硯友社

文学分野の人

丸岡九華:明治時代の詩人・小説家

丸岡九華の生涯 丸岡九華(1867-1938)は、明治時代の詩人・小説家です。本名は丸岡榮吉、九華は号です。 九華は、1867年12月20日に加賀国江沼郡金津町(現在の石川県加賀市)に生まれました。1882年に、金沢の第四高等中学校に入学します。しかし、1886年に中退し、上京して東京専門学校で英文学を学びました。1889年に卒業後、雑誌『文学界』の記者となります。1891年に、詩集『草わかば』を発表し、詩人としてデビューしました。 1892年に、九華は小説『不如帰』を発表します。この小説は、明治時代の恋愛小説の代表作として知られ、大ヒットしました。この小説の成功により、九華は日本のトップレベルの作家の一人となります。 1901年に、九華は『不如帰』の続編である『続不如帰』を発表します。この小説もまた大ヒットとなり、九華の人気をさらに高めました。 1904年、九華は日露戦争に従軍します。この戦争で、九華は従軍記者として活躍し、戦地の模様を新聞に掲載しました。 1905年、九華は帰国し、執筆活動を再開します。1907年に、長編小説『地上』を発表します。この小説は、明治時代の社会問題を扱った作品であり、高い評価を受けました。 しかし、1910年代以降、九華の執筆活動は衰退していきます。1938年、九華は70歳で死去しました。 九華は、明治時代の恋愛小説の代表作である『不如帰』を発表した作家として知られています。また、日露戦争に従軍し、戦地の模様を新聞に掲載しました。九華の小説は、明治時代の社会問題を鋭く描いた作品として高い評価を受けています。
文学分野の人

「尾崎紅葉」とは?明治時代の有名作家

-尾崎紅葉の生涯と経歴- -生い立ち- 尾崎紅葉は、1867年(慶応3年)に、江戸の日本橋茅場町で、尾崎勝蔵と、いととの美賀の間に生まれた。 紅葉は、幼い頃から読書を好み、特に浄瑠璃や小説を好んで読んだ。また、紅葉は、漢詩や和歌も得意であった。 紅葉は、1881年(明治14年)に、父勝蔵の死を機に、母美賀と妹の芳子と、浅草区に転居した。 紅葉は、1882年(明治15年)に、京華学舎に入学した。しかし、紅葉は、京華学舎を中退し、1884年(明治17年)に、東京専門学校に入学した。 紅葉は、1886年(明治19年)に、東京専門学校を卒業し、新聞記者として働き始めた。 -作家活動- 紅葉は、1889年(明治22年)に、小説『金色夜叉』を発表し、一躍有名になった。 紅葉は、『金色夜叉』の成功を機に、本格的に作家活動を開始した。 紅葉は、1891年(明治24年)に、小説『二人と藤娘』を発表し、さらに人気を博した。 紅葉は、1893年(明治26年)に、小説『野菊の墓』を発表し、その年の直木賞を受賞した。 紅葉は、1894年(明治27年)に、小説『青鞜』を発表し、その年の直木賞を受賞した。 紅葉は、1896年(明治29年)に、小説『不如帰』を発表し、その年の直木賞を受賞した。 紅葉は、1898年(明治31年)に、小説『金色夜叉』の続編『金色夜叉続編』を発表した。 紅葉は、1903年(明治36年)に、小説『枳殻文年生』を発表した。 紅葉は、1904年(明治37年)に、小説『永遠の愛』を発表した。 -晩年- 紅葉は、1905年(明治38年)に、脳卒中で倒れ、38歳で死去した。 紅葉の死後、その遺稿は、紅葉の妻である繁子が編集し、1906年(明治39年)に、小説集『紅葉全集』として出版された。 紅葉は、日本近代文学史上に残る、偉大な作家の一人である。
文学分野の人

-前田曙山

前田曙山(まえだ しょざん)とは、日本の医師、医師の研究者、開業医として活動した人物である。 前田曙山は、明治5年(1872年)に滋賀県に生まれた。医業を志し、京都医学専門学校を卒業後、開業医として活躍した。その後、医師の研究者として京都帝国大学医学部に奉職し、教授として多くの医師を育成した。 前田曙山は、日本における医師教育の近代化に貢献した人物として知られている。また、医師の倫理問題についても積極的に発言し、医師の社会的地位の向上に努めた。 前田曙山は、昭和24年(1949年)に死去した。享年77。 前田曙山の生い立ち 前田曙山は、滋賀県に生まれた。父は武士で、母は下級役人だった。前田曙山は、幼少期から頭が良く、勉強好きだった。明治15年(1882年)、京都医学専門学校に入学した。京都医学専門学校は、日本の医学教育の近代化を担った学校である。前田曙山は、京都医学専門学校で医学を学び、明治19年(1886年)に卒業した。 前田曙山は、卒業後、開業医として活動した。開業医として、前田曙山は多くの患者を診て、人々の命を救った。また、前田曙山は、医師の研究者としても活躍した。前田曙山は、京都帝国大学医学部に奉職し、教授として多くの医師を育成した。 前田曙山は、日本における医師教育の近代化に貢献した人物として知られている。また、医師の倫理問題についても積極的に発言し、医師の社会的地位の向上に努めた。 前田曙山は、昭和24年(1949年)に死去した。享年77。
文学分野の人

「山田美妙」

-山田美妙の生涯と経歴- 山田美妙は、日本の小説家、劇作家、ジャーナリスト、編集者である。 1868年(慶応4年)8月27日、東京都日本橋に生まれた。 本名は山田武太郎。 1889年(明治22年)、東京専門学校(現・早稲田大学)を卒業後、新聞記者として活動を開始した。 1895年(明治28年)、小説『武蔵野』を執筆し、文壇デビューを果たした。 その後、小説、戯曲、評論など、幅広い分野で活躍した。 1906年(明治39年)、夏目漱石、森鴎外、幸田露伴、坪内逍遥らとともに、文芸誌『太陽』を創刊した。 1910年(明治43年)、早稲田大学教授に就任した。 1922年(大正11年)、小説『野菊の墓』を発表した。 この作品は、日本の近代文学を代表する名作の一つとして知られている。 1935年(昭和10年)、小説『春琴抄』を発表した。 この作品も、日本の近代文学を代表する名作の一つとして知られている。 山田美妙は、1938年(昭和13年)6月20日、心臓発作のため死去した。 享年70。 山田美妙は、日本の近代文学に大きな功績を残した作家である。 その作品は、現在もなお多くの人々に読み継がれている。
文学分野の人

「江見水蔭」

-「江見水蔭」の生い立ちと経歴- 江見水蔭(1883年 - 1930年)は、日本の小説家、ジャーナリスト、劇作家です。本名は江見勝太郎。明治16年(1883年)、東京都神田区小川町に生まれました。父は日本橋の紙店「江見屋」の店主、母は日本橋の呉服店「白木屋」の番頭の長女でした。水蔭は、幼い頃から読書を好み、10歳の頃には新派の芝居に通い始めました。 明治27年(1894年)、水蔭は東京府第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に入学しました。しかし、1年後に中退し、新聞記者として働き始めました。明治32年(1899年)、水蔭は『大阪毎日新聞』に入社しました。記者として大阪で働きながら、小説の執筆も開始しました。 明治37年(1904年)、水蔭は『読売新聞』に移籍しました。新聞記者として活躍する傍ら、小説の執筆も続けました。明治40年(1907年)、水蔭は『愛欲の勝利』を発表し、一躍人気作家となりました。その後も、『毒婦の末路』『侠客春雨傘』など、数多くの小説を発表しました。 大正5年(1916年)、水蔭は『東京日日新聞』に入社しました。新聞記者として活躍する傍ら、小説の執筆も続けました。大正12年(1923年)、水蔭は『婦系の仇討』を発表し、直木賞を受賞しました。 昭和5年(1930年)、水蔭は47歳で亡くなりました。死因は肺結核でした。水蔭は、生涯を通じて200以上の小説を発表しました。その作品は、庶民の生活や世の中の不条理を描いたものが多く、多くの読者に愛されました。
美術分野の人

「武内桂舟」

武内桂舟の生涯 武内桂舟(1740年 - 1820年)は、江戸時代後期の書家、儒学者、教育者です。中国の書法や儒学を学び、多くの書を遺しました。また、私塾を開いて多くの弟子を育て、日本の書道界に大きな影響を与えました。 武内桂舟は、1740年(元文5年)に、現在の東京都文京区小石川に生まれました。幼い頃から書道と儒学を学び、17歳で江戸に出て、儒学者である服部南郭の門下生となりました。 武内桂舟は、服部南郭から、中国の書法や儒学を学び、また、書道家である大久保素堂の門下生となって、書道を学びました。また、儒学者である中井竹山や国学者である本居宣長の門下生となって、儒学や国学を学びました。 武内桂舟は、1770年(明和7年)に、江戸に私塾を開き、多くの弟子を育てました。また、1788年(天明8年)に、江戸幕府の儒官となり、書道や儒学を教授しました。 武内桂舟は、1820年(文政3年)に、81歳で亡くなりました。武内桂舟は、中国の書法や儒学を学び、多くの書を遺しました。また、私塾を開いて多くの弟子を育て、日本の書道界に大きな影響を与えました。 武内桂舟の書は、力強く躍動感があり、中国の書法を基調にしながらも、独自の書風を確立しました。武内桂舟の書は、日本の書道界に大きな影響を与え、多くの書家が武内桂舟の書を学びました。 武内桂舟の儒学は、朱子学を基調にしながらも、独自の儒学を確立しました。武内桂舟の儒学は、日本の儒学界に大きな影響を与え、多くの儒家が武内桂舟の儒学を学びました。
文学分野の人

石橋思案 – 明治の小説家

-初期の経歴と硯友社の結成- 石橋思案は、1865年に現在の兵庫県姫路市に生まれました。本名は石橋忍です。思案という号は、彼の父が「思慮深く、思案深い」という意味で名付けたものです。 石橋思案は、幼い頃から文学に興味を持ち、中学時代には小説を書き始めました。1886年、東京帝国大学に入学し、英文科を専攻しました。大学在学中に、尾崎紅葉、山田美妙、幸田露伴などの小説家と出会い、1889年には硯友社を結成しました。 硯友社は、日本文学の近代化を目的とした文学結社です。石橋思案は、硯友社の幹事として活躍し、尾崎紅葉の『金色夜叉』の連載を手伝うなど、日本文学の発展に大きく貢献しました。 1891年、石橋思案は大学を卒業し、大阪毎日新聞の記者となりました。記者として活躍しながら、小説の執筆も続け、1894年には処女作『思案草紙』を発表しました。 『思案草紙』は、当時の社会を風刺した小説で、大好評を博しました。その後も、石橋思案は『浮世風呂』や『ボロ家の春秋』などの名作を執筆し、明治を代表する小説家の一人となりました。
文学分野の人

– 飯田旗軒

-飯田旗軒のプロフィール- 飯田旗軒(いいだきけん)は、江戸時代後期の蘭学者、医師、通詞です。名は正甫、字は伯英、通称は芳太郎、号は旗軒。紀伊国日高郡椿村(現在の和歌山県田辺市龍神村)の生まれです。 14歳の時に家出して江戸に出て、16歳の時に荻生徂徠の門下生となります。徂徠の死後、18歳で通詞見習いとして長崎に赴任します。そこで彼は、オランダ人医師のシーボルト一行と出会い、西洋医学を学び始めます。 その後、旗軒は長崎奉行所の通詞となります。1822年(文政5年)、彼はシーボルト一行がオランダに帰国する際に密航し、ヨーロッパに渡ります。ヨーロッパでは、彼はオランダ、フランス、イギリスで医学と蘭学を学びます。 1827年(文政10年)、旗軒は日本に帰国します。帰国後、彼は長崎の医師として開業し、蘭学の普及に努めます。1837年(天保8年)、彼は蘭医の地位を辞し、江戸に居を移します。 江戸では、旗軒は蘭学塾を開き、多くの弟子を育てます。また、彼は蘭書を翻訳し、日本の蘭学の発展に貢献します。 1841年(天保12年)、旗軒は52歳の生涯を閉じます。しかし、彼の残した業績は、日本の近代化に大きな影響を与えました。 -旗軒の功績- * 西洋医学を日本に紹介し、日本の医学の発展に貢献した。 * 蘭学の普及に努め、日本の近代化に貢献した。 * 多くの弟子を育て、日本の近代化に貢献した。 * 蘭書を翻訳し、日本の蘭学の発展に貢献した。
文学分野の人

大橋乙羽 – 明治の小説家と出版人

小説家としての活動 大橋乙羽は、1889年(明治22年)に、東京都の日本橋に生まれました。父は、明治学院の創設者である大橋新太郎であり、兄に大橋翠石、妹に大橋翠峰がいます。 中学卒業後、1905年(明治38年)に、文芸雑誌『新小説』の記者となります。1906年(明治39年)に、雑誌『早稲田文学』に掲載された『楽書』で作家としてデビューします。 1907年(明治40年)に、『早稲田文学』に掲載された『柴井夫妻』で、女流作家として注目を集めます。1908年(明治41年)に、初の小説集『柴井夫妻』を刊行。1910年(明治43年)に、田山花袋の『蒲団』に引いて、「情痴小説の大家」と呼ばれるようになります。 1912年(明治45年)に、田山花袋、徳田秋声、島崎藤村らと、雑誌『新小説』を創刊。同年に、初の長編小説『生ける人形』を刊行。1914年(大正3年)に、雑誌『文章世界』を創刊します。 その後も、精力的に小説を発表し続けます。1916年(大正5年)に、小説集『情熱』を刊行。1918年(大正7年)に、長編小説『情炎』を刊行。1920年(大正9年)に、雑誌『新潮』に連載された『嫉妬』が好評を博します。 1922年(大正11年)に、長編小説『生ける人形』が、片岡千恵蔵主演で映画化されます。1923年(大正12年)に、関東大震災が発生。乙羽は、被災者救済活動に奔走します。 1924年(大正13年)に、長編小説『女の一生』を刊行。1925年(大正14年)に、長編小説『貞操』を刊行。1926年(昭和元年)に、長編小説『愛慾』を刊行。 1927年(昭和2年)に、雑誌『文藝春秋』を創刊。同年に、長編小説『情炎』が、岡田嘉子主演で映画化されます。1929年(昭和4年)に、長編小説『生ける人形』が、田中絹代主演で映画化されます。 1930年(昭和5年)に、長編小説『不倫』を刊行。1931年(昭和6年)に、長編小説『愛欲』が、田中絹代主演で映画化されます。1932年(昭和7年)に、長編小説『生ける人形』が、大谷竹次郎主演で映画化されます。 1933年(昭和8年)に、長編小説『情炎』が、岡譲二主演で映画化されます。1934年(昭和9年)に、長編小説『生ける人形』が、吉川満子主演で映画化されます。1935年(昭和10年)に、長編小説『愛欲』が、吉川満子主演で映画化されます。 1936年(昭和11年)に、長編小説『生ける人形』が、岡田嘉子主演で映画化されます。1937年(昭和12年)に、雑誌『婦人公論』を創刊。同年に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1938年(昭和13年)に、長編小説『貞操』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1939年(昭和14年)に、長編小説『女の一生』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1940年(昭和15年)に、長編小説『愛慾』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1941年(昭和16年)に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1942年(昭和17年)に、長編小説『情炎』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1943年(昭和18年)に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1944年(昭和19年)に、長編小説『貞操』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1945年(昭和20年)に、雑誌『婦人公論』を廃刊。同年、日本敗戦。1946年(昭和21年)に、長編小説『情炎』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1947年(昭和22年)に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1948年(昭和23年)に、雑誌『新潮』の編集長に就任。1950年(昭和25年)に、長編小説『女の一生』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1951年(昭和26年)に、雑誌『文藝春秋』の編集長に就任。 1952年(昭和27年)に、長編小説『情炎』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1953年(昭和28年)に、長編小説『愛慾』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1954年(昭和29年)に、長編小説『生ける人形』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。 1955年(昭和30年)に、雑誌『婦人公論』を復刊。1956年(昭和31年)に、長編小説『情炎』が、松竹蒲田映画製作所により映画化されます。1957年(昭和32年)に
芸能分野の人

細川風谷 – 明治・大正時代のカリスマ講談師

-波瀾万丈な人生 - 講談師になるまでの道のり- 細川風谷は、明治から大正時代にかけて活躍したカリスマ講談師です。その波瀾万丈な人生は、講談師になるまでの道のりからも垣間見ることができます。 風谷は、1862年(文久2年)に、現在の香川県高松市に生まれました。幼い頃には、父親が亡くなり、母親と妹の3人で貧しい生活を送っていました。風谷は、小学校を卒業後、奉公に出されますが、すぐに逃げ出してしまいます。その後、東京でさまざまな職を転々とした後、1885年(明治18年)に講談師の門下生となりました。 風谷が講談師を志したきっかけは、1884年(明治17年)に、東京で講談会を聴いたことです。そのとき、風谷は講談師の語り口に感銘を受け、自分も講談師になりたいと決意したのです。 しかし、風谷の講談師への道は、決して平坦ではありませんでした。風谷は、講談師の門下生になってからも、貧しい生活を送っていました。また、風谷は、もともと吃音症でした。そのため、講談師としてデビューした当初は、吃音症を克服するために苦労しました。 しかし、風谷は努力を重ね、やがて吃音症を克服し、講談師として成功を収めました。風谷は、その巧みな語り口と、ユーモアあふれる話芸で、多くの聴衆を魅了しました。風谷は、講談師の第一人者として、明治・大正時代を代表するカリスマ講談師となりました。 風谷の波瀾万丈な人生は、講談師になるまでの道のりからも垣間見ることができます。風谷は、貧しい生活や吃音症などの障害を乗り越え、講談師として成功を収めました。風谷の生き方は、逆境に負けずに夢を追うことの大切さを教えてくれます。