滝川事件

研究者

教育学者・小西重直の生涯と研究

- 生い立ちと経歴 1950年、京都府生まれ。京都大学教育学部卒業後、同大学院教育学研究科に進学。1979年、京都大学教育学部助手となる。1982年、京都大学教育学部講師に就任。1986年、京都大学教育学部助教授に就任。1989年、京都大学教育学部教授に就任。1994年、京都大学教育学部長に就任。1997年、京都大学総長に就任。2001年、退任。 小西重直は、教育学の研究者として知られる。特に、教育方法論、カリキュラム論、教育評価論の分野で業績がある。また、教育行政、教育政策にも関わり、文部省の中央教育審議会委員、大学審議会委員などを歴任した。 小西重直の研究の特徴は、理論と実践の融合を重視していることである。彼は、教育学の理論を研究するだけでなく、実際の教育現場での実践にも積極的に取り組んだ。また、教育学の研究成果を教育政策や教育行政に反映させることも重視した。 小西重直は、日本の教育学の発展に大きく貢献した教育学者である。彼の研究成果は、日本の教育界に大きな影響を与えた。また、彼は、教育行政や教育政策にも関わり、日本の教育制度の改革にも大きく貢献した。
研究者

大隅健一郎 – 昭和・平成期の法学者・裁判官

商法・会社法の権威 大隅健一郎は、商法・会社法の分野で著名な法学者・裁判官でした。1913年(大正2年)に東京で生まれ、1935年(昭和10年)に東京帝国大学法学部を卒業しました。卒業後は、東京帝国大学助手、東京大学教授、最高裁判所判事を歴任しました。 大隅は、商法・会社法の分野で多くの業績を残しました。商法の改正や会社法の制定に関与し、商法・会社法の理論の確立に貢献しました。また、商法・会社法に関する著書や論文を多く執筆し、商法・会社法の研究の発展に寄与しました。 大隅の商法・会社法に関する業績は、今日でも高く評価されています。大隅の著書や論文は、商法・会社法を学ぶ学生や研究者にとって必読の文献となっています。また、大隅の商法・会社法に関する判決は、商法・会社法の解釈や適用に大きな影響を与えています。 大隅は、商法・会社法の分野で多大なる貢献をした法学者・裁判官でした。大隅の業績は、今日でも商法・会社法の研究や実務に大きな影響を与えています。
歴史上の偉人

蓑田胸喜 – 大正・昭和時代前期に活躍した国家主義者

蓑田胸喜の生い立ちと教育 蓑田胸喜は、1870年(明治3年)に新潟県長岡市に生まれた。父は、長岡藩士の蓑田源右衛門、母は、みのりの二男であった。蓑田は、幼少の頃から漢学や儒学に親しみ、1888年(明治21年)に東京専門学校(現・早稲田大学)に入学した。専門学校在学中に、社会主義思想に傾倒し、1890年(明治23年)に社会主義研究会を結成した。しかし、翌1891年(明治24年)に社会主義研究会が弾圧され、蓑田は専門学校を退学した。 退学後は、新聞記者として働いたり、政治運動に参加したりした。1898年(明治31年)には、第7回衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。その後は、政界を引退し、教育者として活動した。1901年(明治34年)に、東京高等商業学校(現・一橋大学)の教授に就任し、経済学や社会学を講じた。1906年(明治39年)には、東京高等商業学校を退職し、私塾「蓑田塾」を開設した。蓑田塾は、国家主義思想を掲げる教育機関として知られ、多くの学生が蓑田の下で学んだ。 1911年(明治44年)には、蓑田は第12回衆議院議員総選挙に立候補し、当選した。衆議院議員として、国家主義思想を掲げて活動し、軍備拡張や対外硬化を主張した。1914年(大正3年)には、第一次世界大戦が勃発すると、日本の参戦を主張した。1918年(大正7年)には、第15回衆議院議員総選挙に立候補したが、落選した。その後は、政界を引退し、教育者として活動した。1928年(昭和3年)に、東京で死去した。
研究者

「大岩誠」

-大岩誠- -京都帝国大学法学部助教授を辞職- 京都帝国大学法学部助教授の大岩誠氏が、7月31日付で辞職した。大岩氏は、1901年に京都帝国大学法科大学を卒業後、同大学院で学び、1904年に助教授に就任。以来、民法や商法などを講じてきた。 大岩氏の辞職は、同氏が京都帝国大学の学生に対する弾圧に加担したことが原因とみられている。1918年、同大学の学生が米騒動に参加したとして逮捕された際、大岩氏は学生たちを厳しく取り調べ、その結果、多くの学生が退学処分となった。この事件は、学生たちから大きな反発を招き、大岩氏は学生たちから「弾圧者」として非難されるようになった。 大岩氏の辞職は、同氏の弾圧に対する学生たちの抗議活動が功を奏したものとみられている。学生たちは、大岩氏の辞職を求めてストライキを起こし、大学の授業を妨害。また、大岩氏を非難するビラを撒き、大岩氏の辞職を求める署名活動を行った。こうした学生たちの抗議活動が、大岩氏の辞職に追い込んだとみられている。 大岩氏の辞職は、京都帝国大学の歴史において、学生たちの抗議活動が成功したという点で画期的な出来事である。この事件をきっかけに、学生たちは大学当局に対してより積極的に発言するようになり、その結果、大学における学生の権利が拡大していくこととなる。
研究者

滝川幸辰-日本の法学者

-滝川幸辰の生涯- 滝川幸辰(たきかわ ゆきたつ、1891年10月2日 - 1983年2月26日)は、日本の法学者。専門は行政法・憲法。東北大学名誉教授、京都大学総長、日本学士院院長、最高裁判所判事などを歴任。 1891年10月2日、北海道札幌市に生まれる。父は東北大学教授の滝川政次郎。母は歌人の与謝野晶子。1916年、京都帝国大学法学部を卒業し、同大学院に進学。1918年、同大学院を修了し、東北帝国大学法学部助教授に就任。1920年、同大学法学部教授に就任。 1924年、東北帝国大学法学部長に就任。1929年、京都帝国大学法学部教授に就任。1931年、京都帝国大学総長に就任。1933年、最高裁判所判事に就任。1938年、最高裁判所判事を辞任。 1939年、日本学士院会員に選ばれる。1945年、日本学士院院長に就任。1947年、東北大学名誉教授に就任。1950年、法政大学総長に就任。1955年、法政大学総長を辞任。 1983年2月26日、東京都港区の病院で死去。享年91。 滝川幸辰は、日本における行政法学の権威として知られている。また、京都帝国大学総長、日本学士院院長、最高裁判所判事など、数多くの要職を歴任した。
研究者

「末川博」(1892-1977)

法学者の生涯と業績 1. 生い立ちと学生時代 末川博は、1892年(明治 25年)10月25日、石川県金澤市で、陸軍軍人であった父・末川雅次と、母・ヤエの間に生まれた。金澤中学時代に文芸を志したが、早稲田大学に進学した後は、政治経済学科に籍を置き法学を専攻する。早稲田大学卒業後は、1918年(大正7年)に東京帝国大学法科大学に入学し、1921年(大正10年)に卒業した。 2. 学者生活の始まり 卒業後、末川は、東京帝国大学法学部助教授として法学の研究と教育に携わる。1929年(昭和4年)に、学位論文「国有財産法論」を提出して法学博士の学位を取得し、1931年(昭和6年)に、東京帝国大学法学部教授に就任した。 3. 法学界での活躍 末川は、法学界において、行政法、財政法、憲法などの研究で知られている。特に、行政法の分野では、権限委任の理論や公共用物使用制度などについて、多くの重要な論文を発表した。また、財政法の分野では、予算制度や公債制度などについて研究し、憲法の分野では、統治機構や人権保障などについて論じた。 4. 戦後の活躍 第二次世界大戦後、末川は、法学界の民主化に尽力した。1946年(昭和21年)には、日本法政学会の会長に就任し、1950年(昭和25年)には、東京大学法学部長に就任した。また、1955年(昭和30年)には、初代の最高裁判所裁判官に任命された。 5. 晩年 末川は、1977年(昭和52年)3月22日に84歳で死去した。末川の死は、法学界に大きな衝撃を与え、多くの人がその功績を称えた。末川は、法学の研究と教育に大きな貢献をした法学者であり、その業績は今日でもなお高く評価されている。
研究者

松井元興-京都帝大総長

-松井元興-京都帝大総長- -松井元興の経歴- 松井元興は、1889年8月10日に兵庫県豊岡市に生まれました。1914年に京都帝国大学工学部電気工学科を卒業後、同大学院に進学しました。1917年に京都帝国大学工学部講師に就任し、1920年に助教授、1923年に教授に昇進しました。1928年に京都帝国大学工学部長に就任し、1933年に京都帝国大学総長に就任しました。1939年に退任するまで、京都帝国大学総長を務めました。 松井元興は、京都帝国大学総長として、大学の改革に尽力しました。1934年に、京都帝国大学に理学部を設置しました。また、1935年に、京都帝国大学に工学部を設置しました。これらの改革により、京都帝国大学は、日本のトップレベルの大学の一つとなりました。 松井元興は、1945年8月15日に、飛行機事故で亡くなりました。享年56歳でした。松井元興は、京都帝国大学総長として、大学の改革に尽力した功績から、京都帝国大学の名誉総長に叙せられました。
研究者

佐々木惣一 – 明治・昭和時代の法学者

佐々木惣一の人物像 佐々木惣一は、1872年(明治5年)に広島県で生まれた。彼は東京帝国大学で法学を学び、1895年(明治28年)に卒業した。卒業後は、司法官として各地で裁判官を務めた。その後、1904年(明治37年)に東京帝国大学に戻り、法学部の教授となった。その後、1911年(明治44年)に法学部の学部長に就任し、1917年(大正6年)に法学部の総長に就任した。 佐々木惣一は、法学者として多くの業績を残した。彼は、民法や商法の分野で多くの論文を執筆し、これらの分野の発展に大きく貢献した。また、彼は法学教育にも力を入れ、多くの学生を育て上げた。 佐々木惣一は、温厚で誠実な人柄で知られていた。彼は、学生や同僚から敬愛されていた。また、彼は社会正義に強い関心を持っていた。彼は、弱者救済のために多くの活動を行い、社会に貢献した。 佐々木惣一は、1934年(昭和9年)に亡くなった。享年62歳であった。彼の死は、法学界に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼んだ。 佐々木惣一は、明治・昭和時代の法学者として、大きな功績を残した。彼は、法学教育の発展に貢献し、多くの学生を育て上げた。また、彼は社会正義に強い関心を持っていた。彼は、弱者救済のために多くの活動を行い、社会に貢献した。
研究者

加古祐二郎 – 昭和時代前期の法学者

-京都出身の加古祐二郎- 加古祐二郎は、1887年(明治20年)京都市に生まれました。京都府立第一中学校(現・京都府立洛北高等学校)を卒業後、東京帝国大学法学部に入学しました。大学卒業後は、同大学院に進学し、民法を研究しました。 1915年(大正4年)、加古祐二郎は、京都帝国大学法学部の助教授に就任しました。その後、1920年(大正9年)には、同大学の教授に昇進しました。加古祐二郎は、民法の研究者として知られ、多くの著作を発表しました。その中でも、特に有名なのが、1927年(昭和2年)に発表された『民法総論』です。この著作は、民法の体系を明らかにしたもので、民法学の発展に大きな貢献をしました。 加古祐二郎は、1945年(昭和20年)に、京都帝国大学総長に就任しました。しかし、同年8月に終戦を迎えると、公職追放の対象となり、総長の座を辞任しました。その後、加古祐二郎は、京都大学名誉教授として、民法の研究を続けました。 加古祐二郎は、1955年(昭和30年)に、京都市で亡くなりました。享年67歳でした。加古祐二郎は、民法学の発展に大きな貢献をした学者として、今日でもその功績が称えられています。
研究者

教育者 松井元興の生涯

明治・昭和前期の教育者 松井元興は、1882年(明治15年)に茨城県猿島郡長南村(現・茨城県境町)に生まれました。旧制水戸高等学校を経て、1907年(明治40年)に東京帝国大学農科大学を卒業しました。卒業後は、茨城県立農学校に勤務し、農業教育に携わりました。 1919年(大正8年)に、松井は茨城県立土浦中学校(現・茨城県立土浦第一高等学校)の校長に就任しました。校長在任中は、生徒の自主性を重んじ、自由な校風を確立しました。また、教育課程の改革を行い、生徒の個性を伸ばすための教育を実施しました。 1928年(昭和3年)に、松井は茨城県師範学校(現・茨城大学教育学部)の校長に就任しました。校長在任中は、教師の資質向上に力を注ぎ、教師のための講習会や研究会を開催しました。また、師範学校での教育内容の改革を行い、生徒が地域社会に貢献できるような教育を実施しました。 1933年(昭和8年)に、松井は茨城県知事に就任しました。知事在任中は、教育の振興に力を入れ、小中学校の新設や整備を進めました。また、教育課程の改革を行い、生徒の個性や能力に応じた教育を実施しました。 1945年(昭和20年)に、松井は知事を辞任しました。その後は、茨城県教育委員会委員長や茨城県農業協同組合中央会長などを歴任し、茨城県の教育や農業の発展に貢献しました。 松井元興は、茨城県の教育界に多大な功績を残した教育者です。松井の教育理念は、生徒の自主性を重んじ、自由な校風を確立することでした。また、教育課程の改革を行い、生徒の個性を伸ばすための教育を実施しました。松井の教育理念は、現在の教育にも受け継がれています。