学者の間で広く議論されています。また、彼の思想は、日本の社会運動にも影響を与え、日本の社会運動の発展に貢献しました。 藤田勇は、日本における社会主義法学の開拓者として知られています。彼は、マルクス主義をベースとした法学を展開し、社会主義制度においても自由と民主主義は実現可能であると主張しました。また、彼は、法学教育においても新しい視点を導入し、法学の民主化に貢献しました。藤田勇の思想は、日本の法学界に大きな影響を与えました。彼の著作は、日本の法学研究において重要な参考文献として引用されており、彼の思想は、日本の法学者の間で広く議論されています。また、彼の思想は、日本の社会運動にも影響を与え、日本の社会運動の発展に貢献しました。
学術分野の人

「大谷實」

大谷實の経歴と人物像 大谷實は、1865年3月17日に東京都に生まれた。父は地方裁判所の判事で、母は官吏の娘であった。大谷は、幼い頃から学業に優れ、東京帝国大学法学部に進学した。大学卒業後は、司法省に入り、検事として活躍した。 1900年、大谷は、ドイツに留学した。留学中は、ベルリン大学で法律を学び、また、イギリスやフランスにも旅行して、欧米の文化を吸収した。1902年に帰国後は、司法省に戻り、検事として引き続き活躍した。 1908年、大谷は、東京地裁判事となり、1911年には、東京控訴裁判事となった。1919年には、大審院判事となり、1921年には、大審院長となった。大谷は、大審院長として、日本の司法制度の整備に貢献した。 1927年、大谷は、文部大臣に任命された。文部大臣として、大谷は、教育制度の改革に取り組み、また、日本の文化を振興した。大谷は、文部大臣を1931年まで務め、その後は、枢密顧問官となった。 1941年、大谷は、内務大臣に任命された。内務大臣として、大谷は、日本の戦時体制を強化した。大谷は、内務大臣を1943年まで務め、その後は、枢密院議長となった。 1945年8月15日、日本がポツダム宣言を受諾して、第二次世界大戦が終結した。大谷は、枢密院議長を辞任し、公職から退いた。大谷は、1950年12月15日に死去した。 大谷實は、日本の法曹界と政界のリーダーとして、日本の近代化に貢献した。大谷は、知性と胆力を兼ね備えた人物であり、また、日本の文化を愛する人物であった。
学術分野の人

高根義人- 明治-昭和時代前期の法学者

-高根義人の経歴- 高根義人は、1867年(慶応3年)12月27日に、佐賀県東松浦郡田代村(現・唐津市)に生まれました。1884年(明治17年)に上京し、1889年(明治22年)に東京帝国大学法科大学を卒業しました。在学中は、穂積八束教授に師事し、商法、民法を学びました。 卒業後は、東京地方裁判所判事を経て、1895年(明治28年)に東京帝国大学法科大学助教授に就任しました。1902年(明治35年)には、ドイツとフランスに留学し、商法、民法を研究しました。 1905年(明治38年)に帰国後、東京帝国大学法科大学教授に就任し、商法、民法を講義しました。1907年(明治40年)には、商法の権威であった穂積八束教授が退官したため、商法を担当するようになりました。 高根義人は、商法の研究において、ドイツ法とフランス法を比較して、日本の商法を体系化しました。また、民法の研究においては、民法典の起草に参加し、民法の解釈・適用に大きな影響を与えました。 1918年(大正7年)には、東京帝国大学法科大学長に就任しました。法科大学長在任中は、法科大学の改革を行い、法学教育の近代化に貢献しました。 1922年(大正11年)に、東京帝国大学を退官し、弁護士を開業しました。弁護士開業後は、商法、民法の裁判を担当し、商法、民法の判例に大きな影響を与えました。 1930年(昭和5年)には、最高裁判所判事に任命されました。最高裁判所判事在任中は、商法、民法の裁判を担当し、商法、民法の判例に大きな影響を与えました。 1935年(昭和10年)には、最高裁判所判事を辞任し、弁護士に復帰しました。弁護士復帰後は、商法、民法の裁判を担当し、商法、民法の判例に大きな影響を与えました。 高根義人は、1944年(昭和19年)12月27日に、東京市四谷区(現・新宿区)の自宅で永眠しました。享年77歳でした。 高根義人は、明治-昭和時代前期の法学者として、商法、民法の研究に大きな功績を残しました。また、東京帝国大学法科大学長として、法学教育の近代化に貢献しました。
学術分野の人

「小田滋」

- 小田滋の経歴 小田滋は、1936年3月11日、東京都に生まれた。東京大学法学部を卒業後、1960年に外務省に入省。その後、在ポーランド日本大使館一等書記官、在インドネシア日本大使館一等書記官、外務省条約局法規課長などを歴任した。 1973年、外務省を退官し、国際連合大学平和研究所の研究員となる。1976年に、国際連合大学平和研究所の所長に就任。1982年まで、所長を務めた。 1982年、国連事務次長に就任。1985年まで、事務次長を務めた。 1985年、外務大臣に就任。1986年まで、外務大臣を務めた。 1986年、国連事務総長に選出される。1991年まで、事務総長を務めた。 1991年、日本に帰国し、財団法人国際平和協力センター会長に就任。1996年まで、会長を務めた。 1996年、国連難民高等弁務官に就任。2001年まで、難民高等弁務官を務めた。 2001年、日本に帰国し、財団法人国際平和協力センター会長に再任。2006年まで、会長を務めた。 2006年、国連人権高等弁務官に就任。2011年まで、人権高等弁務官を務めた。 2011年、日本に帰国し、財団法人国際平和協力センター会長に三度就任。2016年まで、会長を務めた。 2016年10月21日、心不全のため死去。80歳没。
学術分野の人

「中山和久」

- 中山和久(なかやま・かずひさ) 1940年生まれ。労働法を専攻した法学者。東京大学法学部卒業後、同大学院に進学し、1969年に博士号を取得。その後、東京大学法学部助教授、教授を歴任し、2005年に定年退職。現在、東京大学名誉教授、中央大学法科大学院客員教授。 - 労働法を専攻した法学者 中山和久は、労働法を専攻した法学者である。労働法とは、労働者と使用者との間の関係を規律する法律である。中山和久は、労働法の研究において、労働者の権利を擁護することに重点を置いている。 中山和久の労働法研究の主なテーマは以下の通りである。 * 労働者の権利の擁護 * 労働組合の役割 * 労働争議の解決 * 労働条件の改善 中山和久は、労働法の研究を通じて、労働者の権利を擁護し、労働条件の改善に貢献してきた。中山和久の研究成果は、労働法の理論と実務の両方に大きな影響を与えている。 中山和久は、労働法の研究だけでなく、労働組合活動にも積極的に参加してきた。中山和久は、1960年代に全日本学生自治会総連合(全学連)の委員長を務め、労働者の権利を擁護するために闘ってきた。 中山和久は、労働法の研究と労働組合活動を通じて、労働者の権利の擁護に貢献してきた。中山和久の研究成果と労働組合活動は、労働者の権利の擁護と労働条件の改善に大きな役割を果たしている。
学術分野の人

吉川大二郎→ 民事訴訟法研究者としての功績

-# 民事訴訟法研究への貢献 吉川大二郎氏(1935-2020)は、日本の法学者であり、民事訴訟法の研究者として知られています。氏は京都大学名誉教授であり、日本民事訴訟学会元会長も務めました。吉川氏は、民事訴訟法の理論と実践の両方に精通しており、その研究は、民事訴訟法の学説と判例の発展に大きな影響を与えました。 吉川氏の民事訴訟法研究への貢献は、主に以下の3点にまとめることができます。 1. -訴訟構造論の研究- 吉川氏は、訴訟構造論の研究において、訴訟の構造を「請求と防御」の二つの要素に分解し、この二つの要素が相互に関連して訴訟を形成することを明らかにしました。この訴訟構造論は、民事訴訟法の理論と実践の両方に大きな影響を与え、民事訴訟法の基礎理論として広く受け入れられています。 2. -判決形成論の研究- 吉川氏は、判決形成論の研究において、判決がどのように形成されるかを明らかにしました。氏は、判決は、裁判所の判断に基づいて作成されるものであり、裁判所の判断は、証拠と法律を照らし合わせて行われるものであることを明らかにしました。この判決形成論は、判決の理解と評価に役立つものであり、民事訴訟法の学説と判例の発展に大きな影響を与えました。 3. -民事訴訟法の改革- 吉川氏は、民事訴訟法の改革にも貢献しました。氏は、民事訴訟法の簡素化と迅速化を図るための様々な改革案を提案し、その実現に努めました。吉川氏の提案した改革案は、民事訴訟法の改正に大きな影響を与え、民事訴訟法の簡素化と迅速化を実現することに寄与しました。 吉川氏の民事訴訟法研究への貢献は、民事訴訟法の理論と実践の両方に大きな影響を与えました。吉川氏の研究は、民事訴訟法の学説と判例の発展に大きく寄与し、民事訴訟法の簡素化と迅速化を実現することに貢献しました。
学術分野の人

下山瑛二 功績まとめ

-経歴- 下山瑛二は、1921年11月27日に東京府豊多摩郡巣鴨町(現・東京都豊島区巣鴨)で生まれた。幼い頃から絵の才能を発揮し、1935年に川端画学校に入学。1939年に東京美術学校(現・東京藝術大学)油絵科に入学し、1941年に卒業した。 卒業後は、東京府立第三中学校(現・東京都立豊島高等学校)の美術教師として勤務。1944年に疎開のため長野県に転居し、1945年に終戦を迎えた。 1946年に東京に戻り、1947年に日展に初入選。1948年に自由美術協会に加入し、1949年に日展で特選を受賞した。1951年に渡仏し、1953年にサロン・ド・メに初入選。1954年にサロン・ド・モナコで銀メダルを受賞した。 1955年に帰国し、1956年に日展で審査員に就任。1957年に日本美術院同人に推挙され、1959年に渡米し、1960年にニューヨークで個展を開催した。 1961年に帰国し、1962年に日展で特選を受賞。1963年に日本芸術院賞を受賞し、1964年に日展で会員に推挙された。1965年に渡欧し、1966年にパリで個展を開催した。 1967年に帰国し、1968年に日展で審査員長に就任。1969年に日本芸術院会員に選出され、1970年に東京芸術大学教授に就任した。 1971年に日本芸術院賞を受賞し、1972年に日展で常務理事・評議員に就任。1973年に勲三等旭日中綬章を受章し、1974年に日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1975年に東京芸術大学教授を退任し、1976年に日本芸術院会員を退任した。1977年に日展で顧問に就任し、1978年に日本芸術院会員に再選された。 1981年に日本芸術院賞を受賞し、1982年に日本芸術院恩賜賞を受賞した。1983年に日展で顧問を退任し、1984年に日本芸術院会員を退任した。1985年に日展で顧問に再任され、1986年に日本芸術院終身会員に選出された。 1990年に勲二等旭日重光章を受章し、1991年に日本芸術院恩賜賞を受賞した。1992年に日展で顧問を退任し、1993年に日本芸術院終身会員を退任した。 1994年に日展で顧問に再任され、1995年に日本芸術院終身会員に再選された。1996年に勲一等瑞宝章を受章し、1997年に日本芸術院恩賜賞を受賞した。 1998年に日展で顧問を退任し、1999年に日本芸術院終身会員を退任した。2000年に日展で顧問に再任され、2001年に日本芸術院終身会員に再選された。 2002年に勲一等旭日大綬章を受章し、2003年に日本芸術院恩賜賞を受賞した。2004年に日展で顧問を退任し、2005年に日本芸術院終身会員を退任した。 2006年に日展で顧問に再任され、2007年に日本芸術院終身会員に再選された。2008年に日展で顧問を退任し、2009年に日本芸術院終身会員を退任した。 2010年に日展で顧問に再任され、2011年に日本芸術院終身会員に再選された。2012年に日展で顧問を退任し、2013年に日本芸術院終身会員を退任した。 2014年に日展で顧問に再任され、2015年に日本芸術院終身会員に再選された。2016年に日展で顧問を退任し、2017年に日本芸術院終身会員を退任した。 2018年に日展で顧問に再任され、2019年に日本芸術院終身会員に再選された。2020年に日展で顧問を退任し、2021年に日本芸術院終身会員を退任した。 2022年に日展で顧問に再任され、2023年に日本芸術院終身会員に再選された。
学術分野の人

法学者 三ケ月章とその功績

三ケ月章の生涯と功績 三ケ月章は、1944年8月19日に京都府京都市に生まれました。父は京都大学法学部教授の三ケ月清二、母は京都大学名誉教授の荒川欣子です。三ケ月章は、京都大学法学部を卒業後、1970年に同大学大学院法学研究科博士課程に進学しました。1973年に博士論文「法解釈と法の適用」を提出し、博士(法学)の学位を取得しました。 その後、三ケ月章は、京都大学法学部助手、同志社大学法学部専任講師、大阪大学法学部助教授を経て、1984年に京都大学法学部教授に就任しました。京都大学法学部では、法哲学、憲法学、法解釈学などの講義を担当しました。また、京都大学大学院法学研究科では、法学の基礎理論に関する研究指導を行いました。 三ケ月章は、法哲学、憲法学、法解釈学の分野で多くの業績を残しました。特に、法哲学の分野では、「法解釈と法の適用」「法の正当性」「法と道徳」などの著作を発表し、法解釈の理論や法の正当性の問題について独自の理論を展開しました。また、憲法学の分野では、「憲法の論理」「憲法と民主主義」「憲法と人権」などの著作を発表し、憲法の解釈や民主主義の理論について独自の理論を展開しました。さらに、法解釈学の分野では、「法解釈の理論」「法解釈の技法」「法解釈の倫理」などの著作を発表し、法解釈の理論や法解釈の技法について独自の理論を展開しました。 三ケ月章は、2009年11月19日に京都市で亡くなりました。享年65歳でした。三ケ月章の死は、法学界に大きな衝撃を与えました。三ケ月章は、法哲学、憲法学、法解釈学の分野で多くの業績を残した偉大な法学者でした。三ケ月章の業績は、これからも法学の発展に貢献し続けることでしょう。
学術分野の人

木下広次 – 明治時代の法学者、教育家

木下広次は、明治時代の法学者、教育家です。1843年、肥前国(現在の佐賀県)に生まれました。1863年に江戸に出て、慶應義塾で学びました。卒業後は、明治政府に出仕し、法制局の編纂官などを歴任しました。1877年には、東京大学法学部教授に就任し、民法や商法を講じました。1893年には、東京帝国大学の総長に就任し、1897年まで務めました。1900年には、貴族院議員に勅選され、1906年まで務めました。1907年に死去しました。 木下広次は、明治時代の法学の発展に大きく貢献しました。民法や商法の制定に携わり、東京大学法学部で民法や商法を講じて、多くの学生を育てました。また、東京帝国大学の総長として、日本の大学の近代化に尽力しました。 木下広次は、教育者としても活躍しました。東京大学法学部で民法や商法を講じただけでなく、1881年に創立された早稲田大学の初代学長を務めました。早稲田大学では、法学部の他、政治経済学部や商学部を創設し、大学の規模を拡大しました。また、早稲田大学に図書館や講堂を建設し、大学の近代化に尽力しました。 木下広次は、明治時代の法学者、教育家として、日本の近代化に大きく貢献しました。
学術分野の人

宮内 裕 -マルクス主義刑法学を専門とした法学者

-マルクス主義刑法学とは何か?- マルクス主義刑法学とは、マルクス主義の理論と方法を用いて刑法を研究する学問である。マルクス主義は、社会の構造と変革を説明する社会理論である。マルクス主義刑法学は、マルクス主義の理論と方法を用いて、刑法の機能、刑法の構造、刑法の適用などについて研究する。 マルクス主義刑法学の主な主張は以下の通りである。 * 刑法は、階級社会において支配階級が被支配階級を支配するために用いられる道具である。 * 刑法は、支配階級の利益を保護し、被支配階級の抑圧を正当化する役割を果たしている。 * 刑法は、階級闘争の産物であり、階級闘争の激化とともに変化する。 * 刑法は、社会主義革命によって廃止されるべきである。 マルクス主義刑法学は、刑法の研究に新しい視点を提供した。マルクス主義刑法学は、刑法が単なる法律ではなく、階級社会における支配階級と被支配階級の闘争の結果であることを明らかにした。また、マルクス主義刑法学は、刑法が社会主義革命によって廃止されるべきであることを主張した。 マルクス主義刑法学は、刑法の研究に大きな影響を与えた。マルクス主義刑法学の理論と方法は、刑法の研究に新しい視点を提供し、刑法の研究の発展に貢献した。 マルクス主義刑法学は、現代でも刑法の研究に大きな影響を与えている。マルクス主義刑法学の理論と方法は、刑法の研究に新しい視点を提供し、刑法の研究の発展に貢献している。
学術分野の人

「オプラー」

-# オプラー オプラーは、オプラ・ウィンフリーの異母姉として生まれた女性です。1952年にミシシッピ州で生まれ、貧しい家庭で育ちました。1963年にオプラ・ウィンフリーが生まれると、母親がオプラを連れてシカゴに移り住み、オプラーは母親とオプラと3人で暮らすことになりました。 オプラーは、シカゴの高校を卒業後、地元の大学に入学しました。しかし、大学に通いながらアルバイトを掛け持ちして生活を送っていたため、成績が伸び悩み、大学を中退しました。中退後は、様々な仕事をして生計を立てていましたが、1990年代初頭にオプラ・ウィンフリーのトークショーに出演し、一躍有名になりました。 オプラ・ウィンフリーのトークショーに出演してからは、テレビドラマや映画にも出演するようになりました。また、自身の自伝を出版し、ベストセラーとなっています。オプラ・ウィンフリーは、現在もテレビドラマや映画に出演しており、女優としても活躍しています。 -# ドイツで生まれ、アメリカで法律を学ぶ オプラーは、ドイツで生まれ、アメリカで法律を学んだ女性です。1934年にドイツのベルリンで生まれ、ユダヤ人の両親のもとで育ちました。第二次世界大戦が始まると、両親はナチスから逃れるためにアメリカに亡命しました。オプラーは、アメリカで育ち、大学卒業後は法律を学びました。 オプラーは、法律家として活躍した後、1970年代に政界入りしました。1976年に下院議員に当選し、その後上院議員にも当選しました。オプラーは、上院議員として、人権問題や環境問題に取り組みました。また、女性初の最高裁判事候補としても注目されました。 しかし、オプラーは2009年に脳卒中で倒れ、その後政界を引退しました。オプラーは、2014年に80歳で亡くなりました。
学術分野の人

清宮四郎
法学界の戦後指導者

-明治の法律学者清宮四郎- 明治の法律学者である清宮四郎は、日本の法学界において大きな功績を残しました。彼は、法制局の法典編纂事業に携わり、明治民法、明治商法などの制定に貢献しました。また、東京大学法学部で教鞭をとり、多くの優れた法律家を育成しました。 清宮四郎は、1849年に江戸で生まれました。1875年に東京大学法学部を卒業し、内務省に入省しました。内務省では、法律制度の整備などに携わり、法制局の設立にも貢献しました。1885年には、法制局の参事官に任命され、民法、商法などの法典編纂事業に携わりました。 明治民法は、1896年に制定され、日本の近代的な法律制度の基礎を築きました。清宮四郎は、明治民法の起草に大きく貢献し、その後の法学界においても、民法の権威として活躍しました。また、清宮四郎は、東京大学法学部で教鞭をとり、多くの優れた法律家を育成しました。彼の門下には、鳩山一郎、岸信介、田中角栄など、のちに日本の政界を担う人材が多数含まれています。 清宮四郎は、1921年に72歳で亡くなりましたが、彼の功績は現在も法学界において高く評価されています。明治民法は、今もなお日本の法律制度の基礎であり、清宮四郎は、日本の法学界における偉大な先駆者として記憶されています。