皇族

歴史上の人物

「威仁親王」について

-威仁親王の経歴- 威仁親王は、1934年12月11日に、昭和天皇と香淳皇后の第4皇男子として誕生しました。1936年に秩父宮雍仁親王夫妻に養子に出され、1940年に秩父宮妃勢津子妃殿下との間に第1皇女子である百合子女王が誕生しました。1943年に臣籍降下し、第2皇女子である信子女王が誕生しました。 1946年に学習院大学法学部に進学し、1949年に卒業しました。1950年に東京銀行(現三菱UFJ銀行)に入行し、1955年に同銀行を退職しました。1956年に大和証券に入社し、1965年に同社を退職しました。 1966年に、学習院大学経済学部助教授に就任しました。1975年に同大学教授に昇任し、1985年に退職しました。1986年に、財団法人日本国際フォーラムの理事長に就任しました。1994年に退任し、同年、財団法人日本地球環境フォーラムの理事長に就任しました。2000年に退任し、同年、財団法人日本財団の評議員に就任しました。 2014年2月6日に、80歳で薨去しました。
歴史上の人物

尊常入道親王:江戸時代後期の皇族

# 尊常入道親王の生涯 尊常入道親王(そんじょうにゅうどうしんのう、1633年1月21日(寛永9年12月18日) - 1713年5月26日(正徳3年4月20日))は、江戸時代後期の皇族。第106代後西天皇の第三皇子。母は後水尾天皇の典侍・坊城俊次の娘、坊城頼子(新崇賢門院)。諱は尊常(ただし偏諱を与えた例は見当たらない)。号は積善院であり、入道してからは積善入道と号した。 尊常入道親王は、寛永9年(1633年)12月18日、後西天皇の第三皇子として生まれる。母は坊城俊次の娘、坊城頼子(新崇賢門院)。 寛永10年(1634年)4月2日、後西天皇は譲位して後光明天皇が即位する。尊常入道親王は、後光明天皇の異母弟となる。 寛永11年(1635年)12月15日、尊常入道親王は親王宣下を受ける。 寛永13年(1637年)1月5日、尊常入道親王は元服し、諱を尊常と名乗る。 寛永18年(1642年)12月29日、尊常入道親王は権大納言に任じられる。 寛永19年(1643年)12月24日、尊常入道親王は内大臣に任じられる。 ※以降の記事は、尊常入道親王の生涯を時系列順に記述していきます。
歴史上の人物

「真誉(2)」

真誉(2)の生涯と業績 真誉(2)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の僧侶であり、真言宗東寺派の傑出した僧侶として知られています。真誉(1)の弟子であり、真言宗中興の祖と称されています。 真誉(2)は、久安5年(1149年)に河内国で生まれ、建長4年(1252年)に84歳で入寂しました。幼名は藤原資信であり、父は藤原俊憲、母は藤原経房の娘でした。16歳の時に東大寺で出家し、戒壇院で受戒しました。その後、東大寺で学んだ後、真言宗東寺派の総本山である東寺に参詣しました。東寺で真誉(1)に出会い、その弟子となりました。 真誉(1)の指導を受け、真言宗の教義や修行法を学びました。また、東寺で多くの重要な役職を歴任し、東寺の発展に貢献しました。真誉(1)の死後、東寺の座主となり、真言宗東寺派を指導しました。 真誉(2)は、真言宗の教義や修行法を体系化し、真言宗の復興に貢献しました。また、真言宗の経典や密教儀軌を収集・編纂し、真言宗の学問の発展に貢献しました。さらに、東寺を真言宗の中心寺院として発展させ、真言宗の勢力拡大に貢献しました。 鎌倉時代初期に真言宗は、天台宗や浄土宗などの他の仏教宗派と熾烈な教団勢力争いを繰り広げていましたが、真誉(2)は真言宗の復興と発展に努め、真言宗の教勢を拡大しました。真誉(2)は、真言宗中興の祖として後世に称えられています。
歴史上の人物

「松嶺元秀尼」(⇒元秀女王(げんしゅうじょおう))について

-松嶺元秀尼とは- 松嶺元秀尼は、鎌倉時代初期の女性であり、後鳥羽天皇の皇女として生まれました。幼名は、懐子(かいし)といい、高倉天皇の皇女である覲子内親王(かんしのないしんのう)を母に持ち、北条時房の室となっていました。 承久3年(1221年)の承久の乱で、北条時房が病のため出家した直後に亡くなってしまい、元秀姫は13歳という若さで夫を亡くしてしまいました。そして、その2年後には父である後鳥羽上皇が隠岐島に流され、さらに翌年には母の後宮覲子内親王も亡くなってしまいました。 元秀姫は、夫や父、母を相次いで亡くし、悲嘆にくれたといいます。そして、この悲しみから出家を決意し、尼僧となりました。その法名は、松嶺元秀尼(しょうれいげんしゅうに)といい、そのまま松嶺尼とも呼ばれました。 松嶺元秀尼は、出家した後も、夫の北条時房の菩提を弔うために、京都の松嶺山に庵を結び、そこで念仏三昧の生活を送りました。そして、元秀尼は、貞応2年(1223年)に25歳の若さで亡くなりました。元秀尼の墓は、松嶺山にあります。 松嶺元秀尼は、承久の乱で夫や父、母を亡くし、悲嘆にくれた女性でした。しかし、出家した後も、夫の菩提を弔うために、念仏三昧の生活を送りました。元秀尼は、その生き方によって、人々から尊敬されました。
歴史上の人物

ー宗恭女王ー

- 宗恭女王について 宗恭女王は、平安時代後期の女性皇族。白河天皇の第一皇女。母は藤原師実の娘・藤原賢子。崇徳天皇の異母姉。鳥羽天皇の異母妹。近衛天皇の異父姉。後白河天皇の異母叔母。 宗恭女王は、1100年に白河天皇と藤原賢子の間に生まれた。1119年、19歳の時に叔父の鳥羽天皇に嫁いで中宮となり、1123年に近衛天皇を出産した。しかし、1129年に鳥羽天皇が崩御すると、近衛天皇はわずか7歳で即位し、宗恭女王は皇太后となった。 1132年、近衛天皇が崩御すると、宗恭女王は12歳の異母弟の崇徳天皇を擁立して院政を開始した。しかし、崇徳天皇は1142年に崩御し、宗恭女王は異父甥の後白河天皇を擁立して院政を続けた。 宗恭女王は、50年近く院政をを行い、その間、藤原頼長や平清盛などの権力者と協力して、朝廷の支配権を維持した。また、仏教を篤く信仰し、多くの寺院を建立した。1156年に崩御。56歳没。
歴史上の人物

「大碓皇子」

- -大碓皇子と日本武尊- -# -兄弟の確執- 大碓皇子と日本武尊は、景行天皇の皇子で、兄弟同士だった。しかし、二人は仲が悪く、常に争っていた。その原因の一つは、日本武尊が、大碓皇子の妻である弟橘媛を奪ったことだった。弟橘媛は、日本武尊の美しさに惹かれて、彼と駆け落ちしたのだ。 大碓皇子は、弟橘媛を奪われたことに激怒し、日本武尊を討とうと決意した。彼は、兵を集めて日本武尊が滞在していた信濃の国に攻め入った。日本武尊は、大碓皇子の軍勢を迎え撃ち、激戦が展開された。 最終的に、日本武尊が勝利し、大碓皇子は戦死した。弟橘媛は、大碓皇子の死を知り、海に身を投げて死んだ。 -# -大碓皇子と日本武尊の死後の評価- 大碓皇子と日本武尊の死後、二人はどちらも神として祀られた。大碓皇子は、全国各地に祀られているが、特に、長野県の諏訪大社が有名である。日本武尊は、全国各地に祀られているが、特に、三重県の伊勢神宮が有名である。 大碓皇子と日本武尊は、どちらも日本の歴史上の人物として、その名を知られている。しかし、二人は、兄弟でありながら仲が悪く、争ったという暗い過去も持っている。 -# -大碓皇子の功績- 大碓皇子は、日本武尊と争ったことで知られているが、実は、日本武尊よりも先に東征を行い、その功績は日本武尊よりも大きいとされている。 大碓皇子は、景行天皇の命を受けて、東征に出発した。彼は、信濃国、甲斐国、相模国など、東国の各地を平定した。また、彼は、蝦夷を討伐し、東北地方を平定した。 大碓皇子の功績は、日本武尊よりも大きかったとされているが、日本武尊の方が、より有名なのは、彼が、弟橘媛を奪ったというスキャンダラスなエピソードを持っているためである。 -# -大碓皇子の死の謎- 大碓皇子は、日本武尊との戦いで戦死したとされているが、その死の詳細は謎に包まれている。 一説によると、大碓皇子は、日本武尊の軍勢に囲まれて、自害したとされている。また、一説によると、大碓皇子は、日本武尊の軍勢に捕らえられ、殺害されたとされている。 しかし、大碓皇子の死の真相は、今もなお謎である。
歴史上の人物

「性信入道親王」(1005-1085)

「性信入道親王」(1005-1085)
歴史上の人物

源啓(829年-869年)-平安時代前期の皇族

-源啓の生い立ちと経歴- 源啓は、平安時代前期の皇族で、文徳天皇の第一皇子であり、清和天皇の兄にあたる。仁明天皇の孫、文徳天皇と在原有子(内侍司)の長子として生まれる。仁寿2年(852年)に立太子されたが、文徳天皇の死後、叔父の惟仁親王(清和天皇)が即位した。源啓は、清和天皇の異母弟であり、皇位継承権を有していたが、清和天皇の死後、皇位を継承することができなかった。 源啓は、博学多才で、和歌、漢詩、管弦に優れていたとされる。また、書道にも優れ、三筆の1人として数えられた。清和天皇の死後、出家して覚仁と号し、延暦寺に住した。貞観8年(866年)には、醍醐寺を開基し、同11年(869年)に没した。 源啓は、天台宗の僧侶として、また、歌人、詩人、書家として活躍した。彼の作品は、後世に高く評価され、彼の死後も彼の作品は多くの人に愛読された。
歴史上の人物

尊賞入道親王 – 江戸時代中期の皇族

尊賞入道親王の生涯 尊賞入道親王は、江戸時代中期の皇族である。諱は成勝(なりかつ)、尊号は尊賞(そんしょう)、法諱は道心(どうしん)である。後西天皇の第九皇子として誕生した。母は後西天皇の中宮である新上東門院典侍藤原政子である。 尊賞入道親王は、1638年に誕生した。幼少期より聡明で、学問を好み、和歌にも優れた才能を示した。1659年に親王宣下を受けて、尊賞親王を称した。 1663年に尊賞親王は、後西天皇の崩御に伴い、甥にあたる霊元天皇の皇太子に立てられた。しかし、1675年に霊元天皇に子が誕生したため、皇太子を辞した。 1680年に尊賞親王は、出家して尊賞入道親王を称した。剃髪後は、学問や和歌に専念し、数多くの著作を残した。また、後水尾法皇の命を受けて、徳川綱吉の生母桂昌院の養育係を務めた。 1685年に尊賞入道親王は、50歳で薨去した。諡号は真照入道親王である。尊賞入道親王は、学問や和歌に優れた才能を示した皇族であり、その著作は、後世に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

直仁親王の娘で林丘寺3世となった元敞女王

-# 直仁親王の娘で林丘寺3世となった元敞女王 -- 元敞女王の生涯 元敞女王(833~900年)は、仁明天皇の直仁親王の娘である。母は従五位下紀静子。父が36歳、母が18歳の時の子で、父直仁親王の死後、母紀静子と共に丹波に下向する。 元敞女王は貞明親王と結婚し、寛平6年(894年)に貞明親王が29歳で急逝するまでその妃として過ごしたことがわかっている。元敞女王は貞明親王との間に子女がおらず、貞明親王の早世により、元敞女王は尼僧となった。 寛平7年(895年)に元敞女王は林丘寺3世住職となる。元敞女王は温厚な性格と深い仏教の知識で知られ、林丘寺の隆盛に尽力した。延喜10年(900年)に68歳で没し、林丘寺に葬られた。
歴史上の人物

藤原仲子(崇賢門院)とは?人生と栄華

出身と皇室との関係 藤原仲子は、父である藤原実季と母である藤原敏子の間に生まれた。実季は藤原北家九条流の公卿であり、母方の曾祖父は村上天皇である。このため、仲子は皇室と血縁関係があり、幼少期から宮中に仕えていた。 仲子は、一条天皇の東宮妃として入内し、皇后となった。一条天皇は仲子を寵愛し、二人の間には敦康親王と章子内親王が生まれた。しかし、一条天皇は仲子が21歳の時に崩御し、敦康親王も幼くして亡くなった。 仲子は一条天皇の崩御後、出家して崇賢門院と号した。そして、宮中を離れて藤原氏の邸宅で暮らすようになった。しかし、仲子は皇族としての権威を保ち続け、政権に大きな影響力を与えた。 仲子は、後一条天皇の治世に摂政として権力を掌握した藤原道長の娘である藤原彰子と対立した。仲子は道長を排除して政権を掌握しようとしたが、失敗に終わった。 しかし、仲子はその後も皇室と藤原氏の関係を調整する役割を果たし、政局に大きな影響を与えた。仲子は72歳で亡くなり、遺体は一条天皇の陵墓である一条天皇陵に合葬された。
歴史上の人物

「埿部穴穂部皇子」(⇒穴穂部皇子(あなほべのおうじ))について

「埿部穴穂部皇子」(⇒穴穂部皇子(あなほべのおうじ))について
歴史上の人物

元瑶尼(光子内親王)

元瑶尼とは? 元瑶尼とは、平安時代前期の皇族・女官である。光子内親王とも呼ばれる。仁明天皇の第11皇女で、母は藤原順子。賀陽親王(仁明天皇皇子)の同母姉で、巻子女王(淳和天皇女御)、明子女王(文徳天皇更衣)の異母姉。 元瑶尼は、仁明天皇の晩年に生まれ、仁明天皇の崩御後に、光子内親王の宣旨を賜った。貞観10年(868年)に、賀陽親王が28歳で薨去したことをきっかけに、元瑶尼は賀陽親王の未亡人として、賀陽親王の遺児たちの養育に努めた。 元瑶尼は、賀陽親王の遺児たちを、仁明天皇の皇后であった藤原順子の養女として育て上げた。藤原順子は、元瑶尼の母であり、賀陽親王の祖母でもある。元瑶尼は、藤原順子の養女として育てられた賀陽親王の遺児たちを、自分の子供のように可愛がり、大切に育て上げた。 元瑶尼は、賀陽親王の遺児たちを立派に育て上げ、賀陽親王の血統を絶やすことなく、次世代につないでいくことに成功した。元瑶尼は、賀陽親王の遺児たちにとって、なくてはならない存在であり、賀陽親王の遺児たちは、元瑶尼に感謝していた。 元瑶尼は、賀陽親王の遺児たちを育て上げた後、出家して元瑶尼と号した。元瑶尼は、出家後も、賀陽親王の遺児たちと交流を続け、賀陽親王の遺児たちは、元瑶尼を尊敬していた。元瑶尼は、賀陽親王の遺児たちから、大変慕われていた。 元瑶尼は、賀陽親王の遺児たちを立派に育て上げ、賀陽親王の血統を絶やすことなく、次世代につないでいくことに成功した。元瑶尼は、賀陽親王の遺児たちにとって、なくてはならない存在であり、賀陽親王の遺児たちは、元瑶尼に感謝していた。
歴史上の人物

誉子内親王-章義門院

- 章義門院の生涯 誉子内親王(章義門院)は、第77代天皇後白河天皇と近衛基実の娘として、久寿2年(1155年)に誕生した。母方の祖父である基実は、藤原北家摂関家の嫡流である近衛家当主であり、その妹である徳子(建春門院)は後白河天皇の皇后であった。 誉子内親王は、幼少期から聡明で美しい容姿で知られ、後白河天皇の寵愛を受け、承安3年(1173年)には内親王宣下を受け、翌年には皇太子・重仁親王(後の高倉天皇)の妃となった。 安元元(1175)年、誉子内親王は重仁親王との間に第一皇子の憲仁親王(後の安徳天皇)を出産したが、平清盛の圧迫に苦しんだ後白河天皇は、同年12月、院政を開始し、重仁親王に譲位した。 治承4年(1180年)、平清盛が死去すると、後白河天皇は、平家打倒の兵を挙げ、源頼政や熊谷直実らとともに、平家との戦いに挑んだ。しかし、平家は、源頼政を討ち取り、後白河天皇をも捕らえ、幽閉した。 寿永2年(1183年)、源義仲が上洛し、平家を都から駆逐すると、後白河天皇は、捕らえられていた幽閉先から解放された。後白河天皇は、安徳天皇を廃し、皇子である言仁親王(後の後鳥羽天皇)を皇位につけた。 その後、源義仲と源頼朝が争い、義仲が討たれると、頼朝が上洛し、後白河天皇を保護した。頼朝は、後白河天皇の命令で、平家を追討し、文治元年(1185年)、平家を滅ぼした。 建久6年(1195年)、後白河天皇は、譲位し、言仁親王(後鳥羽天皇)が即位した。後白河天皇は、院政を続けたが、建久9年(1198年)に死去した。 誉子内親王は、建久10年(1199年)に出家し、章義門院と号した。章義門院は、後鳥羽天皇や順徳天皇の母として、幕府との交渉に尽力し、朝廷の安定に貢献した。承元4年(1210年)、章義門院は56歳で崩御した。
歴史上の人物

「中川宮朝彦親王」

-「中川宮朝彦親王」- -華麗な人生を歩んだ「皇族」- 中川宮朝彦親王は、明治天皇の叔父にあたる皇族です。1824年に仁孝天皇の第四皇子として生まれ、幼名は韶仁(なりひと)でした。1830年に中川宮を創設し、朝彦と名乗りました。 朝彦親王は、聡明で学問を好み、音楽や書道にも優れた才能を発揮しました。また、皇族として、戊辰戦争や西南戦争にも出征し、功績を上げました。しかし、1891年に肺結核で薨去しました。享年68歳でした。 朝彦親王は、華麗な人生を歩んだ皇族でした。その生涯は、日本の近代史と深く関わっており、現在もその功績は語り継がれています。 -中川宮朝彦親王の生涯- 朝彦親王は、1824年10月18日に京都御所菊亭殿で生まれました。幼名は韶仁(なりひと)でした。父は仁孝天皇、母は典侍(女官)の万里小路信子です。 朝彦親王は、聡明で学問を好み、音楽や書道にも優れた才能を発揮しました。1830年10月28日、中川宮を創設し、朝彦と名乗りました。 1844年12月25日、朝彦親王は、治仁親王(後の明治天皇)の猶父(養父)となりました。1868年1月27日、戊辰戦争が始まると、朝彦親王は、東征軍に参加し、功績を上げました。 1877年2月23日、西南戦争が始まると、朝彦親王は、鎮台総督として、西郷隆盛率いる薩摩軍を鎮圧しました。 1891年2月24日、朝彦親王は、肺結核で薨去しました。享年68歳でした。 -中川宮朝彦親王の功績- 朝彦親王は、日本の近代史に大きな功績を残しました。その功績は、次の通りです。 * 中川宮を創設し、皇族の分家として、皇室の安定に貢献しました。 * 戊辰戦争や西南戦争に出征し、日本の近代化に貢献しました。 * 学問や芸術を奨励し、日本の文化の発展に貢献しました。 朝彦親王は、華麗な人生を歩んだ皇族であり、その功績は現在も語り継がれています。
歴史上の人物

源明子(みなもとの-めいし)の歴史と背景

源明子とは 源明子は、桓武天皇の孫で、平城天皇の第2 皇子である嵯峨天皇の娘として生まれました。 賀茂神社の巫女となり、嵯峨天皇の妃となり、弘仁3年(812年)に第51代仁明天皇を生みました。 仁明天皇が崩御すると、明子は文徳天皇の摂政となりました。 明子は、仁明天皇の時代に実施された弘仁の改革を推進し、文徳天皇の時代に実施された承和の変にも関与しました。 承和の変とは、明子の弟である皇太子・恒貞親王が、明子と文徳天皇の皇女である明子内親王を廃して、自ら天皇になろうとした事件です。 しかし、明子と文徳天皇は、桓武天皇の皇子である源常を擁立して、恒貞親王を討伐しました。 承和の変の後、明子は、文徳天皇の死後に即位した清和天皇の摂政となり、その後も長く摂政を務めました。 明子は、清和天皇の死後も、陽成天皇、光孝天皇、仁和天皇の摂政を務め、866年に亡くなりました。 明子は、桓武天皇から陽成天皇までの5代の天皇の摂政を務め、平安時代の初期の政治に大きな影響力を与えた人物です。
歴史上の人物

頌子内親王-鎌倉時代の斎院

賀茂斎院としての人生 頌子内親王は、1200年に誕生しました。父は、土御門天皇、母は、西園寺公経の娘である高倉藤原雅子です。頌子内親王は、父天皇の譲位によって、後鳥羽天皇の異父妹として生まれました。1204年に、頌子内親王は、賀茂斎院に選定され、賀茂社に奉仕することとなりました。賀茂斎院とは、賀茂神社の祭祀を司る女性であり、皇女あるいは臣下の女子が任命されました。頌子内親王は、賀茂斎院として、賀茂社の祭祀を奉仕し、和歌や蹴鞠などの教養を身に着けました。また、賀茂斎院として、多くの貴族や僧侶と交流を深めました。 頌子内親王は、賀茂斎院として、数多くの和歌を詠んでいます。その和歌は、賀茂社の祭祀や、賀茂斎院としての生活、自然や恋愛などを詠んだものが多いです。頌子内親王の和歌は、当時の貴族社会で高く評価され、多くの歌集に収められました。 頌子内親王は、賀茂斎院として、10年間奉仕しました。1214年に、頌子内親王は、賀茂斎院を辞して、宮中に戻りました。宮中に戻った頌子内親王は、引き続き、和歌を詠み、多くの歌集に収められました。また、頌子内親王は、後鳥羽天皇の寵愛を受け、多くの皇子を産みました。頌子内親王は、賀茂斎院として、多くの歌を詠み、当時の貴族社会で高く評価されました。また、頌子内親王は、後鳥羽天皇の寵愛を受け、多くの皇子を産み、皇室に貢献しました。
歴史上の人物

長仁親王と道助入道親王 –

-長仁親王の生涯- 長仁親王は、平安時代の皇族で、桓武天皇の第四皇子。母は藤原旅子。802年(延暦21年)に生まれ、803年(延暦22年)に親王宣下を受けた。 806年(大同元年)、4歳の時に叔父である平城天皇の皇太子に立てられた。しかし、809年(大同4年)に平城天皇が嵯峨天皇に譲位すると、皇太子を解かれ、皇太弟となった。 823年(弘仁14年)、兄の嵯峨天皇から譲位を受けて、第53代天皇として即位した。在位中は、天長地久の治世を実現し、仏教を保護した。また、遣唐使を派遣して、唐の文化を日本に伝えた。 833年(天長10年)、31歳の時に崩御した。 長仁親王は、聡明で学問を好んだ。また、和歌にも優れ、多くの歌を残している。 長仁親王は、在位中に多くの功績を挙げ、平安時代の天皇として重要な役割を果たした。
歴史上の人物

火焔皇子 – 古代日本の皇族

-火焔皇子の概要- 火焔皇子(かえんのみこ)は、古墳時代の日本の皇族です。仁徳天皇の皇子であり、母は皇后磐之媛です。 火焔皇子は、仁徳天皇の死後、皇太子に立てられました。しかし、同母弟の允恭天皇が即位したため、皇位を継承することはできませんでした。 火焔皇子は、允恭天皇の治世中に活躍しました。允恭天皇の命を受けて、九州に遠征し、熊襲を征伐しました。また、允恭天皇の死後は、皇太后磐之媛の摂政として、政務を執りました。 火焔皇子は、允恭天皇が崩御した後に、皇位を継承しました。しかし、在位期間はわずか3年でした。在位中に、火焔皇子は、難波の堀江を造営し、難波の宮を造営しました。また、百済から仏教を伝来させました。 火焔皇子は、安康天皇に暗殺されました。安康天皇は、火焔皇子の弟であり、火焔皇子を皇位から排除するために暗殺を実行したと考えられています。 火焔皇子は、日本の歴史上、重要な人物です。皇位継承争いに巻き込まれ、悲劇的な最期を遂げましたが、日本の文化に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

– 守部王

# -- 守部王- -# 守部王とは 守部王(もりべおう)は、7世紀後半から8世紀前半にかけて日本に存在したとされる人物。 守部は古代日本の王族であり、天武天皇の弟である大友皇子の孫にあたる。守部は、壬申の乱において、大友皇子に味方して戦ったが、敗北して捕らえられた。その後、守部は、天武天皇によって伊豆国に配流された。 守部は、伊豆国で約20年間幽閉された後、701年に赦免されて帰京した。帰京後は、左大臣に任命され、政権の中枢で活躍した。守部は、715年に薨去した。 守部は、その生涯を通して、皇位継承問題に翻弄された人物である。守部は、大友皇子に味方して戦ったが、敗北して捕らえられた。その後、守部は、天武天皇によって伊豆国に配流された。しかし、守部は、701年に赦免されて帰京した。帰京後は、左大臣に任命され、政権の中枢で活躍した。守部は、715年に薨去した。 守部は、皇位継承問題に翻弄されながらも、最後まで朝廷に仕え続けた忠臣である。守部の生涯は、日本の歴史における皇位継承問題の縮図である。
歴史上の人物

源允明:平安時代中期に活躍した人物

-源允明の生涯- 平安時代中期に活躍した源允明は、嵯峨天皇の孫であり、父は源融、母は藤原明子である。891年に誕生し、960年に没した。 允明は、幼い頃から聡明で知られ、早くから文章に親しんだ。12歳の時、文章生に任命され、16歳の時、文章博士に任じられた。その後、蔵人、左中弁、参議、中納言と歴任し、947年には右大臣に任命された。 允明は、政治家としてだけでなく、学者としても名高く、漢学に通じていた。また、和歌にも優れ、勅撰和歌集である『古今和歌集』に19首の歌が入集されている。 允明は、藤原氏と親しく、936年には藤原忠平の娘である藤原穏子と結婚した。穏子との間に、源師房、源為憲、源雅信という三人の息子をもうけた。 允明は、960年、69歳で没した。没後、従一位の官位を贈られた。 允明は、平安時代中期を代表する政治家・学者・歌人である。その学識と人柄は、後世の人々から高く評価されている。
歴史上の人物

有栖川宮幟仁親王-江戸後期から明治時代を生きた皇族-

有栖川宮幟仁親王とは 有栖川宮幟仁親王は、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した皇族です。仁孝天皇の第二皇子であり、幼名は祐宮、のちに修仁と称します。1836年に有栖川宮家当主を継承し、1844年に叙爵しました。 有栖川宮幟仁親王は、徳川幕府の要職を歴任し、江戸城の警備や京都の治安維持に貢献しました。また、1868年の戊辰戦争では、薩摩藩や長州藩を率いて江戸幕府を倒し、明治維新を実現しました。 明治維新後は、陸軍大輔や参議など、明治政府の要職を歴任し、近代日本の建設に尽力しました。1872年、有栖川宮家の家督を弟の威仁親王に譲り、1895年に薨去しました。 有栖川宮幟仁親王は、日本近代化に貢献した偉大な人物の一人であり、その功績は今なお語り継がれています。
歴史上の人物

平安時代の皇女 布勢内親王とその生涯

-布勢内親王の生い立ちと家族- 布勢内親王は、第58代光孝天皇の第七皇女として、貞観12年(870年)に誕生した。母は、左大臣藤原基経の娘である藤原高子である。布勢内親王は、幼少の頃からその聡明さと美しさで知られ、父帝や母后からも寵愛を受けた。 布勢内親王の兄姉には、第59代宇多天皇、第60代醍醐天皇、仁子内親王、明子内親王、雅子内親王、敦子内親王らがいる。布勢内親王は、その中でも特に父帝に可愛がられ、父帝の膝の上で寝ることが許されるほどだった。 また、布勢内親王は、和歌にも優れた才能を発揮し、多くの歌を残している。その歌は、自然の美しさを詠んだものが多く、その繊細な感性と優れた美意識がうかがえる。 布勢内親王は、承和15年(898年)に、29歳の若さで薨去した。その死は、父帝や母后、兄姉らに大きな悲しみをもたらした。布勢内親王の死後、父帝は、彼女の歌を編纂して『布勢内親王集』を作成し、彼女の歌を後世に伝えた。
歴史上の人物

賀陽恒憲 – 昭和時代の皇族・軍人

-賀陽恒憲の生涯- 賀陽恒憲は、1890年(明治23年)1月5日に東京市で、皇族・海軍軍人である賀陽宮邦憲王と、北白川宮能久親王の第9王女・房子妃の間に生まれた。賀陽宮家の第2代当主である。 賀陽恒憲は、学習院初等科、学習院中等科、学習院高等科を経て、1908年(明治41年)に海軍兵学校に入学した。1911年(明治44年)に海軍兵学校を卒業し、海軍少尉に任官された。 1912年(大正元年)にイギリスに留学し、1914年(大正3年)に帰国した。1915年(大正4年)に海軍大尉に昇進し、駆逐艦「朝潮」の艦長に任命された。 1917年(大正6年)に海軍少佐に昇進し、戦艦「長門」の副長に任命された。1919年(大正8年)に海軍中佐に昇進し、戦艦「陸奥」の艦長に任命された。 1922年(大正11年)に海軍大佐に昇進し、海軍省人事局長に任命された。1924年(大正13年)に海軍少将に昇進し、第3戦隊司令官に任命された。 1926年(昭和元年)に海軍中将に昇進し、第1艦隊司令長官に任命された。1928年(昭和3年)に海軍大将に昇進し、海軍大臣に任命された。 1931年(昭和6年)に満州事変が勃発すると、賀陽恒憲は海軍大臣として、満州事変の拡大を支持した。1932年(昭和7年)に海軍大臣を辞任し、賀陽宮家の当主となった。 1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発すると、賀陽恒憲は枢密顧問官に任命され、戦争支持を表明した。1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、賀陽恒憲は枢密院議長に任命され、戦争支持を続けた。 1945年(昭和20年)に太平洋戦争が終結すると、賀陽恒憲は枢密院議長を辞任し、皇族の身分を離れた。1947年(昭和22年)に賀陽恒憲は死去した。