烏山藩主

歴史上の偉人

大久保忠喜(1746-1812)

-生い立ち- 大久保忠喜は、1746年(延享3年)に肥前国佐賀藩領の久留米城下で、久留米藩藩主・有馬頼徸の三男として生まれた。幼名は直七郎。母は側室の井上氏。 忠喜は、幼い頃から聡明で、学問を好み、特に漢学に秀でていた。14歳の時に、藩主・有馬頼徸に認められ、家督を継承。家老・大久保忠英の養子となる。 忠喜は、家督を継ぐと、藩政改革に取り組んだ。まず、藩の財政を立て直すために、倹約令を出し、藩士の俸禄を削減した。また、藩の産業を振興するために、養蚕や製紙業を奨励した。さらに、藩校・弘道館を設立し、藩士の教育に力を注いだ。 忠喜の藩政改革は成功を収め、久留米藩は、肥前国でも有数の藩となった。忠喜は、藩政改革の功績により、1789年(寛政元年)に、従五位下・侍従に叙された。 1804年(文化元年)、忠喜は、江戸幕府の老中に就任した。老中として、忠喜は、幕政改革に取り組んだ。まず、幕府の財政を立て直すために、倹約令を出し、幕臣の俸禄を削減した。また、幕府の産業を振興するために、養蚕や製紙業を奨励した。さらに、幕府の教育を充実させるために、昌平坂学問所の拡充を図った。 忠喜の幕政改革は成功を収め、江戸幕府は、安定した政権となった。忠喜は、幕政改革の功績により、1808年(文化5年)に、従四位下に叙された。 忠喜は、1812年(文化9年)に、江戸で病没した。享年66。
歴史上の偉人

大久保忠胤 – 江戸時代中期の旗本

-大久保忠胤の生涯- 大久保忠胤は、江戸時代中期の旗本である。1648年、甲府藩主・徳川綱重の四男として生まれる。幼名は千勝丸。 1661年、徳川家綱の死により綱重が将軍になると、忠胤は江戸城に召し出され、小姓として仕えた。1663年、叙任されて大久保姓を名乗る。 1670年、忠胤は御目見以下の旗本に列し、1673年には御書院番頭に任じられた。1680年、若年寄に任じられ、幕政の中枢に参画する。 忠胤は、老中・堀田正俊を補佐し、幕政を改革した。また、朱子学を奨励し、学問の振興に努めた。 1685年、忠胤は老中に昇進する。しかし、翌1686年に病死した。享年39歳。 忠胤は、短命ながら江戸幕府の幕政に大きな影響を与えた。その功績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の偉人

板倉重矩の生涯と功績

-戦乱の世を駆け抜けた大名- 板倉重矩は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した大名です。天文2年(1533年)、下野国(現在の栃木県)塩谷郡に生まれました。重矩の父は、塩谷義綱といい、下野国の有力な戦国大名でした。重矩は幼少期から武芸に励み、15歳で初陣を飾りました。その後、重矩は父に従って各地を転戦し、武功を上げていきました。 永禄4年(1561年)、重矩は父が死去したため、塩谷氏の家督を継ぎました。重矩は、父の遺志を継いで、下野国の統一を目指して戦いを続けました。しかし、重矩は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった、戦国の雄たちと戦わなければなりませんでした。 天正10年(1582年)、重矩は本能寺の変で信長が死去したことを機に、北条氏と同盟を結び、武田氏を攻撃しました。しかし、重矩は武田氏の反撃に遭い、敗北を喫しました。その後、重矩は秀吉に降伏し、下野国を没収されました。 天正18年(1590年)、重矩は秀吉の命により、奥州仕置に参加しました。奥州仕置とは、秀吉が奥羽地方の諸大名を討伐したものです。重矩は、秀吉の命により、伊達政宗を攻撃しました。しかし、重矩は伊達政宗の反撃に遭い、敗北を喫しました。 慶長5年(1600年)、重矩は徳川家康に仕えました。重矩は、関ヶ原の戦いで家康の勝利に貢献し、下野国を回復しました。その後、重矩は家康に従って、大坂の陣にも参戦しました。大坂の陣後、重矩は下野国で隠居し、慶長17年(1612年)に死去しました。 重矩は、戦国時代から安土桃山時代にかけて、各地を転戦し、武功を上げました。重矩は、その勇猛果敢な戦いぶりから、戦国の大名として名を残しています。
歴史上の偉人

【】大久保忠美:幕末の大名

-大久保忠美の生涯- 大久保忠美は、幕末の薩摩藩の大名です。通称は周五郎、号は石翁、法名は光浄。薩摩藩家老の父・大久保利世とその側室の子として、薩摩藩鹿児島城下で生まれます。8歳で藩主・島津斉彬に御小姓として出仕し、その寵愛を受けます。 1841年に父が没すると、家督を継いで大久保家の当主となります。斉彬の信任を受け、藩政改革に参与し、積極的に西洋の知識を取り入れました。1853年にペリーが来航すると、斉彬の命を受けて江戸に行き、幕府の対応を調査します。 1858年に斉彬が亡くなると、藩主となった島津忠義の補佐役として藩政を主導します。薩摩藩の近代化を推進し、洋式軍隊の創設、蒸気船の建造、製鉄所の建設などを行いました。また、英国と通商条約を締結し、鹿児島に外国人居留地を開設しました。 しかし、1860年に斉彬の死後、藩内の保守派と対立し、失脚します。1861年に家督を長男の忠直に譲って隠居し、1862年に死去します。 大久保忠美は、薩摩藩の近代化に大きく貢献した人物です。彼の改革は、薩摩藩が幕末の政局で重要な役割を果たす礎を築きました。
歴史上の偉人

「大久保忠卿」

大久保忠卿の生涯 大久保忠卿(おおくぼただちか)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。播磨国明石城主、後に姫路城主。備前岡山藩初代藩主。 1. 生涯 大久保忠卿は、永禄3年(1560)に大久保忠世の嫡男として生まれた。元亀3年(1572)に父が死去すると、家督を継いで明石城主となった。織田信長に仕え、天正9年(1581)には本能寺の变で信長の影武者として討死した。 信長の死後、豊臣秀吉に仕え、九州征伐や小田原征伐に参加した。文禄元年(1592)には朝鮮出兵に従軍し、蔚山城の戦いでは加藤清正と共に明軍を破った。 慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで、大久保忠卿は徳川家康に味方して西軍と戦った。戦後、家康から備前岡山藩10万石を与えられ、初代藩主となった。 岡山藩主となった大久保忠卿は、城下町を整備し、学校や病院を設立するなど藩政の改革を行った。また、水利事業にも力を入れて、岡山藩の農業生産力を高めた。 寛永11年(1634)に大久保忠卿は死去した。享年75。 2. 人物像 大久保忠卿は、武勇に優れた武将であり、優れた政治家でもあった。戦場で常に先頭に立って戦い、数々の武功を挙げた。また、岡山藩主として藩政を改革し、藩の領地を拡大した。 大久保忠卿は、非常に厳格な人物でもあった。藩士に対しては厳しく、怠慢や不正行為は許さなかった。しかし、その一方で民衆に対しては寛大で、救済活動にも力を入れた。 大久保忠卿は、名君として岡山藩民から敬愛され、その死後も長く語り継がれた。