田村藍水

研究者

– 「松田長元」

-# 松田長元 -- 松田長元の生涯 松田長元は、戦国時代の武将。美濃国(現在の岐阜県南部)の戦国大名・斎藤道三の家臣。通称は左近。官位は伊豆守。 長元の出自は不明だが、美濃国の豪族である松田氏の出身であると推測されている。斎藤道三に仕えて、その軍師として活躍した。 長元は、天文2年(1533年)に道三が美濃国を統一した際に功績をあげ、郡代として美濃国の政務を任された。道三が死去した天文17年(1548年)には、道三の嫡男・斎藤義龍を擁立して家督を継がせ、その補佐役として政務を執った。 しかし、義龍は長元を疎ましく思い、天文21年(1552年)に長元を謀殺した。長元の死後、美濃国は義龍と弟の斎藤龍興の内紛により乱れ、最終的には織田信長によって滅亡させられた。 長元は、優れた軍略家であり、斎藤道三の天下統一事業を支えた功労者である。しかし、義龍の猜疑心によって謀殺され、その才能は十分に発揮されなかった。
研究者

– 「田村藍水」 – 江戸時代中期の本草家

田村藍水(たむら らんすい、1718年 - 1774年)は、江戸時代中期の本草家です。 田村藍水の生涯と功績 田村藍水は、1718年(享保3年)に江戸で生まれました。本名は田村重信といい、藍水は号です。幼い頃から本草学に興味を持ち、18歳の時に本草学者である貝原益軒の門下に入りました。 貝原益軒のもとで本草学を学んだ藍水は、やがて頭角を現し、25歳の時には「本草綱目啓蒙」という本草学の入門書を著しました。この本は、本草学の入門書として広く読まれ、藍水の評判を高めました。 藍水は、本草学の研究だけでなく、実地での薬草の栽培にも力を入れました。1755年(宝暦5年)には、現在の東京都あきる野市にある五日市に薬草園を開設し、そこで薬草の栽培と研究を行いました。 藍水の薬草園は、多くの本草学者や薬剤師が訪れるようになり、本草学の発展に貢献しました。また、藍水は本草学の知識を活かして、多くの漢方薬を開発し、人々の健康に貢献しました。 藍水は、1774年(安永3年)に57歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。藍水の著作は、本草学の発展に大きく貢献しており、現在でも多くの本草学者や薬剤師が参照しています。また、藍水の薬草園は、現在も保存されており、本草学の歴史を学ぶ貴重な場所となっています。
研究者

栗本丹洲 – 江戸時代中・後期の本草学家

栗本丹洲の生涯と功績 栗本丹洲(くりもと たんすう、1654年 - 1727年)は、江戸時代中・後期の医師、本草学者。本姓は丹羽。通称は与右衛門。名は仲、のちに得能とし、隠居後は丹洲と号した。 丹洲は、京都に生まれ、医者をしていた父の元で医学を学ぶ。その後、江戸に遊学し、本草学を荒木田守武に、儒学を伊東東涯に師事した。 30歳の時に京都に戻り、医業を開業。また、本草学の研究に没頭し、多くの著作を残した。丹洲の功績は、本草学の体系化にある。丹洲は、本草学の古典である『本草綱目』を元に、日本の植物を分類し、その薬効を記した『和漢三才図会』を編纂した。 『和漢三才図会』は、本草学のバイブルとして、長く珍重され、日本の医学の発展に貢献した。丹洲は、また、本草学の教育にも力を注ぎ、多くの弟子を育てた。その中でも、貝原益軒は、丹洲の教えを受けて、本草学の大家となった。 丹洲は、1727年に74歳で死去した。丹洲の死後、その蔵書は、丹洲文庫として、幕府に献上され、貴重な資料として保存されている。
研究者

田村元長の生涯と功績

田村元長は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。田村氏18代当主。伊達政宗の従兄弟。三春城主。 田村元長は、天文23年(1554年)に、田村隆顕の子として生まれました。永禄3年(1560年)に父が死去すると、家督を相続して田村氏18代当主となりました。 元長は、伊達氏と同盟して、相馬氏や蘆名氏と戦いました。また、天正12年(1584年)には、豊臣秀吉の小田原征伐に従軍しました。 天正13年(1585年)、元長は、伊達政宗と対立し、摺上原の戦いで敗北しました。その後、政宗の仲介で和解し、伊達氏と同盟を復活させました。 天正18年(1590年)、元長は、豊臣秀吉の九州征伐に従軍しました。戦後、秀吉から肥後国益城郡1万石を与えられました。 文禄元年(1592年)、元長は、朝鮮出兵に従軍しました。戦後、秀吉から肥後国飽託郡1万石を与えられました。 慶長5年(1600年)、元長は、関ヶ原の戦いで東軍に属して戦いました。戦後、徳川家康から陸奥国田村郡1万石を与えられました。 慶長19年(1614年)、元長は、大阪冬の陣に従軍しました。戦後、元長は、徳川家康から陸奥国田村郡2万石を与えられました。 元和2年(1616年)、元長は、三春城主となりました。 元和9年(1623年)、元長は、死去しました。享年70歳でした。 元長は、田村氏を中興した名将として知られています。また、伊達政宗の従兄弟として、政宗と親密な関係を築いていました。
研究者

後藤梨春の生涯と功績

後藤梨春の生涯 -生誕と幼少期- 後藤梨春は、1919年11月20日に東京で生まれた。父は医師、母は看護師だった。梨春は幼い頃から、病に苦しむ人々を助ける医師になりたいという夢を持っていた。 -学生時代- 梨春は、東京女子医学校に進学し、医学を学んだ。在学中は、成績優秀で、多くの賞を授与された。1942年に卒業後、東京帝国大学医学部に入学した。 -第二次世界大戦と戦後- 第二次世界大戦中は、梨春は軍医として従軍した。戦後は、国立東京第一病院で勤務し、多くの患者の治療にあたった。 -児童福祉への貢献- 1950年、梨春は、日本児童福祉協会の理事長に就任した。児童福祉協会は、児童の保護と福祉を目的とした団体である。梨春は、児童福祉協会の理事長として、児童虐待防止や児童養護施設の整備など、多くの事業を推進した。 -晩年- 梨春は、1978年に、児童福祉協会の理事長を退任した。退任後は、講演や執筆活動を行い、児童福祉の普及に努めた。2000年11月20日に、80歳で逝去した。 -功績- 梨春は、児童福祉の分野で大きな功績を残した。梨春の功績は、児童福祉法の制定や、児童虐待防止法の制定などに貢献したことである。梨春は、児童福祉の普及と向上に努め、多くの児童の命を救った。