神渟名川耳尊

歴史上の偉人

神渟名川耳尊(すいぜいてんのう)-

-日本書紀に現れる「神渟名川耳尊」- 神渟名川耳尊(すいぜいてんのう)は、日本書紀に登場する古代日本の天皇(第11代)である。綏靖天皇の子で、綏靖天皇が亡くなった後に即位した。在位期間は93年とされている。 日本書紀によると、神渟名川耳尊は、綏靖天皇が亡くなった後に即位した。綏靖天皇は、大和国(現在の奈良県)に皇居を定め、日本の初代天皇となった人物である。神渟名川耳尊は、綏靖天皇の子であり、綏靖天皇が亡くなった後に即位した。神渟名川耳尊は、大和国に皇居を定め、日本の第11代天皇となった。 神渟名川耳尊は、在位中に多くの功績をあげた。神渟名川耳尊は、大和国を平定し、日本の統一を達成した。神渟名川耳尊は、また、九州を平定し、日本の版図を拡大した。神渟名川耳尊は、さらに、朝鮮半島に遠征し、朝鮮半島を日本の属国とした。神渟名川耳尊は、在位中に日本の統一を達成し、日本の版図を拡大し、朝鮮半島を日本の属国とした。 神渟名川耳尊は、在位93年後に亡くなった。神渟名川耳尊の死後、神渟名川耳尊の子である安寧天皇が即位した。安寧天皇は、神渟名川耳尊の在位中に日本の統一を達成し、日本の版図を拡大し、朝鮮半島を日本の属国とした。 神渟名川耳尊は、日本書紀に現れる古代日本の天皇の一人である。神渟名川耳尊は、在位中に多くの功績をあげ、日本の統一を達成し、日本の版図を拡大し、朝鮮半島を日本の属国とした。神渟名川耳尊は、日本書紀に現れる古代日本の天皇の一人である。
歴史上の偉人

– 「媛蹈韛五十鈴媛命」

「媛蹈韛五十鈴媛命」って誰? 「媛蹈韛五十鈴媛命」は、伊勢神宮外宮に祀られる神様です。外宮の主祭神である豊受大御神(とようけおおみかみ)の妹神とされています。 「媛蹈韛五十鈴媛命」の名前は、 ・媛蹈韛(ひめたたす)神聖で美しい女性 ・五十鈴(いすず)五十鈴川(三重県伊勢市を流れる河川) ・媛命(ひめのみこと)女性の尊称 を組み合わせたものです。 「媛蹈韛五十鈴媛命」は、豊受大御神とともに外宮に祀られており、五穀豊穣、商売繁盛、縁結びなどのご利益があるとされています。また、女性の守護神としても信仰されています。 「媛蹈韛五十鈴媛命」の具体的なご利益としては、以下のようなものがあります。 * 五穀豊穣 * 商売繁盛 * 縁結び * 子孫繁栄 * 安産 * 家内安全 「媛蹈韛五十鈴媛命」は、伊勢神宮外宮の主要な神様であり、多くの人々から信仰されています。外宮を訪れた際には、ぜひ「媛蹈韛五十鈴媛命」に参拝して、ご利益を授けていただきましょう。
歴史上の偉人

神八井耳命→ 日本書紀にみえる神武天皇の第2皇子

神八井耳命の人物像 日本書紀にみえる神武天皇の第2皇子、神八井耳命。神武天皇と日葉酢媛命の間に生まれたとされ、神武天皇崩御後に即位し、第2代天皇となったとされています。 神八井耳命は、その名の通り、神聖な井戸である八井耳の泉から生まれたとされます。この泉は、現在の奈良県桜井市にあるとされ、古来より神聖な泉として崇められてきました。 神八井耳命は、その父である神武天皇と同様に、武勇に優れ、数々の戦で勝利を収めたとされます。特に、熊野地方を平定した戦では、神武天皇の弟である五瀬命と共に大活躍し、見事に勝利を収めたと伝えられています。 神八井耳命は、また、政治的にも有能な人物であったとされます。神武天皇の崩御後、即位して第2代天皇となり、国の平定や制度の整備に努めました。また、神武天皇が定めた八紘一宇の思想を継承し、四方を平定して、国内の安定を図ったとされます。 神八井耳命は、神武天皇の崩御後、49年間の在位を経て、崩御したとされます。その陵墓は、現在の奈良県桜井市にあるとされ、現在もなお、人々から崇敬を集めています。 神八井耳命は、神武天皇の第2皇子であり、第2代天皇として、国の平定や制度の整備に努めた人物です。また、その武勇と政治的手腕で、人々から尊敬を集めた人物であったとされています。