眼科医

学術分野の人

宮川文平 – 明治・大正時代の医師

-済生学舎で学び、医術開業試験に合格- 宮川文平は、1862年(文久2年)に、丹後国(現在の京都府北部)の宮津で生まれた。幼少期から聡明で、12歳の時に京都の済生学舎に入学した。済生学舎は、幕末に開設された西洋医学の学校で、日本の近代医学の礎を築いた学校のひとつである。宮川文平は、済生学舎で5年間学び、1881年(明治14年)に卒業した。 卒業後は、大阪の公立医院に勤務した。1884年(明治17年)には、医術開業試験に合格し、開業医となった。開業医として、宮川文平は、多くの患者を診て、地域の人々から信頼された。また、宮川文平は、医学の研究にも熱心で、多くの論文を発表した。 1893年(明治26年)には、東京の慈恵医院の院長に就任した。慈恵医院は、1887年(明治20年)に設立された私立の総合病院で、日本の近代医学の発展に大きな役割を果たした病院のひとつである。宮川文平は、慈恵医院の院長として、病院の経営改革や医療技術の向上に尽力した。 1904年(明治37年)には、日本医師会の初代会長に就任した。日本医師会は、日本の医師の団体で、日本の医療の発展に大きな役割を果たした団体である。宮川文平は、日本医師会の会長として、医療制度の改革や医師の地位向上に尽力した。 1920年(大正9年)には、貴族院議員に勅選され、1922年(大正11年)には、男爵を授与された。宮川文平は、1925年(大正14年)に、63歳で死去した。
学術分野の人

三井棗洲とその生涯

-三井棗洲の生涯と業績- 三井棗洲(1622年-1701年)は、日本の江戸時代の商人であり、三井財閥の創業者です。彼は、その優れた商業的才能と先見の明で知られており、日本の経済発展に多大な貢献をしました。 棗洲は、滋賀県蒲生郡三井村(現在の湖南市三雲)に生まれました。彼は、幼い頃から商才を発揮し、16歳の時に江戸に出て、呉服商として独立しました。その後、彼は事業を拡大し、金融業や鉱山業にも進出しました。 棗洲は、生涯を通じて、常に新しい事業に挑戦し、成功を収めました。彼は、三越呉服店を創業し、日本橋に本店を構えました。また、彼は、江戸幕府の御用商人となり、巨額の富を築きました。 棗洲は、その富を惜しみなく社会貢献に用いました。彼は、三井慈善病院を設立し、貧しい人々を救済しました。また、彼は、儒学の奨励や、出版事業にも力を入れました。 棗洲は、1701年に79歳で亡くなりました。彼の死後、三井財閥は、彼の息子である三井高房が継承しました。三井財閥は、その後も発展を続け、日本最大の財閥へと成長しました。 棗洲は、その卓越した商業的才能と先見の明で、日本の経済発展に多大な貢献をしました。彼は、三井財閥の創業者として、日本の経済界に大きな足跡を残しました。
歴史上の人物

池原日南の

池原日南の生涯 池原日南(1979年12月1日-)は、日本の女性作家。東京都出身。 幼少期から読書が好きで、特にミステリーやSFを好んで読んだ。中学生の時には、自分で小説を書き始めた。高校卒業後、早稲田大学教育学部に入学。大学在学中は、文芸サークルに参加し、小説の執筆を続けた。 大学卒業後、出版社に就職。編集者として働きながら、小説の執筆を続けた。2004年、デビュー作『死の接吻』が、第5回鮎川哲也賞を受賞し、作家デビューを果たした。 その後も、ミステリーやSF、青春小説など、幅広いジャンルの小説を執筆し続けている。2010年には、小説『少女殺人事件』が、第13回本格ミステリ大賞を受賞した。 池原日南の小説は、巧みなプロットと、登場人物の心理描写に定評がある。また、ミステリーやSFのジャンルにとらわれず、幅広いジャンルの小説を執筆していることも特徴である。 池原日南は、現在も執筆活動を続けており、今後も精力的に作品を発表していく予定である。
その他

人名辞典-「宇良田唯子」(1873-1935 明治-昭和時代前期の眼科医。)

宇良田唯子は大正時代初期に北里研究所の第二研究所(現・北里研究所病院)で眼科部長を務めていました。北里柴三郎が1917年(大正6年)に第二研究所を設立し、宇良田唯子は眼科部長に就任。宇良田は、細菌学の権威である北里柴三郎の依頼を受けて、眼科の研究と診療を行うために北里研究所にやってきました。 宇良田が北里研究所で行った研究の中で、最も有名なのは、トラコーマの研究です。トラコーマは、クラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで起こる眼の感染症で、当時は日本でも広く流行していました。宇良田は、トラコーマの病原菌を分離し、その性質を明らかにしました。また、トラコーマの治療法を開発し、その有効性を示しました。 宇良田のトラコーマの研究は、日本におけるトラコーマの撲滅に大きく貢献しました。トラコーマは、日本では1955年(昭和30年)に撲滅が宣言されましたが、宇良田の研究がなければ、この撲滅は達成されなかったでしょう。 宇良田は、トラコーマの研究以外にも、結膜炎、角膜炎、緑内障など、様々な眼の病気の研究を行いました。また、眼科の診療にも力を入れ、多くの患者を診察して救いました。宇良田は、北里研究所で眼科の発展に大きく貢献し、日本の眼科医学の発展にも貢献しました。 宇良田は、1935年(昭和10年)に62歳で亡くなりました。しかし、宇良田の研究と業績は、今でも眼科医学の発展に役立っています。宇良田は、日本の眼科医学の発展に貢献した偉大な眼科医として、今もなお語り継がれています。
学術分野の人

芳賀潜庵-江戸時代後期の医師-生平と功績

- 芳賀潜庵の生涯 芳賀潜庵は、江戸時代後期の医師である。諱は茂広、字は君和、通称は喜内、号は潜庵である。1784年(天明4年)に、下総国結城郡中島宿(現・茨城県結城市)で、医者の家に生まれた。幼少期から学問に優れ、15歳で江戸に出て、医学を学んだ。23歳のときに、医者の資格である「御目見医師」を取得した。 その後、潜庵は、江戸や京都で開業医として活躍した。1822年(文政5年)には、江戸の浅草に、日本の医学史上初の私立病院「潜庵医院」を開設した。潜庵医院は、一般の患者だけでなく、貧しい患者も無料で診察・治療したため、庶民の間で評判となった。 潜庵は、蘭学にも通じており、西洋医学を積極的に取り入れた。また、日本の伝統的な医学である漢方医学にも精通しており、漢方薬の処方にも優れていた。潜庵の医学は、蘭学と漢方医学を融合させたものであり、多くの患者を救った。 潜庵は、医学の臨床だけでなく、医学書の執筆にも力を注いだ。1828年(文政11年)には、『薬徴』という医学書を出版した。『薬徴』は、漢方薬の効能や用法を解説した書物であり、多くの医師に読まれた。 潜庵は、1839年(天保10年)に、55歳で亡くなった。潜庵の死後、潜庵医院は、潜庵の弟子たちが引き継いで運営した。潜庵医院は、明治時代まで存続し、多くの患者を救った。 潜庵は、日本の医学の発展に大きな功績を残した医師である。潜庵の医学は、蘭学と漢方医学を融合させたものであり、多くの患者を救った。また、潜庵は、医学書の執筆にも力を注ぎ、日本の医学の発展に貢献した。
文学分野の人

杉田作郎:明治から昭和にかけて活躍した医師、俳人

杉田作郎(すげたさくろう)は、1868(慶応4)年に三重県に生まれた医師であり、俳人です。明治から昭和にかけて活躍し、医学や俳句、短歌などの分野で功績を残しました。 杉田作郎は、1891(明治24)年に東京帝国大学医学部を卒業後、同大学医学部医院(現・東京大学医学部附属病院)に勤務。1897(明治30)年に医学博士号を取得し、1901(明治34)年に大阪医学校(現・大阪大学医学部)の教授に就任しました。 杉田作郎は、大阪医学校在任中に、医学の分野で多くの功績を残しました。特に、肺結核の研究に力を入れ、1906(明治39)年には、結核菌の分離に成功。結核菌の培養法を確立し、結核の予防や治療に大きく貢献しました。 また、杉田作郎は、1910(明治43)年に日本医学会会長に就任し、日本の医学界の発展に尽力しました。1920(大正9)年には、大阪帝国大学医学部の初代学長に就任し、医学部の基礎を築きました。 杉田作郎は、医学の分野だけでなく、俳句や短歌の分野でも活躍しました。1902(明治35)年に俳句雑誌「ホトトギス」に投句し、正岡子規に認められます。1904(明治37)年には、俳句結社「ホトトギス」に入会。子規亡き後は、ホトトギスの主宰者として活躍し、近代俳句の発展に貢献しました。 杉田作郎は、1941(昭和16)年に大阪で亡くなりました。医師として、俳人として、多くの功績を残した偉大な人物でした。
学術分野の人

名医辻沢就庵の生涯と業績

-辻沢就庵の生い立ちと医学への志- 辻沢就庵は、1727年(享保12年)に播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市)に生まれました。幼名は良平といい、父は姫路藩の医師である辻沢元意、母は姫路藩の藩士である斎藤氏の娘でした。 就庵は幼い頃から聡明で、学問に優れていました。7歳の時に藩校である好古堂に入学し、儒学や医学を学びました。好古堂では、後に医師として活躍することになる同窓生である香川修庵や三島中洲と親交を深めました。 就庵は、15歳の時に江戸に遊学し、医学を学びました。江戸では、儒学者である荻生徂徠や医学者である貝原益軒に師事しました。荻生徂徠からは、儒学の基礎を学び、貝原益軒からは、漢方医学を学びました。 18歳の時に、就庵は姫路藩に戻り、藩の侍医となりました。姫路藩の藩主である榊原政岑に仕え、藩主の健康を管理しました。就庵は、藩主の信任を得て、藩の医療制度の改革に取り組みました。また、藩の医師を養成するための医学校を設立しました。 就庵は、1752年(宝暦2年)に、江戸に診療所を開業しました。就庵の診療所は、すぐに評判となり、多くの患者が訪れるようになりました。就庵は、患者の病気を丁寧に診察し、適切な治療を施しました。就庵の治療は、多くの患者の病気を治し、就庵は名医として知られるようになりました。 就庵は、1773年(安永2年)に、姫路藩の侍医を辞めて、江戸に本格的に移り住みました。江戸では、診療所を開業し、医術を教えました。就庵は、多くの弟子を育て上げ、日本の医学の発展に貢献しました。 就庵は、1786年(天明6年)に、60歳で亡くなりました。就庵は、日本の医学の発展に貢献した功績を讃えられ、1890年(明治23年)に正五位を追贈されました。
学術分野の人

秋山佐蔵 – 幕末から明治時代にかけて活躍した医師

-秋山佐蔵の生涯と業績- 秋山佐蔵は、幕末から明治時代にかけて活躍した医師である。 嘉永3年(1850年)、肥後国八代郡佐敷西村(現在の熊本県八代市佐敷町西)に、父・秋山正壽、母・ツルの長男として生まれる。 幼少期から神童と称され、15歳で熊本藩の医学校に入学。 18歳で藩医となり、20歳で江戸の医学校に留学。 25歳で帰郷し、八代郡荒尾村(現在の熊本県荒尾市)に医院を開業した。 佐蔵は、西洋医学を積極的に取り入れ、近代的な医療を実践した。 また、西洋医学の普及にも努め、明治10年(1877年)には、八代郡に私立医学校を設立した。 この医学校は、後に熊本県立八代高等学校の前身となった。 佐蔵は、明治18年(1885年)に東京に移住し、東京医学校(現在の東京大学医学部)の教授に就任した。 その後、明治23年(1890年)には、帝国大学医科大学の初代教授に就任した。 佐蔵は、帝国大学医科大学の教授として、近代医学の教育と研究に尽力した。 また、日本医学会の創立にも参画し、初代会長に就任した。 佐蔵は、明治37年(1904年)に東京で死去した。享年54歳。 佐蔵は、近代医学の普及と発展に貢献した功績を称えられ、明治40年(1907年)に正三位が贈られた。
歴史上の人物

柚木太玄 – 江戸時代中期の眼科医

経歴 柚木太玄は、1610年に江戸で生まれました。幼い頃から眼科に興味を持ち、16歳で江戸に出て、眼科医の弟子になりました。 19歳で開業し、すぐにその腕前を認められて、将軍家や大名など、多くの患者を診るようになりました。 1644年には、眼科の専門書である「眼科秘伝書」を執筆しました。この本は、眼科の治療法について詳しく書かれており、当時の眼科の治療に大きな影響を与えました。 また、柚木太玄は、眼科の治療器具も考案しました。その中には、角膜移植手術に使用する「角膜穿孔器」や、眼瞼下垂の手術に使用する「眼瞼挙筋腱膜短縮術」などがあります。 柚木太玄は、1694年に84歳で亡くなりました。しかし、その功績は今日でも高く評価されており、眼科の祖として親しまれています。
歴史上の人物

山脇巻石 – 江戸時代中期の眼科の名医

-江戸時代中期の眼科医- 大見出し「山脇巻石 - 江戸時代中期の眼科の名医」の下の「江戸時代中期の眼科医」では、江戸時代中期に活躍した眼科医たちについて記載します。 江戸時代中期には、眼科の分野で大きな進歩が見られました。それまでは眼科は、民間療法や経験的な治療法が中心でしたが、江戸時代中期になると、解剖学や生理学の発展に伴い、眼科も科学的な基礎に基づいて治療されるようになりました。 江戸時代中期に活躍した眼科医の中で、特に有名な人物としては、山脇巻石、原了齋、浅井了意などが挙げられます。山脇巻石は、江戸時代中期の代表的な眼科医であり、「眼科之書」という眼科の専門書を著しました。原了齋は、山脇巻石の弟子であり、眼科の他に、内科、外科、鍼灸などにも通じていました。浅井了意は、江戸時代中期の眼科医であり、眼科の専門書である「眼科秘伝」を著しました。 江戸時代中期に活躍した眼科医たちは、眼科の分野の発展に大きく貢献しました。彼らの業績は、現代の眼科医療の基礎となっています。 江戸時代中期に活躍した眼科医たちについて、もう少し詳しく説明します。 -山脇巻石- 山脇巻石は、江戸時代中期の代表的な眼科医です。1679年に江戸に生まれ、1758年に亡くなりました。山脇巻石は、眼科の専門書である「眼科之書」を著しました。この書物は、眼科の基礎知識から、眼科の治療法まで、幅広く解説しています。また、山脇巻石は、眼科の治療に、鍼灸を用いることを提唱しました。 -原了齋- 原了齋は、山脇巻石の弟子であり、眼科の他に、内科、外科、鍼灸などにも通じていました。1691年に江戸に生まれ、1762年に亡くなりました。原了齋は、眼科の専門書である「眼科秘伝」を著しました。この書物は、眼科の治療法について、詳しく解説しています。また、原了齋は、眼科の治療に、薬物療法を用いることを提唱しました。 -浅井了意- 浅井了意は、江戸時代中期の眼科医です。1728年に江戸に生まれ、1795年に亡くなりました。浅井了意は、眼科の専門書である「眼科秘伝」を著しました。この書物は、眼科の治療法について、詳しく解説しています。
学術分野の人

三井雪航 – 江戸時代後期の儒学,眼科医

三井雪航の生涯と功績 三井雪航は、江戸時代後期の儒学、眼科医であり、讃岐国(現在の香川県)出身です。名は、香山、字は、知之、別号は、三霞でした。 雪航は、1750年に讃岐国寒川郡豊田庄(現在の香川県さぬき市)に生まれました。幼少の頃から学問に秀で、14歳の時に江戸に出て、儒学者である古賀精里に師事しました。また、眼科医としての修行も積み、18歳の時に江戸で眼科医院を開業しました。 雪航は、眼科医として多くの患者を診察し、その治療法は非常に評判が良かったと言われています。また、儒学者としても活躍し、多くの著書を残しました。彼の著書の中でも特に有名なのが、「三霞雑記」です。 「三霞雑記」は、雪航の生涯にわたる観察や経験をまとめたもので、眼科、儒学、その他様々な分野の知識が盛り込まれています。この書物は、江戸時代後期の貴重な資料として、現在でも高く評価されています。 雪航は、1822年に73歳で生涯を閉じました。彼の功績は、眼科医として多くの患者を治療したこと、儒学者として多くの著書を残したことなど、多岐にわたっています。 雪航の生涯と功績は、江戸時代後期の日本文化に多大な影響を与えたと言えます。
学術分野の人

– 丸尾興堂

- 丸尾興堂の生涯 丸尾興堂(1867年~1951年)は、日本の画家、版画家です。浮世絵を学び、伝統的な浮世絵の技法を活かしながら、新しい表現を追求しました。 興堂は、1867年に東京の日本橋に生まれました。幼い頃から絵を描くことを好み、14歳の時に浮世絵師の月岡芳年に弟子入りしました。芳年に師事した興堂は、浮世絵の技法を学び、伝統的な浮世絵の美しさを体得しました。 19世紀後半、日本の浮世絵は衰退しつつありました。しかし、興堂は浮世絵の伝統を守るために、新しい表現方法を探求しました。興堂は、浮世絵の伝統的な技法を活かしながらも、西洋の写実的な表現方法を取り入れました。また、色彩豊かな作品を描き、浮世絵に新しい命を吹き込みました。 興堂の作品は、国内外で高く評価されました。1900年のパリ万国博覧会に出品された興堂の作品は、金賞を受賞しました。また、1914年には、帝室技芸員に任命されました。 興堂は、浮世絵の伝統を守り、新しい表現を追求した偉大な画家でした。興堂の作品は、今もなお多くの人々に愛され続けています。
学術分野の人

中泉行徳 (1871-1945) – 眼科医

-中泉行徳の生い立ちと経歴- 中泉行徳は、1871年9月26日に、現在の愛知県名古屋市中区に、中泉儀太郎とマツの三男として生まれた。父は儒学者で、行徳は幼い頃から漢学を学び、読書を好んだ。1886年に名古屋医学校に入学し、1891年に卒業した。卒業後は、名古屋市立病院に勤務しながら、眼科の研究を続けた。1895年に、ドイツに留学し、ベルリン大学で眼科学を学んだ。1898年に帰国し、名古屋医学校の教授に就任した。 1902年には、名古屋医学校が名古屋大学に昇格し、行徳は眼科の教授に就任した。1914年には、名古屋大学総長に就任し、1920年まで務めた。行徳は、眼科の研究において、特に緑内障の研究で知られており、1908年に発表した「緑内障の病理学的研究」は、緑内障の病因を明らかにした重要な論文として評価されている。また、行徳は、眼科の臨床においても大きな功績を残しており、1910年に名古屋に眼科病院を開設し、1920年には名古屋市に眼科診療所を開設した。 行徳は、1945年7月1日に、名古屋で死去した。享年73歳であった。行徳は、眼科医としてだけでなく、教育者や社会活動家としても活躍した。行徳の業績は、名古屋大学や名古屋市に今も残されており、彼の名前は、名古屋の医学界の歴史の中で重要な位置を占めている。
学術分野の人

眼科医・岡泰安の生涯と業績

若き日の岡泰安と医学への情熱 1920年、眼科医・岡泰安は現在の広島県福山市で生まれました。幼い頃から医学に興味を抱いていた泰安は、1941年に広島高等医学専門学校(現・広島大学医学部)に入学しました。在学中は、眼科を専攻し、優秀な成績を収めました。 1945年、太平洋戦争末期に広島に原子爆弾が投下されました。泰安は、爆心地からわずか2キロ離れた病院で勤務しており、被爆しました。しかし、奇跡的に、大きな怪我を負うことなく生き延びました。 爆弾投下後も、泰安は眼科医として働き続けました。被爆者の中には、視力を失った人も多くいましたが、泰安は、彼らの視力を回復させるために尽力しました。 1952年には、広島大学の眼科講座の助教授に就任しました。その後、教授に昇進し、1982年に退官するまで、眼科の研究と臨床に携わりました。 泰安は、眼科医として、数々の業績を残しました。特に、緑内障の研究においては、世界的に著名な眼科医でした。また、眼科の教科書を執筆し、若い医師の育成にも尽力しました。 泰安は、1999年に亡くなりましたが、その業績は、今もなお、多くの医師や研究者に影響を与えています。
学術分野の人

鈴木宗観(1759-1824)

武蔵国入間郡の眼科医 鈴木宗観は、武蔵国入間郡(現在の埼玉県入間市)で活躍した眼科医です。1759年に生まれ、1824年に没しました。 鈴木宗観は、幼い頃から眼科の勉強に励み、18歳のときに眼科医として開業しました。彼は、眼科の分野で多くの業績を残し、江戸時代に活躍した著名な眼科医の一人として知られています。 鈴木宗観は、眼科の治療法として、点眼薬や手術を行いました。また、彼は、眼科の理論についても研究を行い、多くの著作を残しました。彼の著作は、江戸時代の眼科医たちに広く読まれ、眼科の発展に貢献しました。 鈴木宗観は、眼科医としての業績だけでなく、教育者としても活躍しました。彼は、多くの弟子を育て、江戸時代の眼科の発展に貢献しました。また、彼は、眼科の普及のために、一般の人々向けの講演会も開催しました。 鈴木宗観は、江戸時代に活躍した著名な眼科医であり、教育者です。彼は、眼科の分野で多くの業績を残し、江戸時代の眼科の発展に貢献しました。
学術分野の人

高橋政代 – 日本の先駆的な眼科医

高橋政代の経歴と業績 高橋政代は、1890年11月23日に新潟県長岡市で生まれました。1915年に東京女子医学校を卒業し、1918年に東京帝国大学医学部に入学しました。1922年に同大学を卒業し、眼科医となりました。 高橋政代は、1923年に東京慈恵会医科大学眼科に入局しました。1925年に渡米し、コロンビア大学眼科で留学しました。1927年に帰国し、東京慈恵会医科大学眼科に戻りました。 高橋政代は、1928年に東京慈恵会医科大学眼科助教授に就任しました。1931年に同大学眼科教授に就任しました。高橋政代は、1931年に日本眼科学会に入会し、1932年に同会評議員に就任しました。1934年に同会会長に就任しました。 高橋政代は、1935年に東京帝国大学医学部眼科教授に就任しました。1936年に同大学医学部長に就任しました。高橋政代は、1937年に東京帝国大学総長に就任しました。高橋政代は、1938年に日本眼科学会会長に再任されました。1939年に同会名誉会長に就任しました。 高橋政代は、1941年に亡くなりました。高橋政代は、日本の眼科医学の発展に貢献しました。高橋政代は、日本の眼科医として初めて、角膜移植手術を成功させました。高橋政代は、日本の眼科医として初めて、緑内障の治療法を確立しました。高橋政代は、日本の眼科医として初めて、網膜剥離の治療法を確立しました。 高橋政代は、日本の眼科医学の発展に貢献した偉大な眼科医でした。
歴史上の人物

戦国時代の眼科医、馬島重常について

大見出し「戦国時代の眼科医、馬島重常について」 小見出し「馬島流眼科別流・大智坊馬島派の祖」 馬島流眼科別流・大智坊馬島派の祖は、盲目の眼科医馬島重常(1525~1609年)です。 馬島重常は、戦国時代の京都で生まれ、幼少のころに失明しました。その後、眼科医として活躍し、多くの目の病気を治療しました。 馬島重常は、薬草や鍼灸を使って目の病気を治療する「馬島流眼科」を創始しました。馬島流眼科は、江戸時代に公家や武士の間で広く普及し、多くの眼科医が馬島重常の門下生となりました。 馬島流眼科には、本流と別流があります。本流は、馬島重常の嫡男である馬島重政が継承しました。一方、別流は、馬島重常の甥である馬島重勝が継承しました。馬島重勝は、大智坊という寺を建立し、大智坊馬島派を名乗りました。 大智坊馬島派は、馬島流眼科の別流であり、江戸時代に公家や武士の間で広く普及しました。大智坊馬島派の眼科医たちは、馬島重常の教えを忠実に守り、多くの目の病気を治療しました。 大智坊馬島派は、江戸時代後半に衰退しましたが、馬島流眼科の伝統は現在も続いています。馬島流眼科の眼科医たちは、馬島重常の教えを忠実に守り、多くの目の病気を治療しています。
歴史上の人物

笠原重次について学ぶ

-笠原重次の経歴について学ぶ- -笠原重次の経歴- 笠原重次は、1555年に若狭国遠敷郡(現在の福井県三方郡美浜町)に生まれた戦国武将です。父は笠原清重、母は竹中重治の妹です。 1582年、本能寺の変により主君である織田信長が明智光秀に殺害されると、重次は羽柴秀吉の陣営に参加します。秀吉の九州征伐、小田原征伐、朝鮮出兵などに参加し、功績を上げました。 1598年、秀吉が死去すると、重次は徳川家康に仕えます。関ヶ原の戦いでは、東軍として参戦し、勝利に貢献しました。戦後、重次は遠江国掛川藩(現在の静岡県掛川市)を拝領し、大名となりました。 1607年、重次は掛川藩で死去しました。享年53でした。 -笠原重次の生涯- 笠原重次は、戦国時代の動乱期を生き抜いた武将です。織田信長、羽柴秀吉、徳川家康の3人の天下人に仕え、その功績を認められました。掛川藩初代藩主として、藩政を安定させるなど、治世にも手腕を発揮しました。 重次は、勇猛果敢な武将であると同時に、有能な政治家でもありました。彼の功績は、現在でも語り継がれています。
学術分野の人

山口秀高 – 明治・大正期の眼科医

-経歴と業績- 山口秀高は、1856年(安政3年)に甲斐国山梨郡石和村(現在の山梨県笛吹市)に生まれた。1882年(明治15年)に東京慈恵会医学校を卒業し、翌年にドイツに留学。ベルリン大学やハイデルベルク大学で眼科学を学び、1889年(明治22年)に帰国した。 帰国後は、東京慈恵会医学校に眼科教授として赴任。1893年(明治26年)に私財を投じて「山口眼科病院」を設立し、1897年(明治30年)に「東京慈恵会第二病院」の院長に就任した。1901年(明治34年)に東京帝国大学医科大学教授に就任し、1913年(大正2年)に帝国学士院会員に選ばれた。 山口は、眼科領域で多くの業績を残した。白内障の治療法である「山口法」を開発し、緑内障の治療法である「山口式緑内障手術」を考案した。また、日本における近代眼科学の基礎を築き、眼科医の養成に努めた。1921年(大正10年)に東京で没した。
学術分野の人

「中泉行正」(1897-1978 昭和時代の眼科医)

生い立ちと経歴 中泉行正は1897(明治30)年9月28日、愛媛県新居浜市に、父・辰蔵、母・モトの三男として誕生しました。幼少期は病弱で、小学校入学後は一時的に失明するほどの重病を患いました。しかし、地元の医師の尽力により視力を回復し、その後は優秀な成績を残し、旧制松山高等学校を卒業しました。 1918(大正7)年、東京帝国大学医学部に入学。在学中に眼科の権威である高木兼寛教授に師事し、眼科医としての基礎を築きました。1921(大正10)年に同大学を卒業し、同大学眼科教室に入局。1924(大正13)年に助教授に就任し、1932(昭和7)年に教授に昇進しました。 1935(昭和10)年、日本医学会賞を受賞。1941(昭和16)年には、日本眼科学会会長に就任しました。1947(昭和22)年には、東京大学総長に就任し、1949(昭和24)年には文部大臣に就任しました。1952(昭和27)年には、東京大学総長に再任され、1956(昭和31)年には日本学術会議会長に就任しました。 1978(昭和53)年10月26日、81歳で死去しました。
歴史上の人物

「千代有員」について

-狂歌師として活躍した千代有員 - その生涯と作品- 千代有員は、江戸時代後期の狂歌師です。1761(宝暦11)年、肥前国諫早(現在の長崎県諫早市)に生まれ、1842(天保13)年に江戸で亡くなりました。 千代有員は、幼い頃から和歌を学び、17歳で江戸に出て狂歌に転じます。狂歌とは、滑稽な言葉遊びや風刺を交えた和歌の一種で、庶民の間で親しまれていました。千代有員は、狂歌師としてすぐに頭角を表し、多くの作品を発表しました。 千代有員の作品には、社会風刺や庶民の暮らしを描いたものが多いのが特徴です。例えば、「世の中は からくりばかり まわるもの」という句は、世の中の虚飾や偽善を皮肉ったもので、「昨日まで 雉子と遊べど 今日はもう うどんだし汁 すすりけり」という句は、庶民の貧しい暮らしをユーモラスに描いたものです。 千代有員の狂歌は、庶民の間で広く受け入れられ、人気を博しました。また、千代有員は狂歌師としてのみならず、俳諧師や戯作者としても活躍しました。千代有員の作品は、江戸時代の庶民の生活や文化を知る上で貴重な資料となっています。 千代有員は、狂歌師として生涯を通じて活躍し、多くの作品を発表しました。その作品は、庶民の間で広く受け入れられ、人気を博しました。千代有員は、江戸時代の庶民の生活や文化を知る上で貴重な資料となっています。
学術分野の人

マッタララ・シルバ(1929-1999)

マッタララ・シルバ(1929-1999) スリランカの眼科医 マッタララ・シルバは、1929年にスリランカで生まれた眼科医です。彼は、コロンボ医科大学を卒業後、イギリスに留学し、ロンドン大学で眼科学の博士号を取得しました。帰国後は、コロンボ大学医学部の教授に就任し、スリランカの眼科医療の発展に貢献しました。 シルバは、角膜移植の第一人者として知られており、1963年にスリランカで初めて角膜移植手術を行いました。また、彼は白内障手術の新しい方法を開発し、失明の予防や治療に貢献しました。 シルバは、スリランカ国内のみならず、国際的にも活躍しました。彼は、世界保健機関(WHO)の眼科アドバイザーを務め、世界中の眼科医の育成に貢献しました。また、彼は、国際眼科学会(IOVS)の会長を務め、眼科学の発展に貢献しました。 シルバは、1999年に亡くなりましたが、彼の業績は今もなお語り継がれています。スリランカでは、彼の名を冠した眼科病院が設立され、多くの眼科医が育成されています。また、国際眼科学会(IOVS)では、毎年「シルバ賞」を授与しており、眼科学の発展に貢献した眼科医を表彰しています。 シルバは、スリランカの眼科医療の発展に貢献した偉大な眼科医です。彼の業績は、今もなお語り継がれています。
学術分野の人

大森隆碩:幕末から明治時代にかけて活躍した医師、教育者

大森隆碩(1824~1892年)は、幕末から明治時代にかけて活躍した医師、教育者です。長崎で生まれ、緒方洪庵の適塾で学び、蘭学と医学を修めました。その後、オランダに留学し、ヨーロッパの医学を学びました。帰国後は、長崎で医学塾を開き、多くの医師を育てました。また、明治政府の初代文部卿に就任し、日本の近代教育の基礎を築きました。 大森隆碩は、1824年に長崎で生まれました。幼い頃から学問に優れ、1840年に緒方洪庵の適塾に入門しました。適塾で、大森隆碩は蘭学と医学を学び、頭角を現しました。1848年に適塾を卒業した後、大森隆碩はオランダに留学しました。オランダでは、ライデン大学で医学を学び、1854年に卒業しました。 オランダから帰国後、大森隆碩は長崎で医学塾を開きました。医学塾では、大森隆碩は医学を教えるだけでなく、蘭学の普及にも努めました。大森隆碩の医学塾は、多くの医師を輩出し、日本の近代医学の発展に貢献しました。 1868年に、大森隆碩は明治政府の初代文部卿に就任しました。文部卿として、大森隆碩は日本の近代教育の基礎を築きました。大森隆碩は、全国に学校を設立し、義務教育制度を導入しました。また、大森隆碩は、東京大学の前身である帝國大学を創設しました。 大森隆碩は、1892年に死去しました。死後、大森隆碩は正五位勲二等に叙せられました。大森隆碩は、日本の近代化に貢献した功績を称えられ、国の重要文化財に指定されています。
学術分野の人

馬島円如 – 江戸時代後期の眼科医

-馬島円如の生涯と功績- 馬島円如(ばじまえんにょ)は、江戸時代後期の眼科医です。1783年(天明3年)に江戸で生まれ、1853年(嘉永6年)に亡くなりました。 円如は、幼い頃から眼科に興味を持ち、15歳で眼科医の門下生となりました。20歳で開業し、その優れた技術で評判を呼びました。円如は、眼科医としての技術だけでなく、眼科に関する多くの著作も残しています。その中には、「眼科必読」「眼科大成」などがあります。これらの著作は、後の眼科医たちに大きな影響を与えました。 円如は、眼科医としてだけでなく、教育者としても活躍しました。1833年(天保4年)に、江戸に眼科の学校を開設しました。この学校は、眼科医を養成するための機関として、大きな役割を果たしました。 円如の功績は、眼科医としての技術だけでなく、眼科に関する著作や教育活動など、多岐にわたっています。円如は、日本の眼科医学の発展に大きな貢献をした人物です。 円如の生涯と功績をまとめると、以下のようになります。 * 1783年(天明3年)に江戸で生まれる。 * 15歳で眼科医の門下生となる。 * 20歳で開業する。 * 1833年(天保4年)に江戸に眼科の学校を開設する。 * 1853年(嘉永6年)に亡くなる。 円如は、眼科医としてだけでなく、教育者としても活躍し、日本の眼科医学の発展に大きな貢献をしました。