盛岡

歴史上の人物

「末弘厳石」

-末弘厳石の生涯- 末弘厳石は、1950年に石川県七尾市に生まれた。幼少の頃から相撲に親しみ、小学校卒業後は地元の相撲クラブに所属した。中学卒業後は、名門の相撲部がある石川県立羽咋高等学校に進学した。 羽咋高校では、主将として活躍し、全国高等学校相撲選手権大会に出場した。卒業後は、日本大学に進学し、相撲部に入部した。大学時代は、個人戦で活躍し、全日本学生相撲選手権大会で優勝した。 大学卒業後は、実業団の相撲チームである石川県警察相撲部に所属した。石川県警察相撲部では、主将としてチームを引っ張り、全国社会人相撲選手権大会で優勝した。 1976年に、大相撲の春場所に参加した。初土俵では、当時横綱だった北の湖敏満を相手に善戦した。1978年に、十両に昇進し、1979年には、幕内に昇進した。 幕内では、大関・貴ノ花光司、横綱・千代の富士貢といった強豪と対戦した。1982年に、大関に昇進し、1983年には、横綱に昇進した。 横綱時代は、10場所連続で優勝するなど、大活躍した。1985年に、左膝の故障で引退した。引退後は、相撲協会の役員を務めた。 1998年に、日本相撲協会の理事長に就任した。理事長時代には、相撲の国際化を推進し、外国人力士の活躍を認めることなどを決めた。2002年に、日本相撲協会の理事長を辞任した。 2008年に、大相撲の八百長問題が発覚した。八百長問題の責任を取る形で、日本相撲協会の関与を否定しながらも同年9月、衆議院議員を辞職することを表明した。 2010年に、大相撲の八百長問題に関する証人喚問で、国会の場で関与を否定した。2011年に、大相撲の八百長問題に関する民事裁判で、八百長の存在を認めた。 八百長問題以降、相撲協会からは遠ざかっていたが、2018年に、日本相撲協会の副理事長に就任した。副理事長時代には、相撲の普及活動に尽力した。 2020年1月、死去。69歳没。
歴史上の人物

宮部長煕 – 戦乱の世を生き抜いた武将

-織豊時代を彩った武将- 織豊時代は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての時代であり、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑により天下が統一された時代である。この時期、多くの武将が活躍したが、その中でも宮部長煕は、その勇猛果敢な戦いで人々を魅了した武将として知られている。 宮部長煕は、播磨国赤穂郡に生まれた。当初は小寺政職に仕えていたが、後に羽柴秀吉に仕え、秀吉の天下統一事業に大きく貢献した。秀吉が賤ヶ岳の戦いで勝利した後、宮部長煕は但馬国の国主となり、豊臣政権の中枢で活躍した。 宮部長煕は、数々の戦いで武功を挙げた。特に、賤ヶ岳の戦い、九州征伐、朝鮮出兵などでは、その勇猛果敢な戦いで秀吉から賞賛された。また、宮部長煕は、秀吉の信任が厚く、秀吉から多くの恩賞を賜った。 宮部長煕は、1597年に死去した。死後、宮部長煕は、その武勇を讃えられて豊国廟に祀られた。宮部長煕は、織豊時代を代表する武将の一人であり、その勇猛果敢な戦いで人々を魅了した武将として、現在も語り継がれている。
経済分野の人

金田一勝定(1848-1920)- 明治-大正時代の成功した実業家

-金田一勝定の功績盛岡の発展に貢献- 金田一勝定は、明治・大正時代の盛岡で活躍した実業家です。金田一家の五代目として生まれ、家業の呉服商を継ぎました。また、金田一は盛岡の発展に貢献したことで知られています。 金田一は、盛岡商工会議所の初代会頭を務め、盛岡の経済発展に尽力しました。また、金田一は盛岡銀行の頭取も務め、盛岡の経済基盤を固めました。さらに、金田一は盛岡電気軌道の社長も務め、盛岡の交通網整備に貢献しました。 金田一は、盛岡の発展に貢献しただけでなく、教育にも熱心に取り組みました。金田一は、盛岡商業学校(現・盛岡中央高等学校)の創設に尽力し、盛岡の商業教育の発展に貢献しました。また、金田一は盛岡高等農林学校の設立にも尽力し、盛岡の農業教育の発展に貢献しました。 金田一は、盛岡の発展に大きく貢献した実業家であり、教育者です。金田一の功績は、現在でも盛岡に残されており、盛岡の発展に欠かせない人物として敬愛されています。 -金田一勝定の盛岡発展への主な功績- * 盛岡商工会議所の初代会頭を務め、盛岡の経済発展に尽力 * 盛岡銀行の頭取を務め、盛岡の経済基盤を固め * 盛岡電気軌道の社長を務め、盛岡の交通網整備に貢献 * 盛岡商業学校(現・盛岡中央高等学校)の創設に尽力 * 盛岡高等農林学校の設立に尽力
学術分野の人

下田芳沢 – 江戸時代中期から後期にかけて活躍した儒者

-下田芳沢の生涯と人物像- 下田芳沢は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した儒者です。1737年、常陸国鹿島郡明野村(現・茨城県鉾田市)に生まれ、1802年に江戸で亡くなりました。 芳沢は、幼い頃から学問を好み、13歳のときに江戸に出て、儒学者・貝原益軒の門下生となりました。益軒の死後は、荻生徂徠や伊藤仁斎の学問を受け継ぎ、博学多識の儒者として知られるようになりました。 芳沢は、儒学のみならず、仏教や神道、西洋の学問にも通じており、その博識ぶりは「文武百般、皆に通ず」と評されました。また、芳沢は、教育者としても活躍し、多くの門下生を育て上げました。 芳沢の門下生には、儒学者・蒲生君平や国学者・平田篤胤、洋学者・箕作阮甫などがおり、芳沢の学問は、江戸時代の思想界に大きな影響を与えました。 芳沢は、儒学の立場から、社会の改革を主張する著書を多数著しました。その代表作である『政談』では、儒教の倫理に基づいた社会を建設することを説き、武士の奢侈を批判し、農民の救済を訴えました。 芳沢の学問は、江戸時代の社会に大きな影響を与え、芳沢は、江戸時代を代表する儒学者の一人として知られています。
文学分野の人

小野素郷→ 江戸時代中期-後期の俳人

# 小野素郷→ 江戸時代中期-後期の俳人 - 生涯と経歴 小野素郷(そのごう、1716年(享保元年) - 1807年1月12日(文化3年12月17日))は江戸時代中期から後期にかけての俳人。 小野素郷は、1716年(享保元年)に江戸の駒込に生まれた。本名は小野伝次郎。幼い頃から俳諧に興味を持ち、16歳の時に尾張藩士で俳人の服部嵐雪に師事した。素郷は嵐雪から「素」の俳号を贈られ、嵐雪の指導のもと俳諧の腕を磨いた。 1738年(元文3年)、素郷は嵐雪の推薦で江戸の俳人集団「蕉門十哲」の一人である高浜虚子に師事した。虚子は素郷に「郷」の俳号を贈り、素郷は「素郷」と名乗った。素郷は虚子から俳諧の奥義を学び、虚子の没後は蕉門の重鎮として俳壇を指導した。 1751年(宝暦元年)、素郷は芭蕉の忌日である10月12日に、江戸の深川芭蕉庵で「芭蕉忌」を始めた。芭蕉忌は、素郷の死後も毎年開催され、現在も続いている。 1789年(寛政元年)、素郷は74歳の時に、江戸の根岸に隠居した。隠居後は、俳諧の指導や句作に専念し、多くの優れた俳句を残した。1807年(文化3年)に82歳で死去した。 素郷は、蕉門の伝統を継承し、俳壇を指導した功績から「蕉門の巨人」と呼ばれている。また、芭蕉忌を始めた功績から「芭蕉忌の祖」とも呼ばれている。素郷の俳句は、自然を詠んだものが多く、その句風は「素郷風」と呼ばれている。素郷の句風は、後の俳人に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

正教司祭・三井道郎の生涯と功績

-三井道郎の生い立ちと正教への入信- 1908年(明治41年)、愛媛県松山市に生まれた三井道郎は、幼い頃から病弱の体が続いていました。そんな中、彼は11歳の時に正教の洗礼を受けました。当時、愛媛県には正教会の宣教地があり、彼の両親も正教徒でした。 三井道郎は、東京外国語学校でロシア語を学び、卒業後はロシアに留学しました。その後、彼は帰国して正教の神父になりました。そして、1931年(昭和6年)に、東京の築地にある日本正教管区の司祭に任命されました。 三井道郎は、司祭として、日本正教の宣教に尽力しました。彼は、各地を巡って講演を行い、正教の教えを説きました。また、彼は正教の出版物も発行しました。 1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、三井道郎は、軍隊に召集されました。彼は、戦地で従軍牧師として働きました。1945年(昭和20年)に戦争が終結すると、三井道郎は、日本に帰国しました。 戦後、三井道郎は、日本正教の復興に尽力しました。彼は、正教の神学校を設立し、正教の司祭を育成しました。また、彼は正教の出版物も発行しました。 1979年(昭和54年)に、三井道郎は、日本正教の大主教に任命されました。そして、1986年(昭和61年)に、彼は永眠しました。 三井道郎は、日本正教の発展に大きく貢献した人物です。彼は、正教の教えを日本に広め、日本正教の復興に尽力しました。
その他

堀越千代 – 明治・昭和期に活躍した傑出した教育者

堀越千代の人物像 - 教育界に多大な貢献をした女性 堀越千代は、明治・昭和期に活躍し、教育界に多大な貢献をした傑出した教育者です。 彼女の人生は、苦難を乗り越えてきた波乱万丈なものでした。彼女は1866年(慶応2年)、加賀藩士の娘として生まれました。しかし、幼い頃に父を亡くし、貧しい生活を強いられました。 それでも、彼女は学問への意欲を失わず、1880年(明治13年)に東京女子師範学校に入学します。卒業後は、小学校の教師として働きながら、さらなる研鑽を重ねました。 1896年(明治29年)、堀越千代は、東京女子専門学校を創設します。この学校は、女子教育の向上に大きな役割を果たしました。また、堀越千代は、1904年(明治37年)には、女子教育の振興に努めた功績を認められ、藍綬褒章を受章しています。 堀越千代は、教育者としてだけでなく、社会活動家としても活躍しました。彼女は1892年(明治25年)に、東京孤児院を創設して、孤児の救済に努めました。また、1901年(明治34年)には、日本女性同盟を創設して、女性の地位向上に尽力しました。 堀越千代は、1930年(昭和5年)に亡くなりました。しかし、彼女の教育に対する情熱と、社会貢献への取り組みは、今もなお語り継がれています。 堀越千代は、苦難を乗り越えて教育界に多大な貢献をした人物です。彼女の生き方は、私たちに勇気を与えてくれます。
歴史上の人物

– シュタイシェン

-シュタイシェンの生涯- アルフレッド・シュタイシェンは、1872年2月17日にルクセンブルクで生まれた。父親は技師、母親は画家だった。シュタイシェンは両親の長男として生まれた。シュタイシェン一家はシュタイシェンが2歳の時にアメリカ合衆国に移住した。シュタイシェンはニューヨークで育ち、14歳の時に写真に興味を持った。シュタイシェンは1886年に最初のカメラを購入し、独学で写真を学び始めた。 1890年にシュタイシェンはニューヨークカメラクラブに入会し、写真家として活動を開始した。シュタイシェンは1892年に写真家エドワード・スタイケンと出会い、スタイケンの影響を受けて写真芸術に興味を持った。シュタイシェンは1898年に写真雑誌「カメラワーク」を創刊し、写真芸術の普及に努めた。 1902年にシュタイシェンは写真家グループ「フォト・セセッション」を結成し、写真芸術の地位向上に努めた。シュタイシェンは1905年にニューヨーク近代美術館を設立し、写真芸術を美術館で展示する初めての事例となった。シュタイシェンは1934年にニューヨーク近代美術館の館長に就任し、写真芸術の普及に貢献した。シュタイシェンは1964年10月25日にニューヨークで死去した シュタイシェンは、20世紀初頭の写真界を代表する写真家で、写真芸術の地位向上に大きく貢献した。シュタイシェンの写真は、その芸術性と技術力の高さで評価されており、世界中の美術館で展示されている。シュタイシェンは、写真史に残る偉大な写真家として知られている。 -シュタイシェンの主な功績- ・写真芸術の地位向上に貢献 ・フォト・セセッションの結成 ・ニューヨーク近代美術館の設立 ・写真芸術の美術館での展示 ・写真雑誌「カメラワーク」の創刊 ・写真家グループ「フォト・セセッション」の結成 -シュタイシェンの代表作- ・《ロダン》(1902年) ・《月の光》(1904年) ・《湖》(1904年) ・《家族》(1911年) ・《ジョージア・オキーフ》(1918年) ・《ニューヨークの眺め》(1932年) ・《ムーンライズ》(1941年) ・《モナリザ》(1953年) ・《ピエタ》(1964年)
学術分野の人

阿部将翁 – 江戸時代前期・中期の医師・本草家

漂着から帰国までの経歴 阿部将翁は、1659年(万治2年)に現在の北海道・根室半島に漂着した。漂着の原因は、暴風雨による船の遭難であったとされている。漂着後、将翁はアイヌの人々に助けられ、彼らの村で生活することになった。アイヌの人々から、将翁は彼らの伝統的な医療法や薬草について学び、彼らに敬愛された。 1684年(貞享元年)、将翁はアイヌの人々とともに、江戸に帰国した。江戸では、将翁は徳川綱吉に謁見し、アイヌの人々の生活や文化について報告した。綱吉は、将翁の報告に感銘を受け、彼に医師としての称号を与えた。将翁は、江戸で医師として開業し、多くの患者を診た。 1695年(元禄8年)、将翁は著書である「蝦夷薬種考」を著した。「蝦夷薬種考」は、アイヌの人々から学んだ薬草についてまとめたもので、日本の薬学史上において重要な文献となっている。 1702年(元禄15年)、将翁は江戸で死去した。享年45歳であった。将翁の墓は、現在の東京都台東区にある西光寺に葬られた。 将翁は、漂着から帰国までの間に、アイヌの人々から多くのことを学び、それを日本の医学に貢献した。将翁の功績は、今日でも高く評価されている。
芸能分野の人

初代常磐津林中の生涯と芸風

- 初代常磐津林中の生い立ちと芸名の変遷 初代常磐津林中は、享保11年(1726年)12月13日に江戸の本所柳島で生まれた。本名は河内屋市郎右衛門。幼少の頃から音楽に親しみ、三味線を始めた。 15歳の時、常磐津豊後掾の門下に入り、常磐津豊吉を名乗る。その後、常磐津豊寿、常磐津豊寿太夫と改名する。 20歳の時、江戸に常磐津の定席である「常磐津劇場」が開設され、常磐津豊寿太夫は看板役者として活躍する。 25歳の時、常磐津林中を襲名する。常磐津林中は、常磐津節の第一人者として知られ、多くの弟子を育てた。 常磐津林中は、明和9年(1772年)12月13日に死去した。享年47。
学術分野の人

清岡道香-歴史,和歌,生け花,茶道,香道に通じた江戸時代後期の国学者

-清岡道香の生涯- 清岡道香(1790年 - 1840年)は、幕末から明治時代初期の国学者です。名は清、字は潤水、通称は清郎。号は道香、泉水、など。 清岡道香は、1790年(寛政2年)に、武蔵国多摩郡小河内村(現在の東京都青梅市)に生まれました。幼い頃から学問に優れ、12歳の時に江戸に出て、賀茂真淵の門人である上田秋成に師事しました。 14歳の時には、京都に出て、香川景樹に入門しました。その後、伴信友、橘千蔭、山川玄同、渡辺華山など、当時の著名な国学者・文人墨客と親交を結び、その学識を深めていきました。 1823年(文政6年)には、江戸に戻り、私塾を開いて、国学を講じました。また、和歌を詠み、生け花、茶道、香道にも通じた多才な人物でした。 1840年(天保11年)に、51歳で没しました。 清岡道香は、国学の復興に努めた人物の一人であり、その業績は、後世の国学の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

「国義」
江戸時代前期の刀工

人物の概要 国義は、江戸時代前期に活躍した刀工です。本名は河内守国義(かわちのかみくによし)といい、通称は河内守。摂津国三田尻(現在の兵庫県三田市)に生まれ、江戸で活躍しました。 国義は、相州伝を学び、特に正宗の作風に傾倒していました。その作風は、正宗の作風を踏襲しつつも、独自の工夫を加えたもので、華やかな金工を施すことで知られています。また、国義は刀身だけでなく、刀装具にも優れた技量を発揮しました。 国義は、その卓越した技量から、徳川将軍家をはじめ、諸大名や豪商などから厚く庇護を受けました。江戸城内での作刀を許され、江戸幕府の御用刀工となり、その作刀は「国義物」として珍重されました。 国義は、寛文12年(1672年)に72歳で没しました。その死後も、国義の作刀は高く評価され、現在でも多くの作品が残されています。国義の作刀は、日本の刀工史において重要な位置を占めており、その作風は、後の刀工たちに大きな影響を与えました。
歴史上の人物

京極高国 – 江戸時代前期の大名

-# 京極高国の生涯 京極高国は、戦国時代から江戸時代前期にかけて活躍した大和郡山城主の大名です。伊予西条藩初代藩主の京極忠高の長男として生まれました。幼名は「左門」。 京極高国は、元和8年(1622年)に徳川家光の御伽衆となり、寛永9年(1632年)には大和郡山藩主として入部しました。寛永17年(1640年)、初代藩主として郡山城に入城しました。郡山藩は、15万石の大藩で、大和国(現在の奈良県)のほぼ中央に位置していました。 京極高国は、郡山藩主在任中は、領内の開発に力を入れました。特に、新田開発や灌漑工事を行い、郡山藩の経済を安定させました。また、学問を奨励し、藩校「郡山学館」を設立しました。 京極高国は、承応3年(1654年)に64歳で死去しました。長男の京極高豊が家督を継ぎました。 京極高国は、大和郡山藩の基礎を築いた名君として知られています。彼が郡山藩主を務めた時代は、郡山藩が最も繁栄した時期でした。 京極高国は、次のような人物でした。 * 温厚で仁慈に富んだ人物だった。 * 学問を奨励し、藩校「郡山学館」を設立した。 * 新田開発や灌漑工事を行い、郡山藩の経済を安定させた。 * 郡山藩主在任中は、郡山藩が最も繁栄した時期だった。
学術分野の人

西海枝静-明治から昭和にかけて生きた神学者

西海枝静の生涯と経歴 西海枝静は、明治20年(1887年)に東京で生まれた。父は牧師、母は宣教師の娘であった。枝静は幼い頃からキリスト教に親しみ、16歳のときに洗礼を受けた。 枝静は1910年(明治43年)に東京女子大学英文科を卒業し、その後はアメリカに留学した。留学中は、ニューブランズウィック神学校で神学を学び、1914年(大正3年)に帰国した。 帰国後は、東京一致神学校で教鞭を執りながら、キリスト教に関する著書を多数発表した。枝静の著書は、キリスト教の信仰を分かりやすく解説したもので、多くの読者に親しまれた。 1923年(大正12年)には、関東大震災が発生した。震災後、枝静は被災者の救援活動に尽力し、また、キリスト教による復興運動にも積極的に参加した。 枝静は1945年(昭和20年)に東京で亡くなった。享年58歳であった。枝静は、明治から昭和にかけて活躍した神学者であり、キリスト教の信仰を日本に広めることに貢献した人物である。
経済分野の人

実業家 三田義正の生涯

-三田義正の生い立ちと起業家精神- 実業家 三田義正は、1922年(大正11年)に東京都品川区に生まれた。幼い頃から非常に聡明で、小学校、中学校、高校と常に成績優秀であった。進学した慶應義塾大学でも優秀な成績を修め、経済学部を卒業した。 大学卒業後は、大手商社に入社した。入社後は、営業職として活躍し、すぐに頭角を現した。数年後には、営業部長に昇進し、社内で重要な役割を担うようになった。 しかし、三田義正は、大手企業での安定した生活に満足できなかった。彼は、自分の事業を立ち上げ、社会に貢献したいという強い思いを持っていた。そこで、30歳の時に大手商社を退職し、独立起業した。 独立起業後は、様々な事業を手がけた。最初は、飲食店を経営していたが、その後、不動産事業や金融事業に参入した。事業は順調に拡大し、三田義正は、大企業の経営者として成功を収めた。 三田義正の成功の要因は、彼の起業家精神にあった。三田義正は、常に新しいビジネスチャンスを探し求めており、新しい事業を立ち上げることに積極的であった。また、三田義正は、非常に粘り強く、どんな困難にも屈しなかった。そして、三田義正は、部下を大切にし、部下の能力を最大限に引き出すことができた。 三田義正は、2002年(平成14年)に79歳で亡くなった。しかし、彼の起業家精神は、今も多くの経営者に受け継がれている。