秋篠高子

歴史上の人物

秋篠高子 – 平安時代前期の嵯峨天皇の更衣

秋篠高子 - 平安時代前期の嵯峨天皇の更衣
歴史上の人物

源清 – 平安時代前期の嵯峨天皇の皇子

臣籍降下と源姓賜与 源清は、嵯峨天皇の皇子として生まれ、幼少期から聡明で学問に通じていたと伝えられている。しかし、その出生は正室の子ではなかったことから、皇位を継ぐことはできず、臣籍降下することとなった。臣籍降下とは、皇族が一般の国民と同じ身分になることを意味し、源清は臣籍降下と同時に源姓を賜与された。この源姓は、清和源氏の祖となったことから、清和源氏の祖となった。 源清が臣籍降下した理由は、はっきりとはわかっていない。一説によると、清和天皇が即位した際に、その兄弟である源清が皇位を継ぐことを望む勢力が存在したため、清和天皇が源清を臣籍降下させて皇位継承権を剥奪したという。また、清和天皇の母である藤原順子が、源清の母である橘嘉智子と不仲であったために、清和天皇が源清を臣籍降下させたという説もある。 源清は、臣籍降下後も公卿として活躍し、右大臣まで昇進した。また、学問に通じていた源清は、多くの著作を残しており、その著作は平安時代の文学や思想に大きな影響を与えた。さらに、源清は、嵯峨天皇の孫である源融や光孝天皇の孫である源信といった、平安時代を代表する文化人を輩出した清和源氏の祖となった。 源清は、皇族として生まれながら、臣籍降下することとなったが、公卿として活躍し、学問や文学の発展に貢献した。また、清和源氏の祖となった源清は、平安時代を代表する文化人を輩出した人物としても知られている。