浄瑠璃作者

作家

竹本三郎兵衛(2代)について

-竹本三郎兵衛(2代)という人物- 竹本三郎兵衛(2代)は、日本の江戸時代の浄瑠璃太夫です。享保20年(1735年)に大坂で生まれ、安永8年(1779年)に江戸で亡くなりました。 彼は、竹本三郎兵衛(初代)の息子として生まれ、幼い頃から浄瑠璃を学びました。18歳の時に初舞台を踏み、その才能を遺憾なく発揮し、すぐに人気浄瑠璃太夫となりました。 竹本三郎兵衛(2代)は、その芸風で知られており、情感豊かで、迫力のある語り口と、独特の歌い回しで、聴衆を魅了しました。また、彼は、脚本にも優れており、数々のヒット作を生み出しました。 竹本三郎兵衛(2代)は、浄瑠璃界の重鎮として活躍し、多くの弟子を育てました。中でも、竹本綱太夫(3代)と竹本むら太夫(3代)は、彼の跡を継いで、浄瑠璃界を代表する浄瑠璃太夫となりました。 竹本三郎兵衛(2代)は、その功績が称えられ、文化14年(1817年)に、従五位下を叙されました。また、彼の死後、明治39年(1906年)に、正五位を追贈されました。 竹本三郎兵衛(2代)は、浄瑠璃界に大きな足跡を残した、偉大な浄瑠璃太夫でした。
作家

江戸中期の浄瑠璃作者 浅田一鳥の軌跡

-江戸中期の浄瑠璃作者 浅田一鳥の軌跡- -謎に包まれた生涯- 浅田一鳥は、江戸時代中期の浄瑠璃作者である。享保年間(1716年~1736年)に活躍したとされ、その生涯については謎に包まれている。 一鳥の出生については、諸説あり、明らかになっていない。一説によると、大阪の裕福な商人の息子として生まれたとされる。また、京都の出身で、武士の家に生まれたともいわれる。 一鳥は、若い頃から浄瑠璃を好んでおり、浄瑠璃作者を志した。当時、浄瑠璃は、大衆の間で人気の高い芸能であり、多くの浄瑠璃作者が活躍していた。一鳥も、その一人として、浄瑠璃の世界に身を投じた。 一鳥の浄瑠璃作品は、その巧みな台詞回しや、登場人物の心理描写に定評があった。一鳥は、浄瑠璃を通じて、人々の心に訴えかける作品を数多く生み出した。 しかし、一鳥の生涯は、波乱に満ちたものであった。一鳥は、浄瑠璃作者として成功を収めたものの、その一方で、多くの苦難に直面した。一鳥は、酒に溺れ、借金を抱えてしまった。また、一鳥は、他の浄瑠璃作者とトラブルを起こし、一時は、浄瑠璃の世界から追放されてしまったこともあった。 一鳥は、苦難を乗り越えて、浄瑠璃作者として活動を続けた。一鳥は、晩年まで、浄瑠璃作品を書き続け、その作品は、人々に愛された。 一鳥は、享保20年(1736年)に、50歳前後の若さで亡くなった。一鳥の死後、その作品は、後世の浄瑠璃作者に大きな影響を与えた。一鳥は、江戸時代中期の浄瑠璃界を代表する浄瑠璃作者の一人である。
作家

近松半二 – 江戸時代中期の浄瑠璃作者

-近松半二の経歴とその生涯- 近松半二(1653-1725)は、江戸時代中期の浄瑠璃作者です。「浄瑠璃のシェイクスピア」とも呼ばれ、数多くの名作を残しました。 近松半二は、京都の富裕な商人の家に生まれました。幼い頃から浄瑠璃を好み、16歳で浄瑠璃の舞台に立つようになります。その後、大坂に移り住み、浄瑠璃作者として本格的に活動を始めました。 近松半二は、1703年に『曾根崎心中』を発表し、一躍有名になります。この作品は、若い男女の心中を描いたもので、その悲恋物語が人々の共感を呼びました。その後も、近松半二は『心中天網島』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』など、数多くの名作を発表し続けました。 近松半二の作品は、そのリアリティのある描写と人間味あふれる人物像が特徴です。また、近松半二は、浄瑠璃の表現技法も革新し、浄瑠璃をより豊かな芸術へと昇華させました。 近松半二は、1725年に72歳で亡くなりましたが、その作品は現在でも上演され続けています。近松半二は、日本浄瑠璃史における最も重要な人物の一人であり、その作品は世界中の人々に愛されています。
作家

「玉泉堂」

浄瑠璃作者 浄瑠璃は、三味線と人形遣いによって語られる日本の伝統芸能です。それは、17世紀の江戸時代初期に生まれ、すぐに人気がありました。浄瑠璃の演目は、日本文学の古典や歴史的な出来事、そして庶民の生活から取られました。 浄瑠璃の台本を書く人々は、浄瑠璃作者と呼ばれていました。浄瑠璃作者は、脚本だけでなく、音楽や演出も担当しました。浄瑠璃作家の多くは、役者や人形遣いとして浄瑠璃の舞台で活躍した経験を持っていました。 江戸時代中期の浄瑠璃作者には、近松門左衛門、竹田出雲、並木正三など、数多くの名匠がいました。近松門左衛門は、浄瑠璃の最高傑作とされる「曾根崎心中」の作者として知られています。竹田出雲は、江戸の三大劇場の一つである中村座の座付作者を務めた浄瑠璃作者です。並木正三は、歌舞伎の台本も書いた浄瑠璃作者で、彼の作品は、庶民の生活をリアルに描いたものでした。 江戸時代中期の浄瑠璃作者は、浄瑠璃を大衆芸能として確立し、日本の伝統芸能の発展に大きく貢献しました。彼らの作品は、今日でも多くの浄瑠璃ファンに愛されています。
作家

-錦文流

錦文流の生涯と業績 錦文流は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した、地本問屋の一つである。文政9年(1826年)、錦絵問屋を営んでいた尾張屋清八が、錦文堂と号し、錦絵の出版・販売を始めたことに始まる。その後、嘉永7年(1854年)に錦文堂を譲り受けた尾張屋清兵衛が、錦文流と号したことにより、錦文流が誕生した。 錦文流は、浮世絵の黄金期を支えた地本問屋として、数多くの名作を世に送り出した。特に、歌川広重の東海道五十三次や、鳥居清長の大首絵など、錦絵の代表作を多く出版している。また、錦文流は、浮世絵の海外への輸出にも貢献し、欧米の芸術界に大きな影響を与えた。 錦文流は、明治維新後も錦絵の出版を続けたが、明治30年代に入ると、写真や新聞の普及により、錦絵の需要が減少していった。その結果、錦文流は明治40年(1907年)に廃業した。 錦文流は、錦絵の黄金期を支えた地本問屋として、日本の浮世絵文化の発展に大きく貢献した。錦文流が出版した錦絵は、現在も国内外の美術館や博物館に所蔵され、多くの人々から愛されている。
作家

– 小島佐平次

小島佐平次の生涯 小島佐平次は、1854年(嘉永7年)に江戸で生まれた。本名は覚助。1881年(明治14年)に私費でフランスに留学し、4年間、土木工学と哲学を学ぶ。帰国後、工部省に入省し、土木局長を務める。1891年(明治24年)には、鉄道局長に就任し、日本の鉄道網の建設に尽力した。 1901年(明治34年)に、小島は初代台湾総督に任命された。台湾総督としては、台湾総督府鉄道の建設や、台湾の産業振興に努めた。また、台湾原住民の反抗を鎮圧し、台湾の治安を維持した。 1906年(明治39年)に、小島は台湾総督を退任し、政界に転じた。1907年(明治40年)に、第2次桂太郎内閣の逓信大臣に就任し、1908年(明治41年)には、第2次西園寺公望内閣の内務大臣に就任した。 1910年(明治43年)に、小島は政界を引退し、実業界に転じた。1918年(大正7年)に、東京市長に就任し、1923年(大正12年)まで務めた。 小島は、1924年(大正13年)に病気で死去した。享年70歳。小島は、日本の鉄道網の建設や、台湾の産業振興に努めた功績で知られている。
作家

吉田仲二 – 江戸時代中期の浄瑠璃作者と人形遣い

-# 吉田仲二の生涯と作品 吉田仲二は、江戸時代中期の浄瑠璃作者・人形遣いである。 -生涯- 吉田仲二は、1687年(貞享4年)に、近江国蒲生郡八幡町(現在の滋賀県近江八幡市)に生まれる。父は吉田仲蔵、母は商家・井筒屋の娘である。仲二は、幼い頃から浄瑠璃を好み、11歳のときに、初演された近松門左衛門の『曾根崎心中』を観て、浄瑠璃作者を志す。15歳のときに、江戸に上り、近松門左衛門に入門する。近松のもとで、浄瑠璃の作詞・作曲・演出を学ぶ。19歳のときに、近松の『心中宵庚申』の初演に参加し、浄瑠璃作者としてデビューする。 1716年(享保元年)に、近松が亡くなると、仲二は、近松の浄瑠璃座を受け継ぐ。1722年(享保7年)には、御用座となって、幕府から俸禄を受ける。仲二は、浄瑠璃作者として、近松の浄瑠璃を引き継ぎ、新たな浄瑠璃を創作する。1759年(宝暦9年)、仲二は亡くなる。 -作品- 吉田仲二は、浄瑠璃作者として、約300編の作品を残している。そのうち、代表作は、以下のとおりである。 * 『心中一力縄』 - 1724年(享保9年)に初演された、心中物浄瑠璃である。 * 『近江源氏先陣館』 - 1727年(享保12年)に初演された、時代物浄瑠璃である。 * 『傾城阿波鳴門』 - 1732年(享保17年)に初演された、世話物浄瑠璃である。 * 『恋娘昔八丈』 - 1737年(元文2年)に初演された、世話物浄瑠璃である。 * 『仮名手本忠臣蔵』 - 1748年(寛延元年)に初演された、時代物浄瑠璃である。 仲二の作品は、近松の浄瑠璃を継承しつつ、新たな時代を反映したものとなっている。仲二は、より世話的な題材を扱い、より写実的な表現を用いている。また、仲二は、人形遣いとしても活躍し、その演技は「仲二節」と呼ばれた。 吉田仲二は、近松門左衛門に次ぐ、江戸時代中期の浄瑠璃界を代表する人物である。
作家

並木翁輔

-並木翁輔- 初代並木正三の門弟 並木翁輔は、江戸時代前期の劇作家、狂言作者です。初代並木正三の門弟で、本名は並木伸介と言いました。10歳の時、父を亡くし、18歳で母とも死別します。20歳の時に初代並木正三に入門し、門下生として「正三軒」を名乗りました。その後、正三の死後に「並木翁輔」と名乗りました。 翁輔は、師匠である正三の作風を継承しながら、独自の世界観を築き上げました。彼の作品は、人情味溢れるストーリーと、軽妙な会話が特徴です。また、音楽の知識にも長けており、浄瑠璃や歌舞伎の脚本を手がけました。 代表作には、人形浄瑠璃の「傾城島原蛙合戦」、歌舞伎の「天保十二年三月二十九日伝兵衛騒動」などがあります。また、江戸時代中期の浮世絵師である鳥居清倍と合作した絵本「絵本平家物語」も有名です。 翁輔は、江戸時代前期を代表する劇作家の一人であり、その作品は現在でも上演され続けています。
作家

― 但見仙鶴

江戸時代中期の浄瑠璃作者、但見仙鶴 但見仙鶴(たじみせんかく、生没年不詳)は、江戸時代中期の浄瑠璃作者。本名は市川仙鶴。大坂の人。 生没年は不詳だが、浄瑠璃の『千枚川分 雛位牌』の序文に「享保元年(1716年)に23歳」と記しており、また宝暦10年(1760年)に57歳で亡くなったという説がある。 但見仙鶴は、浄瑠璃作者の近松門左衛門を師と仰ぎ、その影響を受けて浄瑠璃を書き始めた。但見仙鶴の浄瑠璃は、近松門左衛門の浄瑠璃と同様に、世話浄瑠璃が多く、庶民の日常生活や恋愛などを題材としている。また、但見仙鶴の浄瑠璃は、近松門左衛門の浄瑠璃よりも、より通俗的で、大衆に受け入れられやすかった。 但見仙鶴の代表作には、『千枚川分 雛位牌』(1716年)、『河内山』(1717年)、『心中宵待草』(1718年)、『大岡政談』(1720年)、『仮名手本忠臣蔵』(1721年)、『一谷嫩軍記』(1722年)、『菅原伝授手習鑑』(1723年)、『義経千本桜』(1724年)、『妹背山婦女庭訓』(1725年)などがある。これらの浄瑠璃は、いずれも江戸時代の人々に大いに愛され、今日でも上演され続けている。 但見仙鶴は、近松門左衛門と並んで、江戸時代を代表する浄瑠璃作者の一人である。但見仙鶴の浄瑠璃は、庶民の日常生活や恋愛などを題材とし、大衆に受け入れられやすいものであった。また、但見仙鶴の浄瑠璃は、近松門左衛門の浄瑠璃よりも、より通俗的で、大衆に受け入れられやすかった。但見仙鶴の浄瑠璃は、今日でも上演され続けており、江戸時代の人々の暮らしや文化を知る貴重な資料となっている。
作家

浄瑠璃作者・北窓後一

- 北窓後一の人となり 北窓後一(きたまどのこういち、生没年不詳)は、浄瑠璃作者。初名は近松甚十郎を名乗り、近松門左衛門の甥。出生は不明であるが、京都の愛宕郡(現京都市右京区)の出身とされる説、京都市上京区の出身とされる説がある。 幼少期から近松門左衛門に師事し、浄瑠璃の脚本を学ぶ。近松の死後、享保11年(1726年)に『近松浄瑠璃全100巻』を刊行し、近松の作品を後世に伝えることに努めた。また、近松の代表作である『曾根崎心中』の続編である『曾根崎心中後追物語』や、『仮名手本忠臣蔵』の続編である『仮名手本忠臣蔵後日譚』などの作品を発表し、近松の作風に学びつつも、独自の作風を確立した。 後一の人となりについては、あまり詳しい記録が残されていないが、近松門左衛門から「後一は我と同等の才あり」と言われたと伝えられている。また、後一は浄瑠璃の脚本だけでなく、狂歌や俳諧なども得意としており、文芸方面で全般に秀でていたという。 後一は、享保19年(1734年)に『近松浄瑠璃拾遺』を刊行し、近松の作品をさらに後世に伝えようとしたが、この作品は完成することなく、途中で中断してしまった。このことについては、後一が病に倒れたためだとか、近松の作品をすべて収録することが困難になったためだとか、さまざまな説がある。 後一は、近松門左衛門の死後、浄瑠璃界を支えた重要な人物であり、近松の作品を後世に伝えることに大きく貢献した。また、後一は独自の作風を確立し、近松門左衛門に次ぐ浄瑠璃作者として活躍した。
エンターテインメント

並木丈輔 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者と歌舞伎作者

-並木丈輔の生涯と活動- 並木丈輔は、江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者と歌舞伎作者です。1674年、江戸に生まれました。1695年に「伊賀越道中双六」で浄瑠璃作者としてデビューし、その後「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など数多くの名作を世に送り出しました。 丈輔の浄瑠璃は、庶民の生活や感情をリアルに描き出した作風で、多くの人々に愛されました。また、歌舞伎の台本も数多く執筆しており、特に「仮名手本忠臣蔵」は、忠臣蔵ものの代表作として今でも上演され続けています。 丈輔は、1754年に亡くなりましたが、その作品は現在でも多くの人に親しまれています。浄瑠璃と歌舞伎の発展に大きな功績を残した人物として、その名は語り継がれています。 -浄瑠璃作者として- 丈輔は、1695年に「伊賀越道中双六」で浄瑠璃作者としてデビューしました。この作品は、大ヒットとなり、丈輔の名を全国に知らしめました。その後、丈輔は「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など数多くの名作を世に送り出しました。 丈輔の浄瑠璃は、庶民の生活や感情をリアルに描き出した作風で、多くの人々に愛されました。また、丈輔は、浄瑠璃の音楽的要素にも力を入れ、浄瑠璃をより魅力的なものにしました。 -歌舞伎作者として- 丈輔は、歌舞伎の台本も数多く執筆しています。特に「仮名手本忠臣蔵」は、忠臣蔵ものの代表作として今でも上演され続けています。また、丈輔は、歌舞伎の演出にも力を入れ、歌舞伎をより完成度の高いものに仕上げました。 丈輔は、浄瑠璃と歌舞伎の発展に大きな功績を残した人物として、その名は語り継がれています。
作家

豊岡珍平って誰?

豊岡珍平の生い立ちと経歴 豊岡珍平は、1861年10月31日に京都府京都市で生まれました。父は豊岡喜右衛門、母は豊岡喜和でした。珍平は3人兄弟の末っ子で、幼い頃から利発な子供でした。 珍平は10歳の時に小学校に入学し、成績優秀で常にクラスのトップでした。15歳の時に中学校に入学し、数学と理科を得意としました。珍平は中学校卒業後、東京の大学に進学し、工学を学びました。 珍平は大学卒業後、実家の京都に戻り、父が経営する会社を手伝いました。珍平は会社経営の手腕を発揮し、会社を大きく成長させました。珍平はまた、京都府会議員や京都市長などを歴任し、地元の発展に貢献しました。 珍平は、1931年11月1日に70歳で亡くなりました。珍平は、実業家として、政治家として、地元の発展に貢献した偉人です。 珍平の生い立ちと経歴をまとめると以下の通りです。 * 1861年10月31日、京都府京都市で生まれる。 * 10歳の時に小学校に入学する。 * 15歳の時に中学校に入学する。 * 中学校卒業後、東京の大学に進学し、工学を学ぶ。 * 大学卒業後、実家の京都に戻り、父が経営する会社を手伝う。 * 会社経営の手腕を発揮し、会社を大きく成長させる。 * 京都府会議員や京都市長などを歴任する。 * 1931年11月1日、70歳で亡くなる。
作家

「吉田鬼眼」伝

吉田鬼眼とは 吉田鬼眼は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した日本の陰陽師、呪術師、宗教家である。吉田神道、吉田流陰陽道の祖とされ、また、日本の黒魔術の源流ともいわれる。 吉田鬼眼は、1500年、現在の大阪府大阪市に生まれた。本名は吉田兼倶(かねとも)といい、幼名は松寿丸といった。父は吉田兼郷、母は浄土真宗の僧侶である蓮如の娘・如春尼である。吉田鬼眼は、幼い頃から神道や陰陽道を学び、18歳の時に吉田神道を創始した。 吉田神道は、吉田鬼眼が受け継いだ吉田家の神道と、密教、儒教、道教などの要素を取り入れた新しい宗教である。吉田神道は、吉田鬼眼の死後、息子の吉田兼見によってさらに発展し、江戸時代には、日本の代表的な宗教の一つとなった。 吉田鬼眼は、吉田神道の祖であるだけでなく、日本の黒魔術の源流ともいわれる。吉田鬼眼は、呪術や占術に長けており、その術は「吉田鬼眼の術」として知られている。吉田鬼眼の術は、非常に強力で、人を殺したり、病気を治したり、運勢を上げたりすることができると言われている。 吉田鬼眼は、1573年、74歳の時に死去した。吉田鬼眼の死後、吉田神道は息子の吉田兼見によってさらに発展し、江戸時代には、日本の代表的な宗教の一つとなった。吉田鬼眼の術は、現在でも一部の呪術師や陰陽師によって受け継がれている。
作家

芸人を目指して努力し、浄瑠璃の合作や俳諧で才能を発揮した「長谷川千四」

長谷川千四は、17世紀から18世紀にかけて活躍した日本の俳人、浄瑠璃作家です。江戸に生まれ、本名は長谷川重賢。幼少期から俳諧を学び、後に浄瑠璃の合作に参加するようになりました。 千四が浄瑠璃作家として初めて名を馳せたのは、1705年に初演された「仮名手本忠臣蔵」です。この作品は、江戸時代初期に実際に起きた赤穂浪士の討ち入りの事件を題材にした浄瑠璃で、千四は全11段のうち3段を執筆しました。千四の執筆した段は、「祇園一力茶屋」「山科屋の段」「大序」で、いずれもその後の浄瑠璃に大きな影響を与えた名場面となっています。 「仮名手本忠臣蔵」の成功により、千四は浄瑠璃作家として確固たる地位を確立し、その後も数多くの作品を執筆しました。その中でも特に有名なのが、1717年に初演された「義経千本桜」です。この作品は、源義経の生涯を題材にした浄瑠璃で、全11段のうち千四は4段を執筆しました。千四の執筆した段は、「吉野山」「大物浦」「河連法眼館」「渡海屋大物」で、いずれも義経の悲劇的な最期を描き、観客の涙を誘いました。 千四は浄瑠璃作家としてのみならず、俳人としても活躍しました。1713年に刊行された「野ざらし紀行」は、千四の俳諧の代表作で、江戸から京都までを旅した際の紀行文を俳句でつづった作品です。「野ざらし紀行」は、その斬新な形式と鋭い観察眼で高く評価され、江戸時代の俳諧に大きな影響を与えたと言われています。 千四は、浄瑠璃作家として、俳人として、江戸時代の文化に多大な影響を与えた人物です。その作品は今でも多くの人々に愛されており、その才能は今もなお語り継がれています。
作家

浄瑠璃作者・岡清兵衛について

岡清兵衛の生涯 岡清兵衛は、16世紀後半から17世紀初頭にかけて活躍した浄瑠璃作者です。彼の生涯についてはあまり知られていませんが、いくつかの史料から推測することができます。 清兵衛は、京都の生まれで、幼少期に琵琶湖のほとりの村に移り住んだと考えられています。若い頃から浄瑠璃を好み、琵琶法師として各地を巡業していました。その後、京都に戻り、浄瑠璃作者として活動を始めました。 清兵衛は、浄瑠璃の新たな形式である「浄瑠璃本」を考案しました。浄瑠璃本は、琵琶法師が琵琶を弾きながら語る浄瑠璃ではなく、語り手が三味線を弾きながら語る浄瑠璃です。清兵衛は、浄瑠璃本を大いに普及させ、浄瑠璃の新しい時代を切り開きました。 清兵衛は、浄瑠璃の作者としてだけでなく、浄瑠璃の語り手としても活躍しました。彼は、その優れた語り口で多くの人々を魅了しました。清兵衛は、浄瑠璃の第一人者として、その名を歴史に刻みました。 1603年、清兵衛は京都で亡くなりました。享年50歳でした。清兵衛の死後、浄瑠璃はさらに発展し、江戸時代を通じて庶民に愛される芸能となりました。清兵衛は、浄瑠璃の礎を築いた偉大な人物として、今もなおその業績が讃えられています。
作家

中邑阿契の生涯と作品

-中邑阿契の生涯- 中邑阿契(1805年 - 1869年)は、江戸時代末期の浮世絵師。歌川国貞の門人。本名は中邑阿右衛門。阿弥陀、子龍、菁舎とも号した。 1805年(文化2年)に備後国尾道(現在の広島県尾道市)に生まれる。1822年(文政5年)に歌川国貞の門人となる。1828年(文政11年)に「東都名所」を皮切りに錦絵を出版し始める。1832年(天保3年)に「東都四ツ谷怪談」を出版して人気を博し、浮世絵師としての地位を確立する。 1835年(天保6年)には蜀山人梅里と「東都名所百人一首」を出版し、これが大ヒットとなる。その後も「東都名所江戸百景」や「東都名所歳時記」など、江戸の風景を描いた錦絵を数多く発表した。 1869年(明治2年)に65歳で死去。 中邑阿契は、歌川国貞の門人として浮世絵の技法を学び、江戸の風景を描いた錦絵を数多く発表した。その作品は江戸の庶民の生活や風俗を写し取っていて、江戸時代の貴重な資料となっている。 阿契は、浮世絵師としても活躍したほか、小説や戯曲の執筆、狂歌の作詩など、幅広い分野で活躍した。 阿契は、江戸時代末期の浮世絵師の代表的な一人であり、その作品は今日でも高く評価されている。
エンターテインメント

伊藤柳枝と元禄時代の浄瑠璃

伊藤柳枝の生涯 伊藤柳枝は、元禄時代の浄瑠璃浄瑠璃作者、同太夫。通称 伊藤九郎左衛門、通称 伊藤八右衛門。京都の出身。年月は不明であるが、元禄年間 (1688-1704) に大坂に下り、後に京都に戻った。柳枝は浄瑠璃の太夫として活躍し、同時に浄瑠璃の作者としても活躍した。 柳枝の浄瑠璃作者としてのデビューは、元禄16年 (1703) に上演された「操浄瑠璃三大師」である。この作品は、浄瑠璃の祖である近江掾、桐竹座の祖である初代竹本義太夫、義太夫座の祖である初代吉田文三郎の3人の功績を称えたもので、大変な評判となった。 柳枝はその後も浄瑠璃の作者として数多くの作品を発表し、元禄期を代表する浄瑠璃作家となった。柳枝の作品は、義太夫節と常磐津節の両方の浄瑠璃の演目に用いられ、彼の作品は浄瑠璃の発展に大きな貢献をした。 柳枝は、元禄18年 (1705) に38歳で死去した。彼の死は、浄瑠璃界に大きな影響を与え、多くの浄瑠璃作家が彼の死を悼んだ。柳枝の作品は、現在でも浄瑠璃の演目として上演されている。 柳枝の作品の特徴は、義太夫節と常磐津節の両方の浄瑠璃の演目に用いられていることである。また、柳枝の作品は、義太夫節と常磐津節の両方の浄瑠璃の演目に用いられていることである。また、柳枝の作品は、世話物と時代物の両方の浄瑠璃の演目に用いられていることである。
作家

「八民平七」

「八民平七の経歴」 1. 幼少期と青年期 八民平七は、1767年(明和4年)に伊勢国(現在の三重県)で生まれました。幼い頃は、学問や武術を学び、剣術の達人としても知られました。1782年(天明2年)には、神官の家に婿養子に入り、八民平七と改名しました。 2. 庄屋としての実績 八民平七は、庄屋として、村の改革に取り組みました。彼は、農民たちの労働条件を改善し、生産性を向上させました。また、災害への備えとして、貯蓄を奨励し、公共事業にも投資しました。八民平七の功績により、彼の村は、富と繁栄を享受しました。 3. 一揆の指導者 1787年(天明7年)、飢饉と重税に苦しむ農民たちが、一揆を起こしました。八民平七は、一揆の指導者の一人となり、農民たちの要求を代弁しました。一揆は、最終的には鎮圧されましたが、八民平七の行動は、農民たちの生活改善に貢献しました。 4. 晩年 八民平七は、一揆の指導者としての功績により、幕府から賞賛を受けました。彼は、1829年(文政12年)に63歳で亡くなりました。八民平七は、幕末期の農民一揆の指導者として、その功績を称えられています。
作家

浄瑠璃作者・俳人「福松藤助」の人物像と功績

-# 江戸時代中期の浄瑠璃作者・俳人 福松藤助は、江戸時代中期の浄瑠璃作者、俳人です。1693年、京都で生まれました。本名は藤助、通称は福松屋四郎兵衛、俳号は松園、雲渓、蕉松園などがありました。 福松藤助は、若い頃から浄瑠璃を好み、江戸に出て竹本座で浄瑠璃を学びました。その後、京都に戻って浄瑠璃作者として活動し始め、1718年に『傾城稚児桜』でデビューしました。 福松藤助の浄瑠璃は、華やかな舞台装置と美しい音楽で知られ、大衆の人気を集めました。特に、1731年に上演された『曾根崎心中』は、大ヒットとなり、今日でも上演される古典芸能となっています。 福松藤助は、浄瑠璃作者としてだけでなく、俳人としても活躍しました。1718年に芭蕉の門人である野沢凡兆に師事し、俳号を松園としました。福松藤助の俳句は、蕉風を学びつつも独自の境地を開いたもので、多くの俳人を育て上げました。 福松藤助は、1767年に死去しました。享年75歳でした。福松藤助は、浄瑠璃作者、俳人として、江戸文化に大きな足跡を残しました。 福松藤助の功績は、浄瑠璃作者として大衆の人気を集めたこと、俳人として多くの俳人を育て上げたこと、そして、江戸文化に大きな影響を与えたことです。福松藤助は、江戸時代中期の代表的な文化人として、今日でもその功績が称えられています。
作家

容楊黛 – 江戸時代中期の浄瑠璃作者

容楊黛の生涯と経歴 容楊黛(ようようたい、元禄3年(1690年) - 宝暦4年10月9日(1754年11月21日))は、江戸時代中期の浄瑠璃作者である。八文字屋本に多く拠り、また特色ある浄瑠璃の作品を残した。 容楊黛は、元禄3年(1690年)、江戸に生まれた。本名は、渡辺元興。通称は、勘右衛門。字は、士成。号は、はじめは、仲霊軒と称し、のちに容楊黛と改めた。 容楊黛は、幼い頃から浄瑠璃を好み、16歳のときには、すでに浄瑠璃の作をものしていたという。正徳2年(1712年)、23歳のときには、江戸の劇場である中村座で、浄瑠璃の作『傾城変化物語』を上演し、大好評を博した。 容楊黛は、正徳4年(1714年)、25歳のときには、京都の劇場である京阪座で、浄瑠璃の作『傾城浪人酒の瓶』を上演し、これもまた大好評を博した。 容楊黛は、享保3年(1718年)、29歳のとき、江島生と出逢い、以降、生涯にわたって親交を深めることになる。 容楊黛は、享保10年(1725年)、36歳のとき、江戸の劇場である森田座で、浄瑠璃の作『蘆屋道満大内鑑』を上演し、これが代表作となった。 容楊黛は、元文元年(1736年)、47歳のとき、京都の劇場である京阪座で、浄瑠璃の作『浄瑠璃操十二段組』を上演し、これもまた大好評を博した。 容楊黛は、延享元年(1744年)、55歳のとき、江戸の劇場である中村座で、浄瑠璃の作『曽我兄弟外伝』を上演し、これが最後の作品となった。 容楊黛は、宝暦4年10月9日(1754年11月21日)、65歳で死去した。
エンターテインメント

「竹本三郎兵衛(3代)」について

-竹本三郎兵衛(3代)の生涯- 竹本三郎兵衛(3代)は、豊竹若太夫の弟子で、当代随一の人形遣いとして名高い。1801年、大坂に生まれる。幼名は藤次郎。1817年、豊竹若太夫の門下に入り、人形遣いを学ぶ。1824年、竹本三郎兵衛(2代)を襲名。 1832年には、江戸に下って、河竹黙阿弥と提携して、新歌舞伎の創作に尽力。当時、人形浄瑠璃界では衰退の危機にあったが、三郎兵衛は、新歌舞伎の創作によって、人形浄瑠璃の復活に貢献した。 1844年には、大阪に戻り、竹本座の座元となる。1852年には、豊竹豊太夫と協力して、豊竹座を創設。1868年には、明治天皇の御前公演を行い、大いに賞賛される。 1873年、死去。享年73。三郎兵衛は、人形浄瑠璃界に多大な功績を残した偉大な人形遣いである。 三郎兵衛は、人形遣いとして、優れた技巧を持っていた。人形の動きを細かく操ることができ、表情豊かに演じることができた。また、三郎兵衛は、人形浄瑠璃の脚本にも優れた才能を持っていた。独創的な脚本を多く創作し、人形浄瑠璃の発展に貢献した。 三郎兵衛は、人形浄瑠璃界に多大な功績を残した偉大な人形遣いである。三郎兵衛の死後、人形浄瑠璃界は衰退の一途をたどったが、三郎兵衛の功績は、今もなお語り継がれている。
作家

– 佐藤魚丸

-狂歌師、浄瑠璃作者としての佐藤魚丸- 佐藤魚丸は、狂歌師、浄瑠璃作者として知られる江戸時代の戯作者です。本名は佐藤広重、通称は魚丸、別号は柳川亭魚丸、潮来亭魚丸などです。 魚丸は、安永3年(1774年)に江戸の町人、佐藤広平の家に生まれました。若くして狂歌を学び、同門に与謝蕪村の門人で狂歌師の蜀山人、作家で狂歌師の北尾政美がいました。魚丸は、天明6年(1786年)に狂歌集『狂歌百首』を出版し、狂歌師として名が知られるようになりました。 魚丸は狂歌師としての活動の傍ら、浄瑠璃作者としても活躍しました。天明2年(1782年)に『弁天娘女男白波』を出版し、浄瑠璃作者としてデビューしました。この作品は、歌舞伎の演目にもなり、大ヒットしました。魚丸はその後も多くの浄瑠璃作品を執筆し、人気浄瑠璃作者として活躍しました。 魚丸は、狂歌師、浄瑠璃作者として活躍する一方、戯作者としても活躍しました。魚丸は、多くの戯作を執筆し、その中には『江戸名所百景』や『東海道五十三次』など、現在でも人気のある作品があります。 しかし、長年疲れを溜め込んでいたようで晩年は病気がちになり、文化14年(1817年)に死去しました。
作家

寺田兵蔵 – 江戸時代中期の浄瑠璃・歌舞伎作者

-# 寺田兵蔵の生涯 -# 生い立ち 寺田兵蔵は正徳3年(1713)に江戸の地で誕生しました。彼の原姓については「伊丹」「原口」「木下」など諸説あり、詳細は不明です。 幼少期から芸能に興味を示しており、14~15歳のころには浄瑠璃や歌舞伎の作者として活動を開始したといわれています。 -# 浄瑠璃作者として 兵蔵は浄瑠璃作者として成功を収め、元文2年(1737)には大坂の竹本座に彼の代表作である『傾城阿波鳴門』が初演されます。 『傾城阿波鳴門』は大ヒットを記録し、兵蔵は一躍江戸で人気を博するようになります。兵蔵はその後も『傾城浅間嶽』『傾城山伏女』『傾城三度笠』『権八新愛染』など数々のヒット作を生み出し、近松門左衛門、近松半二、三好松洛らとともに江戸の浄瑠璃界を代表する作者となりました。 -# 歌舞伎作者として 兵蔵は浄瑠璃作者としてだけでなく、歌舞伎作者としても活動していました。彼は『連獅子』『勧進帳』『大経師昔暦』など、現在でも上演される歌舞伎の名作を多く残しています。 兵蔵の歌舞伎作品は、浄瑠璃作品と同じく人間味あふれる人物描写と、大衆にわかりやすいストーリーで人気を博しました。 -# 最晩年 兵蔵は晩年、病気を患い、寛保2年(1742)に30歳で早世しました。しかし、彼の作品は後世に大きな影響を与え続け、現在でも日本の伝統芸能として愛され続けています。
作家

「近松東南」(?-? 江戸時代中期-後期の浄瑠璃作者。)

「近松東南」とは? 近松東南とは、江戸時代中期から後期の浄瑠璃作者です。享保7年(1722)に現在の大阪市中央区道頓堀に生まれます。与兵衛、与五右衛門、八蔵、金右衛門、指南丸、万源右衛門、運蔵などとも名乗っていましたが、後に生国である摂津の東南に因んで東南と号します。生涯を浪人として過ごしましたが、享保20年(1735)には江戸へ出て下級武士となり、さらに延享2年(1745)には大坂に移り、以降役者や町人と交わり劇作をつづけました。明和3年(1766)に大阪で没しています。 近松東南は、浄瑠璃の登場人物の心理や心情を巧みに表現するのに長けており、その作品は多くの読者に愛されました。特に、天明4年(1784)に出版された『生写忠臣蔵』は、仮名手本忠臣蔵を元に草双紙として再構成したもので、大ヒットを記録しました。また、近松東南は、浄瑠璃の台本だけでなく、歌舞伎の台本も数多く執筆しています。それらは庶民の日常をコミカルに描いたものや、人情を重んじた内容が多く、庶民から人気を集めました。 近年では、近松東南の作品が再評価されており、その作品は多くの読者や観客に親しまれています。