熊谷信直

歴史上の人物

「熊谷信直」

-熊谷信直の生涯- 熊谷信直は平安時代末期の武将。源義朝の家臣であり、源平合戦では源氏方として戦いました。 信直は現在の埼玉県熊谷市に生まれました。父は熊谷直実であり、母は不明です。信直は幼い頃から武芸に優れており、源義朝に見出されて家臣となりました。 信直は源平合戦では源氏方として戦い、多くの功績を挙げました。寿永3年(1184年)には、一ノ谷の戦いで平家方の武将・平重衡を討ち取りました。この功績で、信直は源頼朝より感状を授けられました。 元暦2年(1185年)には、壇ノ浦の戦いで平家方を滅ぼしました。この戦いで、信直は平家方の武将・平知盛を討ち取りました。この功績で、信直は源頼朝より感状を授けられ、加賀国の守護に任じられました。 文治5年(1189年)、信直は源頼朝が開催した富士の巻狩りに参加しました。この巻狩りで、信直は馬から落ちて重傷を負いました。この傷がもとで、信直は翌年に亡くなりました。 信直の死後、源頼朝は信直の功績を称えて、熊谷の地に廟所を建立しました。この廟所は現在も残されており、国の史跡に指定されています。 信直は武勇に優れた武将であり、源氏方として多くの功績を挙げました。信直の死は、源氏方にとって大きな損失となりました。