福岡日日新聞社

経済分野の人

具島勘三郎の生涯と活躍

-明治41年生まれの新聞経営者- 具島勘三郎(ぐしまかんざぶろう、1878年(明治11年)4月15日 - 1957年(昭和32年)10月30日)は、日本の新聞経営者。西日本新聞社の創業者である。 福岡県糸島郡野間村(現糸島市)に生まれる。1894年(明治27年)に福岡県立中学修猷館を卒業。翌年、東京専門学校(現早稲田大学)に進学。1898年(明治31年)に中退し、帰郷。 1900年(明治33年)、福岡日日新聞社に入社。記者として働いた後、1906年(明治39年)に編集長に就任。1911年(明治44年)に西日本新聞社を創立。社長に就任し、新聞の近代化に尽力した。 1936年(昭和11年)には、全国紙の朝日新聞と提携。西日本新聞は、九州最大の新聞社となった。1945年(昭和20年)には、社長を辞任。会長に就任した。 1957年(昭和32年)10月30日、死去。79歳没。 具島勘三郎は、九州の新聞界の発展に大きく貢献した。その功績は、今日でも称えられている。
歴史上の人物

菊竹淳の経歴と事績

- 菊竹淳の経歴と事績 -新聞記者としての活躍- 菊竹淳は、1942年に朝日新聞社に入社し、新聞記者としてのキャリアをスタートさせました。1958年には、パリ支局長に任命され、1961年にはヨーロッパ総局長に昇進しました。その後、1965年に帰国し、編集局次長に就任します。1968年には、編集局長に昇進し、1971年には、朝日新聞社社長に就任しました。 菊竹淳は、新聞記者として、数多くのスクープを報じました。1950年代には、朝鮮戦争や中国革命を取材し、1960年代には、キューバ危機やベトナム戦争を取材しました。また、日本国内では、1972年の田中角栄首相の辞任や1973年のオイルショックなど、数々の重大事件を取材しました。 菊竹淳は、新聞記者として、その卓越した取材力と、ジャーナリズムに対する情熱で知られていました。また、新聞の社会的責任を強く意識しており、新聞の自由と独立を守るために尽力しました。 菊竹淳は、1979年に朝日新聞社社長を退任した後も、ジャーナリストとしての活動を続けました。1981年には、東京大学新聞研究所の所長に就任し、1984年には、日本新聞協会の会長に就任しました。また、1987年には、ノーベル平和賞を受賞しました。 菊竹淳は、1990年に72歳で亡くなりましたが、そのジャーナリズムへの貢献は、今もなお高く評価されています。