源氏

歴史上の偉人

足利義兼-平安後期から鎌倉時代にかけての武将

-足利義兼の生涯- 足利義兼は平安後期から鎌倉時代にかけての武将。河内守・淡路守を歴任し、源平合戦や鎌倉幕府草創期に活躍した。 義兼は、足利氏第3代当主・足利義清の子として、久安3年(1147年)に生まれた。幼名は熊王丸。義清の死後、家督を継承し、足利氏の当主となる。 義兼は、治承4年(1180年)の源平合戦では、源頼朝率いる源氏方に属し、平家と戦った。寿永3年(1184年)には、頼朝の命を受けて、河内国に侵攻し、平家方を撃破。河内守に任じられた。 その後、義兼は、頼朝の側近として、鎌倉幕府草創期に活躍。建久3年(1192年)には、淡路守に任じられた。 建久9年(1198年)、義兼は、頼朝の死後、その子・源頼家に仕えた。しかし、頼家と対立し、建仁元年(1201年)に、頼家の命を受けて、畠山重忠を討伐した。 建仁3年(1203年)、頼家が失脚すると、義兼は、その子・源実朝に仕えた。しかし、実朝の死後、北条氏と対立し、貞応2年(1223年)に、北条泰時に滅ぼされた。 義兼は、武勇に優れた武将であり、頼朝や実朝の側近として、鎌倉幕府草創期に活躍した。しかし、北条氏との対立により、滅亡した。
歴史上の偉人

– 「源清蔭」(884-950 平安時代中期の公卿、歌人)

-源清蔭の生涯- 源清蔭(884年 - 950年)は、平安時代中期の公卿、歌人。 父は左大臣・源能有、母は藤原氏。幼名は冬蔭。 897年(寛平9年)に文章生となり、903年(延喜3年)に文章博士に任じられる。 908年(延喜8年)に右近衛権少将、910年(延喜10年)に左近衛権少将、912年(延喜12年)に左近衛権中将となる。 915年(延喜15年)に蔵人頭、916年(延喜16年)に参議に任じられる。 918年(延喜18年)に権中納言、924年(延長2年)に権大納言、926年(延長4年)に大納言となる。 930年(延長8年)に右大臣、936年(天慶9年)に左大臣となる。 941年(天慶4年)に藤原忠平が死去すると、藤原忠平の娘婿である清蔭は、藤原忠平の跡を継いで攝政となる。 946年(天慶9年)に太政大臣となる。 950年(天暦4年)に死去。享年67。 清蔭は、和歌にも優れた。 905年(延喜5年)に開催された「延喜の御禊」で、清蔭は「春の野にすみれを折りて」という歌を詠じて、左大臣・源能有の賞賛を受けた。 914年(延喜14年)に開催された「延喜の和歌会」でも、清蔭は「夏山の夕ぐれに木々の梢をながめて」という歌を詠じて、一条天皇の賞賛を受けた。 清蔭は、『後撰和歌集』に2首、『拾遺和歌集』に1首の歌が収められている。
歴史上の偉人

多田行綱:平氏打倒の謀議を平清盛に密告した武将

多田行綱の生涯 多田行綱は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将である。源頼朝挙兵の際に平氏打倒の謀議を平清盛に密告し、源氏と平氏の戦いを引き起こした人物として知られている。 多田行綱は、近江国多田荘(現在の滋賀県大津市)の豪族である多田資行の嫡男として生まれた。幼名は亀若丸。弓馬の達人として知られ、平清盛の信任を得ていた。 保元元年(1156年)、源義朝と平清盛が争った保元の乱では、平清盛方として参戦した。この乱で多田行綱は功を挙げ、平清盛から近江国甲賀荘を与えられた。 平治元年(1159年)、源頼朝と平清盛が争った平治の乱では、当初は平清盛方に属していたが、源頼朝方に寝返った。しかし、平清盛の軍勢に敗れ、平清盛に降伏した。 治承4年(1180年)、源頼朝が挙兵すると、多田行綱は平清盛に密告した。平清盛は源頼朝を討伐するために軍勢を派遣したが、源頼朝の軍勢に敗れた。 源頼朝が鎌倉幕府を開いた後、多田行綱は鎌倉幕府に仕えた。文治元年(1185年)、奥州合戦に従軍し、功を挙げた。 建久元年(1190年)、多田行綱は平家滅亡後の功績を賞され、播磨国揖西郡に1,000貫文の地を与えられた。 建久3年(1192年)、多田行綱は鎌倉で死去した。享年57歳。 多田行綱は、平氏打倒の謀議を平清盛に密告したことで知られているが、源頼朝挙兵の際に平清盛方に属し、平治の乱では源頼朝方に寝返るなど、複雑な経歴を持つ武将である。
歴史上の偉人

夜叉御前 – 平安時代末期の悲劇の姫君

-夜叉御前の生涯- 平安時代末期、京の都に夜叉御前という美しい姫君がいた。彼女は、当時の武士の棟梁平清盛の娘として、何不自由なく育てられた。しかし、彼女の運命は、ある日突然変わってしまう。 1180年、清盛が源頼朝によって挙兵されると、夜叉御前は父に従って都を離れ、福原(兵庫県神戸市)に逃れた。しかし、福原は源氏軍の攻撃を受けて陥落し、夜叉御前は父と共に壇ノ浦(山口県下関市)まで逃亡した。 1185年、壇ノ浦の戦いで平氏が敗北すると、夜叉御前は捕らえられ、源頼朝の弟である源義経の養女となった。義経は、夜叉御前を大切に扱い、彼女を「姫君」と呼んだ。しかし、義経は、源頼朝と対立し、1189年に奥州で自害した。 義経の死後、夜叉御前は、奥州藤原氏の庇護を受けた。彼女は、藤原泰衡の妻となり、二男一女をもうけた。しかし、1195年、泰衡は源頼朝の軍勢に攻められて滅亡し、夜叉御前は夫と子供たちを亡くした。 夜叉御前は、その後、鎌倉に連行され、源頼朝の妾となった。頼朝は、夜叉御前を寵愛し、彼女を「御台所」と呼んだ。しかし、1199年、頼朝が落馬して死亡すると、夜叉御前は尼となり、出家した。 夜叉御前は、1226年に亡くなった。享年52歳。彼女の生涯は、平安時代末期の動乱の中で翻弄された悲劇の姫君の生涯であった。
歴史上の偉人

「新羅三郎義光」(⇒源義光)について

-平家一門との争い- 源義光は、平家一門の台頭に対抗して、源頼朝の挙兵に参加しました。1180年、平家一門の総大将である平清盛が死去すると、平家は衰退し始めました。義光はこの機を逃さず、平家一門と対決することを決意しました。 1181年、義光は平家一門の拠点の一つである越後国を攻め落しました。この戦いで、義光は平家の大将である平維盛を討ち取りました。この勝利により、義光の勢力はさらに拡大しました。 1182年、義光は平家一門の最後の拠点である京都を攻め落としました。この戦いで、義光は平家の総帥である平宗盛を討ち取りました。これで、平家一門は完全に滅亡しました。 義光は、平家一門を滅亡させることで、源氏の新政権を確立することに成功しました。義光は、源頼朝の右腕として、源氏の政権を支えました。 しかし、義光は源頼朝の死後、源氏の内紛に巻き込まれてしまいました。義光は、源頼朝の弟である源義経と対立しました。この対立は、1189年の壇ノ浦の戦いで、義経が平家一門を滅亡させたことで決着しました。 義光は、壇ノ浦の戦いで敗れた後、鎌倉に帰還しました。しかし、義光は源頼朝の死後に政権を握った北条氏によって、追放されました。義光は、追放された後、甲斐国に逃れました。 義光は、甲斐国で1199年に死去しました。義光は、源氏の新政権を確立することに貢献した武将でした。
歴史上の偉人

「源義範」- 彼の生涯と功績

源義範とは 源義範(みなもとの よしのり、生没年不詳)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将、御家人。源頼朝の同父異母弟で、源範頼、源義経の異父弟。母は源義朝と、従妹にあたる祇園女御の侍女で、牛車の車輪を制作する工匠の娘、または後白河法皇の側近の娘とされる。 平治の乱に際して頼朝らとともに平清盛と戦い、乱後に甲斐源氏の一族とともに甲斐国に流された。 その後、頼朝の挙兵に伴い甲斐源氏の一族とともに源氏方に属し、治承4年(1180年)の富士川の戦いで平氏を破った。 治承5年(1181年)には倶利伽羅峠の戦いで平維盛を破り、同7年には壇ノ浦の戦いで平氏を滅亡に追い込んだ。 頼朝の死後、嫡子の頼家が家督を継ぐと、義範は頼家の叔父として幕政に参加し、建久2年(1191年)には頼朝の残した奥州平定の遺志を継いで、弟の範頼とともに奥州に侵攻した。 頼家没後は、頼家の長男の一幡が家督を継いだが、政局は義範と義経とが対立し、建久10年(1199年)に義経が頼家の乳母であった政子の実家である比企氏を滅ぼした後、義範は伊豆に流された。 建仁3年(1203年)、義経が討死すると、頼家が没していたため、頼家の弟の源実朝が家督を継いだ。 義範は実朝に赦されて鎌倉に戻り、建保5年(1217年)には実朝の命により、弟の範頼の遺児である禅暁に所領を与えている。 義範のその後の消息は不明だが、寛元元年(1243年)には、頼朝の四男である源実朝の甥、源公頼が義範の娘と婚姻したとされる。 義範の没年は不明だが、寛元元年(1243年)以降に没したとみられている。
歴史上の偉人

鎮西八郎為朝とは?その生涯や功績をまとめました

-鎮西八郎為朝とは?- 鎮西八郎為朝は、武家であり源頼朝、源義経兄弟の伯父にあたる人物です。 保元の乱(1156年)では源義朝軍の主力として活躍し、平治の乱(1159年)では敗北して伊豆に流罪となりましたが、二年後に赦免されて帰洛します。 その後、源平合戦では平家軍と戦い、壇ノ浦の戦い(1185年)で戦死しました。 為朝は、平治の乱で敗北するまでは、源氏の中で最も有力な武将でした。 また、為朝は、源氏の中で最も早くに弓の名手として知られるようになりました。 源頼光、源義経、佐々木高綱など、源氏の武将は弓の名手が多いのですが、為朝は、その中でも最も優れた弓の名手でした。 為朝は、源平合戦でも弓の名手を遺憾なく発揮して、平家軍に大きな打撃を与えました。 壇ノ浦の戦いでは、平家軍の総大将である平清盛を射殺したと言われています。 為朝は、源平合戦の英雄として知られるようになりました。
歴史上の偉人

源義仲の生涯と武勇伝

-平家打倒の立役者- 源義仲は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。清和源氏の流れを汲み、源頼朝の従兄弟にあたる。幼名は駒王丸(こおうまる)。官位は従二位、右中将。 義仲は、治承4年(1180年)に挙兵し、平家打倒の兵を挙げた。寿永2年(1183年)には、倶利伽羅峠の戦いで平家軍を破り、平家を追って京へと進軍した。同年11月には、平家を追って福原まで進出。平家は福原を放棄して西国へと逃れた。 義仲は、寿永3年(1184年)1月20日に、平家追討の院宣を奉じて入京し、平家追討の総大将となった。同年2月には、宇治川の戦いで平家軍を破り、さらに3月には、一ノ谷の戦いで平家軍を破った。平家は、さらに西国へと逃れた。 義仲は、平家を追って西国へと進軍し、寿永4年(1185年)2月には、壇ノ浦の戦いで平家軍を破り、平家を滅亡させた。義仲は、平家滅亡の功績により、従二位、右中将に叙任された。 しかし、義仲は、平家滅亡後、頼朝の命により、追討されることとなった。義仲は、頼朝の軍勢に敗れ、寿永4年(1185年)5月21日に、越中倶利伽羅峠で戦死した。義仲の死により、源氏の内紛は終結し、頼朝が鎌倉幕府を開いた。 義仲は、平家打倒の立役者として、その功績は称えられている。また、義仲は、武勇に優れた武将としても知られており、その武勇伝は数多く残されている。
歴史上の偉人

伊賀家長 – 平家貞の子、伊賀(三重県)を本拠とする平安時代後期の武将

-伊賀家長の生涯- 伊賀家長は、平安時代後期の武将である。平家貞の子として生まれ、伊賀(三重県)を本拠とした。 家長は、若くして源頼朝の挙兵に参加し、石橋山の戦いで功を立てた。その後、頼朝の側近として仕え、関東の平定に活躍した。 建久元年(1190年)、頼朝の命を受けて伊賀国に下向し、伊賀氏の初代当主となった。家長は、伊賀国を平定し、伊賀氏の勢力を確立した。また、伊賀国発展のために多くの政策を打ち出し、伊賀国の発展に貢献した。 家長は、建久7年(1196年)に死去した。享年42。死後、家長の功績を称えて、伊賀国に伊賀家長の墓が建てられた。 家長は、伊賀氏の祖であり、伊賀国の発展に貢献した武将である。家長の功績は、現在でも伊賀国の人々に語り継がれている。
歴史上の偉人

「源頼兼」

源頼兼とは? 源頼兼(みなもとの よりかね、1156年 - 1184年)は、平安時代末期の公卿。後白河法皇の第八皇子。母は中宮・藤原多子(待賢門院)。同母兄弟に安徳天皇、守貞親王、資盛、重衡、惟明、尊成法親王、尊円法親王、覚深法親王、以仁王、静賢、平徳子(建礼門院)。子は頼輔。官位は従二位、権中納言。 頼兼は、後白河法皇の末子として生まれ、1159年に親王宣下を受けて、従二位、権中納言に任じられた。治承4年(1180年)に平清盛の娘・平徳子(建礼門院)と結婚し、その後平家の権力が増大するにつれて、頼兼もまた平家の重鎮として活躍した。 しかし、治承5年(1181年)に源義仲が挙兵し、平家が都を放棄して西国に逃れた後、頼兼は平家とともに西国に下向した。寿永3年(1184年)に壇ノ浦の戦いで平家が滅亡すると、頼兼もまた戦死した。 頼兼は、平家の重鎮として活躍した人物であり、平家の滅亡とともにその生涯を閉じた。
歴史上の偉人

延朗 – 平安後期から鎌倉初期の天台宗の僧

- 延朗の生涯 延朗は、平安後期から鎌倉初期の天台宗の僧侶です。1161年、摂津国(現在の大阪府)に生まれ、15歳の時に比叡山に登って出家しました。 延朗は、比叡山で天台宗の教えを学び、やがて頭角を現しました。1193年、延朗は天台座主(天台宗の最高位)に就任しました。延朗は、天台宗の改革に尽力し、天台宗の教学を大成しました。 延朗は、また、日本各地に多くの寺院を建立しました。1195年、延朗は、京都に延暦寺を開きました。延暦寺は、天台宗の総本山として、現在も多くの僧侶が修行しています。 延朗は、1222年に亡くなりました。延朗の死後、延朗の弟子たちは、延朗の教えを受け継いで、天台宗の発展に努めました。 延朗は、天台宗の改革に尽力しただけでなく、日本各地に多くの寺院を建立しました。延朗の功績は、天台宗の発展に大きく貢献しています。
歴史上の偉人

是貞親王 – 平安時代前期の皇族

- 是貞親王の生涯 是貞親王は、平安時代前期の皇族で、仁明天皇と皇后藤原順子の第一皇子として851年に誕生しました。幼名は是忠。 是貞親王は、生来英邁で聡明であり、学問を好み、琴や和歌にも優れた才能を示しました。また、武芸にも秀でており、18歳の時には、左兵衛佐に任命されて、軍事に関わるようになりました。 869年、父・仁明天皇が崩御すると、弟・清和天皇が即位しました。是貞親王は、清和天皇の異母兄として、皇太子に立てられ、翌年には親王に叙任されました。 881年、清和天皇が退位し、是貞親王が即位しました。是貞天皇は、幼い頃から優秀な人物として期待されており、即位後は、政治に励み、律令の整備や官僚制度の改革などを行いました。 しかし、是貞天皇の治世は、長くは続きませんでした。884年、藤原良房が率いる藤原北家と、基経、時平兄弟が率いる藤原南家との間で権力争いが起こり、是貞天皇は、藤原北家に擁立された宇多天皇に譲位させられました。 是貞天皇は、譲位後も、藤原北家の政権下で、太上天皇として尊重されました。897年に薨去するまで、皇室の繁栄と平安を願って、祈りを捧げ続けました。 是貞天皇は、わずか4年間の在位でしたが、その間に、律令の整備や官僚制度の改革など、多くの功績を残しました。また、優れた芸術家でもあり、琴や和歌に秀でていました。是貞天皇が残した和歌は、勅撰和歌集に収められ、後世の人々に愛唱されました。
歴史上の偉人

源貞恒 – 平安時代前期から中期に活躍した光孝天皇の皇子

-源貞恒の生涯と功績- 源貞恒は、平安時代前期から中期に活躍した光孝天皇の皇子です。幼名は源定省で、貞恒と名乗ったのは晩年になってからです。 貞恒は、869年に光孝天皇の第三皇子として生まれました。光孝天皇が崩御すると、兄の宇多天皇が即位しました。貞恒は、宇多天皇の異母弟として、宮中に仕えました。 貞恒は、890年に左近衛少将に任じられました。892年には、摂津守に任じられ、地方官僚として勤務しました。895年には、右近衛権中将に任じられ、再び宮中に戻りました。 897年、宇多天皇が崩御すると、醍醐天皇が即位しました。貞恒は、醍醐天皇の同母弟として、引き続き宮中に仕えました。901年には、右近衛中将に任じられました。 903年、貞恒は、右衛門督に任じられました。905年には、左馬頭と右兵衛督を兼任しました。貞恒は、宮中での要職を歴任し、醍醐天皇の下で活躍しました。 910年、貞恒は、参議に任じられ、公卿となりました。参議は、国政を協議する最高機関である太政官のメンバーです。貞恒は、公卿として、国政に参与しました。 912年、貞恒は、権中納言に任じられました。権中納言は、中納言の代理を務める官職です。貞恒は、中納言の代理として、国政を執り行いました。 914年、貞恒は、中納言に任じられました。中納言は、太政官の次官です。貞恒は、中納言として、国政を総覧しました。 918年、貞恒は、大納言に任じられました。大納言は、太政官の最高官です。貞恒は、大納言として、国政を統轄しました。 920年、貞恒は、薨去しました。享年52でした。貞恒は、平安時代前期から中期にかけて、宮中での要職を歴任し、醍醐天皇の下で活躍した人物です。
歴史上の偉人

平行盛

-平行盛の生涯- -生い立ちと青年期- 平行盛は、西暦1930年に大阪の貧しい家庭に生まれた。幼い頃は、生活費を稼ぐために両親が働きに出ており、祖父母に育てられた。祖父母からは、厳しい躾を受けながら、愛情をたっぷり受けて育った。 小学校を卒業後、平行盛は、地元の公立中学校に進学した。中学校では、成績が優秀で、生徒会活動にも積極的に参加していた。特に、弁論大会では、優勝を飾るなど、その才能を遺憾なく発揮していた。 中学卒業後、平行盛は、京都大学に進学した。大学では、工学部機械工学科に進み、エンジニアとして必要な知識を身につけた。大学卒業後は、大手メーカーに就職し、エンジニアとして働き始めた。 -エンジニアとしての活躍と「平行盛の法則」の発見- 平行盛は、エンジニアとして働きながら、研究にも励んでいた。その結果、新しい工学理論「平行盛の法則」を発見した。この法則は、工学の様々な分野に応用することができ、大きな注目を集めた。 「平行盛の法則」の発見により、平行盛は一躍有名になり、工学の大家として認められるようになった。日本だけでなく、海外からも招聘され、講演や論文を発表した。 -晩年と死- 平行盛は、晩年は京都大学の教授を務め、後進の育成に努めた。また、工学の普及活動에도 적극적으로 참여했다。 平行盛は、西暦2000年に死去した。享年70歳。その死は、工学界に大きな衝撃を与えた。しかし、彼の残した業績は、今日でも工学研究の基礎として活用されており、その功績は今もなお称賛されている。 -平行盛の功績- 平行盛は、工学の分野に大きな功績を残した人物である。彼が残した「平行盛の法則」は、工学の様々な分野に応用され、大きな成果を上げている。 また、彼は工学の普及活動にも積極的に参加し、工学の魅力を多くの人に伝えた。彼の功績は、今日の工学の発展に大きく貢献している。
歴史上の偉人

<源成>-平安時代前期の公卿(くぎょう)

-源成の生涯- 源成は、平安時代前期の公卿(くぎょう)です。嵯峨天皇の第四皇子で、母は藤原薬子の兄である藤原仲成の娘・藤原贈内大臣の娘、贈内大臣である。 天長10年(833年)に生まれます。承和14年(847年)、父・嵯峨天皇の崩御により、兄の仁明天皇が即位しました。翌嘉祥元年(848年)、成は従五位下左近衛将監に任じられ、公卿に列します。 仁寿2年(852年)、権左中弁に任じられます。斉衡2年(855年)、蔵人頭に任じられます。天安2年(858年)、権右中弁に任じられます。貞観2年(860年)、左中弁に任じられます。貞観4年(862年)、右大弁に任じられます。貞観6年(864年)、従三位に叙されます。貞観8年(866年)、参議に任じられます。 貞観11年(869年)、正三位に叙され、左大弁に任じられます。貞観12年(870年)、権中納言に任じられます。貞観14年(872年)、正三位に叙される。貞観15年(873年)、中納言に任じられます。貞観18年(876年)、従二位に叙されます。 元慶元年(877年)、権大納言に任じられます。元慶2年(878年)、正二位に叙されます。元慶6年(882年)、内大臣に任じられます。仁和元年(885年)、右大臣に任じられます。仁和4年(888年)、従一位に叙されます。 座いし、宇多天皇に譲位を迫る。 寛平元年(889年)、左大臣に任じられます。寛平3年(891年)、太政大臣に任じられ、藤氏政権の基礎を固めました。 延喜10年(910年)、薨去。享年78。 源成は、嵯峨天皇の第四皇子として生まれ、公卿に列した後、蔵人頭、左中弁、右大弁、参議、左大弁、権中納言、中納言、権大納言、内大臣、右大臣、太政大臣などの要職を歴任した人物です。
歴史上の偉人

「久良親王」について

- 久良親王の生涯 久良親王(くら の しんのう)は、日本の第50代天皇である桓武天皇の第一皇子。母は藤原旅子。 -# 生涯 久良親王は、786年に桓武天皇と藤原旅子の間に生まれた。幼少期は良岑安世に師事し、学問に励んだ。 802年、17歳の若さで親王宣下を受ける。806年、右大臣に任じられる。809年、皇太子に立てられる。 810年、桓武天皇が崩御し、久良親王が即位して嵯峨天皇となった。 嵯峨天皇は、父である桓武天皇の遺志を継いで、平安京の造営や律令の整備などに取り組んだ。また、仏教を保護し、延暦寺や清水寺など多くの寺院を建立した。 823年、嵯峨天皇は長男の淳和天皇に譲位し、太上天皇となった。しかし、その後も政治に影響力を持ち続け、淳和天皇を補佐した。 833年、嵯峨天皇は崩御した。享年48。 嵯峨天皇は、平安時代初期の天皇として、平安京の建設や律令の整備など、多くの功績を残した。また、仏教を保護し、多くの寺院を建立して、日本の文化の発展に貢献した。
歴史上の偉人

源三幡→ 鎌倉時代の若い女性

-源三幡- 源頼朝と三幡の妾の間に生まれた次女である。建久4年(1193年)に鎌倉で生まれる。 源三幡は幼い頃からその美貌と才智に恵まれており、18歳で後鳥羽天皇の弟である守貞親王と結婚する。その後、二条天皇と嘉禄二年(1226年)に挙式し、翌年に皇子を産んだ。しかし、皇子はわずか7歳で亡くなってしまった。 建保元年(1213年)、後鳥羽天皇が承久の乱を起こし、源三幡は夫の守貞親王とともに鎌倉に逃亡する。乱が平定された後、源三幡は鎌倉幕府の庇護のもとで暮らした。 貞応2年(1223年)、源三幡は夫の守貞親王が亡くなると、出家して尼となった。建永元年(1206年)に亡くなるまで、鎌倉に庵を結んで暮らした。 源三幡は、鎌倉時代の若い女性の典型的な存在であった。彼女は美貌と才智に恵まれ、多くの男性から愛された。しかし同時に、彼女の人生は、夫や子供の死など、多くの悲劇に彩られたものであった。 -系図- * 父 源頼朝 * 母 三幡 * 兄弟 大姫、源頼家、源実朝 * 姉妹 源頼家の次女 * 夫 守貞親王、二条天皇 * 子 皇子
歴史上の偉人

「吉良義成」(⇒蒔田義成)について

-蒔田義成とは- 蒔田義成は、戦国時代中期の武将で、今川氏に仕えた。 三河国吉田城(現在の愛知県豊橋市吉田町)の城主で、松平氏など東三河の勢力を抑えて、遠江国での今川氏の勢力拡大に貢献した。 義成は、三河国吉良郡に生まれる。 父は吉良持広とされる。 今川義元のもとで、三河国の国人として重用された。 永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いで、今川義元が織田信長に討たれた後も、今川氏のもとに留まった。 永禄6年(1563年)に従五位下、三河守に叙される。 永禄12年(1569年)に、姉川の戦いで浅井氏・朝倉氏連合軍と戦い、勝利に貢献した。 天正2年(1574年)、長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れ、吉田城は落城した。 義成は、遠江国浜松城に逃れた。 天正3年(1575年)、武田勝頼が織田信長と同盟を結んで、遠江国に侵攻した。 義成は、今川氏と武田氏の間を仲介し、和平を成立させた。 天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が死去すると、武田氏は再び遠江国に侵攻した。 義成は、浜松城で武田軍を迎え撃ったが、敗れて討死した。
歴史上の偉人

源光保→ 平安時代後期の武士とその栄光と悲劇の生涯

出自と家系 源光保は、桓武天皇の曾孫である源能有を祖先とする河内源氏の出身である。父は源国光であり、母は不詳である。光保は国光の3男として生まれる。兄に源国房、源国成がいる。国房は、河内国源氏の棟梁として、たびたび国府の官職に就いた。 源氏は、父祖代々、河内国を拠点に活躍してきた武士の一族である。光保の祖父である源頼光は、平安時代初期の有名な武将であり、土蜘蛛や酒呑童子などの鬼退治の物語で知られている。光保の父である源国光は、河内国源氏の棟梁として、たびたび国府の官職に就いた。 光保は、兄の国房や国成とともに、幼い頃から武術や学問を学び、文武両道に優れた人物に成長した。光保は、特に弓術に優れており、弓の名人として名を馳せた。また、光保は、和歌や漢詩にも通じており、文人としても活躍した。 光保は、河内国源氏の棟梁として、たびたび国府の官職に就き、河内国を治めた。光保は、河内国内の治安維持に努め、また、河内国の開発にも尽力した。 光保は、河内国源氏の棟梁として、たびたび国府の官職に就き、河内国を治めた。光保は、河内国内の治安維持に努め、また、河内国の開発にも尽力した。 光保は、承暦元年(1077年)、源義家とともに、後三年の役で奥州の安倍氏を討伐した。光保は、この戦いで、功績を挙げ、源義家から賞賛された。 光保は、承徳元年(1097年)、50歳のときに死去した。光保の死後、河内国源氏は、次第に衰退していき、やがて、没落した。
歴史上の偉人

平安時代前期・中期の公卿、源湛について

-源湛の生い立ちと家系- 源湛は、平安時代前期から中期にかけての公卿、漢詩人、歌人。平安時代前期の左大臣・源融の孫で、大納言・源清蔭の子にあたる。公卿として、式部大輔、大蔵卿、弾正大弼、右兵衛督、蔵人頭、権右中弁、左中弁、大外記、大蔵卿を歴任した。漢詩人としても知られ、その作品は『新国風和歌集』に収められている。和歌も詠み、『古今和歌集』に1首入集している。 源湛の生い立ちについては、詳しいことはわかっていない。父である源清蔭は、左大臣・源融の次男として生まれ、右大臣・藤原基経の養子となった人物である。清蔭は、左大臣まで昇進し、権勢を振るった。 湛の母、源昭子は、参議・源昇の娘である。昭子は、清蔭の正室であったが、湛が生まれた頃にはすでに亡くなっていたとみられる。湛は、清蔭の妾腹の子として生まれたとみられる。 湛は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。文章や詩作に優れた才能を発揮し、清蔭からも寵愛された。湛は、清蔭の死後、その家督を継いだ。 湛は、公卿として、さまざまな役職を歴任した。式部大輔、大蔵卿、弾正大弼、右兵衛督、蔵人頭、権右中弁、左中弁、大外記、大蔵卿などを歴任した。湛は、公務に勤勉に励み、清廉潔白な政治を行ったと伝えられている。 湛は、漢詩人としても知られている。湛の漢詩は、清麗で優雅な作風で、当時の知識人の間で高く評価された。湛の漢詩は、『新国風和歌集』に収められている。 湛は、和歌も詠み、『古今和歌集』に1首入集している。湛の和歌は、優美で情感豊かな作風で、当時の歌人の間で称賛された。
歴史上の偉人

滋水清実~平安時代前期の皇子~

-滋水清実とは?- 滋水清実(しげみず きよざね 生没年不詳)は、平安時代前期の皇族。村上天皇の第六皇子。母は中宮藤原安子。皇太子候補にもなったが、皇位を継承することはできなかった。 清実の生年は不詳であるが、兄の具平親王(後の冷泉天皇)が936年3月に誕生していることから、それより後であると考えられる。清実の母である藤原安子は、醍醐天皇と藤原穏子(のちの藤原高子)の娘であり、村上天皇の皇后として中宮に立てられていた。清実は安子の第一皇子であり、冷泉天皇の異母弟にあたる。 清実が皇太子候補に名が上がったのは、951年(天暦5年)のことである。この年、清実の兄である冷泉天皇が病にかかり、回復の見込みがないとされた。そこで、村上天皇と公卿たちは、清実を皇太子に立てることを決定した。しかし、冷泉天皇は間もなく病から快復したため、清実が皇太子となることはなかった。 967年(康保4年)、村上天皇が崩御。清実の兄である冷泉天皇が即位した。冷泉天皇は父帝の崩御後、清実を春宮権大夫に任命した。しかし、清実は内裏に出仕することがなく、宮中での存在感は薄かった。 清実がどのような生涯を送ったかは、ほとんど伝わっていない。兄の冷泉天皇が崩御した後の986年(寛和元年)に、清実は朱雀門で火災に遭い、焼け死したとされる。清実の死により、村上天皇の皇統は断絶した。
歴史上の偉人

源季貞 – 平安時代後期の武将

- 源季貞とは 源季貞(みなもときのさだ)は、平安末期から鎌倉初期にかけて活躍した武将です。源平合戦では源氏方として戦い、鎌倉幕府で弓馬の故実を担当する役職に就いたり、各地で地頭職を務め挙げました。 季貞の父は、源義朝の舎弟であった源義賢です。義賢は平治の乱で平清盛に敗れ、義平と季貞の兄弟2人は叔父の源義広に匿われることになりました。やがて義広も平家に捕らえられたため、2人は河内国に逃げ延びました。 元暦元年(1184年)、後白河法皇が挙兵し、平家を追討する動きが始まりました。季貞はこれに応じて挙兵し、源頼朝の軍勢に合流しました。屋島の戦いや壇ノ浦の戦いで活躍し、平家を滅亡させることに貢献しました。 建久元年(1190年)、鎌倉幕府が成立した後、季貞は弓馬の故実を担当する役職を与えられました。また、各地で地頭職を務め、幕府の権力の安定に努めました。 建仁元(1207)年、近江国の地頭職を退任し、翌建仁2(1208)年、58歳で薨去しました。
歴史上の偉人

「源頼実」

-「源頼実」- -源頼実の生涯- 源頼実は、平安時代末期に活躍した公卿・歌人である。河内源氏の流れを汲む源顕房の子として生まれ、父顕房の死後は後白河天皇の近臣として仕えた。 1160年(永万元年)に右近衛中将に任じられ、1161年(永万元二年)には従四位下・左近衛少将に昇進した。1167年(仁安二年)には正四位上・右近衛中将となり、1171年(承安元年)には参議に任じられた。 1177年(治承元年)に平清盛が権力を握ると、頼実も平氏政権に接近した。1179年(治承三年)には内大臣に任じられ、1180年(治承四年)には従一位・左大臣に昇進した。しかし、1183年(寿永二年)に源頼朝が挙兵すると、頼実も平氏を離れて源氏に投降した。 1185年(文治元年)に源頼朝が鎌倉幕府を開くと、頼実は幕府の顧問として重用された。1192年(建久三年)には征夷大将軍に任じられ、1199年(建久十年)には太政大臣に昇進した。 1206年(建永二年)に頼実が死去すると、後白河天皇は「頼実公逝去の悲しみは、天地が覆り、日月が昇らぬに等しい」と嘆いたという。頼実の死後、河内源氏の嫡流は途絶えた。 頼実は、和歌にも優れた才能を持ち、勅撰和歌集『千載和歌集』に12首の歌が収められている。また、歌論書『頼実卿和歌抄』も著している。 頼実は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、公卿として、また歌人として、活躍した人物である。
歴史上の偉人

佐々木善住-鎌倉時代の医師

佐々木善住の経歴 佐々木善住は、鎌倉時代後期に活躍した医師である。その生涯については、あまり多くのことが知られていないが、いくつかの史料から、その経歴を推測することができる。 善住は、備中国浅口郡(現在の岡山県浅口市)に生まれた。父は佐々木宗信、母は不明である。幼い頃から聡明で、医術を学びたいと志した。 善住は、京都に出て、名医として知られていた吉益東洞に師事した。吉益東洞は、中国の医学書『傷寒論』に精通しており、その教えを受けた善住は、たちまち頭角を現した。 善住は、師匠の吉益東洞から、医学の真髄を学び、やがて一人前の医師となった。その後、京都で開業し、たちまち評判を呼んだ。善住は、患者の病状を丁寧に診察し、最適な治療法を施した。その結果、多くの患者を治癒に導き、名声は全国に轟いた。 善住は、鎌倉幕府の御典医にも任命され、鎌倉幕府の要人たちの健康を管理した。また、善住は、後醍醐天皇の信任も厚く、度々宮中に召し出されて、天皇の病気を治療した。 善住は、医術に優れていただけでなく、医学書も執筆した。その代表作である『医原抄』は、中国の医学書を参考にしながら、日本の医学の現状をまとめたもので、当時の医学界に大きな影響を与えた。 善住は、鎌倉時代後期を代表する名医であり、その功績は今日でも語り継がれている。