演劇論

文学分野の人

「菅孝行」

菅孝行の生涯 菅孝行は、平安時代初期の貴族。菅原清公の末裔で、菅原道真の父である。孝行は、貞観2年(860年)に生まれた。幼少期から聡明で、学問を好み、詩歌をよくした。 貞観11年(867年)、孝行は文章生に任命される。文章生は、文章博士の補佐を務める官職であり、孝行はそこで文章の作法を学んだ。 貞観14年(870年)、孝行は右大臣の藤原良房の推挙を受けて、文章博士に任命される。文章博士は、文章の作法を教える官職であり、孝行はそこで多くの学生を指導した。 貞観18年(874年)、孝行は従五位下に叙せられる。貞観19年(875年)、孝行は文章博士を辞任し、左少弁に任命される。左少弁は、左大臣の補佐を務める官職であり、孝行はそこで朝廷の政務を執った。 元慶3年(879年)、孝行は従五位上に叙せられる。元慶4年(880年)、孝行は左中弁に任命される。左中弁は、左大臣の次官であり、孝行はそこで朝廷の政務を執った。 仁和3年(887年)、孝行は従四位下に叙せられる。仁和4年(888年)、孝行は参議に任命される。参議は、天皇の諮問に応じて政務を議する官職であり、孝行はそこで朝廷の政務を執った。 寛平3年(891年)、孝行は正四位下に叙せられる。寛平4年(892年)、孝行は右大弁に任命される。右大弁は、右大臣の次官であり、孝行はそこで朝廷の政務を執った。 寛平9年(897年)、孝行は正四位上に叙せられる。寛平10年(898年)、孝行は左大弁に任命される。左大弁は、左大臣の次官であり、孝行はそこで朝廷の政務を執った。 延喜元年(901年)、孝行は参議を辞任する。延喜2年(902年)、孝行は従三位に叙せられる。延喜3年(903年)、孝行は右大臣に任命される。右大臣は、右大臣の首席であり、孝行はそこで朝廷の政務を執った。 延喜9年(909年)、孝行は正三位に叙せられる。延喜10年(910年)、孝行は右大臣を辞任する。延喜11年(911年)、孝行は薨去する。享年52。
文学分野の人

劇作家のパイオニア 木下順二

-劇作家のパイオニア 木下順二- -山脈と夕鶴で名を馳せる-  木下順二は、日本の劇作家・小説家・演出家である。1914年に大阪で生まれ、1999年に東京で亡くなった。  木下順二は、早稲田大学文学部を卒業後、1936年に劇団「築地小劇場」に入団した。1940年に「山脈」で作家デビューを果たし、1949年に「夕鶴」で読売文学賞を受賞した。  「山脈」は、炭鉱を舞台にした戯曲である。この戯曲は、炭鉱労働者の生活を描いたもので、社会問題を鋭く提起している。  「夕鶴」は、鶴になった妻が夫を探して旅をする物語である。この戯曲は、民話を題材にしたもので、美しい言葉で綴られている。  木下順二は、この2つの戯曲で名を馳せ、日本の劇作家として確固たる地位を築いた。  木下順二は、戯曲以外にも、小説やエッセイも執筆した。彼の作品は、社会問題や人間性をテーマにしたものが多く、鋭い洞察力と豊かな表現力が特徴である。  木下順二は、日本の劇作家として、大きな功績を残した。彼の作品は、今もなお多くの人々に愛され、読み継がれている。