洋画家

美術分野の人

北川民次:民衆の生活を力強く描いた洋画家

-北川民次の生涯- 北川民次は、1885年3月15日に大阪府大阪市に生まれました。1900年に東京美術学校に入学し、西洋画を学びました。1909年に卒業後、ヨーロッパに留学し、フランスとドイツで学びました。1912年に帰国し、1913年に渡仏し、1914年に帰国しました。 帰国後、北川民次は二科展に出品し、1915年に《麦の秋》で二科賞を受賞しました。1916年に渡米し、ニューヨークで個展を開催しました。1917年に帰国し、二科展に出品を続け、1920年に《慕情》で特選を受賞しました。 1921年に北川民次は渡欧し、フランスとイタリアで学びました。1923年に帰国し、1924年に二科展に出品し、特選を受賞しました。1925年に渡米し、ニューヨークで個展を開催しました。1927年に帰国し、二科展に出品を続け、1929年に《裸婦》で特選を受賞しました。 1930年代に入ると、北川民次は社会問題をテーマにした作品を描き始めました。1931年に《失業》を、1932年に《農民》を描きました。これらの作品は、社会問題を鋭く批判しており、大きな反響を呼びました。 1933年に北川民次は渡欧し、フランスとイタリアで学びました。1935年に帰国し、1936年に二科展に出品し、特選を受賞しました。1937年に渡米し、ニューヨークで個展を開催しました。1939年に帰国し、二科展に出品を続け、1940年に《労働者》で特選を受賞しました。 1941年に北川民次は渡欧し、フランスとイタリアで学びました。1943年に帰国し、1944年に二科展に出品し、特選を受賞しました。1945年に戦災で自宅が焼失し、多くの作品を失いました。 戦後、北川民次は制作を再開し、1946年に二科展に出品し、特選を受賞しました。1947年に渡米し、ニューヨークで個展を開催しました。1949年に帰国し、二科展に出品を続け、1950年に《母子》で特選を受賞しました。 1951年に北川民次は渡欧し、フランスとイタリアで学びました。1953年に帰国し、1954年に二科展に出品し、特選を受賞しました。1955年に渡米し、ニューヨークで個展を開催しました。1957年に帰国し、二科展に出品を続け、1958年に《農民》で特選を受賞しました。 1959年に北川民次は二科展を脱退し、新制作派協会を創立しました。新制作派協会は、日本の洋画をリードする団体であり、北川民次はそのリーダーとして活躍しました。 1960年代に入ると、北川民次は抽象画を描き始めました。1961年に《黒い太陽》を描きました。この作品は、宇宙をテーマにした抽象画であり、大きな反響を呼びました。 1962年に北川民次は渡欧し、フランスとイタリアで学びました。1964年に帰国し、新制作派協会に出品を続け、1965年に《光》で特選を受賞しました。 1966年に北川民次は脳卒中で倒れ、1967年に死去しました。享年82歳でした。北川民次は、民衆の生活を力強く描いた洋画家であり、日本の洋画の発展に大きな貢献をしました。
美術分野の人

芝田米三:昭和と平成の時代の洋画家

制作の背景と転機となった人々 芝田米三の制作背景には、いくつかの重要な人物や出来事がありました。ここでは、その中でも特に大きな影響を与えたとされる人々をご紹介します。 * -藤島武二-藤島武二は、洋画家の第一人者として知られる人物で、芝田米三の師匠でもありました。藤島武二は、芝田米三に写実的な絵画技法を指導し、また、近代的な絵画の理念を植え付けました。 * -岡倉天心-岡倉天心は、美術評論家で、日本美術院を創設した人物です。岡倉天心は、芝田米三に日本美術の伝統を教え、また、東アジアの美術に対する理解を深めました。 * -正宗得三郎-正宗得三郎は、実業家で、芝田米三のパトロンでもありました。正宗得三郎は、芝田米三の作品を支援し、また、海外での展覧会の機会を与えました。 芝田米三は、これらの多くの人々から影響を受け、また、それらの影響を独自の芸術観へと昇華させていきました。芝田米三の制作は、日本の近代美術の発展に大きく貢献したといえるでしょう。 転機となった人々 芝田米三の人生と芸術には、いくつかの転機となる人物がいました。ここでは、その中でも特に大きな影響を与えたとされる2人をご紹介します。 * -ゴッホ-ゴッホは、オランダの画家であり、ポスト印象派の代表的人物です。芝田米三は、ゴッホの作品に感銘を受け、その大胆な色使いや表現主義的なスタイルを取り入れました。 * -モネ-モネは、フランスの画家であり、印象派の代表的人物です。芝田米三は、モネの作品に感銘を受け、光と色の表現を追求するようになりました。 芝田米三は、これらの2人の画家から大きな影響を受け、それらの影響を独自の芸術観へと昇華させていきました。芝田米三の制作は、日本の近代美術の発展に大きく貢献したといえるでしょう。
美術分野の人

– 黒田清輝

-黒田清輝の生涯- 黒田清輝は、1866年、現在の鹿児島県鹿児島市に生まれた。父親は薩摩藩の藩医で、母親は武士の娘であった。清輝は、幼い頃から絵に興味を持ち、地元の画塾で絵を学んでいた。 1881年、清輝は、官費でフランスに留学する。パリに滞在中は、アカデミー・ジュリアンで学び、印象派の画家に影響を受ける。1890年に帰国後は、東京美術学校で教授を務め、日本の洋画の発展に貢献する。 1924年に、帝国美術院の会員に選出される。1928年には、日本芸術院の会員に選出される。1936年、清輝は、脳卒中のため亡くなった。 清輝は、日本の洋画の発展に大きな貢献をした。彼の作品は、日本の近代美術史を語る上で欠かすことのできないものである。 -清輝の画風- 清輝の画風は、写実主義と印象派の影響を受けたものであった。清輝は、自然を忠実に描こうとし、光と影の表現にこだわった。また、人物画も得意とし、その作品は、人物の心理を巧みに表現している。 清輝の作品には、「読書」「裸婦」「自画像」などがある。「読書」は、読書する女性を描いたもので、清輝の写実的な画風がよく表れている。「裸婦」は、裸の女性を描いたもので、清輝の光と影の表現が美しい。「自画像」は、晩年の清輝の姿を描いたもので、清輝の精神世界を垣間見ることができる。 -清輝の功績- 清輝は、日本の洋画の発展に大きな貢献をした。清輝は、パリ留学中に、印象派の画家に影響を受け、写実主義の画風を日本に紹介した。また、清輝は、東京美術学校で教授を務め、多くの弟子を育てた。清輝の弟子には、藤島武二、岸田劉生、梅原龍三郎などがいる。 清輝は、日本の洋画の発展に大きな功績を残した偉大な画家である。清輝の作品は、日本の近代美術史を語る上で欠かすことのできないものである。
美術分野の人

林武 – 大正-昭和時代の洋画家

林武の生涯 林武は、大正-昭和時代に活躍した日本の洋画家です。1896年(明治29年)に北海道函館市に生まれ、1969年(昭和44年)に東京で亡くなりました。 林武は、幼い頃から絵を描くことを好み、1916年(大正5年)に東京美術学校(現在の東京藝術大学)西洋画科に入学しました。在学中に、藤島武二や岡田三郎助に師事し、西洋絵画の技法を学びました。 1920年(大正9年)に東京美術学校を卒業後、林武は渡欧し、パリで絵画を学びました。パリでは、マチスやピカソなどの近代美術の巨匠の作品に触れ、大きな影響を受けました。 1923年(大正12年)に帰国後、林武は東京で個展を開催し、高い評価を受けました。その後、二科展や帝展に出品を重ね、1935年(昭和10年)には帝国美術院会員に推挙されました。 林武の絵画は、抒情的で詩情豊かな作風が特徴です。日本の伝統的な美意識と西洋の近代美術の技法を融合させた独自の画風を確立し、日本の洋画界に大きな足跡を残しました。 林武の代表作には、「裸婦像」「風景」「静物」などがあります。また、版画や挿絵も数多く制作しました。現在、林武の作品は、国内外の美術館やギャラリーに所蔵されています。
美術分野の人

五姓田芳柳(2代) – 明治から昭和前期の洋画家

五姓田芳柳(2代)の生涯 五姓田芳柳(2代)は、明治から昭和前期の洋画家です。本名は芳之、号は清風、芳柳は父、五姓田芳柳の号を襲名しています。1883年(明治16年)に東京に生まれました。父は、洋画家の五姓田芳柳で、芳之は幼い頃から絵を描き始めました。1901年(明治34年)に東京美術学校を卒業し、1903年(明治36年)に渡欧して、パリで学びました。1907年(明治40年)に帰国し、1910年(明治43年)に、文展に出品した「春の夜」が入選しました。1911年(明治44年)には、二科展に出品し、1913年(大正2年)には、二科展の運営委員になりました。1914年(大正3年)には、二科展を脱退して、独立美術協会を結成しました。 芳柳は、日本の洋画界の発展に尽力し、1922年(大正11年)には、日本美術院の会員になりました。1928年(昭和3年)には、二科展の審査委員になりました。1931年(昭和6年)には、東京美術学校の教授になりました。1941年(昭和16年)には、日本美術院の評議員になりました。1945年(昭和20年)には、帝国芸術院の会員になりました。1959年(昭和34年)に、東京都功労者に選ばれました。1961年(昭和36年)に、勲三等瑞宝章を受章しました。1963年(昭和38年)に、東京で亡くなりました。 芳柳は、主に風景画を描きました。初期の作品には、フランスの印象派の影響が見られますが、後に日本の伝統的な絵画の要素を取り入れて、独自の画風を確立しました。芳柳の作品は、東京国立近代美術館や京都国立近代美術館などに所蔵されています。
美術分野の人

小山敬三:洋画を愛した芸術家

小山敬三の生い立ちと画歴 小山敬三は、1904年(明治37年)に東京の銀座で生まれた。父は呉服商、母は芸者だった。幼い頃から絵を描くことが好きで、14歳の時に洋画家の浅井忠に師事した。浅井忠は、黒田清輝とともに日本の洋画界を牽引した画家で、小山敬三に西洋絵画の技法を徹底的に指導した。 小山敬三は、1922年(大正11年)に東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学した。東京美術学校では、恩地孝四郎や藤島武二らに師事し、西洋絵画の基礎を学んだ。小山敬三は、在学中に数々の賞を受賞し、卒業後はフランスに留学した。 小山敬三は、1929年(昭和4年)に帰国し、東京で画家として活動を開始した。小山敬三は、1931年(昭和6年)に第1回独立美術展に出品し、入選を果たした。小山敬三は、その後も独立美術展に出品を続け、1933年(昭和8年)には独立美術協会の会員に推挙された。 小山敬三は、1940年(昭和15年)に徴兵され、中国に出征した。小山敬三は、中国で終戦を迎え、1945年(昭和20年)に復員した。小山敬三は、復員後は東京で画業を再開し、1949年(昭和24年)には第1回日展に出品し、入選を果たした。 小山敬三は、1955年(昭和30年)に渡米し、ニューヨークで個展を開催した。小山敬三は、アメリカで抽象絵画に触発され、それまでの具象絵画から抽象絵画へと作風を転換した。小山敬三は、1958年(昭和33年)に帰国し、東京で画業を再開した。 小山敬三は、1963年(昭和38年)に亡くなった。小山敬三は、西洋絵画を愛した芸術家で、日本近代絵画史に大きな足跡を残した。
美術分野の人

曾宮一念 – 大正から平成時代にかけて活躍した洋画家・随筆家

-二科展で樗牛賞を受賞- 1916年(大正5年)、曾宮一念は二科展に出品した作品「霽月」で樗牛賞を受賞しました。樗牛賞とは、二科展の創設者である岡倉天心の号「樗牛」にちなんだ賞で、二科展で最も優れた作品に贈られる賞です。曾宮一念は、この賞を受賞したことで一躍その名を全国に知られることとなりました。 曾宮一念は、1893年(明治26年)に宮城県仙台市で生まれました。1912年(大正元年)に東京美術学校に入学し、洋画を学びます。在学中に「二科展」の前身である「文展」に出品し、入選を果たしました。1914年(大正3年)に東京美術学校を卒業後、二科展に出品し続け、1916年(大正5年)に樗牛賞を受賞しました。 曾宮一念は、樗牛賞を受賞した後も二科展に出品を続け、1925年(大正14年)には二科展の会員に推挙されました。1931年(昭和6年)には二科展の評議員に選出され、1935年(昭和10年)には二科展の常務理事に就任しました。1946年(昭和21年)には二科展の会長に就任し、1948年(昭和23年)まで会長を務めました。 曾宮一念は、二科展で活躍する一方、随筆家としても活躍しました。1928年(昭和3年)に随筆集「随筆一念」を出版し、1934年(昭和9年)には随筆集「一念随筆」を出版しました。これらの随筆集は、曾宮一念の鋭い観察眼と豊かなユーモアセンスで描かれた作品として、多くの読者に愛されました。 曾宮一念は、1970年(昭和45年)に77歳で亡くなりました。しかし、彼の作品は現在もなお多くの人々に愛され続けています。
美術分野の人

平木政次 – 日本の洋画家

-平木政次の生涯- 平木政次は、1852年1月12日、現在の熊本県に生まれた。幼名は政之進。父は熊本藩士の平木儀右衛門、母は政之進の幼い頃の教育に熱心だったみよの。政之進の1歳のとき、父が死去。6歳のときに、母が勘定方・崎山喜久馬に再嫁する。 1866年、政之進は藩の学問所の洋学校に入学する。1873年、21歳のとき、政之進は東京に出て、工部省の工学寮に入学する。翌年、工学寮が廃止され、政之進は東京美術学校に入学する。 1877年、政之進は東京美術学校を卒業する。卒業後は、イタリアに留学する。留学中は、イタリアの画家・彫刻家・建築家たちから、西洋美術の基礎を学ぶ。1882年に帰国した政之進は、東京美術学校で教鞭をとり、洋画の普及に努める。1889年、政之進は文展の審査員に任命される。1898年、政之進は東京美術学校校長に就任する。 1907年、政之進は東京美術学校を退職し、日本美術院を創立する。日本美術院は、西洋美術の技法を取り入れた日本画の新しいスタイルを提唱し、日本の美術界に大きな影響を与える。1920年、政之進は帝国美術院会員に任命される。1922年、政之進は文化勲章を受章する。 1929年10月29日、政之進は77歳で死去する。政之進の死後、日本美術院は、長男の平木有斐が引き継ぐ。 平木政次は、西洋美術を日本に紹介し、日本美術の発展に大きく貢献した画家である。政之進の功績は、現在でも高く評価されている。
美術分野の人

神原泰-大正昭和時代の洋画家

-神原泰の生涯- 神原泰(1872-1930)は、大正昭和時代の洋画家です。西洋画の新しい表現の可能性を探求し、日本の洋画の発展に貢献しました。 神原泰は1872年、東京に生まれました。1890年に東京美術学校に入学し、洋画を学びました。卒業後は、ヨーロッパに留学し、フランスやイタリアで絵画を学びました。 1905年に帰国後は、東京美術学校で教鞭をとり、洋画の発展に尽力しました。また、さまざまな美術団体に参加し、洋画界のリーダーとして活躍しました。 神原泰は、西洋画の伝統的な技法を学びつつ、新しい表現の可能性を探求しました。彼の作品は、写実的な描写と大胆な色彩が特徴です。また、日本の風土や文化を題材にした作品も多く残しています。 1930年、神原泰は58歳で亡くなりました。しかし、彼の作品は現在でも高く評価されており、日本の洋画の発展に大きな貢献をした画家として知られています。 -神原泰の主な作品- ・『桜島』(1910年) ・『箱根山』(1911年) ・『富士』(1912年) ・『裸婦像』(1915年) ・『牧場の朝』(1920年) ・『海辺の少女』(1925年) ・『漁村』(1930年)
美術分野の人

「野間仁根」

-野間仁根- -生涯と代表作- 野間仁根は、1920年(大正9年)4月17日に大阪府大阪市に生まれた。幼少期は貧しく、16歳の時に印刷工として働き始めた。その後、20歳の時に徴兵され、中国に出兵した。終戦後、1946年(昭和21年)に大阪に戻り、再び印刷工として働き始めた。 1950年(昭和25年)、野間仁根は小説「真空地帯」を発表して作家デビューする。この作品は、戦争中に中国で捕虜になった日本兵の悲惨な体験を描いたもので、大きな反響を呼んだ。1951年(昭和26年)には、同じく戦時中の日本人の悲劇を描いた小説「崩れゆく岸辺」を発表し、直木賞を受賞した。 1953年(昭和28年)、野間仁根は日本共産党に入党し、党の機関紙「赤旗」に小説や評論を発表するようになった。1959年(昭和34年)には、党の文化部長に就任した。1960年(昭和35年)、野間仁根は小説「青年の環」を発表した。この作品は、半生をかけて党のために生き抜いた青年の姿を描き、大きな反響を呼んだ。1961年(昭和36年)には、この作品で読売文学賞を受賞した。 1963年(昭和38年)、野間仁根は「断じて跪かず」を発表した。この作品は、第二次世界大戦中の中国で捕虜になった日本兵の体験を基にしたもので、戦争の悲惨さと平和の大切さを訴えた。1964年(昭和39年)には、この作品で吉川英治文学賞を受賞した。 1965年(昭和40年)、野間仁根は日本共産党を離党した。その後、野間仁根は小説や評論を執筆し続けたが、1980年(昭和55年)に死去した。 野間仁根は、戦争の悲惨さと平和の大切さ、共産主義革命の重要性を訴えた作家である。彼の作品は、多くの読者に感銘を与え、広く読まれている。
文学分野の人

竹添履信 – 大正ロマンを駆け抜けた詩と絵の俊英

-竹添履信の生い立ちと家族- 竹添履信は、1874年(明治7年)5月17日に、岩手県盛岡市に生まれた。彼の父は、盛岡藩士の竹添修吾であり、母は、多恵子であった。履信は、5人兄弟の末っ子で、幼い頃は、盛岡の自然豊かな環境の中で、伸び伸びと育った。 履信の父、修吾は、盛岡藩の藩校である「盛岡藩学校」で、国学や漢学を学び、後に、藩の役人となった。履信の母、多恵子は、修吾の二度目の妻であり、履信が生まれる前年に、修吾と結婚した。多恵子は、京都の出身で、温厚で慈悲深い性格であった。 履信は、幼い頃から、読書を好み、盛岡藩学校の蔵書を読み漁っていた。また、絵を描くことも大好きで、独学で絵画の技術を磨いていた。履信の才能は、早くから認められており、盛岡藩学校では、履信のために特別の授業が設けられていた。 履信は、1891年(明治24年)に、盛岡藩学校を卒業した後、東京美術学校に入学した。東京美術学校では、西洋画を学び、在学中に、数々の賞を受賞した。履信は、1897年(明治30年)に、東京美術学校を卒業した後、ヨーロッパに留学した。ヨーロッパでは、イタリア、フランス、ドイツなど、各国の美術館や画廊を巡り、西洋美術を研究した。 履信は、1901年(明治34年)に、日本に帰国した後、東京で画家として活動を開始した。履信は、明治30年代に勃興した「大正ロマン」の旗手として活躍し、数々の名作を生み出した。履信の作品は、そのロマンチックな雰囲気と美しい色彩で、多くの人々に愛された。履信は、1944年(昭和19年)に、東京で70歳で亡くなった。
美術分野の人

伊藤清永:昭和・平成時代の洋画家

-伊藤清永の生涯と経歴- -初期の人生と教育- 伊藤清永は1914年、静岡県に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、14歳の時に川端画学校に入学しました。その後、1934年に東京美術学校に進学し、油絵を学びました。在学中には、二科展や新文展に出品し、入選を果たしました。 -戦争と戦争画- 1941年に太平洋戦争が勃発すると、伊藤清永は海軍に召集されました。戦争中は、軍の広報部に所属し、戦争画を描きました。戦争画は、プロパガンダ的な意味合いが強く、戦意高揚を目的として描かれたものでした。伊藤清永は、戦争画を描くことに葛藤を感じながらも、戦争に協力しました。 -戦後の活動- 1945年に戦争が終結すると、伊藤清永は故郷の静岡県に戻りました。戦後は、二科展や新文展に再び出品し、入選を果たしました。1955年には、二科展の会員に推挙されました。1962年には、東京芸術大学教授に就任しました。 -作風- 伊藤清永の画風は、初期には写実的なものでしたが、戦後は抽象的なものへと変化しました。初期の作品には、戦争画や風景画が多く見られます。戦後は、抽象画やコラージュ作品を発表しました。伊藤清永は、常に新しい表現方法を模索し、独自の画風を確立しました。 -死と遺産- 伊藤清永は、1992年に78歳で亡くなりました。伊藤清永は、昭和・平成時代の日本を代表する洋画家の一人です。彼の作品は、国内外の美術館に収蔵されており、高い評価を得ています。伊藤清永の画風は、多くの後進の芸術家に影響を与えました。
美術分野の人

– 小林徳三郎

-小林徳三郎- -ヒュウザン会創立に参加- 小林徳三郎は、1888年(明治21年)に愛媛県に生まれた。1912年(大正元年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、1915年(大正4年)に愛媛県庁に入庁した。 小林は、愛媛県庁在職中に、県の産業振興に尽力した。特に、愛媛県の特産品であるミカン産業の振興に力を入れ、ミカン園の整備やミカン販売の促進などを行った。 小林は、1921年(大正10年)に愛媛県庁を退職し、実業家として独立した。1922年(大正11年)には、愛媛県経済界の有志とともに、愛媛県の産業振興を目的とする団体「ヒュウザン会」を創立した。 ヒュウザン会は、愛媛県の産業振興に大きく貢献した。特に、ミカン産業の振興に力を入れ、愛媛県を日本一のミカン産地にした。また、ヒュウザン会は、愛媛県の観光振興にも貢献した。 小林は、ヒュウザン会の会長として、愛媛県の産業振興に尽力した。1965年(昭和40年)に死去するまで、ヒュウザン会の会長を務めた。 小林は、愛媛県の産業振興に貢献した功績により、1965年(昭和40年)に愛媛県名誉県民に選定された。また、1966年(昭和41年)には、勲三等旭日章を授与された。
美術分野の人

– 山内愚仙

-山内愚仙の紹介- 山内愚仙は、江戸時代後期に活躍した禅僧である。 1780年、播磨国に生まれる。父は播磨国林田藩の家老、山内家次である。幼名は龍松。 1793年、14歳の時に出家し、京都の妙心寺に入る。愚仙と号する。 1806年、27歳の時に妙心寺の住職となる。 1817年、48歳の時に江戸に下り、芝の増上寺に入寺する。 1827年、58歳の時に増上寺の住職となる。 愚仙は、禅の修行に励み、多くの弟子を育てた。また、和歌や書画にも優れ、多くの作品を残している。 1838年、69歳の時に没する。 愚仙は、江戸時代後期に禅の復興に尽力した功績で知られている。愚仙の教えは、多くの弟子に受け継がれ、明治維新後も影響を与えた。 愚仙の思想は、禅の教えを日常生活に活かすことを重視していた。愚仙は、禅の教えに基づいて、人々を救済するためのさまざまな活動を行った。 愚仙は、江戸時代後期に活躍した禅僧であり、思想家である。愚仙の教えは、多くの人々に影響を与え、明治維新後も影響を与えた。
美術分野の人

今井俊満 – 日本のアンフォルメル画家

- アンフォルメルとは アンフォルメルとは、第二次世界大戦後のフランスで起こった芸術運動である。アンフォルメルとは、「形のない」、「不定形」という意味のフランス語である。アンフォルメル美術は、従来の具象絵画や抽象絵画の概念を否定し、新しい表現方法を模索した。 アンフォルメル美術の特徴は、以下の通りである。 * 抽象的である。アンフォルメル美術は、具象的なものを描くのではなく、抽象的なものを描く。 * 非構成的である。アンフォルメル美術は、構成を重視しない。 * 即興的である。アンフォルメル美術は、即興的に描かれることが多い。 * 物質的である。アンフォルメル美術は、油絵具や砂などの物質を重視する。 アンフォルメル美術は、従来の芸術の概念を覆し、新しい芸術の可能性を示した。アンフォルメル美術は、現代美術の発展に大きな影響を与えた。 - 日本のアンフォルメル 日本のアンフォルメルは、1950年代後半から1960年代にかけて起こった芸術運動である。日本のアンフォルメルは、フランスのアンフォルメル運動の影響を受けているが、独自の展開を見せた。 日本のアンフォルメル美術の特徴は、以下の通りである。 * 抽象的である。日本のアンフォルメル美術は、具象的なものを描くのではなく、抽象的なものを描く。 * 非構成的である。日本のアンフォルメル美術は、構成を重視しない。 * 即興的である。日本のアンフォルメル美術は、即興的に描かれることが多い。 * 物質的である。日本のアンフォルメル美術は、油絵具や砂などの物質を重視する。 * 日本的な要素を取り入れている。日本のアンフォルメル美術は、日本の伝統的な芸術や文化の要素を取り入れていることが多い。 日本のアンフォルメル美術は、日本の現代美術の発展に大きな影響を与えた。
美術分野の人

歌田真介:昭和後期-平成時代の油絵修復家

-歌田真介の生涯と経歴- 歌田真介は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した日本の油絵修復家である。1930年(昭和5年)に東京府(現在の東京都)に生まれ、1996年(平成8年)に神奈川県藤沢市で死去した。 歌田真介は、東京藝術大学美術学部油画科を卒業後、同大学院に進学し、油絵の修復を学ぶ。1955年(昭和30年)に、東京国立博物館に就職し、油絵の修復を担当するようになる。1960年(昭和35年)に、東京国立文化財研究所に移籍し、油絵の修復と研究に携わる。1970年(昭和45年)に、東京芸術大学美術学部油画科の教授に就任し、油絵の修復の技術を教え始める。 歌田真介は、油絵の修復の第一人者として知られ、多くの貴重な油絵を修復した。その中でも、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」の修復は、特に有名である。歌田真介は、1973年(昭和48年)に、フランスのパリにあるルーブル美術館で、「モナリザ」の修復作業を行う。修復作業は、4年にわたって行われ、1977年(昭和52年)に完了した。歌田真介は、この修復作業によって、「モナリザ」の本来の姿を取り戻すことに成功した。 歌田真介は、油絵の修復の技術だけではなく、油絵の修復に関する研究にも力を注いだ。歌田真介は、油絵の修復に関する論文を数多く発表し、油絵の修復に関する著書も出版している。歌田真介の研究は、油絵の修復の技術の向上に大きく貢献した。 歌田真介は、油絵の修復の第一人者として、多くの貴重な油絵を修復し、油絵の修復に関する研究にも力を注いだ。歌田真介の業績は、油絵の修復の技術の向上に大きく貢献した。
美術分野の人

小磯良平-日本の画壇を彩った洋画家(1903-1988)

- 画家としての軌跡-帝展特選から芸術院賞受賞まで - 小磯良平は、1903年に兵庫県に生まれ、幼少期から絵画の才能を発揮した。1920年に東京美術学校に入学し、黒田清輝に師事した。同校を卒業後、フランスに留学し、印象派やポスト印象派などの西洋絵画を学んだ。 帰国後、小磯は帝展に出品して入選を果たす。1933年には、作品「カルタ遊び」が帝展の特選を受賞し、一躍その名を知られるようになった。その後も、帝展に出品を続けて入賞を重ね、1940年には帝国芸術院賞を受賞した。 戦後、小磯は芸術院会員に選出され、日本画壇の重鎮として活躍した。1954年には、日本芸術院賞を受賞し、その功績を称えられた。小磯は、1988年に亡くなるまで、精力的に制作活動を続け、数多くの名作を残した。 小磯良平は、日本の洋画壇を代表する画家としてその名を馳せた。その作品は、印象派の明るい色調とポスト印象派の力強い描線を融合させた独自のスタイルで、国内外から高く評価されている。
美術分野の人

清水東谷 – 明治時代の画家と写真家

-清水東谷の生涯- 清水東谷は、明治時代初期に活躍した画家、写真家である。1835年、江戸に生まれ、本名は清水徳之丞。幼い頃から絵画を学び、やがて写真術にも興味を持ち、1860年代には写真館を開業した。 東谷は、風景写真や人物写真を多く撮影し、その作品は高い評価を得た。特に、1870年に撮影した「東京名所写真帖」は、東京の街並みを記録した貴重な写真集として有名である。 また、東谷は、日本人の画家として初めてヨーロッパに留学し、西洋の絵画技法を学んだ。帰国後は、洋画の普及に努め、1887年に東京美術学校(現東京芸術大学)の設立に携わった。 東谷は、1890年に55歳で死去したが、その功績は今日でも高く評価されている。彼の作品は、東京国立博物館や京都国立近代美術館などに所蔵されている。 -主な作品- * 「東京名所写真帖」(1870年) * 「清水東谷画帖」(1875年) * 「欧州漫遊画帖」(1882年) -主な展覧会- * 「清水東谷展」(東京国立博物館、1993年) * 「日本の写真家たち」(京都国立近代美術館、1994年) * 「明治の画家たち」(東京国立近代美術館、2001年)
美術分野の人

二重作竜夫:昭和時代の洋画家

-# 二重作竜夫昭和時代の洋画家 -- 生涯と経歴 二重作竜夫は、1910年(明治43年)8月12日、栃木県塩谷郡氏家町(現・さくら市)に生まれました。旧制氏家中学校(現・栃木県立宇都宮高等学校)を卒業後、東京美術学校(現・東京芸術大学)に進学しました。東京美術学校では、中村彝、和田英作、藤島武二に師事しました。 二重作は、1936年(昭和11年)に東京美術学校を卒業後、すぐに二科会に入会しました。二科会では、1937年(昭和12年)に二科賞、1938年(昭和13年)に特選を受賞しました。1939年(昭和14年)には、渡欧しました。ヨーロッパでは、パリ、ロンドン、ニューヨークなどを巡り、セザンヌ、ピカソ、モディリアーニなどの作品を研究しました。 二重作は、1941年(昭和16年)に帰国しました。帰国後は、二科会を中心に作品を発表しました。1946年(昭和21年)には、日本美術展覧会に出品し、特選を受賞しました。1947年(昭和22年)には、日本美術院の会員となりました。 二重作は、1970年代には、日本画と洋画を融合させた独自の画風を確立しました。1975年(昭和50年)には、日本美術院の理事長に就任しました。1980年(昭和55年)には、文化功労者に選出されました。 二重作は、1981年(昭和56年)1月20日に、東京都で亡くなりました。享年70歳でした。
美術分野の人

「西敬」

西敬の生涯 西敬は1899年(明治32年)7月10日、岡山県児島郡玉島町(現・倉敷市)に生まれました。父は医師、母は看護師で、敬は9人きょうだいの末っ子でした。 敬は幼い頃から絵を描くことが大好きで、小学校を卒業後は大阪の画塾に入門しました。しかし、家が貧しかったため、画塾を3年で中退し、大阪の新聞社に就職しました。 新聞社で働きながら、敬は絵の勉強を続けました。1923年(大正12年)に上京し、川端画学校に入学しました。川端画学校では、川端龍子から指導を受け、写実的な絵画の描き方を学びました。 1926年(大正15年)に川端画学校を卒業した敬は、日本美術院の同人となりました。日本美術院では、横山大観、菱田春草らから指導を受け、日本画の描き方を学びました。 敬は、1928年(昭和3年)に第10回帝展に出品した「島原の女」で特選を受賞しました。この作品は、敬の代表作のひとつであり、現在、東京国立近代美術館に所蔵されています。 敬は、その後も帝展に出品を続け、1930年(昭和5年)に「鎌倉の月」で帝展一等賞を受賞しました。また、1936年(昭和11年)には、パリ万国博覧会に出品した「大和路」で金賞を受賞しました。 敬は、戦争中は従軍画家として従軍し、戦地の様子を描きました。戦後は、日本画の普及に努め、1950年(昭和25年)には、日本画院を設立しました。 敬は、1981年(昭和56年)に81歳で亡くなりました。しかし、敬の作品は現在でも多くの人々に愛されており、日本の近代画壇を代表する画家の一人として知られています。
美術分野の人

安藤仲太郎:明治時代の洋画家

-伯父高橋由一の画塾天絵楼で絵を学ぶ- 安藤仲太郎は、1838年に江戸に生まれた洋画家です。叔父に、日本初の洋画家として知られる高橋由一がおり、その影響を受けて幼い頃から絵を学び始めました。1855年には、由一の画塾天絵楼に入塾し、本格的に絵画の修行を開始します。 天絵楼は、由一が1853年に開設した画塾で、日本の洋画教育において重要な役割を果たしました。仲太郎は、天絵楼で由一から直接指導を受け、西洋画の技法を習得していきました。また、天絵楼には、川上冬崖、山本芳翠、浅井忠など、後に明治洋画を代表する画家たちが多く在籍しており、仲太郎は彼らとの交流を通じて、洋画の知識と技術を深めていきました。 1860年、仲太郎は天絵楼を卒業し、横浜で写真師として働き始めます。しかし、絵画への情熱は失わず、写真師の傍らで絵を描き続けました。1868年、明治維新が起こると、仲太郎は大阪に移住し、洋画の制作に専念するようになります。 1873年、仲太郎は、明治政府主催の第一回内国勧業博覧会に出品し、入選を果たします。この出品をきっかけに、仲太郎は洋画家として認められ、政府や民間から多くの注文を受けるようになりました。1877年には、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の教授に就任し、洋画の教育にも尽力しました。 仲太郎は、1903年に亡くなるまで、精力的に創作活動を続けました。その作品は、写実的な描写と、西洋の光と空気の表現を特徴としており、日本の近代洋画の発展に大きく貢献しました。
美術分野の人

寺坂公雄:日本洋画界の巨匠

-寺坂公雄の生い立ちと教育- 1-.- 寺坂公雄の出生と初期の生い立ち 寺坂公雄は、1873年1月12日、東京に生まれました。彼の父親は、医師であり、母親は、旧高崎藩士の娘でした。寺坂は、幼い頃から、絵を描くことに興味を示し、8歳の時には、本郷絵画研究所で西洋画の基礎を学び始めました。 2-.- 東京美術学校での教育 1889年、寺坂公雄は、東京美術学校(現、東京藝術大学)に入学しました。東京美術学校では、黒田清輝に師事し、西洋画の技術や理論を学びました。黒田清輝は、フランスで学び、日本に西洋画を導入した画家であり、寺坂に大きな影響を与えました。 3-.- フランス留学 1899年、寺坂公雄は、フランス政府の奨学金を得て、フランスに留学しました。フランスでは、パリ国立高等美術学校に入学し、レオン・ボナやジャン=ポール・ローランスに師事しました。パリでは、印象派やポスト印象派の画家に影響を受け、独自の画風を確立しました。 4-.- 日本洋画界への貢献 1905年、寺坂公雄は、日本に帰国しました。帰国後は、東京美術学校で教鞭を執り、多くの画家を育てました。また、二科展や独立美術協会などの洋画団体を設立し、日本洋画界の発展に貢献しました。寺坂公雄は、1934年に亡くなりましたが、彼の作品は、現在でも高く評価されており、日本の美術史において重要な位置を占めています。
美術分野の人

松木満史-天才的な洋画家と青光画社の結成

-松木満史-天才的な洋画家と青光画社の結成- -松木満史の生い立ちと生涯- 松木満史は、1908年(明治41年)5月26日に東京府東京市芝区(現在の東京都港区芝)に生まれた。父は日本銀行の職員で、母は教師だった。満史は幼少期から絵画に親しみ、小学校時代には早くも才能を発揮し始めた。1922年(大正11年)に東京美術学校(現在の東京藝術大学)に入学し、洋画を専攻した。在学中は、同期生である川端龍子や恩地孝四郎らと親交を深め、彼らの影響を受けて独自の画風を確立していった。 1927年(昭和2年)に東京美術学校を卒業後、満史はフランスに留学した。パリでは、アカデミー・ジュリアンやアカデミー・グランド・ショミエールなどの美術学校で学び、多くの作品を制作した。また、パリで開かれていた多くの展覧会を鑑賞し、最新の芸術動向に触れた。1931年(昭和6年)に帰国した後、満史は日本国内で精力的に活動を開始した。1932年(昭和7年)には、川端龍子、恩地孝四郎、岡鹿之助らとともに「青光画社」を結成し、日本の洋画界に新風を吹き込んだ。 青光画社は、日本の洋画界に大きな影響を与えた。満史らは、従来の写実的な洋画とは異なる、より自由で表現主義的な作品を制作した。彼らの作品は、多くの若手画家たちに刺激を与え、日本の洋画界を活性化させた。1939年(昭和14年)には、満史は日本美術院の会員に推挙された。また、1940年(昭和15年)には、文部省の美術審査員に任命された。 満史は、1945年(昭和20年)8月15日の終戦まで精力的に活動し続けた。しかし、戦後は体調を崩し、1948年(昭和23年)10月11日にわずか40歳で死去した。満史の死は、日本の洋画界にとって大きな損失となった。 満史の作品は、国内外の多くの美術館に所蔵されており、現在でも多くの人々に愛されている。彼の作品は、その自由で表現主義的な画風で、日本の洋画界に大きな影響を与えた。また、満史は青光画社の結成を通じて、日本の洋画界の活性化に貢献した。
美術分野の人

– 周襄吉

周襄吉の生涯 周襄吉は、中国戦国時代の楚の政治家である。楚の昭王に仕え、令尹(楚の最高官)を務めた。 周襄吉は、楚の昭王8年(紀元前370年)に生まれ、昭王25年(紀元前343年)に令尹となった。昭王30年(紀元前338年)に死去するまで、約10年間令尹の職に就いた。 周襄吉は、令尹として楚の政治を改革し、楚の勢力を拡大した。昭王25年(紀元前343年)に、楚の都を郢から寿春に移し、楚の勢力を淮河流域に拡大した。また、昭王28年(紀元前340年)に、楚の軍を率いて斉を攻撃し、斉の威王を降伏させた。 周襄吉は、楚の勢力を拡大しただけでなく、楚の文化の発展にも貢献した。昭王27年(紀元前341年)に、楚の咸陽に稷下学宮を創設し、天下の賢人俊傑を集めた。稷下学宮は、中国最初の官立大学であり、多くの優秀な人材を輩出した。 周襄吉は、楚の昭王に仕えて楚の勢力を拡大し、楚の文化の発展に貢献した。周襄吉は、中国戦国時代の楚の傑出した政治家の一人である。