煙草専売局

歴史上の人物

官僚・池袋秀太郎の生涯

-官僚として歩んだ人生- 池袋秀太郎は、1900年に東京で生まれた。大学卒業後は、大蔵省に入り、官僚としての道を歩み始めた。大蔵省では、税制や財政政策を担当し、早くからその才能を認められた。 1936年には、大蔵次官に任命され、1940年には、大蔵大臣に就任した。大蔵大臣として、池袋は、日中戦争と太平洋戦争の財政を支え、日本の経済を支えた。 戦後、池袋は、公職追放されたが、1952年に政界に復帰した。1953年には、衆議院議員に当選し、1955年には、経済企画庁長官に任命された。 経済企画庁長官として、池袋は、日本の経済復興に尽力し、高度経済成長の基礎を築いた。池袋は、1963年に死去するまで、経済企画庁長官を務めた。 池袋秀太郎は、日本の経済発展に大きく貢献した官僚である。池袋の政策は、日本の経済復興と高度経済成長の基礎を築き、日本の繁栄に貢献した。 池袋秀太郎の官僚としての歩みは、以下のようなものである。 * 1923年東京帝国大学法学部を卒業し、大蔵省に入省。 * 1936年大蔵次官に任命。 * 1940年大蔵大臣に就任。 * 1945年公職追放。 * 1952年政界に復帰。 * 1953年衆議院議員に当選。 * 1955年経済企画庁長官に任命。 * 1963年死去。 池袋秀太郎の官僚としての功績は、以下のようなものである。 * 日中戦争と太平洋戦争の財政を支え、日本の経済を支えた。 * 日本の経済復興に尽力し、高度経済成長の基礎を築いた。 * 日本経済の発展に大きく貢献した。
経済分野の人

池田寅治郎 – 明治-大正時代の傑出した実業家

- 村井兄弟商会から煙草専売局へ 明治時代、大阪の村井兄弟商会は煙草業界のトップ企業でした。村井兄弟商会を率いていたのは、池田寅治郎であり、彼は、1887年に煙草専売局が設立されると、専売局に吸収されてしまうまで、村井兄弟商会を経営していました。 煙草専売局は、煙草の生産と販売を独占する国の機関です。池田寅治郎は、煙草専売局の設立には反対でしたが、政府の圧力に屈して、村井兄弟商会を専売局に売却しました。 池田寅治郎が村井兄弟商会を専売局に売却した理由は、いくつかあります。まず、専売局は、煙草の生産と販売を独占していたため、村井兄弟商会は、専売局に抵抗することができませんでした。 また、池田寅治郎は、専売局の設立により、煙草業界の競争が激化することを恐れていました。池田寅治郎は、専売局の設立によって、村井兄弟商会が破産する可能性があると判断し、専売局に売却することを決断しました。 池田寅治郎が村井兄弟商会を専売局に売却したことは、池田寅治郎の生涯にとって、大きな転機となりました。池田寅治郎は、専売局に売却した後に、実業界から引退し、政治家に転身しました。 池田寅治郎は、政治家として、大阪市長や衆議院議員を務め、日本の近代化に貢献しました。池田寅治郎は、1920年に亡くなりましたが、その功績は、今もなお語り継がれています。
経済分野の人

「赤間嘉之吉」

-赤間嘉之吉- -明治・大正時代の政治家・実業家- 赤間嘉之吉(あかまかのきち、1855年1月15日 - 1926年8月29日)は、明治・大正時代の政治家、実業家である。 -生い立ち- 1855年1月15日、備後国御調郡神辺村(現広島県福山市神辺町)の農家に生まれた。幼名は幸吉。父は赤間弥惣兵衛、母はてる。 1873年、18歳の時に上京し、慶應義塾に入学した。慶應義塾では福沢諭吉の教えを受け、自由民権運動に傾倒した。 1877年、西南戦争が勃発すると、赤間は郷里の広島県に帰り、官軍に参加した。西南戦争終結後、赤間は再び上京し、慶應義塾に復学した。 1881年、慶應義塾を卒業し、共同運輸会社の社員となった。その後、東洋汽船会社、東京海上保険会社、日本郵船会社などの重役を歴任した。 -政治家として- 1890年、赤間は第1回衆議院議員総選挙に出馬し、当選した。赤間は立憲自由党に所属し、自由民権運動を推進した。 1894年、日清戦争が勃発すると、赤間は衆議院議員を辞職し、従軍した。日清戦争終結後、赤間は再び衆議院議員に当選し、1902年まで務めた。 1902年、赤間は第1次桂内閣の逓信大臣に任命された。逓信大臣として、赤間は郵便、電信、電話の拡充に努めた。 1903年、赤間は第1次山本内閣の農商務大臣に任命された。農商務大臣として、赤間は農業、商業、工業の振興に努めた。 1906年、赤間は第1次西園寺内閣の逓信大臣に再任された。逓信大臣として、赤間は郵便、電信、電話の拡充をさらに進めた。 1912年、赤間は第3次桂内閣の鉄道院総裁に任命された。鉄道院総裁として、赤間は鉄道の敷設、改良に努めた。 1914年、赤間は第1次山本内閣の農林大臣に任命された。農林大臣として、赤間は農業、林業の振興に努めた。 1916年、赤間は第2次大隈内閣の鉄道院総裁に再任された。鉄道院総裁として、赤間は鉄道の敷設、改良をさらに進めた。 1918年、赤間は第1次原内閣の逓信大臣に再任された。逓信大臣として、赤間は郵便、電信、電話の拡充をさらに進めた。 1920年、赤間は第2次原内閣の農林大臣に再任された。農林大臣として、赤間は農業、林業の振興に努めた。 1922年、赤間は第2次高橋内閣の鉄道大臣に任命された。鉄道大臣として、赤間は鉄道の敷設、改良をさらに進めた。 -実業家として- 赤間は政界引退後、実業家に転身した。赤間は日本郵船会社、東京海上保険会社、日本製鉄会社などの重役を歴任した。 1926年8月29日、赤間は東京市麹町区永田町の自宅で死去した。享年71。
歴史上の人物

仁尾惟茂 – 明治・大正時代の官僚

- 経歴 仁尾惟茂は、明治元年(1868年)7月15日に、現在の長野県塩尻市にある、旧塩尻陣屋(現在の松本藩士会)で生まれました。父は仁尾惟安、母は松尾久子の長女で、4男2女の長男でした。 明治10年(1877年)に、東京に出て大学予備門に入学しました。明治14年(1881年)には、第一高等中学校に進学し、明治18年(1885年)に、東京帝国大学法科大学に入学しました。 明治22年(1889年)に、東京帝国大学法科大学を卒業し、農商務省に入省しました。明治25年(1892年)には、農商務書記官に任命され、明治31年(1898年)には、農商務次官に任命されました。 明治34年(1901年)には、農商務大臣に任命され、明治39年(1906年)まで務めました。その後、明治42年(1909年)には、枢密院議長に任命され、大正10年(1921年)まで務めました。 大正11年(1922年)に、75歳で死去しました。