神林浩

歴史上の偉人

神林浩 – 大正・昭和初期の軍人

神林浩 - 生い立ちと陸軍軍医としての経歴 神林浩は、1870年(明治3年)に愛知県愛知郡熱田町(現在の名古屋市熱田区)で、医師の神林宗斎の長男として生まれました。1888年(明治21年)に愛知県立第一中学校(現在の愛知県立旭丘高等学校)を卒業後、東京帝国大学医科大学(現在の東京大学医学部)に進学しました。1892年(明治25年)に同大学を卒業し、陸軍軍医に任官されました。 その後、神林は陸軍軍医学校で学び、1895年(明治28年)に陸軍三等軍医正に昇進しました。日清戦争では、第2軍の軍医として従軍し、野戦病院で負傷兵の治療に当たりました。 日清戦争後、神林は陸軍省医務局に勤務し、軍医制度の改革や衛生政策の立案などに尽力しました。1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、第2軍の軍医部長として従軍し、野戦病院で負傷兵の治療に当たるとともに、衛生対策を推進して軍隊の健康維持に貢献しました。 日露戦争後、神林は陸軍省医務局に戻り、陸軍軍医総監を務めました。また、陸軍軍医学校の校長や東京帝国大学医学部の教授なども歴任し、軍医教育の充実や医学の発展に尽力しました。 神林は、1935年(昭和10年)に陸軍軍医大将に昇進し、退役しました。退役後は、日本医師会の会長や日本赤十字社の社長などを務め、日本の医療の発展に貢献しました。 神林は、1948年(昭和23年)に永眠しました。享年78歳でした。