社長

その他

「古村敏章」- 昭和時代の実業家の功績と生涯

-激動の時代を生き抜いた実業家- 古村敏章氏は、昭和時代初期に活躍した実業家である。1902年に岡山県で生まれ、1926年に東京帝国大学経済学部を卒業後、三井合名会社に入社した。三井合名会社では、さまざまな部署を歴任し、1942年には常務取締役に就任した。1945年に三井合名会社が解散した後、古村氏は三井不動産の社長に就任した。 三井不動産の社長在任中、古村氏は数々の功績を上げた。1956年には、東京・銀座に三井ビルディングを建設した。三井ビルディングは、当時としては日本最高層のビルであり、銀座のランドマークとなった。また、古村氏は三井不動産の海外進出にも力を注ぎ、1962年には、ニューヨークに三井不動産ニューヨーク支社を開設した。 古村氏の功績は、実業界だけでなく、社会貢献活動の分野でも顕著であった。古村氏は、1964年に財団法人三井文庫を設立し、文化事業の振興に努めた。また、古村氏は、1968年に財団法人三井福祉財団を設立し、社会福祉事業の支援に尽力した。 古村氏は、激動の時代を生き抜いた実業家であり、三井不動産の経営者として、また社会貢献活動家として、多くの功績を残した。古村氏の功績は、現在も語り継がれている。
経済分野の人

吉山博吉-昭和時代後期の経営者-

吉山博吉の生い立ちと経歴 吉山博吉は、1923年(大正12年)に静岡県田方郡大仁町(現・伊豆の国市)に生まれました。幼少期は、農業を営む両親のもとで育ちました。中学卒業後、実家の農業を手伝いながら、夜間学校に通いました。その後、徴兵され、太平洋戦争に従軍しました。戦後は、故郷に戻り、実家の農業を継ぎました。 1950年(昭和25年)、吉山博吉は、27歳で、株式会社吉山商店を創業しました。当初は、農業資材の販売や、農産物の卸売業を営んでいました。しかし、1960年(昭和35年)に、日本の経済が高度経済成長期に入り、人々の生活が豊かになるにつれて、吉山商店の業績も拡大していきました。 1970年(昭和45年)、吉山博吉は、株式会社吉山産業を設立しました。吉山産業は、不動産事業や、ホテル事業、レジャー事業など、様々な事業を展開しました。吉山博吉は、その経営手腕を発揮し、吉山産業を急成長させました。 1980年(昭和55年)、吉山博吉は、株式会社吉山グループを設立しました。吉山グループは、株式会社吉山産業を傘下に持つ、持株会社です。吉山博吉は、吉山グループの会長に就任し、吉山グループ全体を統括するようになりました。 吉山博吉は、1990年(平成2年)に、67歳で死去しました。吉山博吉は、昭和時代後期を代表する経営者の一人であり、その経営手腕は、多くの経営者に影響を与えました。
歴史上の人物

→ 高山長五郎 – 養蚕の発展に貢献した幕末-明治時代の養蚕家

-高山長五郎の生涯- 高山長五郎は、1825年に信州伊那郡高遠藩領(現在の長野県伊那市)に生まれた。幼い頃から養蚕に興味を持ち、15歳の時に蚕の飼育を始めた。18歳になると、藩の命を受けて養蚕の指導を行うようになる。 長五郎は、養蚕の技術を向上させるために様々な工夫を凝らした。まず、蚕の品種改良に取り組み、病気に強く、繭の品質が良い品種を育成した。また、養蚕の飼育方法も改良し、蚕の餌となる桑の葉の管理や、蚕の飼育環境の改善などを行った。 長五郎の努力により、高遠藩の養蚕は飛躍的に発展した。高遠藩は、幕末から明治時代にかけて、養蚕業で全国一を誇る地域となり、長五郎は養蚕の第一人者として全国に知られるようになった。 明治維新後、長五郎は政府から養蚕の指導を依頼され、全国各地を巡回して養蚕の技術を伝授した。また、養蚕に関する著書を執筆し、養蚕の普及に努めた。 長五郎の功績により、日本の養蚕業は近代化され、日本の経済発展に大きく貢献した。長五郎は、1901年に77歳で亡くなったが、今でも養蚕の父として多くの人々に敬愛されている。
経済分野の人

「丸田芳郎」

-丸田芳郎の生涯- 丸田芳郎は、1913年3月1日に東京府東京市下谷区浅草(現在の東京都台東区浅草)で生まれた。父は丸田芳助、母はきくである。1919年4月、浅草区立福寿尋常小学校に入学。1925年4月、東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学。1931年4月、東京帝国大学法学部に入学。1935年3月、東京帝国大学法学部を卒業。 1935年4月、大蔵省に入省。主計局属、主計局主事、主計局課長補佐、主計局課長などを歴任。1947年6月、大蔵省を退官。 1948年4月、日本銀行に入行。本店調査局長、本店理事、本店副総裁などを歴任。1965年3月、日本銀行総裁に就任。1971年3月、日本銀行総裁を退任。 1971年4月、日本開発銀行総裁に就任。1976年3月、日本開発銀行総裁を退任。 1976年4月、経済同友会代表幹事に就任。1978年3月、経済同友会代表幹事を退任。 1979年4月、日本経済新聞社顧問に就任。1992年3月、日本経済新聞社顧問を退任。 1993年12月26日、東京都港区の自宅で死去。享年80歳。 丸田芳郎は、大蔵省、日本銀行、日本開発銀行、経済同友会、日本経済新聞社などで要職を歴任し、日本の財政や金融政策に大きな影響を与えた。また、経済評論家としても活躍し、多くの著書を発表した。
経済分野の人

鈴木万平 – 昭和時代の成功を収めた実業家と政治家

-鈴木万平の生涯と功績- 鈴木万平は、1870年に東京に生まれました。幼い頃から頭脳明晰で、東京大学法学部を卒業後、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局長や次官を歴任し、日本の財政政策に大きな影響を与えました。 1924年に政界に転身し、衆議院議員に当選しました。その後、商工大臣や大蔵大臣を歴任し、1940年には内閣総理大臣に就任しました。第二次世界大戦中には、日本の総力を挙げて戦争を遂行しましたが、1945年に敗戦を迎えて辞任しました。 敗戦後、鈴木万平は公職から追放されましたが、1951年に追放解除となり、再び政界に戻ってきました。1952年に自由党総裁に就任し、1953年には内閣総理大臣に再任されました。この間、経済復興に尽力し、日本の復興を成し遂げました。 鈴木万平は、1956年に内閣総理大臣を辞任し、政界を引退しました。その後は、財界や教育界で活躍し、1965年に84歳で亡くなりました。 鈴木万平は、昭和時代を代表する実業家であり、政治家でした。日本の財政政策や経済復興に大きな貢献を果たし、日本の近代化に尽力しました。
経済分野の人

経営者 石井久→ 株式市場の賢者

戦後の活躍 終戦後、石井久は電通の営業部長に就任し、その手腕を発揮した。同社は戦時中に一時解散させられていたが、石井久の尽力によって再建され、日本の広告業界を牽引する企業へと成長した。 石井久は、電通の営業部長として、企業の広告戦略の立案や実施を担当した。同氏は、企業が広告を通じて消費者にアプローチする重要性を認識しており、広告業界の発展に貢献した。 石井久は、電通の営業部長を退任した後も、広告業界の発展に貢献した。同氏は、広告業界の団体である日本広告業協会の会長を務め、広告業界の発展に努めた。 石井久は、広告業界の発展に貢献した功績が認められ、1977年に勲二等瑞宝章を受賞した。同氏は、1983年に83歳で亡くなった。 石井久は、戦後の日本の広告業界の発展に貢献した功績が認められ、株式市場の賢者として尊敬されている。同氏が残した功績は、現在でも日本経済の発展に役立っている。
経済分野の人

大久保謙

-大久保謙とは人物像- -波乱万丈の人生を送った政治家- 大久保謙(1893-1970)は、日本の政治家。衆議院議員を11期務め、文部大臣、外務大臣、内閣総理大臣を歴任した。戦後の日本の政治を支えた中枢人物の一人である。 -大久保謙の生い立ち- 大久保謙は、1893年(明治26年)に徳島県徳島市に生まれた。父は代議士の大久保武雄、母は英語教師の角田あい。幼少期から聡明で、学校では常にトップクラスの成績を収めた。 -大久保謙の学生時代- 大久保謙は、1912年(大正元年)に第一高等学校に進学。1915年(大正4年)に東京帝国大学法学部に入学し、政治学を専攻した。在学中は、学生運動に参加し、1916年(大正5年)には総理大臣の原敬を暗殺した大杉栄の弁護人を務めた。 -大久保謙の政治家としての経歴- 大久保謙は、1920年(大正9年)に東京帝国大学を卒業後、弁護士となる。1924年(大正13年)には、衆議院議員に初当選し、以後11期連続当選を果たした。戦前は、文部大臣、外務大臣を歴任し、戦後は、内閣総理大臣となった。 -大久保謙の政治家としての功績- 大久保謙は、日本の政治家として、数々の功績を残した。戦前には、教育改革を推進し、戦後には、サンフランシスコ講和条約の締結や経済復興計画の策定などに尽力した。また、日米安保条約の改定にも貢献した。 -大久保謙の死- 大久保謙は、1970年(昭和45年)に77歳で死去した。死因は、脳梗塞である。
経済分野の人

津田駒次郎 – 明治から昭和前期の実業家

-実業家の生涯- 津田駒次郎は、1863年、岩手県大槌町に生まれました。父は医師、母は農家の娘でした。津田は、幼い頃から頭が良く、勉強熱心でした。 津田は、1881年に東京専門学校(現在の早稲田大学)に入学しました。しかし、父の死により、大学を中退して帰郷しました。津田は、帰郷後は、家業の農業を手伝いながら、独学で勉強を続けました。 津田は、1887年に、東京に戻り、実業家として独立しました。津田は、まず、石炭販売業を始めました。その後、鉄道事業、海運事業、銀行業など、様々な事業を展開していきました。 津田は、1918年に、衆議院議員に当選しました。津田は、衆議院議員として、経済政策や社会政策などに積極的な発言を行いました。 津田は、1934年に、貴族院議員に勅選されました。津田は、貴族院議員として、政府の政策を支持しました。 津田は、1936年に、83歳で亡くなりました。 津田は、明治から昭和前期にかけて活躍した実業家です。津田は、様々な事業を展開し、日本の経済発展に貢献しました。また、津田は、政治家としても活躍し、日本の政治の発展に貢献しました。
経済分野の人

「素野福次郎」

-小見出し 経営者で多くの取引先を開拓- 素野福次郎は、明治初期に活躍した実業家で、多くの取引先を開拓して活躍しました。彼は、1844年に兵庫県に生まれ、幼い頃から家業の米穀商を継ぎました。その後、大阪に出て商業を学び、1872年に独立して米穀商を創業しました。 素野福次郎は、優れた経営手腕で事業を拡大し、多くの取引先を開拓しました。彼は、顧客のニーズを的確に把握し、それに合った商品やサービスを提供することで、顧客の信頼を獲得しました。また、彼は常に新しいビジネスチャンスを探しており、積極的に海外にも進出しました。その結果、彼の事業は大きく発展し、彼は時代の寵児となりました。 素野福次郎の事業成功の秘訣は、彼の優れた経営手腕にあります。彼は、常に顧客のニーズを第一に考え、それに合った商品やサービスを提供しました。また、彼は積極的に新しいビジネスチャンスを探し、積極的に海外にも進出しました。その結果、彼の事業は大きく発展し、彼は時代の寵児となりました。 素野福次郎は、日本の近代化に貢献した偉大な実業家です。彼の経営手腕は、現在でも多くのビジネスマンに学ぶべき点が多くあります。
経済分野の人

「小汀利得」

大正・昭和時代のジャーナリスト、小汀利得 小汀利得(おづみ りとく、1888年1月1日 - 1974年7月13日)は、日本のジャーナリスト。元読売新聞社常務取締役。 号は風庵。同社グループ第2代社長小汀利雄の父。 概要 1888年、東京府東京市麻布狸穴町(現・東京都港区麻布狸穴町)に生まれる。明治大学を卒業後、1912年に読売新聞社に入社。社会部記者を振り出しに外報部長、編集局次長、常務取締役を歴任した。 小汀は、ジャーナリストとして社会問題や政治問題を鋭く追及し、数々のスクープをものにした。また、海外取材にも積極的に取り組み、欧米やアジア各地を精力的に回り、当時の国際情勢を日本に伝えた。 小汀は、ジャーナリストとしてだけでなく、社会活動家としても活躍した。日本ジャーナリスト会議議長、日本新聞協会常任理事、日本ペンクラブ会長などを歴任し、言論の自由と民主主義の擁護に努めた。 小汀は、1974年に死去。享年86歳。 エピソード 小汀は、ジャーナリストとして数々の社会問題や政治問題を鋭く追及したが、その中には、政府や権力者の不祥事を暴いたものも少なくなかった。 1936年、小汀は、当時の内閣総理大臣であった広田弘毅の汚職疑惑をスクープした。このスクープは、広田内閣の総辞職に追い込んだ。 また、1946年、小汀は、当時GHQの最高司令官であったダグラス・マッカーサーの公職追放をスクープした。このスクープは、マッカーサーの公職追放に決定的な役割を果たした。 小汀は、ジャーナリストとして社会正義の実現に貢献しただけでなく、民主主義の擁護にも尽力した。小汀は、ジャーナリズムの重要性を説き、言論の自由と民主主義の擁護に努めた。 小汀は、ジャーナリズムの重要性を説き、言論の自由と民主主義の擁護に努めた。小汀は、ジャーナリズムの重要性を説き、言論の自由と民主主義の擁護に努めた。
経済分野の人

経営者・賀来竜三郎の生涯 ~カメラの電子化と製品の多角化を推進し、キヤノンの成長を牽引した人物~

-キヤノンカメラ(現キヤノン)社長として電子化を推進。- 1970年にキヤノン社長に就任した賀来竜三郎は、すぐに電子化の推進に乗り出した。当時、キヤノンのカメラは機械式だったが、電子化することで、より高性能で、より小型・軽量のカメラを開発することができると考えたのである。 賀来のリーダーシップの下、キヤノンは1971年に世界初の電子制御一眼レフカメラである「キヤノンF-1」を発売した。F-1は、それまでの機械式の一眼レフカメラに比べて、シャッター速度や絞りを電子制御することで、より正確で、より高速な撮影が可能となった。 F-1の発売は、キヤノンにとって大きな成功となり、同社を一眼レフカメラのトップメーカーの座に押し上げた。また、F-1の電子化技術は、キヤノンの他のカメラにも波及し、同社のカメラの性能向上に大きく貢献した。 賀来はまた、キヤノンの製品ラインを多角化することも推進した。キヤノンは1970年代に、プリンター、複写機、半導体などの新しい製品を発売し、同社の事業を拡大した。 賀来の経営手腕により、キヤノンは1970年代に大きな成長を遂げ、世界有数のカメラメーカーとなった。賀来は、1977年に社長を退任したが、その後もキヤノンの相談役として経営に参画し、同社の発展に貢献した。
政治分野の人

森下泰:経営者、政治家としての功績とケチ精神

-森下泰の生涯と経歴- 森下泰(1938年-2016年)は、日本の実業家、政治家です。元衆議院議員で、森下グループの創業者です。 1938年、大阪府大阪市に生まれました。1956年に大阪府立八尾高等学校を卒業後、1960年に大阪大学法学部を卒業しました。 大学卒業後、森下は父親の経営する会社に入社しました。1964年に常務取締役、1968年に専務取締役、1970年に代表取締役社長に就任しました。 1976年に、森下は衆議院議員に初当選しました。1980年、1983年、1986年、1990年、1993年、1996年と6回連続当選しました。 1997年、森下は衆議院の議長に就任しました。2000年まで議長を務めました。 2000年、森下は衆議院議員を引退しました。引退後、森下は森下グループの会長に就任しました。 2016年、森下は80歳で死去しました。 森下は、森下グループの創業者として、日本の経済界に大きな貢献をしました。また、衆議院議員として、日本の政治にも大きな影響を与えました。森下は、反共主義者として知られ、日本の安全保障に強い関心を持っていました。 森下は、ケチ精神でも知られていました。森下は、経費を極力抑え、社員にも節約を強いました。また、森下は、社員に厳しいノルマを課し、長時間労働を強いました。森下のこのようなケチ精神は、社員から強い反発を招き、森下グループは、ブラック企業として有名になりました。
経済分野の人

金岡幸二-コンピューターと通信の結合による高度情報通信ネットワークを作る

-金岡幸二の経歴と功績- 金岡幸二は、1932年、東京都に生まれました。彼は、東京大学で電気工学を学び、1955年に卒業しました。卒業後は、日本電信電話公社(NTT)に入社し、通信技術の研究開発に従事しました。 金岡の最も重要な業績の一つは、コンピューターと通信の結合による高度情報通信ネットワークの開発です。彼は、1970年代に、コンピューターと通信を統合する技術である「パケット交換方式」を開発し、インターネットの基礎を築きました。また、彼は、日本国内初のコンピューターネットワークである「JUNET」を構築し、インターネットの普及に貢献しました。 金岡は、通信技術の分野で数多くの受賞歴があります。1983年には、IEEEアレクサンダー・グラハム・ベル・メダルを受賞し、1991年には、日本国際賞を受賞しました。また、1994年には、文化功労者に選出されました。 金岡は、2003年に亡くなりましたが、彼の業績は、現在もインターネットの発展に貢献し続けています。彼は、インターネットの父の一人とされており、その功績は世界中で称賛されています。
経済分野の人

熊谷典文-官僚、経営者の生涯

重工業局長から事務次官まで、通産省での功績 熊谷典文は、通産省に入省してすぐにその才能を開花させ、重工業局長、事務次官までを歴任した。その間、通産省の産業政策を立案・実行し、日本の経済発展に大きく貢献した。 重工業局長時代には、鉄鋼、自動車、機械などの重工業の振興を図った。特に、鉄鋼業界の近代化を推進し、日本の鉄鋼産業を世界有数の地位に押し上げた。また、自動車業界の育成にも力を入れ、日本の自動車産業が世界をリードする地位を築く礎を築いた。 事務次官時代には、日本の産業政策を総合的に担当した。特に、石油危機後の日本の産業構造転換を推進し、日本の産業を情報化、サービス化へと導いた。また、日米貿易摩擦の激化を受けて、日本の貿易政策を調整し、日米貿易の円滑化に努めた。 熊谷典文は、通産省での功績を認められ、勲一等旭日大綬章を受章した。また、民間の企業にも多くの役員を歴任し、日本の経済界に大きな影響を与えた。
経済分野の人

金田一勝定(1848-1920)- 明治-大正時代の成功した実業家

-金田一勝定の功績盛岡の発展に貢献- 金田一勝定は、明治・大正時代の盛岡で活躍した実業家です。金田一家の五代目として生まれ、家業の呉服商を継ぎました。また、金田一は盛岡の発展に貢献したことで知られています。 金田一は、盛岡商工会議所の初代会頭を務め、盛岡の経済発展に尽力しました。また、金田一は盛岡銀行の頭取も務め、盛岡の経済基盤を固めました。さらに、金田一は盛岡電気軌道の社長も務め、盛岡の交通網整備に貢献しました。 金田一は、盛岡の発展に貢献しただけでなく、教育にも熱心に取り組みました。金田一は、盛岡商業学校(現・盛岡中央高等学校)の創設に尽力し、盛岡の商業教育の発展に貢献しました。また、金田一は盛岡高等農林学校の設立にも尽力し、盛岡の農業教育の発展に貢献しました。 金田一は、盛岡の発展に大きく貢献した実業家であり、教育者です。金田一の功績は、現在でも盛岡に残されており、盛岡の発展に欠かせない人物として敬愛されています。 -金田一勝定の盛岡発展への主な功績- * 盛岡商工会議所の初代会頭を務め、盛岡の経済発展に尽力 * 盛岡銀行の頭取を務め、盛岡の経済基盤を固め * 盛岡電気軌道の社長を務め、盛岡の交通網整備に貢献 * 盛岡商業学校(現・盛岡中央高等学校)の創設に尽力 * 盛岡高等農林学校の設立に尽力
経済分野の人

「青井忠雄」昭和後期-平成時代の経営者

-経営者・青井忠雄の人生- -幼少期から青年期- 青井忠雄は、1922年(大正11年)4月25日、石川県で生まれました。父は地元の小学校の校長、母は専業主婦でした。青井は、幼少期から成績優秀で、東京大学経済学部に進学しました。大学卒業後は、日本生命保険に入社し、営業マンとして活躍しました。 -戦時中- 第二次世界大戦中は、海軍に応召され、太平洋戦争に従軍しました。青井は、戦地で多くの死と破壊を目の当たりにし、戦争の悲惨さを痛感しました。 -戦後- 戦争から復員後、青井は日本生命保険に復職しました。その後、1950年(昭和25年)に、東京で青井保険事務所を開設しました。青井は、顧客のニーズに合わせた新しい保険商品を開発し、営業を拡大しました。 -経営者として- 1960年(昭和35年)に、青井は青井保険事務所を株式会社化し、社長に就任しました。青井は、保険事業だけでなく、不動産事業や金融事業にも進出し、事業を多角化しました。 -社会貢献活動- 青井は、経営者として成功する傍ら、社会貢献活動にも熱心に取り組みました。1971年(昭和46年)に、財団法人青井奨学財団を設立し、経済的に恵まれない学生に奨学金を支給しました。また、1983年(昭和58年)に、財団法人青井学園を設立し、障害児とその家族を支援する施設を運営しました。 -晩年- 青井は、2011年(平成23年)3月11日に、心不全のため死去しました。享年88歳。青井は、一代で起業し、事業を成功に導いた経営者であり、社会貢献活動にも熱心に取り組んだ人物として知られています。
経済分野の人

人物事典 – 寺井久信

-寺井久信の生涯- 寺井久信は、1929年(昭和4年)1月1日に東京都に生まれました。父は貿易商であり、母はピアニストでした。久信は3人兄弟の末っ子で、幼少期は裕福な家庭で育ちました。 久信は、小学校入学後まもなく、クラシック音楽に興味を持ち始めます。チェロを始めた久信は、すぐにその才能を発揮し、11歳の時にチェロの名門である東京芸術大学音楽部に入学します。しかし、太平洋戦争勃発後の1943年(昭和18年)、久信は学業半ばで音楽部を中退して兵役に就きます。 久信は、終戦後間もない1946年(昭和21年)にチェロ奏者としてデビューします。その後、久信は国内外で演奏活動を行い、高い評価を受けます。1951年(昭和26年)には、ソ連(現在のロシア)の音楽コンクールで優勝し、世界的なチェロ奏者としてその名を馳せます。 久信は、チェロ奏者としての活動に加えて、音楽教育にも力を入れました。1961年(昭和36年)には、東京芸術大学音楽部の教授に就任し、チェロを指導します。また、久信はチェロのための音楽作品を数多く作曲しており、チェロ界に多大な貢献をしました。 久信は、1986年(昭和61年)に東京芸術大学音楽部の教授を退任し、チェロ奏者、作曲家として活動を続けます。2001年(平成13年)には、文化勲章を受章しました。久信は、2013年(平成25年)1月27日に亡くなりました。享年83歳でした。 久信は、日本を代表するチェロ奏者であり、作曲家でした。その卓越した演奏技術と、美しい音色で世界中の人々を魅了しました。また、久信はチェロの教育にも力を入れ、多くの優れたチェロ奏者を育て上げました。久信の功績は、チェロ界に多大な影響を与え、その死は、音楽界に大きな損失となりました。
政治分野の人

福田狂二:右翼運動家の軌跡

-福田狂二右翼運動家の軌跡- -青年期と反戦社会主義 運動への参加- 福田狂二は、1912年に福岡県に生まれました。父親は教師で、母親は農家の出身でした。福田は、幼少期から右翼思想の影響を受け、学校では成績優秀で、弁論大会などで活躍しました。 1930年に東京帝国大学に入学し、経済学部で学びました。大学では、左翼運動に参加し、反戦社会主義運動に参加しました。福田は、労働者や農民の権利のために闘うことを決意し、1933年に日本共産党に入党しました。 1935年に大学を卒業し、日本共産党の機関誌「赤旗」の記者になりました。福田は、反戦運動や社会主義運動を積極的に報道し、当局の弾圧を受けました。1937年に治安維持法違反で逮捕され、2年間服役しました。 釈放後、福田は日本共産党を離党し、右翼運動に参加しました。福田は、日本の伝統と文化を守るために闘うことを決意し、1941年に大日本愛国党を結成しました。福田は、大日本愛国党の党首として、日本の勝利のために国民に協力することを訴えました。 1945年に日本が敗戦すると、福田は大日本愛国党を解散し、政治活動を停止しました。福田は、戦後も右翼思想を持ち続け、1960年代に右翼団体「日本国民会議」を結成しました。福田は、日本国民会議の議長として、日本の独立と主権を守るために闘いました。 福田は、1984年に72歳で亡くなりました。福田は、右翼運動家として生涯を貫き、日本の伝統と文化を守るために闘いました。
経済分野の人

藤井深造

-藤井深造- -三菱重工業の初代社長- 藤井深造は、1846年に長崎県で生まれました。1866年に長崎に出て三菱商会に入社し、1871年には三菱商会の社長に就任しました。1874年には三菱商会を三菱会社に改組し、1884年には三菱会社を三菱重工業に改組しました。三菱重工業は、日本の重工業のパイオニアとして、造船、機械、航空機などの分野で活躍しました。藤井深造は、1896年に三菱重工業の社長を退任しましたが、その後も三菱財閥の相談役として活躍し、1926年に亡くなりました。 藤井深造は、日本の近代化に貢献した偉大な実業家です。彼は、三菱財閥を日本のトップ企業に育て上げ、日本の産業の発展に大きな役割を果たしました。また、彼は、社会事業にも力を入れ、学校や病院を設立するなど、社会の発展にも貢献しました。 -三菱重工業の初代社長として- 藤井深造は、1884年に三菱重工業の初代社長に就任しました。三菱重工業は、三菱商会を前身とする企業で、造船、機械、航空機などの分野で活躍していました。藤井深造は、三菱重工業の経営を近代化し、日本の重工業のパイオニアとなる企業に育て上げました。 藤井深造は、1896年に三菱重工業の社長を退任しましたが、その後も三菱財閥の相談役として活躍しました。彼は、三菱財閥を日本のトップ企業に育て上げ、日本の産業の発展に大きな役割を果たしました。 -社会事業への貢献- 藤井深造は、実業家としてだけでなく、社会事業にも力を入れました。彼は、学校や病院を設立するなど、社会の発展にも貢献しました。 藤井深造は、1888年に東京に三菱商業学校を設立しました。三菱商業学校は、現在の東京大学経済学部の前身です。また、彼は、1892年に東京に三菱病院を設立しました。三菱病院は、現在の慶應義塾大学病院の前身です。 藤井深造は、日本の近代化に貢献した偉大な実業家です。彼は、三菱財閥を日本のトップ企業に育て上げ、日本の産業の発展に大きな役割を果たしました。また、彼は、社会事業にも力を入れ、学校や病院を設立するなど、社会の発展にも貢献しました。
経済分野の人

具島勘三郎の生涯と活躍

-明治41年生まれの新聞経営者- 具島勘三郎(ぐしまかんざぶろう、1878年(明治11年)4月15日 - 1957年(昭和32年)10月30日)は、日本の新聞経営者。西日本新聞社の創業者である。 福岡県糸島郡野間村(現糸島市)に生まれる。1894年(明治27年)に福岡県立中学修猷館を卒業。翌年、東京専門学校(現早稲田大学)に進学。1898年(明治31年)に中退し、帰郷。 1900年(明治33年)、福岡日日新聞社に入社。記者として働いた後、1906年(明治39年)に編集長に就任。1911年(明治44年)に西日本新聞社を創立。社長に就任し、新聞の近代化に尽力した。 1936年(昭和11年)には、全国紙の朝日新聞と提携。西日本新聞は、九州最大の新聞社となった。1945年(昭和20年)には、社長を辞任。会長に就任した。 1957年(昭和32年)10月30日、死去。79歳没。 具島勘三郎は、九州の新聞界の発展に大きく貢献した。その功績は、今日でも称えられている。
経済分野の人

水野勝-日本たばこ産業社長として活躍した官僚

-大蔵省から日本たばこ産業へ- 水野勝は、1953年に大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局、財務局、関税局など、様々な部署を歴任しました。その間、財政政策、税制、貿易政策など、幅広い分野の政策立案に携わりました。 1995年に、水野勝は日本たばこ産業の社長に就任しました。日本たばこ産業は、日本のたばこ専売公社が民営化されて設立された会社です。水野勝は、日本たばこ産業の社長として、たばこの販売促進や海外市場への進出など、様々な経営改革を断行しました。その結果、日本たばこ産業は、世界有数のたばこメーカーとなりました。 2003年に、水野勝は日本たばこ産業の社長を退任しました。その後は、日本経済団体連合会や日本商工会議所などの経済団体で要職を務めました。 水野勝は、大蔵省で培った政策立案能力と経営手腕を活かして、日本たばこ産業を世界有数のたばこメーカーに育て上げました。水野勝は、日本の経済界を代表する人物の一人として、活躍しました。
経済分野の人

中田乙一-昭和時代後期の経営者

中田乙一の歩み 中田乙一は、昭和時代後期に活躍した経営者である。1898年(明治31年)に大阪府に生まれ、1921年(大正10年)に東京帝国大学を卒業した。その後、安田銀行に入行し、1945年(昭和20年)に同銀行の頭取に就任した。1956年(昭和31年)には三菱銀行の頭取に就任し、1966年(昭和41年)まで務めた。 中田乙一は、安田銀行と三菱銀行の頭取を歴任した初めての経営者である。また、日本銀行の総裁も務めた。中田乙一は、日本の経済成長に大きく貢献し、日本経済の近代化を推進した。 中田乙一の経営哲学は、顧客第一主義と従業員第一主義であった。中田乙一は、顧客の満足度を高めるために、顧客のニーズに合った商品やサービスを提供することを重視した。また、従業員のモチベーションを高めるために、従業員にやりがいのある仕事を任せ、従業員の能力開発に努めた。 中田乙一は、日本の経済界に大きな影響を与えた経営者である。中田乙一の経営哲学は、現在でも多くの企業の経営者に受け継がれている。 中田乙一は、日本の経済成長に大きく貢献した経営者として、多くの人々から尊敬されている。中田乙一の功績は、日本の経済史に永遠に語り継がれることになるであろう。
経済分野の人

上野精一–大正・昭和時代の新聞経営者

-新聞業界の功労者- 上野精一は、大正・昭和時代にかけて活躍した新聞経営者です。1875年、東京都に生まれ、早稲田大学を卒業後、1901年に東京日日新聞(現・毎日新聞)に入社しました。1912年には、同新聞の編集長に就任し、1918年には、社長に就任しました。 上野精一は、新聞経営者として、多くの功績を残しました。その一つは、新聞の販売網を拡大したことでした。上野精一は、新聞を全国津々浦々に販売するために、全国に支局を設立しました。また、新聞の販売方法を改善し、新聞の販売部数を伸ばしました。 上野精一のもう一つの功績は、新聞の編集方針を確立したことでした。上野精一は、新聞は国民の世論を反映し、世論を導く役割を果たすべきであると考えていました。そのため、上野精一は、新聞の編集方針として、公正・中立・正確を掲げました。また、上野精一は、新聞に社会問題や経済問題などの記事を掲載し、国民の啓蒙を図りました。 上野精一は、新聞経営者として、多くの功績を残しましたが、1941年に死去しました。しかし、上野精一の功績は、現在でも新聞業界に受け継がれています。
文学分野の人

黒木清次:宮崎県出身の詩人、小説家

黒木清次宮崎県出身の詩人、小説家 黒木清次の生涯と功績 黒木清次は1925年3月15日、宮崎県東臼杵郡高千穂町に生まれました。宮崎師範学校を卒業後、宮崎県内の小学校で教員を務めました。1960年代に詩人としてデビューし、1970年代には小説家としても活動を始めました。 黒木清次の詩は、故郷の自然や人々を題材としたものが多く、その素朴な作風で高い評価を受けました。小説では、宮崎県の歴史や文化をテーマにしたものが多く、その作品は「宮崎文学の金字塔」と称されています。 黒木清次は1996年3月15日、71歳で亡くなりました。その功績を称え、1998年には宮崎県高千穂町に「黒木清次記念館」が開館しました。 黒木清次の主な作品には、詩集『故郷の雲』(1965年)、『山河抄』(1970年)、『ひむかの挽歌』(1975年)、小説『高千穂神楽』(1973年)、『日向灘』(1975年)、『日向国風土記』(1980年)などがあります。 黒木清次は、宮崎県の詩歌壇を代表する作家の一人であり、その作品は現在でも多くの人々に読み継がれています。