漢詩人

歴史上の人物

藤原孝範ー平安後期・鎌倉時代の人物事典ー

藤原孝範の生涯 藤原孝範は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿・歌人。藤原北家御堂流の出身で、左大臣・藤原頼長の子である。母は従三位・源顕俊の娘。 孝範は、久寿2年(1155年)に生まれる。保元元年(1156年)に父・頼長が平治の乱で敗死すると、母方の祖父である源顕俊のもとに身を寄せた。治承3年(1179年)に右兵衛権佐に任じられ、建久元年(1190年)には正四位下に昇叙される。建久5年(1194年)には参議に任じられ、建久10年(1199年)には従三位に昇叙される。建仁元年(1201年)には権中納言に任じられ、建仁3年(1203年)には正三位に昇叙される。建永元年(1206年)には権大納言に任じられ、元久2年(1205年)には従二位に昇叙される。建保2年(1214年)には内大臣に任じられ、建保5年(1217年)には正二位に昇叙される。承元元年(1207年)には右大臣に任じられ、承元4年(1210年)には正一位に昇叙される。建暦3年(1213年)には太政大臣に任じられ、建保7年(1219年)に薨去する。享年65。 孝範は、歌人として知られ、『新古今和歌集』に34首の歌が入集している。また、『孝範卿歌合』、『孝範卿百首』などの歌集も残している。孝範は、公卿として、また歌人として、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した人物であった。
文学分野の人

木内芳軒 – 幕末・明治時代の漢詩人

-文政10年生まれの信濃出身の漢詩人- 木内芳軒は、文政10年(1827年)に信濃国諏訪郡(現・長野県諏訪市)に生まれた漢詩人です。名は鋹、字は士容。号は芳軒、一絃、六四、三余などがあります。信濃出身の漢詩人として知られ、幕末・明治期に活躍しました。 芳軒は、幼い頃から学問に優れており、15歳の時には江戸に出て、昌平坂学問所に学びました。その後、各地を巡り、各地の漢詩人と交流を深めました。 芳軒は、幕末・明治期に活躍した漢詩人で、その作品は多くの詩集に収められています。また、芳軒は、漢詩の普及にも努め、漢詩の講座を開いたり、漢詩に関する著作を出版したりしました。 芳軒は、明治26年(1893年)に67歳で亡くなりました。芳軒は、幕末・明治期を代表する漢詩人であり、その作品は、後世の人々に親しまれています。 芳軒の主な作品には、以下のものがあります。 * 『芳軒詩集』 * 『六四詩集』 * 『三余詩集』 * 『一絃詩集』 * 『芳軒随筆』
歴史上の人物

菅原在良1041-1121

菅原在良とは 菅原在良(すがわら の ありよし、天喜9年(1051年)-永久3年8月1日(1115年9月14日))は、平安時代後期の公卿。菅原為房の子。官位は正一位・内大臣。菅原氏宗家26代当主。 生涯 正暦4年(995年)に参議に就任し、寛弘8年(1011年)に権中納言に昇進。寛仁2年(1018年)に内大臣に就任した。長和5年(1016年)には、一条天皇の勅命により、藤原道長とともに『栄花物語』の編纂を開始した。 寛弘8年(1011年)に、藤原道長とともに、『栄花物語』の編纂を開始した。この物語は、平安時代の宮廷生活を描いたもので、当時の政治や文化を知る上で貴重な資料となっている。 菅原在良は、藤原道長と対立し、一時失脚したが、後に再び朝政に復帰した。康平5年(1062年)には、白河天皇の勅命により、『江家次第』の編纂を開始した。この書物は、朝廷の儀式や行事の手順を記したもので、後世の朝廷の儀式に大きな影響を与えた。 菅原在良は、文武に秀でた人物として知られ、和歌や漢詩にも通じていた。また、書道にも優れ、その書は「菅原流」と呼ばれて称賛された。 菅原在良は、永久3年(1115年)に8月1日に死去した。享年65。
文学分野の人

土屋竹雨-20世紀前半の偉大な漢詩人

- 大須賀筠軒、国分青厓に師事した土屋竹雨 土屋竹雨は、20世紀前半に活躍した偉大な漢詩人です。岡山県出身で、本名は土屋清治。幼い頃から漢学を学び、19歳の時に上京して大須賀筠軒、国分青厓に師事しました。 大須賀筠軒は、清末に活躍した中国の詩人であり、国分青厓は、明治から大正にかけて活躍した日本の漢詩人です。土屋竹雨は、这两師から漢詩を学び、その才能を大いに発揮しました。 1911年、土屋竹雨は、第一回「漢詩全国大会」で優勝を果たします。その後、漢詩壇の第一人者として活躍し、1935年には、帝国芸術院会員に任命されました。 土屋竹雨の漢詩は、情感豊かな作風で知られています。特に、自然を詠んだ作品には定評があり、多くの詩人に影響を与えました。 土屋竹雨は、1945年に死去しましたが、その作品は今もなお多くの人々に愛され続けています。
歴史上の人物

「久城春台」

- 久城春台 -# 久城春台の生涯 久城春台は、1804年に京都で生まれました。父は久城通躬、母は久城峰子です。幼名は亀之助、のちに春麿と改名しました。春台は、子供の頃から聡明で、4歳で和歌を詠み始め、9歳で漢詩を作りました。12歳で京都の公卿学校である学習院に入学し、16歳で卒業しました。 1823年、春台は江戸に上り、幕府の官僚となりました。1825年に若年寄に任命され、1828年に老中に昇進しました。老中として、春台は幕府の財政改革や外交政策を担当しました。1832年に老中を辞任し、1836年に京都に戻りました。 京都に戻った春台は、公卿として活躍しました。1838年に正二位に叙され、1841年に権中納言に任命されました。1843年に左近衛大将に任命され、1845年に右大臣に昇進しました。1846年に右大臣を辞任し、1848年に京都で亡くなりました。享年44歳でした。 春台は、幕府の重臣として活躍しただけでなく、儒学者としても知られています。春台は、朱子学を学び、朱子学の思想を日本の政治に応用しようとしました。春台の朱子学は、幕末期の思想界に大きな影響を与えました。
文学分野の人

小野泉蔵 – 江戸時代後期の漢詩人

-小野泉蔵の生涯- 小野泉蔵は、江戸時代後期の漢詩人です。1795年、加賀国金沢(現在の石川県金沢市)に生まれ、1850年に56歳で亡くなりました。 幼い頃から漢詩を好み、18歳のときに京都に出て、漢詩の大家である頼山陽に入門しました。頼山陽のもとで、漢詩の作り方を学び、その才能を磨きました。 25歳のときに江戸に出て、漢詩の同人誌である「快雨堂詩話」に参加しました。この同人誌には、大田南畝や菅茶山など、当時の著名な漢詩人が参加しており、小野泉蔵は彼らと交流を深めました。 30歳のときに、加賀藩に戻り、藩校の明倫堂で漢詩の教授を務めました。また、藩主の前田斉広に仕えて、その側近として活躍しました。 40歳のときに、再び江戸に出て、漢詩の同人誌である「鉄眼詩話」に参加しました。この同人誌には、渡辺崋山や高野長英など、当時の知識人が参加しており、小野泉蔵は彼らと交流を深めました。 50歳のときに、加賀藩に戻り、藩校の明倫堂で漢詩の教授を務めました。また、藩主の前田斉泰に仕えて、その側近として活躍しました。 56歳のとき、加賀藩の命を受けて江戸に出張した際に、病にかかり、亡くなりました。 小野泉蔵は、江戸時代後期の代表的な漢詩人であり、その作品は、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

「島津天錫」について

-島津家の歴史- 島津家は、鎌倉時代から戦国時代にかけて九州地方を支配した大名家で、薩摩国(現在の鹿児島県)を本拠地としていました。 島津氏の祖先は、平安時代末期に薩摩国に土着した平清経(たいらのきよつね)とされています。平清経は、源頼朝に仕えて武功をあげ、薩摩守に任じられました。平清経の曾孫である島津忠久(しまづただひさ)は、元寇の際に鎌倉幕府軍の総大将を務め、元軍を破って日本を守りました。 鎌倉幕府が滅亡した後、島津忠久は薩摩国の守護となり、島津氏は薩摩国を支配する大名となりました。島津氏は、室町時代を通じて薩摩国を支配し、戦国時代に入ると、九州地方に勢力を拡大しました。 戦国時代の島津氏は、第16代当主の島津義久(しまづよしひさ)の時代に最盛期を迎えました。島津義久は、九州地方を統一し、豊臣秀吉の九州平定軍を破って九州の覇者となりました。しかし、関ヶ原の戦いで徳川家康に敗れ、薩摩国に減封されました。 江戸時代になると、島津氏は薩摩藩の藩主となりました。島津氏は、薩摩藩を治めながら、琉球王国と交易を行い、薩摩焼などの特産品を生産しました。また、島津氏は、西郷隆盛(さいごうたかもり)や大久保利通(おおくぼとしみち)など、明治維新の際に活躍した人材を輩出しました。 明治維新後は、島津氏は華族となり、貴族院議員を務めました。現在も、島津家の末裔は鹿児島県に居住しています。
歴史上の人物

河野鉄兜

- 河野鉄兜の生涯 河野鉄兜(1881-1952)は、日本の軍人、政治家、実業家です。彼は、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、満洲事変、日中戦争、第二次世界大戦に参加し、多くの戦功を上げました。また、彼は、内務大臣、大蔵大臣、外務大臣を歴任し、日本の政治に大きな影響を与えました。 -# 生い立ちと軍歴 河野鉄兜は、1881年9月22日に岡山県倉敷市で生まれました。彼は、幼少期から武道を学び、1899年に陸軍士官学校に入学しました。卒業後は、陸軍歩兵少尉として日清戦争に出征し、戦功を上げました。 日露戦争では、河野鉄兜は、陸軍歩兵中尉として旅順攻略戦に参加し、負傷しました。その後、彼は、陸軍歩兵大尉に昇進し、日中戦争に出征しました。 第一次世界大戦では、河野鉄兜は、陸軍歩兵少佐として欧州戦線に派遣され、西部戦線で戦いました。戦後は、彼は、陸軍歩兵中佐に昇進し、満洲事変に出征しました。 -# 政治家として 満洲事変後、河野鉄兜は、政界入りし、1932年に内務大臣に就任しました。内務大臣として、彼は、治安維持法を制定し、共産主義運動を弾圧しました。 1937年に、河野鉄兜は、大蔵大臣に就任しました。大蔵大臣として、彼は、戦費を調達するために増税を行い、財政を逼迫させました。 1940年に、河野鉄兜は、外務大臣に就任しました。外務大臣として、彼は、日独伊三国同盟を締結し、第二次世界大戦に参戦しました。 第二次世界大戦後、河野鉄兜は、公職追放されました。1952年11月26日に、彼は、東京都世田谷区の自宅で死去しました。
文学分野の人

金井秋蘋について

-金井秋蘋とはどんな人物か- 金井秋蘋は、江戸時代中期の1764年に生まれた日本の医師であり、解剖学者であり、著述家である。幼名は友蔵、通称を主水、号を秋蘋、あるいは洞隠と称した。薩摩藩の藩医の家に生まれ、幼い頃から医学と解剖学に興味を持ち、18歳の時に江戸に遊学して、蘭学を学び始めた。19歳の時に、解剖学の研究を志し、死体の解剖を開始した。江戸だけでなく、京都や大阪にも足を運び、解剖の研究を続けた。25歳の時に、解剖学の研究成果をまとめた「蔵志」を著し、日本の解剖学の発展に大きく貢献した。 秋蘋は、日本の解剖学の発展に貢献しただけでなく、蘭学の普及にも貢献した。1804年に、長崎に遊学して、オランダ語を学び、オランダ語の辞書を編纂した。また、1808年には、日本初の蘭学塾である「適塾」を開き、多くの蘭学者を育成した。適塾からは、大槻玄沢や佐藤信淵など、日本の近代化に貢献した人材が輩出し、秋蘋は日本の近代化の礎を築いた人物の一人である。 秋蘋は、1830年に66歳で亡くなった。死後、その功績を称えて、従五位下、侍医に叙せられた。秋蘋の墓は、東京都文京区の春木座にあり、国の史跡に指定されている。
歴史上の人物

日野実綱→ 平安時代中期の官吏と漢詩人

日野実綱の生涯と経歴 日野実綱は、平安時代中期の官吏、漢詩人です。康和4年(1102年)に権大納言であった日野資業の子として生まれました。16歳で文章生に任ぜられ、鳥羽院内裏の修築に関わります。その後、越前国司、近江守、周防国司を歴任し、政務に携わりました。 実綱は、漢詩にも優れており、後白河院の「梁塵秘抄」の撰進も行いました。また、後に「新撰六帖」を編集した源俊頼とも親しく、和歌の交流も行っていたようです。 実綱は、平治の乱で勝利した平清盛に仕え、治承3年(1179年)には肥後守に任ぜられます。しかし、同年11月に平清盛が死去すると、実綱は官職を辞して出家しました。その後、比叡山で剃髪し、法名は「実源」と号しました。 建久5年(1194年)、実綱は93歳で亡くなりました。実綱は、生涯を通じて政務に携わり、漢詩にも優れた文官でした。その功績は、現在でも高く評価されています。
文学分野の人

永坂石埭 – 明治から大正にかけて活躍した、医師、書家、漢詩人

-永坂石埭の生涯と経歴- 永坂石埭は、1847年に薩摩藩下川辺郡(現在の鹿児島県日置市)に生まれました。幼名は寅吉郎、号は石埭、字は子修。医師、書家、漢詩人として活躍しました。 1864年に薩摩藩の医学校である集成館医学所に学び、1869年に卒業。その後、鹿児島病院に勤務し、1872年には東京大学医学部に進学しました。1875年に大学を卒業し、1877年に西南戦争に出征。戦後、海軍軍医として勤務し、1882年に退官しました。 退官後は、東京で開業医として働きながら、書家や漢詩人としても活動しました。1891年には、日本書道会を設立し、1893年には、漢詩人協会を設立しました。また、1896年には、東京帝国大学医学部に漢詩の講座を開設し、1901年には、漢詩の雑誌である「漢詩界」を創刊しました。 永坂石埭は、1903年に57歳で亡くなりました。書家としては、漢詩の題跋や書画の賛など、多くの作品を残しました。また、漢詩人としては、1000首以上の漢詩を残し、その多くは「永坂石埭詩集」にまとめられています。 永坂石埭は、明治から大正にかけて活躍した、医師、書家、漢詩人として知られています。その功績は、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

岡本花亭 – 江戸時代の武人と詩人

-岡本花亭の生涯- 岡本花亭は、1796年に肥前国(現在の佐賀県)に生まれた武士です。幼少の頃から武芸に励み、剣術と槍術に優れた腕前を持っていました。また、和歌や漢詩にも通じており、文人としても名を知られていました。 1818年、花亭は江戸に出て、北辰一刀流の千葉周作の門下生となりました。千葉周作は、当時、江戸で最も有名な剣術家の一人で、花亭は千葉周作から剣術の奥義を学びました。 1823年、花亭は千葉周作の推薦で、江戸幕府の奥詰として仕官しました。奥詰は、将軍の身辺警護を担当する役職であり、花亭は将軍の警護を務めながら、剣術の稽古にも励みました。 1830年、花亭は江戸城内で開催された剣術大会で優勝しました。この大会には、江戸中の剣術家が参加しており、花亭の優勝は大きな話題となりました。花亭は、この大会で優勝したことで、江戸屈指の剣豪として知られるようになりました。 1835年、花亭は奥詰を辞職して、浪人となりました。浪人となった花亭は、各地を旅しながら、剣術の指導や和歌の創作に励みました。また、花亭は、この頃に『花亭詩集』を出版し、文人としても高い評価を受けました。 1855年、花亭は江戸に戻り、再び千葉周作の門下生となりました。花亭は、千葉周作からさらに剣術の奥義を学び、千葉周作から「剣聖」の称号を授かりました。 1868年、明治維新が起こり、江戸幕府が倒壊しました。花亭は、明治維新後も剣術の指導や和歌の創作に励み、1871年に75歳で亡くなりました。 花亭は、武人としてだけでなく、文人としても優れた人物でした。花亭の残した和歌や漢詩は、現在でも多くの人々に親しまれています。
歴史上の人物

「遠山雲如」

遠山雲如の生涯と作品 遠山雲如(1871-1940)は、奈良県出身の日本画家です。本名は遠山長太郎。京都市立美術工芸学校を卒業後、関西美術院で菊池芳文に師事しました。その後、上京して東京美術学校に入学し、川合玉堂に師事しました。 雲如は、写生を重視した画風で知られ、花鳥画や風景画を得意としました。また、日本画の技法を西洋画に取り入れた作品も制作しました。雲如の作品は、国内外の美術館に所蔵されています。 雲如は、1912年に帝展に出品した「秋苑」で特選を受賞し、1913年に帝展の審査員に任命されました。その後、1922年に帝展の評議員に就任し、1926年に帝展の常務理事になりました。 雲如は、1940年に東京で死去しました。享年69歳。 雲如の作品は、写生に基づく写実的な画風で知られています。雲如は、花鳥画や風景画を得意としましたが、人物画も描きました。雲如の作品は、国内外の美術館に所蔵されています。 雲如は、日本画の技法を西洋画に取り入れた作品も制作しました。雲如は、油彩画も描きましたが、日本画の技法を油彩画に取り入れた作品も制作しました。雲如の作品は、日本画と西洋画の融合を目指したものでした。 雲如は、日本画の発展に貢献した画家として知られています。雲如の作品は、写生に基づく写実的な画風と、日本画と西洋画の融合を目指した画風で知られています。
文学分野の人

平安時代前期の漢詩人「勇山文継」の生涯と作品

勇山文継の生涯 勇山文継は、平安時代前期の漢詩人で、本名は不明です。讃岐国(現在の香川県)出身と言われています。 文継は、幼少の頃から聡明で、学問を好みました。特に漢詩を得意とし、若くして名声を博しました。 文徳天皇の承和年間(834~848年)に、文継は遣唐使の一行に加わり、唐に留学しました。唐では、儒教や仏教を学び、また、李白や杜甫などの唐の詩人たちの作品を研究しました。 文継は、唐で6年間学び、帰国後は、朝廷に出仕しました。文徳天皇や清和天皇に仕え、文章博士や大学頭にまで昇進しました。 文継は、漢詩の創作以外にも、唐の詩人の作品を日本語に翻訳したり、日本の古典を漢文で紹介したりしました。また、日本最初の漢詩集『凌雲集』の編纂にも携わりました。 文継は、903年に79歳で亡くなりました。最後まで漢詩を作り続け、その作品は現在でも高く評価されています。 勇山文継の代表作 勇山文継の代表作には、以下のようなものがあります。 * 「春望」 * 「秋思」 * 「江南春」 * 「塞下秋風」 * 「送友人」 これらの作品は、いずれも情景描写や心情の表現が巧みで、漢詩の傑作として知られています。 文継の漢詩は、唐の詩人の影響を強く受けていますが、日本独自の風土や文化を反映した独自の作風を確立しています。文継の漢詩は、平安時代前期の漢詩壇を代表するものであり、日本の漢詩の発展に大きな貢献を果たしました。
文学分野の人

惟宗孝言-平安時代中期の官吏・漢詩人

-平安時代中期生まれの官吏- 惟宗孝言は、平安時代中期に活躍した官吏・漢詩人です。彼がいつ生まれたかについては、はっきりとした記録が残っていませんが、平安時代中期に誕生したと推定されています。 惟宗孝言は、美濃国(現在の岐阜県)の出身でした。美濃国は、律令制の国内では西海道に属する国で、古くから稲作や養蚕が盛んな地域でした。また、美濃国は、現在の岐阜県の木曽川流域に位置しており、古くから交通の要衝として栄えた土地でもありました。 惟宗孝言は、美濃国で官吏として仕えていました。平安時代に、美濃国には美濃守、美濃介、美濃掾、美濃目という四等官が置かれていました。惟宗孝言は、その中でも特に高位である美濃守を務めていたと考えられています。 美濃守は、美濃国の最高責任者であり、国内の行政や治安維持を担っていました。また、美濃守は、美濃国の国税を徴収する権限も持っていました。惟宗孝言は、美濃守として、美濃国の政治を担っていたと考えられます。 惟宗孝言は、官吏としての実務に励むかたわら、漢詩の創作にも力を入れていました。惟宗孝言は、中国の詩人である杜甫を敬愛しており、杜甫の詩を多く模倣していました。惟宗孝言の漢詩は、杜甫の詩と同様に、社会の現実を詠んだものが多いです。惟宗孝言の漢詩は、当時の社会の様子を知る貴重な資料となっています。 惟宗孝言は、平安時代中期に活躍した官吏・漢詩人でした。彼は、美濃国で官吏として仕え、国内の行政や治安維持を担っていました。また、惟宗孝言は、漢詩の創作にも力を入れており、彼の漢詩は、当時の社会の様子を知る貴重な資料となっています。
歴史上の人物

藤原資仲 – 平安時代中期の公卿、歌人、漢詩人

藤原資仲の生涯 藤原資仲は、平安時代中期の公卿、歌人、漢詩人です。高階氏出身である藤原為理の孫で、大納言藤原隆家の子として、天慶4年(941年)に生まれました。 資仲は、幼い頃から聡明で、和歌や漢詩に秀でていました。長徳2年(996年)に右大臣となり、翌年、内大臣に昇進しました。寛弘3年(1006年)、左大臣となり、さらに、4年後に太政大臣に就任しました。 資仲は、永延3年(989年)に執筆された、中古三十六歌仙の一人にも選ばれています。和歌では、清新で趣のある歌風を身上とし、『後撰和歌集』や『拾遺和歌集』に多くの歌が残されています。また、漢詩にも優れ、『本朝文粋』に十数首の漢詩が収録されています。 資仲は、長保3年(1001年)に藤原道長の娘である源頼定の室を正式な夫人とし、資平、資房、光頼、隆能の4子を儲けました。また、惟成、惟憲、惟継という3人の猶子もいました。 資仲は、寛弘8年(1011年)に、71歳で亡くなりました。彼は、和歌や漢詩に秀で、政治家としても功績を残した、平安時代を代表する公卿でした。
文学分野の人

三上静一 – 江戸時代後期の漢詩人

-生涯- 三上静一は、1775年(安永4年)に、肥後国熊本藩(現在の熊本県熊本市)に生まれた。幼い頃から漢詩に親しみ、10代の頃から詩作を始める。20歳の頃には、藩の儒官であった村田春海に師事し、漢詩の研鑽を積む。 25歳の頃、江戸に遊学し、多くの文人と交流する。特に、同郷の詩人である亀井南冥と親しく交わり、詩作を競い合う。江戸では、多くの詩を詠み、その才能を世に知られるようになる。 30歳の頃、熊本藩に戻り、藩の儒官となる。藩主の細川斉茲に仕え、詩作や学問に励む。斉茲もまた詩を愛しており、静一を厚く遇した。 40歳の頃、再び江戸に遊学し、多くの文人と交流する。この頃、静一の詩はさらに円熟味を増し、その名声は天下に轟く。 50歳の頃、熊本藩に戻り、藩の儒官として余生を過ごす。1831年(天保2年)に、57歳で亡くなった。 静一は、その生涯で数多くの詩を詠んだ。その詩は、漢詩の伝統を重んじつつも、独自の発想と清新な表現で、人々の心を打った。また、静一は、詩人としてだけでなく、学者としても活躍し、多くの著書を残している。 静一は、江戸時代後期の漢詩界を代表する詩人の一人である。その詩は、今日でも多くの人々に愛読されている。
文学分野の人

祇園南海:江戸時代前期-中期の漢詩人、画家

祇園南海とは 祇園南海は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した漢詩人、画家、儒学者である。丹後国与謝郡の出身。小字は子敬、通称は太郎左衛門、字は平山、号は二雲。文人画の技法や思想を日本に広めた一人として知られており、当時の文人社会に大きな影響を与えた。 南海は、1676年に丹後国与謝郡に生まれた。幼い頃から儒学を学び、漢詩や書画を好んだ。18歳で京に入り、儒学者の伊藤仁斎に師事した。仁斎のもとで朱子学を学び、漢詩や書画の技法を磨いた。 1700年、南海は江戸に遊学し、多くの文人と交流した。当時の江戸は、儒学や文学が盛んで、南海は文人社会の中心人物として活躍した。また、江戸で初めて文人画の展覧会を開催し、文人画を日本に広めることに貢献した。 1705年、南海は京都に戻り、私塾を開いて漢詩や書画を教えた。その門下からは、多くの文人が輩出した。また、南海は京都の文人社会の中心人物として活躍し、多くの文人と交流した。 1734年、南海は京都で死去した。享年59歳。南海の死後は、その詩や書画が広く収集され、現在でも多くの作品が残されている。
文学分野の人

原采蘋:江戸時代後期の女性漢詩人

-生い立ちと教育- 原采蘋は、1813年(文化10年)に江戸で生まれた。父は儒学者で、幼い頃から詩や書を学んだ。10歳の頃には、既に漢詩を作る才能を発揮していたという。 采蘋の父は、彼女に男子並みの教育を受けさせようと決意した。当時、女子は一般的に読み書きを習う程度だったが、采蘋は父から四書五経をはじめとする儒教の経典や、漢詩の古典などを学んだ。 采蘋は、父からの厳しい教育に耐え、18歳の頃には、すでに詩人として名を知られるようになった。彼女の詩は、その清新な文体と豊かな情感で、多くの人々に愛された。 采蘋は、20歳の頃に結婚し、2人の子をもうけた。しかし、夫は病弱で、采蘋は家計を助けるために、詩作を続けた。彼女の詩は、次第に評判を呼び、やがて江戸屈指の詩人として知られるようになった。 采蘋は、1868年(慶応4年)に56歳で亡くなった。彼女の死後、彼女の詩は多くのアンソロジーに収録され、現在でも多くの人々に愛読されている。
歴史上の人物

– 岡本黄石

岡本黄石 武士および漢詩人 岡本黄石は、江戸時代の武士であり漢詩人である。1736年(元文元年)に備前国岡山藩士の子として生まれる。 黄石は幼少の頃から漢詩を学び、15歳で江戸に出て、儒学者である古賀精里に師事する。18歳で岡山藩に仕え、藩主池田治政に仕えた。 黄石は、藩主池田治政に仕えた後も、漢詩の創作を続け、1776年(安永5年)に『安永集』を出版する。 1786年(天明6年)に黄石は、藩主池田治政の死後に隠居し、以後、漢詩の創作に専念する。 1801年(享和元年)に黄石は、66歳で亡くなる。 黄石は、漢詩人として知られるが、武士としてもその名を馳せた。1762年(宝暦12年)に、黄石は、藩主池田治政の命を受けて、備前国児島郡の干拓事業を指揮する。 黄石は、この干拓事業を成功させ、備前国児島郡の農地を拡大することに貢献した。 黄石は、漢詩人としてだけでなく、武士としてもその名を馳せた。 また、黄石は、漢詩人としてだけでなく、和歌の創作にも優れていた。 黄石の和歌は、江戸時代の和歌集『万葉集』にも収められている。 黄石は、漢詩人としてだけでなく、和歌の創作にも優れていた。
学術分野の人

「横谷玄圃」(⇒横谷藍水(よこたに-らんすい))

横谷玄圃とは 横谷玄圃(よこたに-げんぽ)は、江戸時代後期の儒学者で、陽明学者。字は子流、号は藍隠、晩号は玄圃。富山藩の儒官。名は久次、久久とも。 横谷玄圃は、1786年(天明6年)に、武蔵国多摩郡野津田村(現在の東京都稲城市)に生まれる。14歳で江戸に出て、佐藤一斎に儒学を学ぶ。1803年(享和3年)には、富山藩の儒官に就任。1825年(文政8年)に、藩主前田利幹の侍講となり、藩政改革に協力した。1839年(天保10年)には、隠居して家督を嫡男の藍水に譲った。1850年(嘉永3年)に死去。 横谷玄圃は、朱子学を批判し、陽明学を主張した。朱子学は、儒教の五経を重視し、その解釈を重視する学問である。一方、陽明学は、儒教の五経を重視せず、実践を重視する学問である。横谷玄圃は、朱子学を「虚学」と批判し、陽明学を「実学」と主張した。 横谷玄圃は、また、藩政改革にも協力した。富山藩は、19世紀初頭には財政難に陥っていた。横谷玄圃は、藩主前田利幹の侍講となり、藩政改革に協力した。横谷玄圃は、藩の財政を立て直すために、藩の支出の削減や、藩の収入の増加を図った。横谷玄圃の藩政改革は、成功し、富山藩の財政は好転した。 横谷玄圃は、儒学者として、藩政改革家として活躍した。横谷玄圃の思想は、明治維新に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

「青木錦村」

-青木錦村の生い立ちと経歴- 青木錦村(あおき きんそん)は、1894年(明治27年)1月21日に、茨城県那珂郡下国井村(現在のひたちなか市)に、父・青木五六、母・チヨの長男として生まれました。 錦村は、幼い頃から読書を好み、村の小学校を卒業後、水戸中学校(現在の茨城県立水戸第一高等学校)に進学しました。水戸中学校では、文学を専攻し、同級生に、のちに芥川龍之介と親交を結ぶことになる菊池寛がいました。 1914年(大正3年)に水戸中学校を卒業した錦村は、東京帝国大学(現在の東京大学)文学部英文科に入学しました。大学では、英文学を専攻し、卒業後は、東京朝日新聞社に入社しました。 東京朝日新聞社では、記者として活躍し、1920年(大正9年)には、ヨーロッパ特派員として派遣されました。ヨーロッパでは、第一次世界大戦後の混乱を目の当たりにし、社会主義に興味を持つようになりました。 1923年(大正12年)に帰国した錦村は、東京朝日新聞社を退職し、プロレタリア文学運動に参加しました。プロレタリア文学運動では、作家として活躍し、1925年(大正14年)に、小説『蟹工船』を執筆しました。『蟹工船』は、北海道の蟹工船で働く労働者の過酷な労働条件を描いた作品で、社会主義文学の傑作として評価されています。 『蟹工船』の発表後、錦村は、プロレタリア文学運動のリーダーとして活躍しましたが、1931年(昭和6年)に、治安維持法違反で逮捕され、投獄されました。獄中では、拷問を受けましたが、屈することなく、プロレタリア文学への信念を貫きました。 1935年(昭和10年)に出獄した錦村は、再びプロレタリア文学運動に参加しましたが、1937年(昭和12年)に、再び治安維持法違反で逮捕され、投獄されました。今回の投獄も、錦村の信念を揺るがしませんでした。 1945年(昭和20年)に終戦を迎えると、錦村は、釈放されました。釈放後は、プロレタリア文学運動の再建に尽力し、1946年(昭和21年)に、日本プロレタリア文化連盟(プロ連)の委員長に就任しました。 1949年(昭和24年)に、プロ連が解散すると、錦村は、日本共産党に入党しました。日本共産党では、文化部長を務め、1953年(昭和28年)に、第5回党大会で中央委員に選出されました。 1963年(昭和38年)に、錦村は、脳出血で倒れ、闘病生活を余儀なくされました。しかし、闘病中も、執筆活動を続け、1971年(昭和46年)に、評論集『わが青春』を出版しました。 1972年(昭和47年)6月28日、錦村は、脳出血のため、東京都内の病院で死去しました。享年78歳でした。 錦村は、プロレタリア文学運動のリーダーとして活躍し、社会主義文学の発展に貢献した作家です。錦村の作品は、今日でも読み継がれており、社会正義への思いを呼び起こしています。
学術分野の人

窪全亮(1847-1913)

-窪全亮の生涯- 窪全亮は、1847年(嘉永元年)3月27日に江戸の浅草門外の瓦町で旗本の子として生まれました。幼名は直吉で、のちに全亮と改名しました。若くして父を亡くし、母と妹の3人で貧しい生活を送りました。 1868年(明治元年)、戊辰戦争が起こると、全亮は彰義隊に参加して上野戦争で戦いました。彰義隊が敗北した後、全亮は同志たちと北海道に渡りました。北海道では、開拓団に加わって厳しい生活を送りました。 1875年(明治8年)、全亮は北海道を離れて東京に戻りました。そして、明治政府の役人として働き始めました。1886年(明治19年)には、初代北海道庁長官に就任しました。北海道庁長官として、全亮は北海道の開発に尽力しました。 1891年(明治24年)、全亮は北海道庁長官を辞任しました。そして、衆議院議員に当選して、政界入りしました。衆議院議員としては、北海道の振興や日露戦争の支援などに取り組みました。 1913年(大正2年)3月11日、全亮は66歳で亡くなりました。全亮は、北海道の開発に貢献した功績により、1931年(昭和6年)に正四位を追贈されました。 窪全亮は、北海道の開発に尽力した政治家です。全亮の功績は、北海道の今日の発展の礎となっています。
文学分野の人

「宇田友猪」:明治から昭和初頭にかけて活躍したジャーナリスト・漢詩人

宇田友猪明治から昭和初頭にかけて活躍したジャーナリスト・漢詩人 宇田友猪の生涯と経歴 宇田友猪は、1867年(慶応3年)2月23日、丹波国(現在の京都府)で医師の三男として生まれました。幼い頃から漢学を学び、12歳の時には、京都の仏教専門学校である真宗大学に入学しました。在学中に、時事問題に関心を持ち始め、18歳の時には、雑誌「国民之友」に投稿を始めました。1889年(明治22年)に真宗大学を卒業した後、上京して、新聞記者になりました。 1890年(明治23年)には、新聞「東京日日新聞」に入社し、政治部記者として活躍しました。1894年(明治27年)には、日清戦争に従軍記者として派遣され、戦況を報道しました。1898年(明治31年)には、「東京日日新聞」を退社し、雑誌「国民之友」の編集長になりました。1901年(明治34年)には、雑誌「日本評論」を創刊し、主筆を務めました。 宇田友猪は、ジャーナリストとして、政治・社会問題を鋭く論じ、社会改革を訴えました。また、漢詩人としても知られ、1912年(大正元年)には、漢詩集「友猪集」を刊行しました。1929年(昭和4年)には、東京で死去しました。享年62歳でした。