留守居組

芸術家

「馬場一梯」

-馬場一梯(1657-1727)の人物像- 馬場一梯は、江戸時代中期の儒学者、思想家、政治家である。名は重郷(じゅうきょう)、字は伯陽(はくよう)、号は一梯(いったい)。紀伊国和歌山藩にて生まれ、京都に出て儒学を学ぶ。その後、将軍徳川吉宗の信任を得て、幕府の改革に参画した。 一梯は、朱子学を学び、その学説を基に、政治や社会の問題を解決しようとした。彼は、人間は生まれながらにして善であると信じ、その善性を伸ばすことが政治の目的であると考えていた。また、彼は、社会には秩序が必要であり、その秩序は儒教の道徳によって維持されるべきであると主張した。 一梯は、幕府の改革に参画し、多くの改革を断行した。彼は、租税制度の改革、農民の保護、教育の振興、医療制度の充実など、幅広い分野で改革を行った。これらの改革は、幕府の財政を安定させ、社会の秩序を維持し、江戸時代の繁栄を支える基礎となった。 一梯は、儒学者としてだけでなく、思想家としても大きな功績を残した。彼は、朱子学の学説を基に、社会の問題や人間の生き方について考察し、多くの著作を残した。彼の著作は、江戸時代の知識人に大きな影響を与え、日本の近代化への道を切り開く礎となった。 一梯は、1727年に61歳で死去したが、その功績は高く評価され、後世に大きな影響を与えた。彼は、江戸時代を代表する儒学者、思想家であり、その功績は今もなお語り継がれている。
研究者

川谷薊山 – 江戸時代中期の暦算家

-川谷薊山の生い立ちと経歴- 川谷薊山(かわたに きざん)は、江戸時代中期の暦算家です。1663年(寛文3年)に、播磨国飾東郡川谷村(現・兵庫県姫路市夢前町川谷)に生まれました。幼い頃から聡明で、数学に興味を持っていました。 17歳の時、江戸に出て、安井算哲に弟子入りしました。安井算哲は、当時を代表する暦算家で、川谷薊山に数学の基礎を教えました。川谷薊山は、安井算哲のもとで、数学の才能を伸ばし、やがて師匠を超えるほどになりました。 川谷薊山は、19歳の時、幕府の天文方に出仕しました。天文方は、暦の作成や天文観測を行う機関で、川谷薊山はそこで暦の計算を担当しました。川谷薊山は、暦の計算に優れた才能を発揮し、幕府から高く評価されました。 川谷薊山は、1738年(元文3年)に、76歳で亡くなりました。川谷薊山は、生涯にわたって暦の計算に尽力し、江戸時代の暦学の発展に大きく貢献しました。 川谷薊山の主な業績としては、以下のものがあります。 * 安井算哲の『暦学啓蒙』を補完する『暦学啓蒙補遺』を著した。 * 暦の計算に用いられる「恒星術」を研究し、その成果を『恒星図説』にまとめた。 * 幕府の命を受けて、1725年(享保10年)に日食の観測を行った。 * 1727年(享保12年)に、彗星の観測を行った。 川谷薊山は、江戸時代を代表する暦算家で、暦学の発展に大きく貢献しました。