生理学者

学術分野の人

ー黒田源次ー

-黒田源次- -黒田源次の生涯- 黒田源次は、1876年、岡山県に生まれた。生家は、代々、恵まれた農家であったが、源次は14歳の時に父親を亡くし、家業を継ぐことになった。しかし、源次は農業には興味がなく、16歳の時に家を出奔し、大阪に出て、鉄工所で働き始めた。 19歳の時、源次は日清戦争に出征した。そして、帰国後、鉄工所の仕事に戻ったが、まもなく、日露戦争が勃発した。源次は再び出征し、旅順攻略戦で活躍した。 日露戦争後、源次は満州に渡り、鉄道の建設に従事した。そして、1912年、40歳の時に、黒田組を設立した。黒田組は、土木事業を中心に、急速に業績を伸ばし、やがて、日本を代表するゼネコンとなった。 源次は、1951年、75歳の時に、黒田組の社長を退任した。しかし、その後も、会長として、黒田組の発展に尽力した。源次は、1966年、90歳の時に、亡くなった。 源次は、若い頃から、勤勉で、努力家であった。そして、常に、新しいことに挑戦する精神を持っていた。源次は、日本の経済発展に大きく貢献した、一代で事業を起こした起業家である。 源次は、篤志家でもあり、社会に多額の寄付をした。特に、母校である岡山大学には、多額の寄付をして、図書館の建設や大学の運営に貢献した。 源次は、日本経済の発展に貢献しただけでなく、社会貢献活動にも尽力した、偉大な人物である。
歴史上の人物

江橋節郎:筋肉の収縮と弛緩の機構解明に貢献した生理学者

江橋節郎の生涯と功績 江橋節郎は、1908年に大阪府大阪市に生まれました。1931年に京都帝国大学医学部を卒業し、その後、同大学医学部助教授、教授を歴任しました。1956年に渡米し、ロチェスター大学医学部教授に就任しました。1971年に京都大学医学部教授に復帰し、1974年に定年退官しました。 江橋節郎の研究分野は、筋肉の収縮と弛緩の機構です。彼は、筋肉の収縮・弛緩の際に起こる生化学的変化を調べ、筋肉の収縮にATPが不可欠であることを発見しました。また、筋原繊維の生化学的な収縮機構を解明し、筋肉の収縮と弛緩の機構を明らかにしました。 江橋節郎の功績は、筋肉の収縮と弛緩の機構を解明したことだけでなく、筋肉の生化学と生理学の発展にも貢献したことです。彼は、筋肉の生化学と生理学の分野で数多くの業績を残し、世界の筋肉研究をリードする役割を果たしました。 江橋節郎は、1995年に京都市で亡くなりました。享年87歳でした。
学術分野の人

勝木保次 – 昭和-平成時代の生理学者

-脳の聴覚機構の研究- 勝木保次は、脳の聴覚機構の研究においても大きな功績を残した。彼は、聴覚神経の研究から、聴覚皮質の機能を明らかにしようとした。 勝木は、最初に、聴覚神経の研究を行った。聴覚神経は、内耳から脳まで音を伝える神経で、勝木は、この神経の電気的活動を記録した。その結果、勝木は、聴覚神経が、音の周波数や強度に応じて異なるパターンで活動することを発見した。 勝木は、次に、聴覚皮質の研究を行った。聴覚皮質は、脳の大脳皮質の一部で、音の認識や処理に関与している。勝木は、聴覚皮質の電気的活動を記録し、その活動を音の刺激に応じて変化することを発見した。 勝木の研究により、脳の聴覚機構が、音の周波数や強度に応じてどのように活動しているかが明らかになった。また、勝木の研究は、聴覚障害の治療や、人工内耳の開発にも貢献した。 勝木は、脳の聴覚機構の研究において、世界的な権威となった。彼は、1965年に、聴覚に関する著書『聴覚の神経生理学』を出版し、その著書は、世界中の研究者や学生に影響を与えた。 勝木は、1964年に、東京大学教授に就任し、1971年に、日本学士院会員に選出された。また、勝木は、多くの賞を受賞しており、1975年には、文化勲章を受章した。 勝木は、1997年に91歳で亡くなった。しかし、彼の研究は、今もなお、脳の聴覚機構の研究において重要な役割を果たしている。
学術分野の人

佐川喜一

佐川喜一は、1948年8月26日に北海道函館市に生まれた。父は警察官、母は主婦であった。佐川喜一は、3人兄弟の次男であり、兄と妹がいた。佐川喜一は、幼少期から成績優秀で、小学校、中学校、高校と常にトップクラスの成績を収めていた。また、佐川喜一は、スポーツ万能で、野球、サッカー、バスケットボールなど、様々なスポーツを得意としていた。 佐川喜一は、高校卒業後、北海道大学経済学部に進学した。大学でも、佐川喜一は成績優秀で、常にトップクラスの成績を収めていた。また、佐川喜一は、大学在学中に国家公務員試験に合格し、財務省に入省した。 佐川喜一は、財務省に入省後、様々な部署を歴任し、2017年には財務事務次官に就任した。財務事務次官は、財務省のトップであり、日本の財政政策を担う重要なポストである。佐川喜一は、財務事務次官として、日本の財政再建に取り組み、一定の成果を上げた。 しかし、佐川喜一は2019年に財務事務次官を辞任した。佐川喜一の辞任は、森友学園問題や加計学園問題への関与が疑われたためであった。森友学園問題とは、大阪市の学校法人森友学園が、国有地を格安で取得したとされる問題であり、加計学園問題とは、愛媛県の学校法人加計学園が、獣医学部を新設する際に、国から便宜を受けた疑いがある問題である。 佐川喜一は、森友学園問題や加計学園問題への関与を否定したが、これらの問題への関与が疑われたことが原因で、財務事務次官を辞任した。佐川喜一の辞任は、日本の財政政策に大きな影響を与えた。
学術分野の人

「佐武安太郎」

佐武安太郎の功績 佐武安太郎は、1865年に現在の神奈川県小田原市に生まれた日本の実業家であり、政治家です。早稲田大学の前身である東京専門学校を創設し、日本の教育界に大きな貢献をしました。また、日本商工会議所の前身である東京商業会議所を創設し、日本の経済界にも大きな貢献をしました。 佐武安太郎の功績は、主に以下のようなものです。 * 東京専門学校(早稲田大学の前身)の創設 佐武安太郎は、1882年に東京専門学校を創設しました。東京専門学校は、日本の私立大学の先駆けであり、多くの人材を輩出しました。早稲田大学は、現在では日本の私立大学を代表する大学のひとつとなっています。 * 東京商業会議所(日本商工会議所の前身)の創設 佐武安太郎は、1892年に東京商業会議所を創設しました。東京商業会議所は、日本の商工会議所の先駆けであり、日本の経済界の発展に大きな貢献をしました。日本商工会議所は、現在では日本の商工会議所の代表的な団体となっています。 * 日本女子大学設立の功績 1901年には、日本女子大学設立に功績を残しました。女性の高等教育に尽力した功績は大きく、日本における女性の地位向上に貢献しました。 * その他の功績 佐武安太郎は、その他にも、以下の功績を残しています。 ・東京市会議員、衆議院議員などを歴任し、日本の政治にも貢献した。 ・東京瓦斯会社、東京電灯会社など、多くの企業の経営に携わり、日本の経済の発展にも貢献した。 ・社会事業にも力を入れ、麻布慈善学校、私立東京盲唖学校などを設立して、社会福祉の向上にも貢献した。 佐武安太郎は、日本の経済界、教育界、政治界の発展に大きな貢献をした偉大な人物です。
学術分野の人

「山極一三」

- 山極一三の生涯 山極一三は、1954年7月5日、東京都に生まれました。父は東京大学の教授であり、母は医師でした。一三は、幼い頃から自然や生き物に興味を持ち、よく昆虫採集や野鳥観察をしていました。また、一三は、音楽にも才能があり、ピアノを弾いていました。 一三は、1973年に東京大学理学部生物学科に入学しました。大学では、動物学を専攻し、昆虫の生態や行動を研究しました。また、一三は、大学時代から、国立科学博物館に通い、研究者として働いていました。 一三は、1980年に東京大学大学院理学研究科に進学し、動物学を専攻しました。大学院では、昆虫の比較行動学を研究し、博士号を取得しました。その後、一三は、国立科学博物館の研究員となり、昆虫の行動や生態を研究しました。 一三は、1990年に東京大学の助教授に就任しました。助教授としては、昆虫の行動や生態を研究し、多くの論文を発表しました。また、一三は、東京大学で、動物学の講義を担当しました。 一三は、1998年に東京大学の教授に就任しました。教授としては、昆虫の行動や生態を研究し、多くの論文を発表しました。また、一三は、東京大学で、動物学の講義を担当しました。 一三は、2013年に東京大学の学長に就任しました。学長としては、東京大学の改革に取り組み、大学の国際化や研究力強化を推進しました。また、一三は、東京大学で、多くの講演会やシンポジウムを開催しました。 一三は、2017年に東京大学の学長を退任しました。退任後は、国立科学博物館の館長に就任しました。館長としては、国立科学博物館の改革に取り組み、博物館の展示や研究を充実させました。また、一三は、国立科学博物館で、多くの講演会やシンポジウムを開催しました。 一三は、2022年に国立科学博物館の館長を退任しました。退任後は、東京大学名誉教授となり、研究や講演活動を行っています。
学術分野の人

「市原硬」

-「市原硬」- -生涯- 市原硬(1934年-2012年)は、日本の実業家。リコー社長、会長を務めた。 1934年、東京都に生まれる。1957年、東京大学経済学部を卒業し、リコーに入社。経理部、営業部などを経て、1983年に取締役、1988年に社長に就任。 社長就任時にリコーは、コピー機の販売不振やパソコン事業の失敗などで経営危機に陥っていた。しかし、市原硬はリストラや営業体制の強化など大胆な改革を行い、リコーを再建させた。 また、市原硬は、複合機やオフィスソリューション事業に注力し、リコーを世界的な企業に成長させた。2003年に会長に退き、2012年に逝去した。 市原硬は、日本の経営界を代表するカリスマ経営者の一人であり、その経営手腕は高く評価されている。 主な経歴 * 1934年東京都に生まれる。 * 1957年東京大学経済学部を卒業し、リコーに入社。 * 1983年取締役就任。 * 1988年社長就任。 * 2003年会長に就任。 * 2012年逝去。 主な業績 * リコーを再建させ、世界的な企業に成長させた。 * 複合機やオフィスソリューション事業に注力し、リコーを世界的な企業に成長させた。 * 日本経営者団体連盟の会長を務めた。 * 経済団体連合会の副会長を務めた。
学術分野の人

猪飼道夫:運動生理学の研究と東京大学での教授職

-猪飼道夫の生涯と経歴- 猪飼道夫は1924年3月15日に徳島県阿南市に生まれました。1942年に徳島県立徳島中学校を卒業した後、京都帝国大学医学部に進学しました。1947年に京都帝国大学医学部を卒業し、京都帝国大学医学部助手となりました。1952年に京都大学医学部講師となり、1959年に京都大学医学部教授に昇進しました。1971年に東京大学医学部教授に就任し、1989年に東京大学を定年退職しました。 猪飼道夫は、運動生理学の分野で多くの業績を上げました。1954年に、運動時の酸素摂取量と心拍数との関係に関する研究で日本生理学会賞を受賞しました。1964年には、運動時の筋肉のエネルギー代謝に関する研究でアメリカ生理学会賞を受賞しました。1971年には、運動時の疲労に関する研究で国際生理学会賞を受賞しました。 猪飼道夫は、運動生理学の分野において世界的な権威として知られており、多くの研究者や学生を指導しました。また、日本生理学会会長や日本運動生理学会会長などの要職を歴任しました。1994年に逝去しました。
学術分野の人

内山孝一→ 生理学者、医史学者の生涯とその功績

内山孝一の生涯と業績 内山孝一は、1863年(文久3年)8月17日に、江戸・芝新銭座に生まれた。幼少期より学問を好み、1879年(明治12年)に東京大学医学部に入学した。卒業後は、東京大学医学部で助手として勤務し、1890年(明治23年)に教授に昇進した。1896年(明治29年)には、文部大臣より、ドイツへの留学を命じられ、2年間ベルリン大学で生理学を学んだ。 帰国後は、東京大学医学部で教授として生理学を講じ、同時に、日本生理学会の設立に尽力した。1903年(明治36年)には、日本生理学会の初代会長に就任している。その後も、東京大学医学部で生理学を講じ、1923年(大正12年)に名誉教授となった。 内山孝一は、生理学の分野で多くの業績を残した。特に、神経生理学の分野での業績は顕著であり、神経の興奮伝導や神経筋接合部の研究に大きな貢献をした。また、医史学の分野でも業績を残しており、日本の医学史に関する研究書を数多く執筆している。 内山孝一は、1935年(昭和10年)8月12日に、東京で死去した。享年73歳。内山孝一の業績は、日本の生理学と医史学の発展に大きく貢献した。
学術分野の人

板垣政参 (1882-1967) – 大正昭和時代の生理学者

-九州帝大教授として活躍- 板垣政参は、1929年、九州帝国大学教授に就任しました。生理学を任され、生理学教室を主宰しました。板垣は九州大学で、心臓の冠状動脈の循環や横隔膜の運動の研究を続け、多くの業績を上げました。 九州大学で板垣が最も重要な研究のひとつは、心臓の冠状動脈の循環の研究でした。冠状動脈は、心臓に血液と酸素を供給する血管です。板垣は、冠状動脈の循環を測定する方法を開発し、冠状動脈の循環が心臓の活動によって変化することを発見しました。この発見は、心臓の病気を診断し、治療するのに役立ちました。 板垣のもう一つの重要な研究は、横隔膜の運動の研究でした。横隔膜は、胸部と腹部の間の筋肉です。横隔膜は、呼吸の時に収縮して、肺を膨らませたり、縮ませたりします。板垣は、横隔膜の運動を測定する方法を開発し、横隔膜の運動が神経系によって制御されていることを発見しました。この発見は、呼吸器系の病気を診断し、治療するのに役立ちました。 板垣は、九州大学で多くの学生を指導しました。板垣の学生の中には、後に生理学の分野で活躍する研究者となった人も多くいます。板垣は、九州大学で生理学の発展に貢献しました。 板垣は、1952年に九州大学を退官しました。退官後は、福岡市で開業医として働きました。板垣は、1967年に福岡市で亡くなりました。
スポーツ分野の人

– 木下東作

-生理学者からスポーツ評論家へ転身- 木下東作氏は、1964年東京都生まれのスポーツ評論家です。慶應義塾大学卒業後、聖マリアンナ医科大学大学院で医学博士号を取得。生理学者として、東京大学医学部、聖マリアンナ医科大学、筑波大学などで研究に従事しました。 研究者として活躍する一方、木下氏はスポーツにも深い造詣を持っていました。学生時代には、慶應義塾大学ラグビー部で活躍し、卒業後も社会人ラグビーチームでプレーを続けました。また、スポーツ科学の研究も行い、論文や著書を多数発表しています。 そんな木下氏が、2006年にスポーツ評論家に転身しました。スポーツ評論家として、テレビやラジオ、新聞などで活躍し、そのわかりやすい解説と鋭い分析で人気を博しています。木下氏のスポーツ評論は、単なるスポーツの解説にとどまらず、社会問題や人生哲学など、幅広いテーマにまで及んでいます。その独自の視点とユーモア溢れる語り口は、多くの人々に支持されています。 木下氏のスポーツ評論家としての活動は、スポーツ界だけでなく、社会全体にも大きな影響を与えています。木下氏の評論は、スポーツの持つ力を再認識させ、スポーツをより身近なものにしました。また、木下氏の評論は、スポーツ選手や指導者にも大きな影響を与え、スポーツ界の発展に貢献しています。 木下氏のスポーツ評論家としての活動は、多くの人々にスポーツの楽しさや素晴らしさを伝えています。また、木下氏の評論は、スポーツ界の発展にも貢献しています。木下氏は、日本のスポーツ界を代表するスポーツ評論家であり、今後ますます活躍が期待されています。
学術分野の人

永井潜:物理学、化学、実験技術を生理学に導入した明治-昭和時代の生理学者

- 永井潜の生涯と功績 永井潜(ながい かくれん、1875年11月8日 - 1955年10月19日)は、日本の生理学者、医学博士。東京帝国大学教授、慶應義塾大学教授、日本生理学会初代会長などを歴任した。 永井は、1875年に長野県上田市に生まれた。東京帝国大学医科大学を卒業後、同大学院に進学して生理学を専攻した。1904年に博士号を取得し、同大学講師に就任した。 1906年に、永井はアメリカ合衆国に留学し、ハーバード大学とシカゴ大学で生理学を研究した。1909年に帰国し、東京帝国大学教授に就任した。 永井は、物理学、化学、実験技術を生理学に導入し、生理学の発展に大きく貢献した。特に、筋肉の生理学と神経の生理学の研究で顕著な業績を残した。 1928年に、永井は東京帝国大学を退官し、慶應義塾大学教授に就任した。慶應義塾大学では、生理学教室を設立し、生理学の教育と研究に尽力した。 1949年に、永井は日本生理学会初代会長に就任した。日本生理学会は、日本の生理学者の団体であり、生理学の研究と発展を目的としている。 永井は、1955年に79歳で亡くなった。彼の死は、日本の生理学界に大きな損失となった。 永井は、日本の生理学の発展に大きく貢献した偉大な生理学者である。彼の業績は、今日でも高く評価されている。
学術分野の人

杉本良一(1901ー1964 昭和時代の生理学者)

杉本良一の生い立ちと経歴 杉本良一は、1901年7月22日に石川県羽咋郡宝達村(現・宝達志水町)に生まれた。父は杉本兼蔵、母はスエ。幼少期から成績優秀で、羽咋尋常高等小学校を卒業後は、石川県立金沢第一中学校に進学。中学卒業後は、東京帝国大学医学部に入学した。 東京帝国大学医学部在学中は、生理学を専攻し、1926年に卒業。卒業後は、東京帝国大学医学部生理学教室の助手として勤務した。1929年に、東京帝国大学医学部講師に昇進。1932年には、東京帝国大学医学部助教授に昇進した。 1934年に、東京帝国大学医学部教授に昇進。1936年には、東京帝国大学医学部生理学教室主任に就任した。1941年には、東京帝国大学医学部学部長に就任した。1943年には、文部大臣賞を受賞した。 1945年に、東京帝国大学医学部を退官。退官後は、東京医学専門学校(現・東京医科歯科大学)の教授に就任した。1947年には、東京医学専門学校の校長に就任した。 1949年に、東京医学専門学校を退職。退職後は、東京大学医学部生理学教室の客員教授として勤務した。1953年には、東京大学医学部生理学教室の主任教授に就任した。 1964年7月1日に、東京都文京区の自宅で死去。享年62。
学術分野の人

杉靖三郎 – 生理学者、医学評論家

-電気生理学を専攻- 杉靖三郎は、1920年(大正9年)に東京帝国大学医学部を卒業し、その後、同大学大学院に進学して生理学を専攻しました。1923年(大正12年)に大学院を修了し、東京帝国大学医学部講師に就任しました。その後、1925年(大正14年)に助教授に昇進し、1927年(昭和2年)には教授に昇進しました。 杉靖三郎は、電気生理学の分野で多くの研究を行い、神経細胞の膜電位と膜電流の関係や、神経細胞の動作電位などの解明に大きく貢献しました。また、杉靖三郎は、電気生理学の研究成果を医学に応用し、心電図や脳波などの検査法の開発にも貢献しました。 杉靖三郎は、1962年(昭和37年)に東京大学を退官し、名誉教授の称号を授与されました。その後、1964年(昭和39年)に日本医学会会長に就任し、1967年(昭和42年)には日本学士院会員に選出されました。 杉靖三郎は、1984年(昭和59年)に死去しました。享年84歳でした。杉靖三郎は、電気生理学の分野で大きな功績を残した生理学者であり、医学評論家でありました。
学術分野の人

「細谷雄二」について

- 細谷雄二の生涯と功績 細谷雄二は、1911年(明治44年)に東京都に生まれました。東大医学部卒業後、東京帝国大学医学部助手となり、細菌学の研究を始めました。1942年(昭和17年)に細谷は、細菌の細胞壁を構成するペプチドグリカンの構造を解明し、この発見は細菌学の分野に大きな影響を与えました。 1945年(昭和20年)に細谷は、東京大学医学部教授に就任し、細菌学の研究を続けました。1953年(昭和28年)には、細菌の感染防御機構を解明し、この発見は細菌学の分野に大きな影響を与えました。1961年(昭和36年)には、細菌の遺伝子の構造を解明し、この発見は細菌学の分野に大きな影響を与えました。 1965年(昭和40年)に細谷は、東京大学医学部を退職し、日本学術会議会長に就任しました。1968年(昭和43年)には、日本学術振興会会長に就任しました。1974年(昭和49年)には、日本学術会議会長に再任されました。1981年(昭和56年)に細谷は、日本学術振興会会長を退任しました。1982年(昭和57年)に細谷は、文化功労者に選出されました。1993年(平成5年)に細谷は、東京で亡くなりました。 細谷は、細菌学の分野に大きな貢献をした研究者であり、日本の学術界をリードした人物です。細谷の功績は、日本の科学技術の発展に大きく寄与しました。
学術分野の人

久野寧

-久野寧の生涯- 久野寧(1891-1969)は、日本の外交官、政治家です。外務大臣、駐米大使、衆議院議員などを歴任しました。 久野寧は、1891年12月26日に東京府麹町区(現・東京都千代田区)で、父・久野寧一と母・久野フサの間に生まれました。1915年に東京帝国大学法科大学を卒業後、外務省に入省しました。その後、ドイツ、フランス、イギリスなどに勤務し、1929年に帰国しました。 1930年代後半には、日中戦争の勃発に伴い、外務次官として戦争の外交交渉を担当しました。1940年に外務大臣に就任し、1941年の太平洋戦争の勃発までその職を務めました。太平洋戦争中は、外務次官や駐米大使などを歴任しました。 1945年8月15日に日本が降伏した後、久野寧は外務大臣を辞任し、政界を引退しました。その後は、日本外政史研究所の理事長や、日本国際政治学会の会長などを歴任しました。 久野寧は、1969年1月23日に東京都世田谷区の自宅で死去しました。享年77歳でした。 久野寧は、日本の外交官として、日中戦争や太平洋戦争など、日本の外交政策の転換期に重要な役割を果たしました。また、戦後は、外務大臣や駐米大使として、日本の外交政策の立案・実施に携わり、日本の国際社会復帰に貢献しました。
学術分野の人

入沢宏:心臓の筋肉細胞の研究で上原賞を受賞した生理学者

入沢宏の生涯と経歴 入沢宏は、1927年10月15日に北海道札幌市に生まれました。1952年に北海道大学医学部を卒業し、1956年に同大学院博士課程を修了しました。その後、ハーバード大学医学部で研究員として勤務し、1961年に帰国しました。 帰国後、入沢は北海道大学医学部教授に就任しました。1968年には、上原賞を受賞しました。上原賞は、日本の生理学者の上原佑吉の功績を記念して創設された賞であり、生理学の分野で優れた業績を上げた研究者に贈られます。 入沢は、心臓の筋肉細胞の研究で大きな功績を上げました。心臓の筋肉細胞は、心臓の収縮を担う細胞であり、心臓の働きを維持する上で重要な役割を果たしています。入沢は、心臓の筋肉細胞の電気生理学的な性質を研究し、心臓の収縮のメカニズムを明らかにしました。 また、入沢は、心臓の筋肉細胞のイオンチャネルの研究でも大きな功績を上げました。イオンチャネルは、細胞膜に存在するタンパク質の一種であり、細胞内外の間のイオンの移動を制御しています。入沢は、心臓の筋肉細胞のイオンチャネルの性質を研究し、心臓の収縮の制御メカニズムを明らかにしました。 入沢の研究は、心臓の病態生理学の発展に大きく貢献しました。また、入沢の研究は、心臓の薬物の開発にもつながりました。入沢は、2006年12月26日に亡くなりましたが、彼の研究成果は今日もなお、心臓の病態生理学の発展に寄与しています。
歴史上の人物

生沼曹六:感覚生理と航空生理学の研究者

-生沼曹六の生涯と功績- 生沼曹六は、1896年(明治29年)10月13日に愛知県名古屋市で、父・生沼藤右衛門と母・チヨの間に生まれた。1919年(大正8年)に東京帝国大学理学部動物学科を卒業し、1923年(大正12年)に同大学院を修了した。1924年(大正13年)に東京帝大理学部助手となり、1929年(昭和4年)に同大学助教授に昇進した。1933年(昭和8年)には同大学教授に就任し、1949年(昭和24年)までその職にあった。 生沼曹六の研究分野は、感覚生理学と航空生理学である。感覚生理学の分野では、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などの感覚器官の働きを研究した。航空生理学の分野では、航空機に乗るパイロットや乗客の生理的変化を研究し、航空機の設計や運航に役立てるための知見を得た。 生沼曹六は、1941年(昭和16年)に航空医学研究所の初代所長に就任した。航空医学研究所は、航空機の開発や運用に必要な医学的知見を得るために設立された機関である。生沼曹六は、航空医学研究所の所長として、航空機の設計や運航に役立てるための研究を推進した。 生沼曹六は、1955年(昭和30年)に東京大学を退官し、その後は静岡大学教授や静岡県立大学学長を歴任した。1975年(昭和50年)に文化功労者に選ばれた。1982年(昭和57年)1月21日に神奈川県鎌倉市で死去した。 生沼曹六は、感覚生理学と航空生理学の分野で大きな功績を残した研究者である。彼の研究成果は、航空機の開発や運用に役立てられ、航空機の安全性を向上させるのに貢献した。
学術分野の人

石川日出鶴丸(1878 – 1947) – 生理学者

石川日出鶴丸の生涯と功績 石川日出鶴丸は、1878年(明治11年)6月25日に石川県の金沢市で生まれました。1902年に東京帝国大学医学部を卒業し、1904年に渡独して生理学を学びました。1909年に帰国し、東京帝国大学医学部生理学講座を設立。1937年に退官するまで、生理学の研究や教育に尽力しました。 石川日出鶴丸の主な功績は、以下のとおりです。 * 心臓の働きを研究し、心臓の興奮の伝播速度が一定であることを発見しました。 * 筋肉の働きを研究し、筋肉が収縮する際にエネルギーを消費することを明らかにしました。 * 消化器系の働きを研究し、胃液の分泌が神経によって調節されていることを発見しました。 石川日出鶴丸の研究は、生理学の発展に大きく貢献しました。また、石川日出鶴丸は、多くの学生を育て、生理学の発展に貢献しました。 石川日出鶴丸は、1947年(昭和22年)7月4日に69歳で死去しました。 石川日出鶴丸は、日本の生理学の先駆者として知られています。石川日出鶴丸の研究は、生理学の発展に大きく貢献しました。また、石川日出鶴丸は、多くの学生を育て、生理学の発展に貢献しました。
学術分野の人

生理学者 本川弘一 – 脳波と色覚の研究で知られる

橋田邦彦に師事し、電気生理学を専攻 本川弘一は、1922年(大正11年)に東京で生まれました。東京大学医学部を卒業し、橋田邦彦に師事して電気生理学を専攻しました。1953年(昭和28年)には、「脳波の研究」で医学博士の学位を取得しました。 橋田邦彦は、日本の生理学者で、東京大学医学部の教授を務めました。脳波の研究で知られ、日本における脳波研究の第一人者とされています。本川弘一は、橋田邦彦に師事することで、脳波の研究の基礎を学びました。 本川弘一は、脳波の研究以外にも、色覚の研究でも知られています。1960年(昭和35年)には、「色覚の研究」で日本学士院賞を受賞しました。本川弘一は、色覚の研究を通じて、人間の視覚の仕組みを解明することに貢献しました。 本川弘一は、1987年(昭和62年)に東京大学医学部の教授を退職しました。その後は、東京大学名誉教授として、研究活動を続けました。本川弘一は、2009年(平成21年)に亡くなりました。
学術分野の人

『名取礼二』

-小見出し「功績筋原線維の分離」- -1. 筋原線維の分離とは- 筋原線維の分離とは、筋肉を構成する筋原線維を個別に分離する技術のことです。筋原線維とは、筋肉の最小単位であり、タンパク質のミオシンとアクチンが交互に並んだミオフィラメントで構成されています。ミオフィラメントは、筋肉が収縮したり弛緩したりする際に滑り合って長さが変化します。 -2. 筋原線維の分離の意義- 筋原線維の分離は、筋肉の収縮機構を研究する上で重要な役割を果たしています。筋原線維を個別に分離することで、ミオフィラメントの構造や機能を詳細に観察することが可能になります。また、筋原線維を単離することで、筋肉の収縮を制御するタンパク質を同定することもできます。 -3. 名取礼二の功績- 名取礼二は、1969年に筋原線維の分離に世界で初めて成功した日本の生物学者です。名取は、筋肉をトリプシンなどの酵素で処理することで、筋原線維を個別に分離することに成功しました。この功績により、名取は筋肉の収縮機構の研究に大きな貢献をしました。 -4. 筋原線維の分離の応用- 筋原線維の分離技術は、筋肉の収縮機構の研究だけでなく、筋疾患の診断や治療にも応用されています。例えば、筋原線維の分離によって、筋疾患の原因となる遺伝子を同定することが可能です。また、筋原線維を培養して移植することで、筋疾患の治療を行うこともできます。 -5. 名取礼二への評価- 名取礼二は、筋原線維の分離に世界で初めて成功した生物学者として高く評価されています。名取の功績により、筋肉の収縮機構の研究が大きく進展し、筋疾患の診断や治療にも新しい道を切り開きました。名取は、日本の生物学の発展に多大な貢献をした偉大な科学者です。
学術分野の人

笹川久吾

-笹川久吾 生い立ちと学歴- 笹川久吾は、1927年(昭和2年)1月7日に、兵庫県尼崎市大物町魚崎に生まれた。父は海運業を営み、母は主婦であった。久吾は、三男坊で、兄と姉がいた。 久吾は、幼少期を尼崎で過ごした。家は裕福で、久吾はのびのびと育った。小学校時代は、成績優秀で、スポーツも得意であった。また、久吾は、読書家で、歴史や文学の本をよく読んでいた。 久吾は、尼崎市立大物中学校を卒業後、大阪市立大学経済学部に進学した。大学時代は、軽音楽部に所属し、ギターを演奏していた。また、久吾は、学生自治会の活動にも積極的に参加していた。 久吾は、1951年(昭和26年)に、大阪市立大学経済学部を卒業した。卒業後は、家業の海運業を手伝った。しかし、久吾は、海運業には興味を持てず、2年後に退職した。 久吾は、退職後、新聞記者として働いた。新聞記者時代は、主に政治や経済の分野を担当していた。また、久吾は、新聞社主催の講演会や座談会にもよく参加していた。 久吾は、1964年(昭和39年)に、新聞社を退職した。退職後は、フリーランスのジャーナリストとして活動した。久吾は、雑誌や新聞に記事を寄稿したり、テレビやラジオに出演したりしていた。 久吾は、1999年(平成11年)に、72歳で亡くなった。
学術分野の人

佐藤煕

- 佐藤煕 の生い立ちと経歴 佐藤煕 は、1965年1月1日に東京都で生まれた、日本の実業家です。株式会社楽天の代表取締役会長兼社長を務めています。 佐藤は、東京都立国立高等学校を卒業後、1987年に早稲田大学商学部を卒業しました。卒業後は、伊藤忠商事に入社しました。伊藤忠商事では、主に繊維部門で勤務し、2000年に執行役員となりました。 2001年に、楽天を設立しました。楽天は、オンラインショッピングモールやインターネットサービスなどを展開する企業です。佐藤は、楽天の代表取締役社長に就任しました。楽天は、順調に業績を拡大し、2005年に東証マザーズに上場しました。 2009年、楽天は東証一部に上場しました。楽天は、その後も業績を拡大し、2016年に楽天カード株式会社を傘下に収めました。佐藤は、2017年に楽天の代表取締役会長兼社長に就任しました。 佐藤は、2018年に日本経済団体連合会の副会長に就任しました。日本経済団体連合会は、日本の経済界の代表的な団体です。佐藤は、日本経済団体連合会の副会長として、日本の経済政策の策定に携わっています。 佐藤は、若くして楽天を起業し、成功を収めた実業家です。佐藤は、日本の経済界を牽引する人物として期待されています。
学術分野の人

小池厳雄   明治-大正時代の生理学者

明治16年に生まれ、大正4年に33歳で夭折した生理学者、小池厳雄について解説します。 小池厳雄は、1883年(明治16年)に東京で生まれました。東京帝国大学医学部を卒業後、ドイツに留学し、生理学を学びました。帰国後は、東京帝国大学医学部教授となり、生理学の研究と教育に尽力しました。 小池厳雄の研究は、主に神経生理学と内分泌学の分野でした。神経生理学の分野では、脳の機能や神経伝達のメカニズムについて研究しました。内分泌学の分野では、甲状腺ホルモンの作用や糖尿病の病態について研究しました。 小池厳雄は、日本の生理学の発展に大きく貢献した人物です。彼の研究は、神経生理学と内分泌学の分野に大きな影響を与え、今日の医学の発展の基礎となりました。 小池厳雄は、大正4年(1915年)に33歳の若さで亡くなりました。彼の死は、日本の生理学界にとって大きな損失となりました。しかし、彼の研究は、今日でも多くの研究者に影響を与えています。