異人その他

学術分野の人

岡正雄 – 昭和時代の民族学者

柳田国男のもとでの活動 岡正雄は、1927年に柳田国男の弟子として民俗学の調査を開始しました。柳田の国産玩具調査に協力し、全国各地の玩具を集めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。 岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。岡は、柳田の指導のもと、民俗学の理論と方法を学び、民俗学の研究者としての道を歩み始めました。 1932年、岡は柳田の依頼を受けて、鳥取県の民俗調査を行いました。この調査は、2年間にわたり、岡は県内の各地を調査し、多くの民俗資料を集めました。この調査の成果は、1934年に『鳥取県郷土誌』として出版されました。 岡は、柳田のもとで民俗学の研究を続け、1938年に東京帝国大学を卒業しました。卒業後は、柳田の推薦で、日本民俗学会の助手となりました。岡は、助手として、柳田の研究を助け、民俗学の研究の発展に貢献しました。 岡は、1941年に日本民俗学会の会員となり、1944年には、学会の評議員に選出されました。岡は、学会の運営に参画し、民俗学の研究の発展に貢献しました。