熊谷伊助

歴史上の偉人

– 松屋伊助(⇒熊谷伊助)

-松屋伊助 とは?- 松屋伊助は、江戸時代後期の浮世絵師です。本名は熊谷伊助ですが、松屋伊助の名で親しまれていることから、一般的には松屋伊助と呼ばれています。松屋伊助は、江戸の芝居小屋を主な舞台として、役者絵や風景画などを描きました。 松屋伊助は、文化元年(1804年)に江戸に生まれました。幼い頃から絵に興味があり、天保11年(1840年)には歌川国貞に入門しました。国貞は、当時の人気浮世絵師であり、松屋伊助はその画風を学びました。 松屋伊助は、天保14年(1843年)に浮世絵師としてデビューしました。最初は役者絵を描いていましたが、後に風景画や風俗画も描くようになりました。松屋伊助の作品は、その繊細な線描と美しい色彩で人気を集めました。 松屋伊助は、嘉永5年(1852年)に亡くなりました。享年49歳でした。松屋伊助の死は、浮世絵界に大きな損失を与えました。しかし、松屋伊助の作品は現在でも人気が高く、多くの美術館やコレクターに所蔵されています。 松屋伊助は、江戸時代後期の浮世絵師として活躍した人物です。その繊細な線描と美しい色彩で、役者絵や風景画などを描きました。松屋伊助の作品は、現在でも人気が高く、多くの美術館やコレクターに所蔵されています。