渤海客使

歴史上の偉人

「山代氏益」とは?平安時代前期の官吏について

-「山代氏益」という人物について- 山代氏益は、平安時代前期の官吏です。 延喜14年(914年)に民部少輔に任じられ、その後、大学頭、右近衛中将、参議などを歴任しました。 また、醍醐天皇の寵臣として知られ、天皇の側近として政務に参与しました。 山代氏益は、延喜17年(917年)に発生した「延喜の荘園整理令」の制定に深く関与しました。 この荘園整理令は、荘園の乱立による土地制度の混乱を是正するために制定されたもので、荘園の面積や課税などを制限する内容でした。 山代氏益は、この荘園整理令の制定によって、荘園の乱立に歯止めをかけ、土地制度の安定に貢献しました。 また、山代氏益は、延喜20年(920年)に発生した「延喜の乱」の鎮圧に功績を上げました。 延喜の乱は、平将門と藤原純友が朝廷に反乱を起こした事件で、朝廷は鎮圧のために大軍を派遣しました。 山代氏益は、この鎮圧軍の指揮官として派遣され、将門と純友を討ち破って乱を鎮圧しました。 山代氏益は、延喜23年(923年)に参議に任じられ、その後、議政官として政務に参画しました。 また、醍醐天皇の信任厚く、天皇の側近として政務に参与しました。 山代氏益は、延喜29年(929年)に54歳で死去しました。
歴史上の偉人

美努清名-平安時代前期の官吏

-美努清名の生涯- 美努清名は、平安時代中期に活躍した官吏です。摂津国(現在の大阪府)に生まれ、幼少の頃から学問に優れていました。清少納言の『枕草子』にも、その聡明さが記されています。 清名は、文章生として官界に入り、順調に昇進を重ねていきました。寛弘8年(1011年)には、大学頭(大学寮の長官)に任命され、皇太子の教育係を務めました。 長和2年(1013年)には、藤原道長の娘である章子内親王を皇后に立てようとする道長の陰謀が発覚し、清名は連座して左遷されました。しかし、その後まもなく赦免され、官界に復帰しました。 寛弘5年(1018年)には、権大納言に任命され、政務の中心人物となります。清名は、道長の死後に起こった後一条天皇の側近として、朝廷の改革に尽力しました。 治安3年(1023年)には、清名は内大臣に任命され、最高位に昇りました。しかし、在任中に病に倒れ、翌年には亡くなりました。享年53歳でした。 清名は、学問に優れ、清廉潔白な政治家として知られていました。また、和歌を好み、多くの歌を残しています。 清名は、平安時代中期を代表する官吏であり、その生涯は、当時の朝廷の政治や文化を知る上で貴重な史料となっています。