玉藻前曦袂

作家

江戸中期の浄瑠璃作者 浅田一鳥の軌跡

-江戸中期の浄瑠璃作者 浅田一鳥の軌跡- -謎に包まれた生涯- 浅田一鳥は、江戸時代中期の浄瑠璃作者である。享保年間(1716年~1736年)に活躍したとされ、その生涯については謎に包まれている。 一鳥の出生については、諸説あり、明らかになっていない。一説によると、大阪の裕福な商人の息子として生まれたとされる。また、京都の出身で、武士の家に生まれたともいわれる。 一鳥は、若い頃から浄瑠璃を好んでおり、浄瑠璃作者を志した。当時、浄瑠璃は、大衆の間で人気の高い芸能であり、多くの浄瑠璃作者が活躍していた。一鳥も、その一人として、浄瑠璃の世界に身を投じた。 一鳥の浄瑠璃作品は、その巧みな台詞回しや、登場人物の心理描写に定評があった。一鳥は、浄瑠璃を通じて、人々の心に訴えかける作品を数多く生み出した。 しかし、一鳥の生涯は、波乱に満ちたものであった。一鳥は、浄瑠璃作者として成功を収めたものの、その一方で、多くの苦難に直面した。一鳥は、酒に溺れ、借金を抱えてしまった。また、一鳥は、他の浄瑠璃作者とトラブルを起こし、一時は、浄瑠璃の世界から追放されてしまったこともあった。 一鳥は、苦難を乗り越えて、浄瑠璃作者として活動を続けた。一鳥は、晩年まで、浄瑠璃作品を書き続け、その作品は、人々に愛された。 一鳥は、享保20年(1736年)に、50歳前後の若さで亡くなった。一鳥の死後、その作品は、後世の浄瑠璃作者に大きな影響を与えた。一鳥は、江戸時代中期の浄瑠璃界を代表する浄瑠璃作者の一人である。