甲斐

歴史上の人物

大草晩翠 – 江戸時代後期の砲術家

肥前唐津藩での奉公 大草晩翠は、肥前国唐津藩に仕官し、砲術指南役を務めました。唐津藩は、鍋島氏を藩主とする藩で、佐賀藩と並んで九州を代表する大藩でした。晩翠は、唐津藩で砲術の指導を行うとともに、藩の軍備増強に貢献しました。晩翠の指導の下、唐津藩の砲術は飛躍的に向上し、九州屈指の砲術を誇る藩となりました。晩翠は、唐津藩での奉公を通じて、砲術家としての名声を高め、後に江戸幕府の旗本に取り立てられました。 晩翠が唐津藩で奉公していた頃、幕末の動乱が激化していました。ペリー来航を皮切りに、外国勢力の日本への圧力は強まり、幕府は対応に苦慮していました。晩翠も、唐津藩の砲術指南役として、幕府の軍備増強に協力しました。晩翠は、唐津藩の砲術隊を率いて、幕府軍に加わり、戊辰戦争で戦いました。戊辰戦争は、最終的に明治新政府の勝利に終わり、幕府は滅亡しました。晩翠も、唐津藩とともに新政府軍に降伏し、唐津藩での奉公を終えました。 晩翠は、唐津藩での奉公を通じて、砲術家としての名声を高め、後に江戸幕府の旗本に取り立てられました。晩翠は、幕末の動乱期にあって、幕府軍に加わり、戊辰戦争で戦いました。戊辰戦争後、晩翠は唐津藩での奉公を終え、東京で晩年を過ごしました。晩翠は、明治26年(1893年)に亡くなりました。
歴史上の人物

山県虎清の軌跡 ~武田氏の家臣として、その生と死~

乱世に生きた山県虎清 山県虎清は、武田信玄に仕えた武将で、その勇猛さから「武田の赤備えの鬼将」と称されました。 戦国時代の甲斐国に生まれ、幼い頃から武術を学び、弓矢や槍術に優れていました。 18歳のときに武田信玄に仕官し、以後、信玄の側近として数々の戦で活躍しました。 永禄4年(1561年)の川中島の合戦では、虎清は先鋒として敵陣に突撃し、大いに奮戦しました。 信玄の死後は武田勝頼に仕え、天正3年(1575年)の長篠の合戦では、虎清は武田軍の総大将として織田・徳川連合軍と戦いました。 しかし、織田・徳川連合軍の鉄砲隊の猛攻を受け、武田軍は大敗を喫し、虎清も戦死しました。 虎清の死は、武田氏の衰退を象徴するものでした。 虎清は、武田氏の家臣として、乱世に生きた武将でした。 その勇猛さは、後世に語り継がれています。
歴史上の人物

三枝守昌:徳川家光に仕えた武将

-三枝守昌の生涯- 三枝守昌は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将です。徳川家康に仕え、その嫡男である徳川秀忠の時代には大名にまで出世しました。 守昌は、三河国に生まれました。父は三枝守勝、母は松平信康の生母である於大の方の妹です。守昌は幼い頃から武芸に優れ、15歳の時に徳川家康に仕えました。 守昌は、家康の側近として仕え、各地を転戦しました。関ヶ原の戦いでは、徳川軍の主力として大いに活躍し、その功績により大和国郡山藩1万石を与えられました。 その後、守昌は江戸城の留守居役を務め、徳川家康の死後には徳川秀忠に仕えました。秀忠の時代には、播磨国姫路藩2万5,000石に加増され、大名にまで出世しました。 守昌は、姫路藩主として藩政に励みました。また、秀忠の命により、大阪城の築城にも参加しました。 1623年、守昌は67歳で死去しました。守昌の死後、その遺領は長男の三枝守良が継ぎました。 守昌は、徳川家康と秀忠の二代に仕えた忠義の武将でした。また、大名として藩政に励み、領民から敬愛されました。
歴史上の人物

桂節宗昌 – 室町時代の僧

-桂節宗昌の生涯と業績- 桂節宗昌(けいせつそうでいしょう、1454年-1507年)は、室町時代の僧侶、連歌師。小倉百人一首の選者の一人として知られる。 桂節宗昌は、1454年、現在の京都府京丹後市で生まれた。幼い頃から学問に優れ、14歳で出家して浄土宗の僧侶となった。その後、京都の東福寺で修行し、連歌を学び始めた。 桂節宗昌は、連歌の才能に恵まれ、すぐに頭角を現した。20歳の頃には、連歌の第一人者である宗祇に認められ、宗祇の門人となった。宗祇の指導を受けて、桂節宗昌の連歌の腕前はさらに上達し、やがて連歌師として独立した。 桂節宗昌は、連歌師として活躍する傍ら、和歌にも力を注いだ。1491年には、後土御門天皇の勅命を受けて、小倉百人一首の選者の一人となった。桂節宗昌は、小倉百人一首に10首の和歌を入選させ、その選歌のセンスは高く評価された。 桂節宗昌は、1507年に京都で死去した。享年54。桂節宗昌の死は、連歌界に大きな衝撃を与え、その死を悼む多くの連歌師が追悼の句を詠んだ。 桂節宗昌は、連歌師としてだけでなく、和歌の選者としても活躍した、室町時代を代表する文化人であった。桂節宗昌の業績は、今日でも高く評価されており、その作品は多くの人々に愛読されている。
歴史上の人物

戦国時代の武将「初鹿野源五郎」→ 武田信玄の家臣

-戦国時代の武将「初鹿野源五郎」- -武勇に優れた足軽大将- 初鹿野源五郎は、戦国時代の武将であり、武田信玄の家臣です。甲斐国初鹿野村(現在の山梨県北杜市)出身で、初鹿野氏の一族と伝えられています。初鹿野源五郎は、武勇に優れた足軽大将として知られており、武田信玄の多くの戦いで活躍しました。 初鹿野源五郎が初めて史料に登場するのは、永禄4年(1561年)の第四次川中島合戦です。この合戦で、初鹿野源五郎は武田信玄の嫡男である武田義信の旗本として出陣し、上杉謙信の軍勢と激戦を繰り広げました。永禄10年(1567年)の三方ヶ原の戦いでは、徳川家康軍の猛攻に耐え、武田軍の退却を助けたとされています。 元亀2年(1571年)の信玄の西上作戦では、初鹿野源五郎は武田信玄の直属部隊である馬廻衆として出陣し、甲州騎馬隊を率いて各地を転戦しました。天正2年(1574年)の長篠の戦いでは、鉄砲の攻撃を受けて武田軍が敗走する中、初鹿野源五郎は殿軍を務めて武田信玄の撤退を助けたとされています。 初鹿野源五郎は、武田信玄の死後も武田勝頼に仕え続け、天正10年(1582年)の本能寺の変の際には、織田信長を討つために上洛する武田勝頼軍の一員として出陣しました。しかし、武田勝頼は織田信長・徳川家康連合軍に敗れ、初鹿野源五郎もこの戦いで戦死したとされています。 初鹿野源五郎は、武勇に優れた足軽大将として、武田信玄の多くの戦いで活躍しました。彼の武勇は、武田軍の勝利に大きく貢献したとされています。
歴史上の人物

土屋忠直:戦国時代の武将

土屋忠直戦国時代の武将 生い立ちと家系 土屋忠直は、戦国時代の武将です。美濃国大垣城主を務めました。 忠直は、土屋正直の嫡男として、永正8年(1511年)に生まれました。土屋氏は、清和源氏の流れを汲む名門であり、忠直は幼い頃から武芸に励み、優れた武将として成長しました。 天文21年(1552年)には、父・正直が斎藤道三に攻められて戦死し、忠直は家督を継ぎます。その後、忠直は斎藤道三に仕え、数々の戦いで功績をあげました。 しかし、天文23年(1554年)に斎藤道三が織田信長に敗れ、嫡男・斎藤義龍が家督を継ぐと、忠直は斎藤氏を離れ、織田信長に仕えるようになりました。 信長に仕えた忠直は、桶狭間の戦い、三河一向一揆、姉川の戦いなど、数々の戦いで活躍し、信長から厚い信頼を受けました。 元亀元年(1570年)には、信長に従って越前国の朝倉義景を討伐し、功績をあげました。その後、忠直は信長の命により、美濃国大垣城の守備を任されました。 大垣城主となった忠直は、城の改修や周囲の農村の整備などを行い、大垣を一大拠点として発展させました。また、忠直は織田信長の家臣の中でも、特に信長に忠実な武将として知られ、信長から「人の城に立たず」と称賛されました。 天正12年(1584年)、忠直は羽柴秀吉が率いる軍勢によって大垣城を攻められ、落城しました。忠直は秀吉に降伏し、以後は豊臣秀吉に仕えました。 秀吉に仕えた忠直は、九州平定、小田原征伐、朝鮮出兵など、数々の戦いで活躍しました。また、忠直は秀吉から上総国の平定を命じられ、秀吉の関東平定に貢献しました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで忠直は西軍に属し、美濃国大垣城に立て籠もりました。しかし、徳川家康の軍勢によって大垣城は攻められ、落城しました。忠直は家康に降伏し、以後は徳川家康に仕えました。 忠直は、徳川家康に仕えた後、慶長16年(1611年)に死去しました。享年101歳でした。
歴史上の人物

戦国時代の女性:のおふう

生い立ちと幼少期 のうふうは、永禄12年(1569年)、甲斐武田家の家臣である高坂昌信の長女として生まれました。幼名は於菊。のうふうは、兄である高坂弾正に次ぐ第2子であり、妹には阿茶局がいます。 のうふうは、幼少期から聡明で活発な子であったと言われています。昌信は、のうふうを男子同様に育て、兵法や武芸を習わせました。のうふうは、弓矢の名手であり、また、学問にも優れていました。 のうふうは、15歳になると、武田信玄の側室となりました。信玄は、のうふうの知性と美貌を気に入り、寵愛しました。のうふうは、信玄との間に、男子を2人、女子を1人もうけました。 のうふうは、信玄が亡くなった後も、武田家に対して尽くしました。天正10年(1582年)、武田家が滅亡すると、のうふうは、徳川家康に仕えました。徳川家康は、のうふうのこれまでの功績を称え、高野山に領地を与えました。 のうふうは、慶長16年(1611年)、63歳で亡くなりました。
歴史上の人物

杉浦道輔 – 幕末の本草家

杉浦道輔とは 杉浦道輔とは、幕末の本草家である。本名は道太郎。号は春水。安永2年(1773年)、江戸の牛込に生まれる。父は杉浦延寿、号は存真。本草家として知られる。道輔は幼少の頃より父の薫陶を受け、本草学を学ぶ。また、江戸幕府の御典医、多紀元簡の弟子となり、医学も学ぶ。 文化9年(1812年)、道輔は父の後を継いで本草家となる。そして、本草学の研究に没頭する。道輔は、本草学の研究に際して、自ら各地を巡って植物や動物を採集した。また、中国や朝鮮、琉球などの海外からも標本を取り寄せた。そして、これらの標本を基に、本草書を著した。 道輔の代表的な著書には、以下のものがある。 * 『本草綱目啓蒙』 * 『本草図譜』 * 『本草便覧』 これらの著書は、本草学の研究に大きな影響を与えた。道輔は、本草学の研究において、正確な観察と分類を重視した。そして、本草書の記述には、和名、漢名、学名、産地、形態、効能などを詳しく記載した。 道輔は、本草学の研究を通じて、多くの新種植物を発見した。また、本草書の記述に誤りがあることを指摘し、その訂正を行った。道輔の業績は、本草学の発展に大きく貢献した。 道輔は、嘉永6年(1853年)、81歳で死去した。
歴史上の人物

「長坂長閑」(?-1582年 戦国-織豊時代の武将)

-# 甲斐国巨摩郡長坂の領主 -# 長坂長閑は、戦国時代から織豊時代にかけての武将です。甲斐国巨摩郡長坂の領主であり、武田信玄・勝頼に仕えました。 長坂氏は、甲斐国巨摩郡長坂を本拠とした国衆です。長坂長閑は、長坂氏の当主である長坂昌国の子として誕生しました。 長坂氏は、武田氏に従属しており、長坂長閑も武田信玄に仕えました。信玄の時代には、甲斐国の経営や対外戦争に参加しました。 信玄が亡くなった後は、武田勝頼に仕えました。勝頼の時代には、天正10年(1582年)に織田信長が武田氏を滅ぼすまで、武田氏の家臣として活躍しました。 長坂長閑は、天正10年(1582年)に武田氏が滅亡した際に戦死しました。 -# 長坂長閑の功績 -# 長坂長閑は、武田信玄・勝頼に仕え、甲斐国の経営や対外戦争に参加しました。長坂氏は、武田氏に従属した国衆であり、長坂長閑は武田氏の家臣として活躍しました。 長坂長閑は、天正10年(1582年)に織田信長が武田氏を滅ぼすまで、武田氏の家臣として活躍しました。 長坂長閑は、武田氏滅亡の際に戦死しましたが、武田氏に仕えた功績を称えられています。
歴史上の人物

自山得吾 – 室町-戦国時代の僧

自山得吾の生涯 自山得吾は、室町時代後期から戦国時代初期にかけて活躍した浄土宗の僧侶である。応永32年(1425年)、美濃国に生まれる。幼名は源次郎。15歳のとき、京都の建仁寺で剃髪し、得吾と号した。その後、足利義政の庇護を受け、建仁寺の住持となった。 得吾は、浄土宗の改革に努め、浄土教の根本である念仏を重視した。また、学問にも優れ、多くの著作を残した。主な著作としては、『自山語録』『弁道要録』『浄土安心往生義』などがある。 得吾は、天文18年(1549年)、建仁寺で死去した。享年85。 得吾は、浄土宗の改革に努め、浄土教の根本である念仏を重視した。また、学問にも優れ、多くの著作を残した。その思想は、後の浄土宗に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

工藤行光-鎌倉時代の武将

工藤行光の生涯 工藤行光は、鎌倉時代の武将です。工藤氏は、桓武天皇の子孫である良文を祖とする豪族で、出羽国秋田郡を拠点としていました。行光の父は工藤茂光であり、行光は茂光の次男として生まれました。 行光は、幼い頃から武芸に優れており、13歳の時に源頼朝に仕えました。頼朝は、行光の武勇を高く評価し、行光を側近として取り立てました。 頼朝が挙兵した際には、行光は頼朝の軍勢に加わり、治承4年(1180年)の富士川の戦いでは、行光が率いる騎馬隊が敵を撃破して、頼朝の勝利に大きく貢献しました。 頼朝が鎌倉幕府を開いた後は、行光は幕府の御家人として活躍しました。行光は、文治2年(1186年)に源義経を追討する軍勢に加わり、奥州合戦で功績をあげました。 また、行光は、建久元年(1190年)に頼朝が平定した奥州の警護を命じられ、鎌倉幕府の奥州支配に貢献しました。 建久3年(1192年)に頼朝が亡くなると、行光は頼朝の嫡男である源頼家から厚遇を受け、建久6年(1195年)には、頼家の側近である13人の御家人の一人として選ばれました。 しかし、頼家が北条政子と対立して失脚すると、行光も頼家を追って伊豆国に逃れました。その後、行光は、頼家と和解して鎌倉に戻り、幕府に復帰しました。 建暦元年(1211年)に、行光は、鎌倉幕府の有力御家人である和田義盛の乱を鎮圧する軍勢に加わり、功績を上げました。この功績により、行光は相模国大庭御厨の地頭職を与えられました。 建保2年(1214年)に、行光は病のため鎌倉で亡くなりました。行光は、頼朝から頼家までの三代に仕えて、鎌倉幕府の草創期に活躍した武将でした。
経済分野の人

– 「小野金六」(1852-1923)

-小野金六 (1852-1923)- -明治-大正時代の著名な実業家- 小野金六は、明治-大正時代の著名な実業家で、日本の近代化に大きく貢献した人物です。 小野金六は、1852年(嘉永5年)に、越前国(現在の福井県)に生まれました。幼い頃から家業を手伝い、1871年(明治4年)に上京して、東京で干物屋を開業しました。 1876年(明治9年)、小野金六は、東京銀座に「小野組」を設立し、土木建築事業を手がけました。小野組は、順調に事業を拡大し、やがて、日本の四大ゼネコンの一角を占めるまでになりました。 小野金六は、実業家として成功するだけでなく、社会貢献にも力を入れました。1889年(明治22年)には、当時の日本最大規模の私設図書館である「小野文庫」を開設し、一般の人々に読書の機会を提供しました。 また、小野金六は、日本赤十字社の設立にも深く関わりました。1877年(明治10年)、西南戦争の際に、小野金六は、負傷した兵士を救護するために、日本赤十字社の前身である「博愛社」を設立しました。 小野金六は、1923年(大正12年)、東京で死去しました。享年71歳でした。小野金六は、日本の近代化に大きく貢献した偉大な実業家でした。 小野金六の業績は、以下のような点で評価されています。 * 土木建築事業で成功を収め、日本の近代化に貢献した。 * 小野文庫を開設し、一般の人々に読書の機会を提供した。 * 日本赤十字社の設立に深く関わった。 小野金六は、日本の近代化に大きく貢献した偉大な実業家であり、その業績は今日でも高く評価されています。
文学分野の人

井上得蕪-人生と業績

-巒寥松(みね-りょうしょう)との出会い- 井上得蕪は、幼い頃から絵を描くことが好きだった。16歳の時、京都の画壇で活躍していた巒寥松と出会い、その画風に魅了された。得蕪は巒寥松に師事し、絵画の基礎を学んだ。 巒寥松は、中国の宋代の画家である米芾(べいてい)の影響を受けた画風で、山水画を得意とした。得蕪は巒寥松から、米芾の画風を学び、山水画の描き方を習得した。 得蕪は、巒寥松に師事してから、絵画の才能を急速に伸ばした。18歳の時には、京都の画壇で注目を集めるようになり、20歳の時には、江戸の画壇で活躍するようになった。 得蕪は、巒寥松から学んだ米芾の画風を基礎に、独自の画風を確立した。得蕪の山水画は、山水の雄大さを表現したもので、多くの画家に影響を与えた。 得蕪は、60歳で亡くなったが、その作品は今もなお多くの美術館や博物館で所蔵されている。得蕪は、日本の山水画の大家として、その名を残している。
歴史上の人物

鳥居成次 – 織豊・江戸時代前期の武将と大名

鳥居成次は、織豊・江戸時代前期の武将であり、大名である。 彼は1545年に生まれ、1600年に亡くなった。 元亀3年(1572年)に初めて出陣する。 成次は、はじめ豊臣秀吉に仕え、功績を上げて出雲国の7万石の大名となった。 成次は、朝鮮半島出兵の際には、加藤清正、福島正則らと共に、先鋒として活躍した。 また、大坂の陣でも、豊臣方として活躍し、最終的には徳川家康に降伏した。 江戸時代になると、成次は、江戸幕府の旗本となり、1万石を与えられた。 成次は、徳川家康の信頼を得て、大坂城の守備を任されたり、江戸城の改築を命じられたりした。 成次は、1600年に亡くなった。 彼の功績は、江戸幕府の礎を築いた一人として評価されている。 成次は、勇猛果敢な武将であり、主君に忠実であった。 また、優れた政治家でもあり、領内の統治に力を尽くした。 成次は、江戸幕府の初期を支えた名将の一人として、その名を残している。
歴史上の人物

鎌倉時代の女性、坂額(板額)の生涯と功績

坂額(板額)の出自と家系 坂額(板額)は、鎌倉時代中期の女性です。北条時頼の正室であり、第4代執権・北条経時の母として知られています。彼女は、北条氏と有力御家人である三浦氏の血を引く名門の出身でした。 坂額の父は、北条氏の一門である北条重時です。重時は、北条時頼の異母兄であり、北条氏の一門の中でも有力な御家人でした。また、坂額の母は、三浦氏の有力御家人である三浦泰村の娘であり、三浦氏の一門の中でも有力な人物でした。 坂額は、北条氏と三浦氏という鎌倉幕府の有力御家人同士の婚姻によって生まれた女性であり、その出自は非常に高貴なものでした。このことが、彼女が北条時頼の正室となり、第4代執権・北条経時の母となる土台となったと考えられます。 坂額は、1230年(天福元年)に北条時頼と結婚し、1242年(寛元4年)に嫡男の経時を出産しました。経時は、北条時頼の死後、第4代執権に就任し、鎌倉幕府の有力者として活躍しました。 坂額は、北条時頼の正室として鎌倉幕府の権力の頂点に立ち、また、第4代執権・北条経時の母として、鎌倉幕府の政治に大きな影響を与えた女性でした。彼女の出自と家系は、彼女が鎌倉幕府の有力者となる土台となった重要な要素でした。
歴史上の人物

豊臣秀勝(1)

豊臣秀勝の生涯 豊臣秀勝(1565~1585)は、安土桃山時代の武将で、豊臣秀吉の甥にあたる。1565年、豊臣秀長の長子として生まれた。幼名は犬千代。1578年、秀吉に仕え、1582年の山崎の戦いで初陣を飾った。1583年、賤ヶ岳の戦いでは、柴田勝家の軍を撃破し、その功で越前一国を拝領した。 1585年、秀吉は四国征伐を行い、秀勝は総大将として出陣した。しかし、秀勝は四国に渡った後、阿波国において病に倒れ、わずか21歳で死去した。秀勝の死は、秀吉にとって大きな打撃となった。秀吉は秀勝の死を悼み、その遺骸を京に葬ったという。 秀勝は、若くして亡くなったものの、その武勇は高く評価されていた。秀吉は秀勝を「我が甥にて、武勇抜群なり」と称賛している。また、秀勝は、温厚で慈悲深い性格としても知られていた。 秀勝の死後、その遺領は、弟の豊臣秀保が継いだ。秀保は、関ケ原の戦いで西軍に味方し、徳川家康に敗れた後、自害した。
歴史上の人物

明珍信家 – 戦国時代の甲冑師

-明珍信家 - 戦国時代の甲冑師- -明珍信家の甲冑- 明珍信家は、戦国時代に活躍した甲冑師です。明珍家は甲冑制作の一大工房であり、それまでの甲冑制作の概念を覆すような新しい甲冑を生み出しました。明珍信家は、その中でも特に優れた甲冑師として知られており、彼の制作した甲冑は多くの武将に愛用されました。 明珍信家の甲冑の特徴は、これまでの甲冑と比べて軽くて動きやすいことです。明珍信家は、甲冑の素材に鉄板ではなく革や布を用いて、重量を軽減しました。また、甲冑の構造を工夫することで、動きやすさを向上させました。 明珍信家の甲冑は、その軽さと動きやすさから、多くの武将に愛用されました。特に、織田信長は明珍信家の甲冑を愛用しており、彼の着用した甲冑は「信長拵え」と呼ばれています。「信長拵え」は、革や布を素材として作られた甲冑で、軽量で動きやすいことが特徴です。 明珍信家制作の甲冑は、現在も数多く残されており、その優れた技術は高く評価されています。明珍信家の甲冑は、日本の甲冑の歴史の中で重要な地位を占めており、その功績は今もなお語り継がれています。 -明珍信家の甲冑の具足- 明珍信家の甲冑は、兜、胴、袖、籠手、臑当て、草摺りなどで構成されています。 * 兜明珍信家の兜は、頭部を保護するもので、鉄板や革で作られています。兜には、前立てや吹返しが付いており、武将の個性を表す装飾が施されています。 * 胴胴は、胴体を保護するもので、鉄板や革で作られています。胴には、胸当て、腹当て、背当てがあり、それぞれが複数の鉄板で構成されています。 * 袖袖は、腕を保護するもので、鉄板や革で作られています。袖は、肩当て、上腕当て、下腕当てがあり、それぞれが複数の鉄板で構成されています。 * 籠手籠手は、手を保護するもので、鉄板や革で作られています。籠手は、手甲、籠手、指貫があり、それぞれが複数の鉄板で構成されています。 * 臑当て臑当ては、脛を保護するもので、鉄板や革で作られています。臑当ては、膝当て、臑当て、足首当てがあり、それぞれが複数の鉄板で構成されています。 * 草摺り草摺りは、腰から下を保護するもので、鉄板や革で作られています。草摺りは、腰当て、大草摺り、小草摺りがあり、それぞれが複数の鉄板で構成されています。 明珍信家の甲冑は、その優れた技術によって、軽くて動きやすい甲冑として高く評価されています。明珍信家の甲冑は、日本の甲冑の歴史の中で重要な地位を占めており、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

「末宗瑞曷」の生涯

-戦国-江戸時代前期の僧- 「末宗瑞曷」は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した僧です。臨済宗妙心寺派の僧侶であり、妙心寺第67世住持を務めました。また、徳川家康の帰依を受け、江戸城にも出入りしていました。 「末宗瑞曷」は、天文19年(1550年)に近江国(現在の滋賀県)に生まれました。幼い頃から聡明で、15歳の時に出家して妙心寺に入門しました。その後、各地を遊学して仏教を学び、天正19年(1591年)に妙心寺第67世住持に就任しました。 「末宗瑞曷」は、徳川家康の帰依を受けており、江戸城にも出入りしていました。家康は「末宗瑞曷」の学識と徳行を敬い、相談役的な役割を担っていました。また、「末宗瑞曷」は、家康の側室であるお万の方の兄であり、この縁もあって家康と親密な関係を築いていました。 「末宗瑞曷」は、慶長15年(1610年)に61歳で亡くなりました。妙心寺には「末宗瑞曷」の墓があり、現在でも多くの参拝者が訪れています。 「末宗瑞曷」は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した僧であり、徳川家康の帰依を受けて江戸城にも出入りしていました。彼の学識と徳行は、家康だけでなく多くの人々から敬愛されていました。
歴史上の人物

真田信尹-戦乱の世を駆け抜けた真田家の名将

真田幸隆の四男として波乱の生涯を歩む 真田信尹は、真田幸隆の四男として、天文10年(1541年)に生まれた。真田家は、戦国時代の名将・真田幸村を輩出した名門であり、信尹もまた、父や兄たちと共に戦乱の世を駆け抜けた。 信尹は、幼い頃から武芸に励み、15歳で初陣を果たした。その後、兄たちと共に各地を転戦し、数々の武功を立てた。永禄4年(1561年)には、川中島合戦で武田信玄の軍勢と戦い、負傷しながらも敵将を討ち取るという勇猛果敢な戦いを見せた。 その後、信尹は父・幸隆の死後に家督を継ぎ、真田家の当主となった。信尹は、家督を継いだ後も、武田信玄の配下として各地を転戦した。しかし、天正10年(1582年)に武田信玄が病死すると、武田家は衰退し始めた。信尹もまた、武田家の衰退とともに、苦境に立たされた。 その後、信尹は織田信長に臣従したが、本能寺の変で信長が横死すると、再び織田家と敵対した。その後、信尹は徳川家康に臣従し、関ヶ原の戦いでは家康の軍勢に加わって戦った。 関ヶ原の戦いで徳川家が勝利した後、信尹は上田藩主となった。信尹は、上田藩主として領内の統治に励み、藩政を安定させた。また、信尹は、学問や芸術を奨励し、上田藩を文化の拠点とした。 信尹は、寛永9年(1632年)に死去した。享年92歳であった。信尹は、戦乱の世を駆け抜けた名将であり、上田藩の基礎を築いた名君であった。
歴史上の人物

尊観(2)

-尊観(2) 生涯- 尊観は、1291年(正応4年)に京都で生まれました。父は醍醐寺座主の尊円、母は北条政村の娘でした。尊観は、幼い頃から仏教に親しみ、16歳の時に出家して醍醐寺に入りました。その後、京都の三井寺や奈良の東大寺で学び、19歳の時に醍醐寺の座主に任命されました。 尊観は、醍醐寺の座主として、寺の復興に努めました。醍醐寺は、平安時代末期に火災で焼失しており、尊観は、寺を再建するために多くの寄付を集めました。また、尊観は、醍醐寺に多くの僧侶を招き入れ、寺の発展に努めました。 尊観は、仏教の研究にも熱心でした。尊観は、最澄の『大乗後心縁起』や空海の『般若心経私』など、多くの仏教経典を研究しました。また、尊観は、仏教の教えをわかりやすく説いた『尊観法語』を著しました。 尊観は、1357年(延文2年)に亡くなりました。尊観は、醍醐寺の座主として、寺の復興と発展に努め、仏教の研究にも熱心でした。尊観の死後、醍醐寺は、尊観の弟子である尊政が座主に就任し、寺の発展を引き継ぎました。 尊観は、仏教の教えをわかりやすく説いた『尊観法語』や、醍醐寺の復興と発展に努めた功績で、後世に高く評価されています。尊観は、日本の仏教史において重要な人物として知られています。
歴史上の人物

甲斐一揆の指導者-中初狩宿伝兵衛

- 甲斐一揆の指導者-中初狩宿伝兵衛 中初狩宿伝兵衛は、江戸時代中期に甲斐国で起きた甲斐一揆の指導者の一人です。甲斐一揆とは、宝暦6年(1756年)に甲斐国で起きた農民一揆のことです。一揆の原因は、年貢の増徴や、治水工事の負担などによる農民の生活困窮でした。 中初狩宿伝兵衛は、甲斐国山梨郡中初狩宿(現在の山梨県中央市)の農民でした。伝兵衛は、一揆の指導者として、農民たちをまとめ上げ、甲府城を襲撃するなど、一揆を先導しました。しかし、一揆は幕府軍によって鎮圧され、伝兵衛も捕らえられ、処刑されました。 - 甲斐領内での打ちこわし 甲斐一揆では、甲斐領内各地で打ちこわしが起こりました。打ちこわしとは、農民たちが、年貢米や、地主や代官などの家の米蔵に押し入り、米やその他の物品を奪い取る行為のことです。打ちこわしは、農民たちが、自分たちの生活を守るための最後の手段でした。 甲斐一揆では、甲斐領内各地で打ちこわしが起こりました。その中には、中初狩宿伝兵衛が指導した打ちこわしも含まれています。中初狩宿伝兵衛は、甲斐国山梨郡中初狩宿(現在の山梨県中央市)の農民でした。伝兵衛は、一揆の指導者として、農民たちをまとめ上げ、甲府城を襲撃するなど、一揆を先導しました。 甲斐一揆の指導者として、農民たちをまとめ上げ、甲府城を襲撃するなど、一揆を先導しました。しかし、一揆は幕府軍によって鎮圧され、伝兵衛も捕らえられ、処刑されました。
芸能分野の人

歌舞伎作者 津打治兵衛 -3代-

-3代目津打治兵衛- 3代目津打治兵衛は、江戸時代前期の歌舞伎作者である。生年は不詳だが、1643年に江戸で没した。 治兵衛は、京都の出身で、本名は津打勘兵衛という。1624年に、江戸に出て、歌舞伎作者として活動を開始した。治兵衛は、世話狂言や浄瑠璃脚本を得意とし、多くの作品を残した。治兵衛の作品は、庶民の生活や心情をリアルに描いたもので、江戸の庶民に人気を博した。 治兵衛は、1643年に、江戸で没した。享年不詳。治兵衛の死後、その門弟たちが、治兵衛の作風を受け継いで、歌舞伎作者として活躍した。 治兵衛の作品には、次のようなものがある。 * 『傾城三度笠』(1624年) * 『心中宵庚申』(1633年) * 『義経千本桜』(1641年) * 『仮名手本忠臣蔵』(1646年) 治兵衛の作品は、現在でも、歌舞伎や浄瑠璃で上演されている。治兵衛は、江戸歌舞伎の発展に大きく貢献した人物である。
歴史上の人物

戦国武将の原昌俊:知勇兼備の甲斐の猛将

-知将として名を馳せた原昌俊- 原昌俊は、武田信玄の重臣であり、知勇兼備の武将として名を馳せた。昌俊は、永正10年(1513年)に甲斐国で生まれた。父は原虎胤、母は武田信虎の妹である。昌俊は幼少の頃から聡明で勇猛果敢な性格であり、早くから武田信玄にその才能を見出された。 昌俊は、武田信玄の側近として、数々の戦いで活躍した。特に、天文10年(1541年)の信濃侵攻では、昌俊が率いる軍勢が、村上義清の軍勢を撃破し、信濃を平定する大きな功績を上げた。また、永禄4年(1561年)の川中島合戦では、昌俊が率いる軍勢が、上杉謙信の軍勢を撃退し、武田軍の勝利に大きく貢献した。 昌俊は、武勇に優れていただけでなく、知将としても知られていた。昌俊は、常に武田信玄の相談役を務め、武田軍の戦略立案や戦術の決定に大きな役割を果たした。昌俊は、特に、奇襲や謀略を得意とし、敵を翻弄して勝利を収めた。 昌俊は、天正3年(1575年)に、武田信玄が死去すると、武田勝頼の重臣として引き続き武田氏を支えた。しかし、天正10年(1582年)に起こった本能寺の変により、武田氏は滅亡した。昌俊は、武田氏滅亡後、徳川家康に仕え、天正18年(1590年)に死去した。享年78。
歴史上の人物

武田有義-平安後期~鎌倉時代初期の武将

- 武田有義-平安後期~鎌倉時代初期の武将 武田有義(たけだ ゆうぎ、生没年不詳)は、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけての武将。甲斐源氏武田氏の一族。武田信義の子。武田信光の弟。 -# 平重盛に仕えた甲斐の豪族 武田有義は、甲斐国の豪族であった。平治の乱で平重盛に味方し、源義朝を討伐した功績により、甲斐守に任じられた。 平重盛は、平清盛の異母弟で、平家一門の中で最も武勇に優れていた。有義は、重盛に仕えて多くの合戦に参加し、武功を挙げた。 治承4年(1180年)、源頼朝が挙兵すると、有義は重盛の命を受けて、甲斐国の源氏を討伐した。しかし、頼朝の勢いは強く、有義は敗退を余儀なくされた。 その後、有義は重盛に従って各地を転戦し、壇ノ浦の戦いで戦死した。 有義は、武勇に優れ、平家一門の中で重んじられた武将であった。また、有義の死後、武田氏は甲斐国の有力豪族として存続し、戦国時代まで続いた。