秋元久朝

歴史上の人物

秋元久朝(1792-1847)→ 江戸時代後期の山形藩主

秋元久朝の生涯 秋元久朝は1792年に江戸藩邸で生まれました。家督は1826年に家督を継承しています。1828年に西丸下総二の丸留守居となり、1837年に大番頭となった後、1838年に従五位下備中守に叙位任官しました。1842年に江戸町奉行に就任した後は、1843年に寺社奉行、1844年には京都所司代となりました。1847年に山形藩主となりましたが、同年中に江戸藩邸で死去しました。 秋元久朝は、山形藩主として、藩政改革や殖産興業に尽力しました。また、藩校である致道館の設立に尽力したほか、藩士の子弟に学問を奨励しました。また、京都所司代として、天保の改革を推進する役割を果たしました。老中阿部正弘の天保の改革に献力し、天保の飢饉の際には藩政改革などを実施しています。 秋元久朝は、江戸時代後期の山形藩主として、藩政改革や殖産興業に尽力し、また、京都所司代として、天保の改革を推進する役割を果たしました。 秋元久朝の功績 秋元久朝の功績としては、以下のようなものがあります。 * 藩政改革と殖産興業の推進 * 藩校致道館の設立 * 藩士の子弟に学問を奨励 * 京都所司代として、天保の改革を推進 秋元久朝は、江戸時代後期の山形藩主として、藩政改革や殖産興業に尽力し、また、京都所司代として、天保の改革を推進する役割を果たしました。彼の功績は、今日に至るまで山形藩の発展に貢献しています。