淀屋個庵

歴史上の偉人

~北前船を切り拓いた江戸時代前期の豪商~北風彦太郎

寛永の米相場で大儲け 北風彦太郎は、寛永の米相場で大儲けをしたことで知られています。寛永の米相場は、1630年に発生した米価の暴騰・暴落事件です。この事件は、米作の不作や、江戸幕府の政策などが原因で発生しました。 彦太郎は、この米相場の混乱に乗じて、米を買い占め、高値で売り抜いて大儲けしました。彦太郎は、この利益を元手に、廻船業や両替商などを経営し、財を成しました。 彦太郎の大儲けは、江戸幕府の政策に助けられた面もあります。江戸幕府は、米価の安定を図るために、米の流通を制限し、米価を一定の範囲内に抑える政策を実施していました。この政策により、米の価格が暴騰する可能性が高まり、彦太郎のような米を買い占める商人が利益を上げやすくなりました。 寛永の米相場は、彦太郎だけでなく、他の商人や農民にも大きな影響を与えました。この事件をきっかけに、米価の安定を図るための政策が強化され、米の流通がより厳しく管理されるようになりました。また、米価の暴騰・暴落によって、多くの農民が貧困に陥りました。 寛永の米相場は、江戸時代の経済に大きな影響を与えた事件でした。この事件は、彦太郎のような商人に大きな利益をもたらしましたが、一方で、多くの農民を貧困に陥れました。