盗塁王

スポーツ分野の人

衣笠祥雄 – 偉大なる「鉄人」

連続出場記録の世界記録樹立 衣笠祥雄は、1970年4月12日のアトムズ戦で一軍デビューし、1987年10月18日のヤクルト戦まで、2215試合連続出場を果たした。これは、アメリカのカル・リプケン・ジュニアの2632試合に次いで、世界歴代2位の記録である。 衣笠の連続出場記録は、その頑丈な身体と不屈の精神の賜物である。彼は、試合中に何度も死球を受けたり、激しく転倒したりしたが、決して試合を休むことはなかった。また、彼は常にチームの勝利を第一に考え、自分の身体を犠牲にしてでもプレーを続けた。 1987年10月18日のヤクルト戦で、衣笠は連続出場記録を2215試合でストップさせた。この試合は、衣笠にとって最後の試合となり、彼の現役生活は幕を閉じた。しかし、衣笠の連続出場記録は、今もなお語り継がれている。 衣笠の連続出場記録は、彼の偉大な功績のひとつである。彼は、その頑丈な身体と不屈の精神で、チームの勝利に貢献し、多くのファンに感動を与えた。衣笠の連続出場記録は、これからも語り継がれ、野球ファンに勇気を与え続けるだろう。
スポーツ分野の人

「高木守道(1941-2019)」

岐阜商の主将、二塁手として出場 高木守道氏は、岐阜県立岐阜商業高等学校の卒業生で、在学中は野球部に所属し、主将と二塁手を務めていました。1959年の第41回全国高等学校野球選手権大会では、チームを優勝に導き、自身も大会優秀選手に選出されました。 高木氏は、高校卒業後は法政大学に進学し、野球部に入部しました。大学でも主将を務め、1963年の第24回全日本大学野球選手権大会では、チームを準優勝に導きました。同大会では、打撃賞とベストナインに選出されました。 大学卒業後は、社会人野球の日本石油に入社し、野球を続けました。1967年には、第38回都市対抗野球大会に出場し、チームの優勝に貢献しました。 1969年に、読売ジャイアンツに入団し、プロ野球選手としてのキャリアをスタートさせました。読売ジャイアンツでは、1970年から1972年まで3年連続でリーグ優勝を経験し、1972年には日本シリーズでも優勝を果たしました。 高木氏は、1977年に読売ジャイアンツを退団し、現役を引退しました。その後は、野球解説者や野球評論家として活躍し、2019年に77歳で亡くなりました。 高木守道氏は、岐阜商の主将として全国制覇を達成し、法政大学でも主将を務め、全日本大学野球選手権大会で準優勝を果たしました。読売ジャイアンツでは、3年連続リーグ優勝と日本シリーズ優勝を経験しました。引退後は、野球解説者や野球評論家として活躍しました。
スポーツ分野の人

坪内道典 – プロ野球のパイオニア

-プロ野球界での功績- 坪内道典は、プロ野球界で数多くの功績を残した人物です。その中でも、特に注目すべき功績を紹介します。 1. -プロ野球の創設- 坪内道典は、1934年、日本プロ野球の創設に尽力した人物の一人です。当時、日本では野球はアマチュアスポーツとして扱われていましたが、坪内はプロ野球の設立を訴え、日本野球連盟の承認を得るのが成功しました。こうして、1936年に日本職業野球連盟(現在の日本野球機構)が設立され、プロ野球が始まりました。 2. -プロ野球の近代化- 坪内道典は、プロ野球の近代化にも貢献しました。プロ野球草創期には、球場の設備や運営方法など、多くの問題がありました。坪内は、これらの問題を改善するために、球場の整備や新しい運営方法の導入など、積極的な改革を行いました。また、プロ野球のルールや制度の整備にも尽力しました。 3. -プロ野球の人気向上- 坪内道典は、プロ野球の人気を高めるためにも尽力しました。プロ野球の試合をラジオや新聞で放送したり、プロ野球選手の活躍を宣伝したりすることで、プロ野球を広く一般に知ってもらえるようにしました。また、プロ野球の試合をより魅力的にするために、様々な工夫を凝らしました。 4. -プロ野球の発展- 坪内道典の尽力により、プロ野球は着実に発展を遂げていきました。プロ野球の試合は、人々の人気スポーツとなり、プロ野球選手はスターとして扱われるようになりました。プロ野球の球団も増え、プロ野球は日本を代表するスポーツの一つとなりました。 坪内道典は、プロ野球界の発展に大きく貢献した人物です。彼の功績は、今もなおプロ野球界に受け継がれています。
スポーツ分野の人

広瀬叔功 – 盗塁王の足と首位打者のバットを持つ攻走守三拍子そろった外野手

南海ホークス黄金期を支えた名選手 広瀬叔功は、南海ホークス黄金時代を支えた名選手として知られる外野手です。1940年、大分県に生まれ、1960年に南海ホークスに入団しました。俊足巧打の外野手として活躍し、1963年には盗塁王、1964年には首位打者に輝いています。また、1965年には三冠王を獲得するなど、攻走守三拍子そろった選手でした。 広瀬叔功は、強力な打撃でチームに貢献しました。1965年には打率.327、36本塁打、105打点という成績を収めて三冠王に輝き、1963年には打率.318、25本塁打、82打点、また1964年には打率.318、27本塁打、86打点と、3年連続で打率3割、20本塁打以上を記録しています。 また、広瀬叔功は、俊足で盗塁でも活躍しました。1963年には51盗塁で盗塁王に輝き、1964年には40盗塁、1965年には37盗塁を記録しています。 守備でも、広瀬叔功は巧みなフィールディングでチームを支えました。1963年から1965年まで3年連続でゴールデングラブ賞を受賞しています。 広瀬叔功は、南海ホークス黄金時代を支えた名選手として、今もなお多くのファンに愛されています。
スポーツ分野の人

~木塚忠助~

南海ホークスで活躍した名遊撃手木塚忠助 ~木塚忠助~ 南海ホークスで活躍した名遊撃手 木塚忠助は、1923年(大正12年)4月15日に、愛知県幡豆郡西幡豆町(現在の愛知県西尾市)に生まれた。幼い頃から野球に興味を持ち、小学校時代には地元の少年野球チームで活躍した。1941年(昭和16年)に、愛知県岡崎市の岡崎商業学校(現在の岡崎高等学校)に入学。野球部に所属し、遊撃手として活躍した。 1942年(昭和17年)に、岡崎商業学校を卒業。同年、南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に入団した。1943年(昭和18年)に、一軍に昇格。遊撃手としてレギュラーを獲得し、南海ホークスの黄金期を支えた。 木塚忠助は、抜群の守備力を誇る遊撃手だった。俊敏な動きと強肩で、難しい打球も難なく処理した。また、打撃でも活躍し、1949年(昭和24年)には28盗塁を記録するなど、走攻守三拍子揃った選手だった。 木塚忠助は、南海ホークスで12年間プレーし、2度のリーグ優勝に貢献した。1954年(昭和29年)には、ベストナインに選出された。1956年(昭和31年)に、現役を引退した。 引退後は、南海ホークスのコーチを務め、1964年(昭和39年)には監督に就任した。しかし、成績不振のため、1年で監督を辞任した。その後は、野球解説者として活躍した。 木塚忠助は、2004年(平成16年)4月15日に、肺がんのため死去した。享年81歳だった。 木塚忠助は、南海ホークスの黄金期を支えた名遊撃手だった。その功績は、今もなおファンに語り継がれている。
スポーツ分野の人

「福本豊」

-福本豊のプロフィール- -生誕- 1960年2月7日 -出身地- 大阪市西区(旧・南区) -野球歴- ・岸和田ボーイズ→西淀川高校→近畿大学→南海ホークス(1982-1999) ・オリックス・ブルーウェーブ(2000-2001) ・中日ドラゴンズ(2002-2003) -ポジション- 遊撃手 -成績- ・NPB通算成績  打率.309、安打2,748本、本塁打392本、打点1,518点、盗塁655個 ・主なタイトル  打撃三冠王(1985年)  最優秀選手(1985年)  首位打者(1985年、1986年、1987年、1988年)  盗塁王(1986年、1987年、1988年、1989年、1990年)  ベストナイン(1984年、1985年、1986年、1987年、1988年、1989年、1990年、1991年、1993年)  ゴールデングラブ賞(1983年、1984年、1985年、1986年、1987年、1988年、1989年、1990年、1991年、1993年) ・日本代表歴  1982年世界野球選手権大会  1984年ロサンゼルスオリンピック  1986年ソウルオリンピック  1990年世界野球選手権大会  1992年バルセロナオリンピック -解説者歴-  2004年~現在 -表彰-  1985年 紫綬褒章  1991年 国民栄誉賞 -その他- ・2010年 野球殿堂入り
スポーツ分野の人

青木宣親 野球界のレジェンド

青木宣親の生い立ちと経歴 青木宣親は、1982年1月26日に北海道札幌市で生まれました。父親は会社員、母親は主婦。姉と弟がいます。青木が野球を始めたのは、小学1年生の時です。地元の少年野球チームに入り、すぐに頭角を現しました。中学時代は、札幌白石リトルシニアでプレー。高校は、北海道栄高等学校に進学しました。 高校時代は、甲子園出場を経験することはできませんでしたが、ドラフト会議でヤクルトスワローズから1位指名を受けて、プロ野球選手となりました。2005年に一軍デビューを果たすと、すぐにレギュラーに定着。強打と俊足を武器に、2007年には盗塁王、2008年には首位打者を獲得しました。2009年には、WBC日本代表にも選出されました。 2012年オフに、ポスティングシステムを利用してMLBのミルウォーキーブルワーズに移籍。MLBでは、5年間プレーし、通算打率.292、17本塁打、180打点を記録しました。2017年に、ヤクルトスワローズに復帰し、2018年には打率.322、20本塁打、108打点を記録して、最多安打のタイトルを獲得しました。 2020年オフに、埼玉西武ライオンズに移籍。2021年は、打率.276、15本塁打、66打点を記録し、チームのリーグ優勝に貢献しました。2022年は、打率.289、15本塁打、69打点を記録し、チームの2連覇に貢献しました。 青木は、抜群の打撃技術と俊足を持ち、日本の野球界を代表する選手の一人です。2022年シーズン終了時点で、通算打率.302、243本塁打、1152打点を記録しています。
スポーツ分野の人

→「呉昌征」

-呉昌征の生涯と野球選手としての活躍 呉昌征は1932年(昭和7年)3月8日に兵庫県川辺郡猪名川村(現在の猪名川町)で生まれた。父は呉天柱、母は呉ソノ。天柱は台湾出身で、1920年代に日本に渡り、猪名川村で農業を営んでいた。ソノは日本の女性である。 昌征は天柱とソノの長男として生まれ、後に弟と妹が生まれた。幼い頃から野球に興味を持ち、地元の草野球チームでプレーしていた。 1950年(昭和25年)、昌征は猪名川高等学校に入学した。猪名川高校野球部に入部し、エースとして活躍。同校を夏の甲子園大会に出場させた。甲子園では1回戦で敗退したが、呉昌征の名は全国に知 られることとなった。 1952年(昭和27年)、昌征は大阪タイガースに入団した。背番号は18。1年目のシーズンから活躍し、チームの主力選手となった。1955年(昭和30年)には、日本のプロ野球史上初の三冠王を獲得した。 昌征はその後もタイガースで活躍を続け、1960年(昭和35年)にはチームのリーグ優勝に貢献した。しかし、1961年(昭和36年)に怪我で長期離脱を余儀なくされ、翌1962年(昭和37年)に現役を引退した。 引退後は、1963年(昭和38年)から1965年(昭和40年)までタイガースの監督を務めた。その後は解説者や評論家として活動した。 1989年(平成元年)、呉昌征は野球殿堂入りを果たした。2005年(平成17年)に肝不全のため死去した。
スポーツ分野の人

井口資仁:野球界のレジェンド

井口資仁野球界のレジェンド 学生時代から才能を発揮三冠王とMVP受賞 井口資仁は、1975年5月26日生まれ、東京都出身の元プロ野球選手です。ポジションは内野手であり、主に遊撃手を務めました。 井口は、東京都立駒込高等学校に進学し、野球部に入部します。1年時からレギュラーとして活躍し、3年時には主将を務めました。高校通算本塁打は30本であり、通算打率は.380でした。 1993年、井口はドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団します。1年目から遊撃手のレギュラーとして活躍し、新人王を獲得しました。翌1994年には、打率.358、38本塁打、109打点の成績で、三冠王とMVPを獲得しました。 井口は、その後もロッテの中心選手として活躍し、2001年にはチームを日本シリーズ優勝に導きました。2005年には、メジャーリーグのシカゴ・ホワイトソックスに移籍します。ホワイトソックスでは、2005年と2008年にワールドシリーズ優勝を経験しました。 2012年、井口はロッテに復帰し、2014年までプレーしました。2014年限りで現役を引退し、現在はスポーツ解説者として活躍しています。 井口は、通算成績で打率.303、276本塁打、1134打点の成績を残しました。また、ゴールデングラブ賞を4回、ベストナインを7回受賞しました。2018年には、野球殿堂入りを果たしています。 井口は、学生時代から才能を発揮し、プロ野球でも大活躍したレジェンドです。三冠王とMVPを獲得したほか、日本シリーズ優勝とワールドシリーズ優勝も経験しています。引退後は、スポーツ解説者として活躍しており、野球界に貢献し続けています。
スポーツ分野の人

イチロー-平成時代のスター選手

-イチローの輝かしい経歴- イチローは、平成時代のスター選手の一人です。メジャーリーグで活躍した日本人選手として初めて、本塁打王、打点王、盗塁王の三冠王を獲得しました。また、通算安打数3,089本はメジャーリーグ史上30位です。 イチローは、1973年に愛知県西春日井郡豊山町(現・豊山市立豊山小学校)で生まれました。父親は社会人野球の選手で、イチローは幼い頃から野球を始めました。高校卒業後は中日ドラゴンズに入団し、1994年に一軍でデビューしました。 イチローは、1996年にメジャーリーグのシアトル・マリナーズに移籍しました。メジャーリーグ1年目の1996年に新人王を獲得し、その後もコンスタントに活躍を続けました。2001年には、メジャーリーグ史上初の日本人選手として本塁打王を獲得しました。2004年には、打点王と盗塁王の二冠王を獲得し、三冠王に輝きました。 イチローは、2009年にニューヨーク・ヤンキーズに移籍し、2012年にマイアミ・マーリンズに移籍しました。2015年にシアトル・マリナーズに復帰し、2018年までプレーしました。 イチローは、平成時代のスター選手として、一時代を築きました。その輝かしい経歴は、今後も語り継がれていくでしょう。
スポーツ分野の人

飯田徳治 – 昭和後期の野球選手、監督

輝かしいキャリア南海、国鉄での活躍 飯田徳治は、1949年に南海ホークスに入団し、プロ野球選手としてのキャリアをスタートさせました。南海では、主に外野手として活躍し、俊足巧打でチームに貢献しました。1955年には、3割5分8厘の打率を記録し、首位打者のタイトルを獲得しました。また、1957年には、南海を初の日本一に導き、MVPに輝きました。 1959年に国鉄スワローズに移籍すると、国鉄でも主力打者として活躍しました。1960年には、打率3割2分5厘、27本塁打、96打点の好成績を残し、再び首位打者のタイトルを獲得しました。また、国鉄でも1962年にチームを日本一に導き、2度目のMVPに輝きました。 飯田徳治は、南海、国鉄の両球団で活躍し、通算2774安打、524本塁打、1665打点、117盗塁という素晴らしい成績を残しました。1967年に引退後は、監督として南海、広島、ロッテで指揮を執り、1973年にはロッテを日本一に導きました。
スポーツ分野の人

野球界の俊足盗塁王「柴田勲」の名球歴

柴田勲は、1949年12月18日、京都府京都市に生まれました。1967年、京都商業高等学校からドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。 柴田は、入団1年目の1968年から二盗(59回)と三塁打(6本)の2部門で新人王を獲得。1971年には47盗塁を記録し、初の盗塁王に輝きました。 1972年には、リーグ最多の56盗塁を記録し、二盗塁王に輝きました。また、この年は打率.323、本塁打21本、打点78を記録し、初のベストナインに選出されました。 1973年には、リーグ最多の60盗塁を記録し、2年連続で盗塁王に輝きました。また、この年は打率.295、本塁打25本、打点83を記録し、2年連続でベストナインに選出されました。 1974年には、リーグ最多の56盗塁を記録し、3年連続で盗塁王に輝きました。また、この年は打率.322、本塁打29本、打点82を記録し、3年連続でベストナインに選出されました。 1975年には、リーグ最多の47盗塁を記録し、4年連続で盗塁王に輝きました。また、この年は打率.324、本塁打28本、打点79を記録し、4年連続でベストナインに選出されました。 1976年には、リーグ最多の43盗塁を記録し、5年連続で盗塁王に輝きました。また、この年は打率.316、本塁打24本、打点75を記録し、5年連続でベストナインに選出されました。 柴田は、1977年に読売ジャイアンツを退団し、ヤクルトスワローズに入団しました。ヤクルトスワローズでは、1978年に42盗塁を記録し、盗塁王に輝きました。 柴田は、1980年にヤクルトスワローズを退団し、ロッテオリオンズに入団しました。ロッテオリオンズでは、1981年に40盗塁を記録し、盗塁王に輝きました。 柴田は、1983年にロッテオリオンズを退団し、引退しました。 柴田は、通算2215安打、315本塁打、1251打点、777盗塁を記録しました。盗塁王8回、ベストナイン6回、ゴールデングラブ賞8回に輝いています。 柴田は、1994年に野球殿堂入りしました。
スポーツ分野の人

秋山幸二 – 不動の三番打者

-西武ライオンズの黄金時代を築いた秋山幸二- 秋山幸二は、1958年8月6日生まれの元プロ野球選手である。ポジションは外野手。右投右打。 1981年にドラフト1位で西武ライオンズに入団し、すぐにレギュラーを獲得した。1982年には20歳で打率.331、29本塁打、88打点でパ・リーグの三冠王を獲得し、史上最年少の三冠王となった。 その後も西武ライオンズの黄金時代を支え、1983年から1990年まで8年連続でリーグ優勝を達成し、日本シリーズでも5回優勝した。 秋山は、通算2,739安打、445本塁打、1,396打点、173盗塁の成績を残し、1996年に引退した。 2000年には野球殿堂入りを果たし、2003年には世界野球殿堂入りを果たした。 秋山は、西武ライオンズの黄金時代を築いた最高のバッターの一人である。