甲南大

学術分野の人

大塚高信

大塚高信の生涯 大塚高信は、1884年に東京で生まれました。父は薩摩藩士で、母は徳川家の家臣の娘でした。高信は、幼い頃から剣道を習い、14歳の時には免許皆伝を受けました。その後、早稲田大学に進学し、1905年に卒業しました。 大学卒業後、高信は陸軍に入隊し、日露戦争に従軍しました。戦争では、功績を上げて勲章を授与されました。その後、高信は陸軍大学校に進学し、1910年に卒業しました。 卒業後は、陸軍省に勤務し、1919年に陸軍中将に昇進しました。1923年に発生した関東大震災では、戒厳司令官として治安維持に尽力しました。1927年に陸軍大将に昇進し、1930年に陸軍大臣に就任しました。 陸軍大臣在任中は、満州事変勃発後の1932年に、犬養毅首相を暗殺した五・一五事件の責任を問われ、辞任しました。その後、予備役編入となり、1945年に死去しました。
経済分野の人

「丸谷喜市」

- 丸谷喜市 -# 丸谷喜市の生涯 丸谷喜市は、1925年(大正14年)1月18日、東京市牛込区(現・新宿区)に生まれた。父は医師、母は歌人であった。幼少期は千葉県東葛飾郡市川町(現・市川市)で過ごした。市川中学校(現・千葉県立市川高等学校)を卒業後、東京帝国大学文学部仏文科に入学。在学中に同人誌『近代文学』に参加し、文壇デビューを果たした。 1947年(昭和22年)に大学卒業後、毎日新聞社に入社。文化部記者として、『オール読物』の編集や、吉行淳之介、檀一雄、安部公房などの芥川賞受賞作品の選考にかかわった。1955年(昭和30年)に毎日新聞社を退社し、作家活動に専念した。 1960年(昭和35年)、「渡された場面」で読売文学賞を受賞。1962年(昭和37年)、「身辺雑記」で谷崎潤一郎賞を受賞。1963年(昭和38年)、「幼年期」で新潮社文学賞を受賞。1969年(昭和44年)、「果てしなき流れの果てに」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。1971年(昭和46年)、「赤とんぼ」で日本文学大賞を受賞。1973年(昭和48年)、「冬の旅」で読売文学賞を受賞。1975年(昭和50年)、「たった一人の反乱」で谷崎潤一郎賞を受賞。1980年(昭和55年)、「たった一人の反乱」で野間文芸賞を受賞。 1986年(昭和61年)、日本芸術院会員に選出される。1987年(昭和62年)、文化功労者に選ばれる。1992年(平成4年)、「たった一人の反乱」で朝日賞を受賞。1997年(平成9年)、「たった一人の反乱」で川端康成文学賞を受賞。2000年(平成12年)、「たった一人の反乱」で毎日芸術賞を受賞。 2003年(平成15年)1月27日、東京都世田谷区の自宅で死去。享年77。