済々黌中学中退

文学分野の人

– 小山勝清 (1896-1965)

1. 小山勝清と柳田国男の出会い 小山勝清は、1896年に熊本県八代郡泉村(現在の八代市)に生まれました。彼は幼い頃から文学に興味があり、早稲田大学に入学して国文学を学びました。在学中、小山は民俗学の大家である柳田国男に出会い、その影響を受けました。 2. 柳田国男の弟子として 1925年に早稲田大学を卒業した後、小山は柳田国男の弟子となりました。小山は柳田国男に師事し、民俗学を学びました。民俗学とは、人々の生活や文化を研究する学問です。小山は柳田国男と共に各地を調査し、民俗資料を集めました。 3. 小山の研究 小山は、民俗学の研究において、特に「むら」に注目しました。彼は、むらを「社会生活の最小単位」と捉え、むらの人々の生活や文化を詳しく研究しました。小山は、むらの生活や文化は、その地域の自然環境や歴史によって形作られていると考えました。 4. 小山の業績 小山は、民俗学の研究において、多くの業績を残しました。彼の代表作には、「むら社会の研究」や「日本の農村」などがあります。小山は、民俗学の研究を通じて、日本人の生活や文化を明らかにしました。彼の研究は、日本の社会学や文化人類学の発展に大きな影響を与えました。 5. 小山の死 小山は、1965年に69歳で亡くなりました。彼は、民俗学の研究に生涯を捧げた偉大な学者でした。小山の死は、民俗学界にとって大きな損失となりました。
文学分野の人

「太田黒克彦」

-太田黒克彦の生涯- 太田黒克彦は、1914年(大正3年)10月10日、東京都に生まれた。父は太田黒元雄、母は太田黒きよ。父・元雄は、太田黒美術工芸社を経営する実業家で、美術にも造詣が深く、克彦に幼い頃から美術の薫陶を与えた。 克彦は、東京美術学校(現・東京芸術大学)油画科に進学し、在学中は、梅原龍三郎、林武、藤島武二らに師事した。1936年(昭和11年)に同校を卒業後、渡欧し、フランスとイタリアで絵画を学んだ。 1939年(昭和14年)に帰国後、克彦は、父が経営する太田黒美術工芸社に入社し、美術部門の責任者として活躍した。同社は、当時、国内有数の美術商であり、克彦は、数多くの美術展を開催し、若手画家の発掘にも尽力した。 1941年(昭和16年)には、克彦は、徴兵され、南方戦線に派遣された。1945年(昭和20年)に終戦を迎えて帰国した後、克彦は、太田黒美術工芸社を再建し、美術界での活動を再開した。 1952年(昭和27年)、克彦は、太田黒美術工芸社を退社し、独立して画廊を開設した。同画廊は、国内外の著名な画家の作品を展示し、多くの美術愛好家に親しまれた。 1962年(昭和37年)、克彦は、日本美術家連盟の会長に就任した。同連盟は、国内の美術家の団体であり、克彦は、そのリーダーとして、美術界の発展に尽力した。 1995年(平成7年)10月7日、克彦は、東京都内の病院で心不全のため死去した。享年80歳。克彦は、生涯を通じて、美術の普及と発展に貢献した功績が称えられ、多くの美術関係者から惜しまれた。