海外貿易

歴史上の偉人

ー木屋弥三右衛門

-木屋弥三右衛門- -江戸時代前期の豪商- 江戸時代前期の豪商として知られる木屋弥三右衛門は、1594年に越後国に生まれました。幼い頃から商才を発揮し、やがて江戸に出て、呉服商として成功を収めました。 木屋は、江戸城や大名屋敷に呉服を納めるようになり、その富はますます増していきました。また、彼は豪快な性格で知られ、たびたび大金を使うことで有名でした。 木屋の最も有名な逸話は、1630年の大洪水の際に、江戸城の石垣を修復するための費用を全額寄付したというものです。この寄付は、徳川家光の賞賛を受け、木屋は江戸城の御用商人に任命されました。 木屋は、1657年に亡くなりましたが、彼の残した財産は莫大なものでした。その資産は、江戸城の石垣の修復費用を賄うだけでなく、江戸の町を復興させるためにも使われました。 木屋は、江戸時代初期の豪商として名を残しており、その豪快な性格と、江戸城の石垣の修復費用を寄付したという逸話は、現在も語り継がれています。
歴史上の偉人

大賀信貞-江戸時代前期の商人

-大賀信貞の生涯- 大賀信貞(1582年 - 1671年)は、江戸時代前期の豪商。別名、大賀貧貞。大賀宗家は豊臣秀吉に仕えていたが、大坂の陣で徳川家康に属し、江戸に移住した。信貞はその長男として生まれた。 信貞は幼少の頃から商才を発揮し、若くして江戸で呉服店を開業した。その後、酒造業や金融業にも進出し、巨万の富を築いた。信貞はまた、公共事業にも力を入れ、江戸の町の発展に貢献した。 信貞は、江戸城の石垣普請を請け負った際、石材を運搬する船を自腹で建造した。また、江戸の町に数多くの橋を架け、町民の利便性を向上させた。信貞の功績は、徳川家康から高く評価され、幕府から様々な特権を与えられた。 信貞は、江戸時代前期における代表的な豪商である。その功績は、江戸の町の発展に大きく貢献し、今日でもその名を語り継がれている。 信貞は、1671年に89歳で亡くなった。その死後、大賀宗家は子孫によって継承されたが、明治維新後に没落した。しかし、信貞の功績は現在でも高く評価されており、江戸の町の発展に貢献した偉大な人物として記憶されている。
歴史上の偉人

→ 高木作右衛門(初代)

-高木作右衛門とは- 高木作右衛門は、安芸広島藩お抱えの鍛冶職人で、初代からは9代にわたって続いています。初代高木作右衛門は、元禄16年(1703年)に広島藩の御用鍛冶職を命じられ、以後、9代にわたって、広島藩の御用鍛冶職を務め、広島藩の刀剣の制作や修繕に携わりました。 初代高木作右衛門は、備後国(現在の広島県東部)出身で、若い頃から刀鍛冶の技術を学び、広島藩の御用鍛冶職に命じられる前は、 備中国(現在の岡山県東部)で刀鍛冶として活躍していました。 広島藩御用鍛冶職に命じられた初代高木作右衛門は、広島藩の刀剣の制作や修繕に携わり、広島藩の刀剣の品質向上に大きく貢献しました。また、初代高木作右衛門は、刀鍛冶の技術を弟子たちに伝え、広島藩の刀鍛冶の技術を後世に伝えました。 初代高木作右衛門の死後は、その子である2代高木作右衛門が広島藩の御用鍛冶職を継ぎ、以後は9代にわたって、広島藩の御用鍛冶職を務めました。9代高木作右衛門は、明治維新後に廃藩置県となり、広島藩が廃止された後も、刀鍛冶として活躍し、明治43年(1910年)に亡くなりました。 初代高木作右衛門は、広島藩の刀剣の制作や修繕に携わり、広島藩の刀剣の品質向上に大きく貢献した、名刀匠です。また、初代高木作右衛門は、刀鍛冶の技術を弟子たちに伝え、広島藩の刀鍛冶の技術を後世に伝えました。