熊本県

歴史上の偉人

– 宮崎民蔵

# 宮崎民蔵 -# 宮崎民蔵の生涯 宮崎民蔵(1885年3月1日 - 1957年10月14日)は、日本の実業家、政治家。衆議院議員(10期)。民政党幹事長。開墾農家宮崎光政の長男として、佐賀県東松浦郡峰村(現在唐津市)に生れる。小学校卒業後、農業に従事。 1908年、唐津の商業学校を卒業して、1911年に上京。近衛師団に入隊する。翌年、陸士に入校。1914年に陸軍中尉に任官される。その後、陸軍大学校を卒業し、参謀本部員などを歴任する。 1922年、佐賀県から衆議院議員に当選。民政党に入党する。1932年、文部政務次官に任命される。1936年、民政党幹事長に就任する。1940年、大政翼賛会総務に就任する。 1941年、翼賛選挙で当選。1942年、翼賛政治会総務に就任する。1944年、翼賛政治会常任総務に就任する。1945年、翼賛政治会を解散して、日本進歩党を結成する。 1946年、公職追放となる。1952年、公職追放解除となる。1953年、再び衆議院議員に当選する。1955年、民政党を離党して、自由党に入党する。1956年、自由民主党の結成に参加する。 1957年、自由民主党の公認を得て、衆議院議員に当選する。しかし、同年10月14日に死去する。享年72。
歴史上の偉人

鳥居素川 – 日本を代表する新聞記者

「鳥居素川 - 日本を代表する新聞記者」 経歴 鳥居素川は、1875年(明治8年)に愛知県名古屋市で生まれた。早稲田大学政治経済学部を卒業後、1900年(明治33年)に読売新聞社に入社した。入社後は、政治部記者として活躍し、1905年(明治38年)には日露戦争の特派員として従軍した。 日露戦争後、鳥居素川は読売新聞社の政治部長に就任し、1912年(明治45年)には常務取締役に昇進した。1918年(大正7年)には、読売新聞社の社長に就任し、同社を日本を代表する新聞社に育て上げた。 鳥居素川は、新聞記者として数多くのスクープをものにした。その中でも特に有名なのは、1918年(大正7年)に発覚した「シーメンス事件」である。シーメンス事件は、ドイツの電気メーカーであるシーメンス社が、日本の官僚に賄賂を贈って受注した事件である。鳥居素川は、この事件をスクープし、日本の政界を震撼させた。 鳥居素川は、新聞記者としてだけでなく、政治家としても活躍した。1920年(大正9年)には、衆議院議員に当選し、1924年(大正13年)には、内務大臣に就任した。内務大臣として、鳥居素川は、治安維持法を制定し、社会主義運動を弾圧した。 鳥居素川は、1932年(昭和7年)に死去した。享年57歳だった。鳥居素川は、日本を代表する新聞記者であり、政治家であり、日本の近代史に大きな影響を与えた人物である。
歴史上の偉人

千々波敬右衛門 – 江戸時代後期の治水家

-千々波敬右衛門の生い立ちと功績- 千々波敬右衛門(せんば・けいえもん)は、江戸時代後期の治水家です。1744年に、現在の茨城県潮来市に生まれました。敬右衛門は、幼い頃から水害に悩まされる土地で育ち、水害から人々を守ることを志しました。 敬右衛門は、18歳の時に江戸に出て、土木工事を学びました。そして、1767年に故郷の潮来に戻り、水害対策に取り組み始めました。敬右衛門は、まず、堤防を強化し、水害を防ぐための水路を整備しました。また、水害に遭った人々を救済するために、炊き出しや避難所を開設しました。 敬右衛門の功績は、江戸幕府にも認められ、1775年に「御普請役」に任命されました。御普請役は、江戸幕府の土木工事の責任者であり、敬右衛門は、江戸の街の整備や、利根川の治水など、多くの重要な工事を手がけました。 敬右衛門は、1802年に亡くなりましたが、その功績は今も人々に語り継がれています。敬右衛門の生誕地である潮来市には、敬右衛門の銅像が建立され、毎年、敬右衛門の功績をたたえる「千々波敬右衛門祭」が開催されています。
歴史上の偉人

「岩永梅石」

岩永梅石の生涯 岩永梅石は、江戸時代中期の儒学者・思想家・政治家です。名は重好、字は子良、号は梅石。播磨国飾磨郡林田村(現・兵庫県姫路市林田町)生まれ。 梅石は、幼少の頃から学問に優れ、16歳で播磨藩の藩校・好古堂に入学しました。その後、京都に出て、伊藤仁斎に師事して儒学を学びました。23歳のとき、播磨藩に帰国し、藩校の教授となりました。 梅石は、藩校で儒学を講じるかたわら、藩政改革にも尽力しました。藩主・榊原政岑の信任を得て、藩の財政を立て直し、殖産興業を推進しました。また、目安箱を設置して、藩民からの意見を積極的に取り入れました。 梅石の藩政改革は、成功を収め、播磨藩は、財政的に豊かになり、殖産興業も盛んになりました。また、藩民の生活も向上しました。 梅石は、藩政改革のかたわら、儒学の研究にも励みました。梅石は、伊藤仁斎の朱子学を批判し、新しい儒学を提唱しました。梅石の儒学は、庶民にもわかりやすいようにわかりやすく解説されているのが特徴です。 梅石の儒学は、庶民の間で人気を集め、梅石は、庶民からも尊敬されるようになりました。梅石は、71歳で亡くなりましたが、その死後も、梅石の儒学は、庶民の間で受け継がれました。 梅石の功績は、藩政改革と儒学の研究の2つです。梅石の藩政改革は、播磨藩を財政的に豊かにして、殖産興業を盛んにし、藩民の生活を向上させました。梅石の儒学は、庶民にもわかりやすいようにわかりやすく解説されているのが特徴で、庶民の間で人気を集めました。
歴史上の偉人

矢島直方 – 江戸後期から明治時代にかけて活躍した公共事業家

肥後国の庄屋として生まれる 矢島直方は、1830年(天保元年)12月3日、肥後国八代郡北久米村(現在の熊本県八代市北久米町)に庄屋・矢島直蔵の長男として生まれた。幼名は源太郎。 矢島の家は代々庄屋を務めており、直方も幼い頃から家業を手伝いながら学問に励んだ。1846年(弘化3年)16歳の時に父が亡くなり、直方は家督を相続して庄屋となった。 直方は庄屋の仕事に励む一方、積極的に地域の発展に貢献した。1853年(嘉永6年)には、八代郡の農民たちを集めて、肥後川の水利を改善する工事を行った。 また、1857年(安政4年)には、八代郡の有志たちと協力して、八代港の改修工事を開始した。この工事は、直方の尽力により、1862年(文久2年)に完成した。 直方は、庄屋として地域の農民たちをまとめ上げ、農村の振興に貢献しただけでなく、積極的に公共事業に取り組むなど、地域の近代化にも尽力した。
歴史上の偉人

渡辺栄蔵-水俣病患者家庭互助会初代会長

渡辺栄蔵とは? 渡辺栄蔵は、熊本県水俣市で生まれた農民であり、水俣病患者家庭互助会(以下、患者会)初代会長です。1906年(明治39年)に生まれ、1984年(昭和59年)に78歳で亡くなりました。 渡辺栄蔵は、1956年(昭和31年)に水俣病の患者認定を受け、患者会の初代会長に就任しました。患者会は、水俣病患者と家族の権利を守るために結成された組織であり、渡辺栄蔵は患者たちの声を代弁して、国や企業に補償や医療を求めました。 渡辺栄蔵は、患者会の会長として、水俣病の被害を訴えるために全国各地を奔走しました。1973年(昭和48年)には、スウェーデンのストックホルムで開催された国連人間環境会議に出席し、水俣病の被害を世界に訴えました。 渡辺栄蔵の活動は、水俣病の被害を広く世間に知らしめ、国や企業に補償や医療を求める運動を前進させるのに大きく貢献しました。また、渡辺栄蔵の活動は、環境汚染や公害問題を考える上でも重要な意義を持っています。
歴史上の偉人

菊池武澄 – 南北朝時代の武将

-肥後菊池氏の一族- 菊池武澄は、南北朝時代の九州で活躍した武将です。肥後菊池氏の当主であり、菊池氏の勢力拡大に大きく貢献しました。 肥後菊池氏は、平安時代末期に肥後国(現在の熊本県)に土着した武士団です。鎌倉時代には、菊池氏の本拠地である隈本城(現在の熊本城)を築城し、肥後国の有力な守護大名として君臨しました。 菊池武澄は、菊池氏の第15代当主です。1315年に生まれ、幼名は菊池武政でした。1337年に父である菊池武光が亡くなり、家督を継承しました。菊池武澄は、肥後菊池氏を率いて、南北朝時代の九州の戦乱に参戦しました。 1338年、菊池武澄は、足利尊氏に味方して、九州の南朝軍と戦いました。1339年に、菊池武澄は、足利尊氏から肥後国の守護に任命されました。菊池武澄は、肥後国守護として、南朝軍の侵攻を阻止しました。 1352年、菊池武澄は、足利尊氏から肥後国の守護職を罷免されました。菊池武澄は、足利尊氏に反旗を翻し、南朝軍に味方しました。菊池武澄は、南朝軍の九州総大将として、足利軍と戦いました。 1355年、菊池武澄は、足利軍に敗れて戦死しました。菊池武澄の死後、肥後菊池氏は衰退しました。 菊池武澄は、南北朝時代の九州で活躍した名将です。菊池氏の勢力拡大に大きく貢献し、南朝軍の九州総大将として足利軍と戦いました。菊池武澄の死後、肥後菊池氏は衰退しましたが、菊池氏の血脈は、現在も続いています。
研究者

沢村真:偉大な農芸化学者

明治-昭和前期の偉大な学者 沢村真は、明治から昭和前期にかけて活躍した偉大な農芸化学者です。彼は、農芸化学の分野で多くの功績を残し、日本の農学の発展に大きく貢献しました。 沢村真は、1864年(元治元年)に福井県に生まれました。彼は、東京帝国大学農科大学で学び、1890年(明治23年)に卒業しました。その後、東京帝国大学農科大学の助教授、教授として教鞭を執り、1919年(大正8年)には農学博士の学位を取得しました。 沢村真の研究分野は、農芸化学全般に及びますが、特に土壌学の分野での業績は顕著です。彼は、土壌の物理性、化学性、生物性を解明し、土壌の肥沃度を高めるための方法を開発しました。また、彼は、化学肥料の製造法の改良にも取り組み、日本の農業生産力の向上に貢献しました。 沢村真は、1939年(昭和14年)に亡くなりましたが、彼の業績は今日でも高く評価されています。彼は、日本の農学の発展に大きく貢献した偉大な学者であり、その功績は永く語り継がれることでしょう。 沢村真の主な業績 * 土壌の物理性、化学性、生物性を解明し、土壌の肥沃度を高めるための方法を開発した。 * 化学肥料の製造法の改良に取り組み、日本の農業生産力の向上に貢献した。 * 農芸化学の分野において多くの著作を執筆し、後進の育成に努めた。 * 農芸化学の分野における功績が認められ、1919年(大正8年)に農学博士の学位を取得した。
研究者

八田三郎について

-八田三郎の生涯- 八田三郎は、1908年(明治41年)に東京都で生まれました。1931年(昭和6年)に東京帝国大学を卒業し、陸軍士官学校に入学しました。1933年(昭和8年)に陸軍少尉に任官し、歩兵部隊に配属されました。 1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、八田三郎は中国戦線に派遣され、数々の戦闘に参加しました。1939年(昭和14年)に大尉に昇進し、1941年(昭和16年)に中佐に昇進しました。 太平洋戦争が勃発すると、八田三郎は南方戦線に派遣され、マレー半島やシンガポールの攻略戦に参加しました。1942年(昭和17年)に大佐に昇進し、1943年(昭和18年)に少将に昇進しました。 1944年(昭和19年)に、八田三郎はフィリピン戦線に派遣され、ルソン島の戦いに参加しました。しかし、1945年(昭和20年)に米軍の攻撃を受け、戦死しました。享年37歳でした。 八田三郎は、日中戦争と太平洋戦争で活躍した軍人で、その功績を称えて、1946年(昭和21年)に靖国神社に合祀されました。
政治家・活動家

偉大なる政治家、嘉悦氏房の足跡

嘉悦氏房の生い立ちと若き日々 嘉悦氏房は、鎌倉時代初期の武士であり、政治家として活躍した。1205年、常陸国の豪族である嘉悦氏の流れを汲む家に生まれた。幼名は太郎で、のちに氏房と名乗った。 氏房は幼い頃から聡明で、武芸にも秀でていた。15歳の時に、鎌倉幕府の執権である北条義時に見出され、幕府に出仕した。 氏房は、義時の下で政務を学び、頭角を現していった。そして、1224年に義時が亡くなると、執権の地位を継いだ。 氏房は、執権として幕府の政治を担い、朝廷との関係の改善や、全国の武士の統制に尽力した。また、中国との貿易を活発化させ、経済の発展にも貢献した。 氏房は、1247年に亡くなったが、その功績は鎌倉幕府の繁栄に大きく寄与した。 氏房は、幼い頃から聡明で、武芸にも秀でていた。15歳の時に、北条義時に見出され、幕府に出仕した。 義時の下で政務を学び、頭角を現していった。そして、1224年に義時が亡くなると、執権の地位を継いだ。 執権として幕府の政治を担い、朝廷との関係の改善や、全国の武士の統制に尽力した。また、中国との貿易を活発化させ、経済の発展にも貢献した。 1247年に亡くなったが、その功績は鎌倉幕府の繁栄に大きく寄与した。
歴史上の偉人

「那須拙速」

「那須拙速」 肥後(熊本県)人吉藩剣術師範から家老までの歩み 那須拙速は、1548年に肥後(熊本県)人吉藩に生まれた剣豪。幼少期より剣術を学び、18歳の時に人吉藩の剣術師範に就任。その後、加藤清正に仕え、朝鮮出兵や関ヶ原の戦いで活躍。1600年、人吉藩家老に任命され、藩政を担った。 那須拙速は、剣術の達人として知られ、その剣技は「那須流」として後世に伝えられている。また、武勇だけではなく、政治家としても手腕を発揮し、人吉藩の繁栄に貢献した。 拙速は、那須流剣術の開祖として知られている。那須流剣術は、刀を素早く抜き、相手を一気に斬り捨てるという、豪快な剣術である。拙速は、この剣術で多くの敵を倒し、その名を天下に轟かせた。 拙速は、剣術の達人であるだけでなく、政治家としても優れた手腕を発揮した。人吉藩の藩主であった加藤清正は、拙速を重用し、藩政を委ねた。拙速は、加藤清正の信頼に応え、人吉藩の繁栄に貢献した。 拙速は、1614年に67歳で死去した。彼の死後、那須流剣術は、その弟子たちによって受け継がれていき、現在もなお、多くの剣術家がその技を学んでいる。
歴史上の偉人

歴史に名を刻む刀工:貞則の匠の技と生涯

-肥後菊池の人、井上真改の弟子- 貞則是肥後国菊池郡(現在の熊本県菊池市)に生まれた刀工です。本名は井上貞則といい、井上真改の弟子でした。 井上真改は、肥後国菊池郡の刀工で、肥後刀の祖とされています。貞則は真改の弟子として刀の製作を学び、真改の死後、肥後刀の伝統を継承しました。 貞則は真改の教えに従い、肥後刀の伝統を忠実に守りました。貞則の刀は、真改の刀と同様に、地肌が細かく、刃文が華やかで、切れ味の良い刀でした。 貞則は肥後刀の伝統を守りながら、独自の工夫も凝らしました。貞則は、刀の製作に新しい技術を取り入れ、より良い刀を製作するようになりました。 貞則の刀は、肥後国内だけでなく、全国的に有名になりました。貞則の刀は、将軍や大名、武士など、多くの権力者に愛されました。 貞則は、肥後刀の伝統を継承し、肥後刀の名を高めた刀工でした。貞則の刀は、肥後刀の代表的な名刀として、現在でも高く評価されています。
研究者

本田東陵→ 江戸時代の儒学者

-本田東陵の生涯- 本田東陵は、江戸時代の儒学者である。諱は正皓、通称は清五郎。東陵は号である。 1744年(延享元年)、江戸に生まれた。父は旗本本田忠広、母は歌人の三田村宝永の娘である。幼い頃から学問を好み、14歳の時に儒学者中村惕斎に入門した。 20歳の時、江戸幕府の将棋奉行に就任した。その後、寺社奉行、町奉行を歴任し、1789年(寛政元年)には老中に昇進した。 老中在任中は、松平定信による寛政の改革を支持し、幕府の財政再建に尽力した。また、外国貿易の拡大にも取り組み、1792年(寛政4年)にはロシアとの通商条約を締結した。 1793年(寛政5年)、老中を辞任し、隠居した。隠居後は、学問に専念し、多くの著書を著した。その代表作には、「東陵先生全集」全40巻、「東陵遺稿」全10巻などがある。 1821年(文政4年)、78歳で死去した。 本田東陵は、江戸時代の儒学者として、幕政改革や学問の発展に貢献した。また、その業績は、明治以降の日本にも大きな影響を与えた。
研究者

西依墨山の生涯と著作

-西依墨山の生涯- 西依墨山(せいこれがさん)は、平安時代後期の歌人・官人。小野篁の子孫とされる。本名は清道(きよみち)。 永暦元年(1160年)に生まれ、若くして歌を始める。建久2年(1191年)に、和歌所寄人となり、建久6年(1195年)には、歌会始の判者の一人となる。その後も、和歌所の要職を歴任し、建永2年(1207年)には、従五位上左衛門尉に叙任される。元久2年(1205年)に、66歳で没した。 西依墨山は、藤原俊成や藤原定家などの歌人と親交があり、俊成の『古来風体抄』や定家の『和歌十体』を伝えたとされる。また、西依墨山自身も、多くの歌論書を残しており、それらは『西家集』や『西依墨山家集』に収められている。 西依墨山の歌は、古風で典雅な作風を特徴とする。また、西依墨山は、和歌の理論家としても知られており、彼の歌論は、後の歌人に大きな影響を与えた。
経済分野で活躍した人

永田敬生とは?昭和時代の経営者

-永田敬生の功績- 永田敬生は、昭和時代の経営者で、日本経済の発展に大きく貢献しました。彼は、1901年に東京で生まれ、早稲田大学を卒業後、1924年に日本製鉄に入社しました。1945年に社長に就任し、1950年に日本製鉄を再建しました。 永田敬生の功績の1つは、日本製鉄の復興です。戦後の日本は、経済的に疲弊しており、日本製鉄もその影響を受けていました。永田敬生は、経営改革を実施し、日本製鉄を復興させました。彼は、高炉の増設や、新製品の開発などを行い、日本製鉄の生産量を大幅に増加させました。また、彼は、労使間の関係を改善し、労働者の待遇を改善しました。その結果、日本製鉄は、日本経済の復興を支える企業となりました。 永田敬生の功績の2つは、日本の鉄鋼産業の発展です。戦後の日本は、鉄鋼製品の需要が高まっており、鉄鋼産業の発展が求められていました。永田敬生は、日本製鉄の生産量を増加させると同時に、日本の鉄鋼産業全体の発展にも貢献しました。彼は、日本の鉄鋼産業の近代化を推進し、日本の鉄鋼産業の国際競争力を高めました。その結果、日本の鉄鋼産業は、世界有数の規模に成長しました。 永田敬生の功績の3つは、日本の経済発展への貢献です。永田敬生は、日本製鉄の復興と日本の鉄鋼産業の発展を通じて、日本の経済発展に大きく貢献しました。日本製鉄は、日本の経済成長を支える基幹産業であり、日本の鉄鋼産業の発展は、日本の経済成長に欠かせないものでした。永田敬生は、日本製鉄の復興と日本の鉄鋼産業の発展を通じて、日本の経済発展に大きく貢献した経営者でした。
歴史上の偉人

-寒巌義尹

寒巌義尹(かんがんぎいん、1217年~1292年)は、鎌倉時代初期の臨済宗の僧。 -# 寒巌義尹の生涯 寒巌義尹は、1217年に、備中国(岡山県)で誕生。若い頃から仏教に興味を持ち、19歳の時に京都の建仁寺で出家した。その後、宋に渡って修行し、径山円鑑(径山宗杲)、無準師範、大慧宗杲などのもとで禅を学び、1258年に帰国。建長寺、円覚寺、建仁寺と、各寺院で住職を務め、1292年に建長寺で死去した。 寒巌義尹は、臨済宗の教えを日本に伝え、広めた功績で知られている。また、寒巌義尹は、優れた詩人でもあり、多くの詩を残している。 寒巌義尹の詩は、自然の美しさを詠んだものや、人生の無常を詠んだものなど、様々なテーマを扱っている。その詩は、日本の文学史においても重要な位置を占めている。 寒巌義尹は、臨済宗の僧として、日本の仏教に大きな貢献をしただけでなく、詩人としても優れた業績を残した。その功績は、今日でも高く評価されており、多くの人々から尊敬されている。
歴史上の偉人

岡部弥四郎 – 肥後天草郡の水の平焼3代陶工

-岡部弥四郎の生涯- 岡部弥四郎は、1782年(天明2年)に肥後天草郡の水の平焼3代陶工として生まれました。本名は岡部弥四郎五郎で、通称は岡部弥四郎です。1798年(寛政10年)に16歳の若さで家督を継ぎ、3代目の陶工となりました。 弥四郎は、幼い頃から陶芸に親しみ、天性の才能を発揮しました。家督を継いだ後も、技術の向上に努め、釉薬の研究や新しい器形の開発などに力を注ぎました。その結果、水の平焼の品質を大幅に向上させ、全国にその名を知られるようになりました。 弥四郎は、1818年(文政元年)に江戸に上り、将軍徳川家斉に献上するため、特製の茶碗を作りました。この茶碗は、将軍に大変気に入られ、弥四郎は一躍有名になりました。また、1826年(文政9年)には、天保の改革の一環として、焼き物の生産を奨励する政策が実施され、弥四郎はさらに生産量を増やしました。 弥四郎は、1833年(天保4年)に51歳で亡くなりましたが、その死後も、その作品は人々に愛され続けました。現在も、水の平焼は、熊本県を代表する伝統工芸品として、多くの人に親しまれています。 弥四郎は、その生涯を通して、水の平焼の品質向上に努め、全国にその名を知られるようになりました。その功績は、今日にも受け継がれています。
経済分野で活躍した人

「大塚惟明」1864-1928

-実業家として活躍した大塚惟明- 大塚惟明は、1864年(元治元年)に福岡で生まれました。大阪で洋品店を経営した後、1891年(明治24年)に東京で「大塚商店」を創業しました。大塚商店は、欧米から雑貨を輸入して販売する卸売業でしたが、やがて百貨店へと発展しました。 大塚は、百貨店を「商品を陳列して販売する場所」ではなく、「顧客に快適に買い物を楽しんでもらえる場所」であるべきだと考えました。そのため、大塚商店では、商品を丁寧に陳列し、店員には丁寧な接客を心がけました。また、大塚は、顧客の声に耳を傾け、顧客のニーズに応じた商品やサービスを提供するように努めました。 大塚の経営方針は功を奏し、大塚商店は、たちまち東京で人気のある百貨店となりました。1910年(明治43年)には、大塚商店は「大塚百貨店」に改称し、1923年(大正12年)には、銀座に新店舗をオープンしました。銀座の新店舗は、当時としては画期的なもので、屋上に遊園地を設けるなど、顧客に楽しんでもらえる工夫が施されていました。 大塚百貨店は、その後も順調に成長を続け、1928年(昭和3年)には、東京で最大規模の百貨店となりました。しかし、同年に大塚が急逝すると、百貨店の経営は傾き始め、1933年(昭和8年)に倒産しました。 大塚惟明は、日本の百貨店業界の発展に大きな功績を残した人物です。大塚の経営方針は、今日の百貨店の経営にも大きな影響を与えています。
経済分野で活躍した人

– 長野濬平

-横井小楠に学ぶ- 長野濬平氏は、日本の政治家、教育者、思想家である。1843年(天保14年)に豊前国中津藩(現・大分県中津市)に生まれ、1917年(大正6年)に東京で亡くなった。 長野濬平氏は、横井小楠からも大きな影響を受けた。横井小楠は、長野濬平氏よりも26歳年上の思想家で、日本における自由民権運動の先駆者の一人である。横井小楠は、長野濬平氏に、民権思想と自由主義思想を教えた。 長野濬平氏は、横井小楠から受けた影響を、著書「自由民権運動の歴史」の中で、次のように述べている。 「横井小楠先生は、私の師にして恩人である。先生は、私に自由民権の思想と、自由主義の精神を教えた。先生の教えは、私の政治思想の礎となった。」 長野濬平氏は、横井小楠から受けた影響を、政治活動の中で、次のように実践した。 * 長野濬平氏は、1874年(明治7年)に、自由民権運動の組織である「愛国社」を結成した。 * 長野濬平氏は、1875年(明治8年)に、自由民権運動の結集である「国会期成同盟」を結成した。 * 長野濬平氏は、1876年(明治9年)に、自由民権運動の推進である「民撰議院設立建白書」を政府に提出した。 長野濬平氏は、横井小楠から受けた影響を、教育活動の中で、次のように実践した。 * 長野濬平氏は、1881年(明治14年)に、自由民権運動の育成機関である「東京専門学校」を設立した。 * 長野濬平氏は、1882年(明治15年)に、自由民権運動の機関紙である「自由新聞」を創刊した。 * 長野濬平氏は、1883年(明治16年)に、自由民権運動の講演会である「自由民権演説会」を開催した。 長野濬平氏は、横井小楠から受けた影響を、思想活動の中で、次のように実践した。 * 長野濬平氏は、1884年(明治17年)に、自由民権運動の綱領である「自由民権綱領」を起草した。 * 長野濬平氏は、1885年(明治18年)に、自由民権運動の宣言である「自由民権宣言」を発表した。 * 長野濬平氏は、1886年(明治19年)に、自由民権運動の結節である「自由民権結社」を設立した。 長野濬平氏は、横井小楠から受けた影響を、政治活動、教育活動、思想活動の中で、実践し、日本の自由民権運動の発展に貢献した。
歴史上の偉人

から学ぶ、毛利高範の生涯と業績

-肥後(熊本県)出身の華族- 毛利高範は、肥後(熊本県)出身の華族です。1857年、熊本県天草郡河浦村に生まれました。父は肥後藩士毛利忠高、母は岡部氏です。毛利家は、戦国時代には肥後を治めた大名でしたが、江戸時代には肥後藩の藩士として仕えていました。 毛利高範は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。1871年、熊本英語学校に入学し、英語を学びました。1875年、東京大学法学部に入学し、法律を学びました。1879年に東京大学を卒業し、司法省に入省しました。 毛利高範は、司法省で判事を務めました。1891年には、東京地裁判事となり、1897年には、東京控訴裁判所判事となりました。1901年には、大審院判事となりました。1908年には、貴族院議員に勅選され、1911年には、枢密顧問官となりました。 毛利高範は、司法界で活躍し、日本の近代法制の整備に貢献しました。また、貴族院議員や枢密顧問官として、政治にも参画しました。 毛利高範は、1925年に死去しました。享年68歳でした。
スポーツカテゴリー

藤井瑞希 ~ロンドン五輪女子バドミントン日本初のメダル獲得~

-華麗なるバドミントン人生の始まり- 藤井瑞希の華麗なるバドミントン人生の始まりは、わずか3歳のときである。父である藤井信之氏が地元のスポーツクラブでバドミントン教室を開いており、瑞希はそこでバドミントンに出合った。 瑞希はすぐにバドミントンに夢中になり、毎日練習に励んだ。6歳のときには大会に出場し、優勝を果たした。9歳のときには日本ジュニア選手権で優勝し、12歳のときには全日本選手権で優勝した。 瑞希の才能は早くから開花し、16歳のときには中国で行われた世界ジュニア選手権で優勝した。17歳のときには、アテネオリンピックに出場し、ベスト8に進出した。 20歳のときには、北京オリンピックに出場したが、ベスト16で敗退した。しかし、瑞希は決してあきらめず、練習を続けた。そして、22歳のとき、ロンドンオリンピックに出場し、見事、銅メダルを獲得した。 瑞希は、ロンドンオリンピックの銅メダル獲得によって、日本女子バドミントン界で初めてメダルを獲得した選手となった。また、瑞希は、世界ランキング1位にも輝き、世界屈指のバドミントン選手となった。 瑞希の華麗なるバドミントン人生は、3歳のときに出合ったバドミントンによって始まった。そして、瑞希は、その才能と努力によって、世界屈指のバドミントン選手となった。
経済分野で活躍した人

有働良夫(1876~1937)- 明治・昭和時代前期の農業指導者

有働良夫の生涯 有働良夫は、1876年(明治9年)9月22日に、山形県西置賜郡上郷村(現・高畠町)に生まれました。父は、大工の有働忠八郎、母は、サダでした。良夫は、9人兄弟の3男として生まれました。 良夫は、幼い頃から農業に興味を持っていました。15歳の時、山形県立米沢中学校に入学しました。米沢中学校では、農業科を専攻しました。1895年(明治28年)に、米沢中学校を卒業しました。 良夫は、米沢中学校を卒業した後、東京農業大学に入学しました。東京農業大学では、農学を専攻しました。1900年(明治33年)に、東京農業大学を卒業しました。 良夫は、東京農業大学を卒業した後、山形県に戻りました。山形県では、農業指導者として働きました。良夫は、農民に新しい農業技術を指導しました。また、良夫は、農業団体の結成を支援しました。 良夫は、1937年(昭和12年)12月27日に、死去しました。享年61歳でした。
エンターテインメント

コピーライター四天王の一人「魚住勉」の人物像

-コピーライター四天王の一人「魚住勉」の人物像- -昭和後期の広告界をリードした人物- 魚住勉は、昭和後期の広告界をリードしたコピーライターとして知られています。1951年、東京都生まれ。1972年に博報堂に入社し、コピーライターとして活躍。1978年に退社し、独立して「魚住製作所」を設立。以降、数多くの広告キャンペーンを手掛け、コピーライター四天王の一人に数えられるようになりました。 魚住勉のコピーの特徴は、ユーモアとウィットに富んだものが多いことです。また、商品の特徴を的確に捉えたキャッチコピーを得意としていました。代表作には、「あの、ひとは、パナソニック。」「青春は、青と黄緑。」「そうだ、京都、行こう。」などがあります。 魚住勉は、広告界に数々の功績を残しました。1988年に毎日広告賞を受賞。1991年には、TCC最高賞を受賞しています。また、1994年には、紫綬褒章を受章しました。 魚住勉は、2016年に死去しました。享年65歳でした。しかし、彼の残したコピーは、今でも多くの人の心に残っています。
歴史上の偉人

– 阿部一行

阿部一行の生涯 阿部一行は、1940年(昭和15年)2月14日、東京都に生まれた。中央大学法学部を卒業後、1963年にフジテレビに入社した。報道局記者として、主に社会部を担当した。1971年に『FNNニュースレポート600』のキャスターに抜擢され、以来、1984年まで務めた。1984年から1985年まで、FNNニューヨーク支局長を務めた。1985年に帰国し、報道局次長に就任した。1990年に報道局長に昇進した。1994年から1996年まで、常務取締役を務めた。1996年から2003年まで、フジテレビ社長を務めた。 阿部一行は、フジテレビ社長時代、同局の報道体制を強化した。また、フジテレビの海外展開にも力を入れた。1997年、香港にフジテレビ721局を開局した。1998年、米国にフジテレビアメリカ局を開局した。2000年、韓国にフジテレビ韓国局を開局した。 阿部一行は、2003年6月にフジテレビ社長を退任した。退任後は、フジテレビ相談役を務めた。2017年5月14日、東京都内で逝去した。享年77歳。 阿部一行は、フジテレビの報道体制の強化や海外展開に貢献した。また、フジテレビの社長として、同局の発展に尽力した。