津田三蔵

歴史上の偉人

北ケ市市太郎 – 明治時代の英雄的人力車引き

-明治24年のおおつ事件で犯人を捕まえ、英雄になる。- 明治24年、北ケ市市太郎は、おおつ事件で犯人を捕まえて英雄になりました。 おおつ事件とは、明治24年11月、滋賀県大津市で起きたロシア皇太子ニコライ・アレクサンドロヴィチ(後のニコライ2世)暗殺未遂事件のことです。 この事件は、ロシア皇太子と随行員が、京都から東京へ向かう途中、大津市の馬場で、巡査津田三蔵が皇太子を狙撃したというものでした。 津田三蔵は、皇太子をライフルで撃ちましたが、皇太子は負傷することなく、津田三蔵はすぐに逮捕されました。 この事件は、日本とロシアの関係を悪化させる恐れがありましたが、日本の政府はすぐに謝罪し、事件の調査を開始しました。 事件の調査の結果、津田三蔵は、精神障害者であることが判明し、無罪となりました。 しかし、津田三蔵を逮捕したのは、北ケ市市太郎でした。 北ケ市市太郎は、おおつ事件の現場に居合わせており、津田三蔵が皇太子を狙撃する瞬間を目撃しました。 北ケ市市太郎は、すぐに津田三蔵を追いかけ、津田三蔵を捕まえて警察に引き渡しました。 北ケ市市太郎の活躍により、津田三蔵はすぐに逮捕され、おおつ事件は解決しました。 北ケ市市太郎の活躍は、日本全国で称賛され、北ケ市市太郎は英雄になりました。 北ケ市市太郎は、明治24年のおおつ事件で犯人を捕まえて英雄になり、その後も人力車引きとして働き続け、明治38年に亡くなりました。