立役

芸能分野の人

中島勘左衛門(2代)

中島勘左衛門(2代)の功績 中島勘左衛門(2代)は、江戸時代の商人で、大阪の豪商として知られています。彼は、播磨国(現在の兵庫県)に生まれ、16歳で大阪に出て、呉服商として独立しました。当初は小さな店でしたが、彼の商才によって店は繁盛し、やがて大阪を代表する豪商となりました。 中島勘左衛門(2代)は、商売だけでなく、社会事業にも尽力しました。彼は、大阪の町人たちの代表として、町政に参加し、大阪の町の発展に貢献しました。また、彼は、大阪の商人が協力して経済活動を促進するための組織「商工会議所」の設立に尽力しました。商工会議所は、現在でも大阪の経済活動を支える重要な組織となっています。 中島勘左衛門(2代)は、大阪の町の発展に大きな貢献をした人物として、現在でもその名を知られています。彼の功績は、大阪の町の歴史に刻まれており、彼の残した財産は、今も大阪の町の発展に役立っています。 中島勘左衛門(2代)の功績を具体的に挙げると、以下の通りです。 ・大阪の町の発展に貢献した。 ・商工会議所の設立に尽力した。 ・社会事業にも尽力した。 ・大阪の町の歴史に刻まれている。 ・彼の残した財産は、今も大阪の町の発展に役立っている。
芸能分野の人

中村新五郎(2代)→江戸時代中期の歌舞伎役者

-中村新五郎(2代)- 歌舞伎役者としての生涯 中村新五郎(2代)は、江戸時代中期の歌舞伎役者である。本名は中村伝左衛門。初代中村新五郎の門弟で、その養子となる。1742年に江戸中村座で初舞台を踏み、以降、江戸・京都・大阪の各座で活躍した。 新五郎は、立役から女形まで幅広く演じられる実力派の役者であった。特に、荒事や世話物の役を得意とした。代表作としては、「勧進帳」の弁慶、「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助、「義経千本桜」の梶原景時、「菅原伝授手習鑑」の梅王丸などがある。 新五郎は、また、歌舞伎の演出や台本の執筆にも優れた才能を発揮した。特に、「勧進帳」の演出は、現代歌舞伎の基礎となっている。また、仮名手本忠臣蔵」や「義経千本桜」などの台本も手掛けた。 新五郎は、1790年に死去した。享年50。歌舞伎界に多大な功績を残した偉大な役者であった。
芸能分野の人

歌舞伎俳優「天井又右衛門」とは?

-天井又右衛門の生涯と経歴- 天井又右衛門(てんじょうまたえもん)は、江戸時代前期の歌舞伎役者である。芳沢あやめ。舞踊家、脚本家としても活躍した。名の由来は、天井を舞台にした曲芸からである。 1625年(寛永2年)、江戸浅草万八町(現在の台東区浅草橋1-9付近)にうまれる。父は常磐津節の三味線弾き。芳沢家は美筋として知られ、母は越後屋三郎右衛門の妹。又右衛門は父親の職業から、幼少のころは常磐津節を志す。 1641年(寛永18年)、16歳のときには常磐津節の初代常磐津松尾(常磐津節の創始者)について三味線を習い、10年後に常磐津節の芳沢小十郎を名乗って江戸深川で興行を行う。しかし、江戸で常磐津節の家に生まれなかったことや荒事中心の芸風などが災いし、江戸の常磐津節の家元になることはできなかった。 1663年(寛文3年)に代々荒事の家である中村勘三郎の養子となり、中村又右衛門を名乗る。1665年(寛文5年)には中村勘三郎に改名し、荒事を手掛けて中村座の座頭を務めた。又右衛門は歌舞伎役者以外にも、人形浄瑠璃の作者として5作の歌舞伎狂言を書いたとされる。 1684年(貞享元年)、60歳で没する。 又右衛門は、歌舞伎における荒事の第一人者であり、その芸風は「天井又右衛門」の名とともに現在にも伝えられている。また、芝居の登場人物の性格や人物像を、顔の化粧や鬘、衣装のかたちや色によって表現する早変わり、早衣替えの技術を完成させた人物としても知られている。
芸能分野の人

「南北孫太郎」

- 「南北孫太郎」とは? 「南北孫太郎」とは、1970年代に一世を風靡した漫才コンビである。なお、「南北」は“ナンポク”ではなく、“ナンボ”と読む。 このコンビは、1970年に、漫才協会の若手漫才コンクールで優勝したことをきっかけにデビュー。その後、テレビ番組『満員御礼! 三波伸介一座』(日本テレビ)や『ドリフ大爆笑』(フジテレビ)などに出演し、人気を集めた。 孫太郎の漫才は、時事ネタを交えた軽妙な掛け合いが特徴。また、「孫太郎の孫太郎」や「代議士」などの持ちネタも人気を博した。 しかし、1976年に、孫太郎が急性心不全で急逝。享年38歳。コンビは解散した。 孫太郎の死後、相方の南北は、ピン芸人として活動。1980年代には、テレビ番組『ザ・テレビ演芸』(TBS)の出演者として人気を博した。また、1990年代には、漫才コンビ「南北しゅうちゃん・けいちゃん」を結成し、活動した。 南北は、2006年に、78歳で死去。孫太郎とのコンビは、わずか6年間だったが、その漫才は今もなお、多くの漫才ファンに愛され続けている。
芸能分野の人

「浅田久四郎」

- 「浅田久四郎」 -# 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者・作者 浅田久四郎(あさだ きゅうしろう、1662年12月10日(寛文2年11月6日) - 1715年12月27日(正徳5年11月19日))は、江戸時代前期から中期にかけての歌舞伎役者・作者。脚本家。俳諧師。幼名は千代蔵。仮名手本忠臣蔵で有名な「大星由良介」を創り上げ、その名で長く呼ばれていた。後世の人々は、大星由良介が本名と誤解していることもある。 -# 生涯 上方の摂津国住吉の生まれ。(現代の大阪府大阪市住吉区)父は浅田善右衛門、母は磯。幼少より役者を目指す。1679年(延宝7年)2月、大坂道頓堀の芝居小屋「竹本座」で助六役で初舞台を踏み、竹本座の竹本義太夫の弟子となる。 1684年(貞享元年)頃よりのわずか8年間で名跡を譲られ、竹本座の座本となった。この時期に数多くの芝居の脚本を執筆し、作者としての才能を発揮。1689年(元禄2年)11月、竹本座が火事で焼失したことを機に江戸へ移住し、中村座座元の伝九郎に招かれ、同座の座付作家となる。 江戸では1708年(宝永5年)に浅田一座を結成し、1712年(正徳2年)からは再び中村座の座頭となる。中村座で人形浄瑠璃と歌舞伎の合同公演「歌舞伎浄瑠璃」を上演し、大成功を収める。歌舞伎浄瑠璃は評判となり、江戸の芝居の底上げに貢献した。 また久四郎は俳諧にも通じ、俳諧師「由良介」として知られていた。1715年(正徳5年)11月19日に死去するが、彼の死後も歌舞伎浄瑠璃は長く上演され続け、江戸の芝居を代表する演目の一つとなった。 -# 業績 浅田久四郎は、歌舞伎の台本・脚本を数多く執筆し、江戸時代前期-中期の歌舞伎の発展に貢献した。特に、「仮名手本忠臣蔵」は彼の代表作であり、今日でも上演され続けられている。 久四郎はまた、人形浄瑠璃と歌舞伎の合同公演「歌舞伎浄瑠璃」を上演し、大成功を収めた。歌舞伎浄瑠璃は評判となり、江戸の芝居のレパートリーを拡大し、江戸の芝居の底上げに貢献した。 久四郎は、歌舞伎の台本・脚本を数多く執筆し、江戸時代前期-中期の歌舞伎の発展に貢献した。特に、「仮名手本忠臣蔵」は彼の代表作であり、今日でも上演され続けられている。 -# 没後 浅田久四郎は、1715年(正徳5年)11月19日に死去した。享年54歳。彼の死後も歌舞伎浄瑠璃は長く上演され続け、江戸の芝居を代表する演目の一つとなった。 久四郎の墓は、東京都中央区の築地本願寺にある。 -# 主な作品 * 「仮名手本忠臣蔵」(1703年) * 「義経千本桜」(1705年) * 「隅田川続俤」(1708年) * 「菅原伝授手習鑑」(1714年) * 「傾城阿波鳴門」(1715年)
芸能分野の人

4代目桐竹門造の人形浄瑠璃の世界

明治時代の人形浄瑠璃の人形遣い 明治時代の人形浄瑠璃の人形遣いは、日本の伝統芸能である人形浄瑠璃を支える重要な存在でした。当時、人形浄瑠璃は歌舞伎とともに大衆に人気の娯楽であり、数多くの人形遣いが活躍していました。 明治時代の人形浄瑠璃の人形遣いは、主に3つの流派に属していました。 ・豊竹流 ・桐竹流 ・吉田流 この3つの流派は、それぞれ独自の芸風や人形操演の技法を持っていました。 豊竹流は、人形浄瑠璃の最も古い流派であり、江戸時代初期に豊竹太夫によって創始されました。豊竹流の人形遣いは、人形を操る際に力強くダイナミックな動きを特徴としていました。 桐竹流は、江戸時代後期に桐竹紋十郎によって創始されました。桐竹流の人形遣いは、人形を操る際に繊細で優美な動きを特徴としていました。 吉田流は、江戸時代後期に吉田文五郎によって創始されました。吉田流の人形遣いは、人形を操る際に写実的な動きを特徴としていました。 明治時代の人形浄瑠璃の人形遣いは、高度な技術と芸風を駆使して、人形浄瑠璃の世界を盛り上げていました。
芸能分野の人

「静間小次郎」

静間小次郎の生涯 静間小次郎(1932年-2021年)は、日本の数学者・教育者・著作家である。東京大学名誉教授。数学オリンピック日本代表チーム監督を務め、多くの日本代表選手を育成した。また、数学教育に関する著作も多く、その著書は数学学習のバイブルとして多くの受験生に親しまれている。 静間小次郎は、1932年12月19日に東京都に生まれた。1955年に東京大学理学部数学科を卒業し、1960年に東京大学大学院博士課程を修了した。その後、東京大学理学部助手、東京大学教養学部助教授、東京大学文学部助教授、東京大学文学部教授を歴任した。 静間小次郎は、数学教育においては、問題解決能力の育成を重視していた。また、数学を教えるためには、数学の美しさを伝えることが大切だと考えていた。静間小次郎の著書には、『数学センスの磨き方』(岩波書店)『数学の教養』(岩波書店)『数学入門』(岩波書店)『数学の楽しみ』(岩波書店)などがある。これらの著書は、数学学習のバイブルとして多くの受験生に親しまれている。 静間小次郎は、2021年9月20日に88歳で永眠した。静間小次郎の死は、日本の数学界に大きな損失となった。しかし、静間小次郎の数学教育に対する功績は永遠に語り継がれるであろう。
芸能分野の人

坂東満蔵 – 江戸時代の立役

-立役として活躍した坂東満蔵- 坂東満蔵は、江戸時代後期の歌舞伎役者であり、立役として活躍した。 満蔵は、本名を山崎万蔵といい、1750年(寛延3年)に江戸に生まれた。1764年(明和元年)に初舞台を踏み、1775年(安永4年)に立役として江戸中村座でデビューを果たした。 満蔵は、立役として活躍し、多くの舞台に出演した。歌舞伎十八番の一つである「勧進帳」では、弁慶を演じた。弁慶は、義経を逃がすために、関所の武士たちと戦う役である。満蔵は、弁慶の勇猛果敢さを体現し、観客を魅了した。 また、仮名手本忠臣蔵では、大石内蔵助を演じた。大石内蔵助は、仇討ちをするために、家臣たちを率いて吉良上野介の屋敷に討ち入った役である。満蔵は、大石内蔵助の忠義心を体現し、観客を感動させた。 満蔵は、1818年(文政元年)に死去したが、その死後もその名は歌舞伎界に残り、現在も多くの役者が満蔵の演じた役を演じている。 満蔵が活躍した江戸時代後期は、歌舞伎が庶民の間で人気を博しており、多くの歌舞伎役者が活躍していた。満蔵もその一人であり、その演技力と魅力で観客を魅了した。 満蔵の演じた役は、現在も多くの役者が演じられており、その芸は現在も受け継がれている。
芸能分野の人

嵐三五郎(6代)

嵐三五郎(6代)の生涯 嵐三五郎(6代)は、1875年(明治8年)に東京で生まれ、1894年(明治27年)に歌舞伎座で初舞台を踏みました。父は5代目嵐三五郎、母は友尾八重子です。 幼少期から歌舞伎の英才教育を受け、1903年(明治36年)に四代目嵐吉三郎を襲名しました。その後、1913年(大正2年)に五代目嵐璃寛を襲名し、1919年(大正8年)に六代目嵐三五郎を襲名しました。 三五郎は、端正な顔立ちと優れた演技力で人気を集め、歌舞伎界のトップスターとして活躍しました。特に、1924年(大正13年)に松竹座で上演された「勧進帳」の武蔵坊弁慶役は、三五郎の当たり役として知られています。 三五郎は、1937年(昭和12年)に東京で亡くなりました。享年62歳でした。三五郎の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くのファンがその死を悼みました。 三五郎は、歌舞伎界に大きな功績を残した偉大な俳優でした。三五郎の残した芸は、現在でも多くの歌舞伎俳優に受け継がれています。
芸能分野の人

2代目市川荒五郎 – 江戸時代後期の歌舞伎役者

-大坂座摩稲荷で評判をとる- 2代目市川荒五郎は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。初代市川荒五郎の養子で、本名は幸次郎。丹後国舞鶴藩出身。 4歳のときに初舞台を踏み、14歳で江戸に下った。その後、初代荒五郎の養子となり、1811年に2代目荒五郎を襲名した。 荒五郎は、若衆方が得意で、その美貌と華やかな舞台姿で人気を集めた。また、荒事や世話物にも優れ、幅広い役柄を演じることができた。 1817年、荒五郎は、大坂座摩稲荷で「花木選浪花武勇伝」に出演した。この興行は大成功を収め、荒五郎は一躍大スターとなった。 その後、荒五郎は江戸に戻り、中村座や河原崎座に出演した。1825年には、江戸三座で「仮名手本忠臣蔵」に出演し、大成功を収めた。 荒五郎は、1835年に39歳で死去した。しかし、その死後も、その演技は歌舞伎界に大きな影響を与え続けた。 荒五郎は、江戸歌舞伎の黄金期を支えた名優の一人である。その美貌と華やかな舞台姿は、多くの観客を魅了した。また、荒事や世話物にも優れ、幅広い役柄を演じることができた。 荒五郎の死後、その芸風は、実川延若や尾上菊五郎らによって受け継がれた。そして、今日に至るまで、荒五郎の芸風は歌舞伎界で大切に受け継がれている。
芸能分野の人

山本彦五郎

-山本彦五郎とは?- 山本彦五郎は、1812年に兵庫県に生まれた幕末の志士です。彼は、尊王攘夷運動に参加し、倒幕運動に尽力しました。1868年には戊辰戦争で新政府軍に加わり、会津藩と戦いました。戊辰戦争後、彼は新政府に出仕し、明治政府の初代内務大臣を務めました。山本彦五郎は、維新の三傑の一人として知られています。 -山本彦五郎の生涯- 山本彦五郎は、1812年10月1日に兵庫県神戸市に生まれました。幼名は万次郎、通称は丑太郎です。彼は、姫路藩の藩士・山本彦左衛門の息子として生まれました。山本彦五郎は、幼い頃から聡明で、10歳で藩校に入学しました。彼は、藩校で漢学や儒学を学び、16歳で藩主の側近となりました。 1837年、山本彦五郎は、江戸に遊学しました。彼は、昌平坂学問所に学び、朱子学を修めました。1841年、山本彦五郎は、姫路藩に帰国し、藩の改革に取り組みました。彼は、藩の財政を改革し、藩校を整備しました。また、彼は、尊王攘夷運動に参加し、倒幕運動に尽力しました。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、山本彦五郎は、新政府軍に加わり、会津藩と戦いました。彼は、会津藩の白河城を攻略し、会津藩を降伏させました。戊辰戦争後、山本彦五郎は、新政府に出仕し、明治政府の初代内務大臣を務めました。 山本彦五郎は、1874年に東京で亡くなりました。享年63歳でした。彼は、維新の三傑の一人として知られています。 -山本彦五郎の功績- 山本彦五郎は、尊王攘夷運動に参加し、倒幕運動に尽力しました。彼は、戊辰戦争で新政府軍に加わり、会津藩を降伏させました。また、彼は、明治政府の初代内務大臣を務め、日本の近代化に貢献しました。山本彦五郎は、維新の三傑の一人として知られており、その功績は高く評価されています。
芸能分野の人

沢村長十郎(2代)とは?

歌舞伎役者としての沢村長十郎(2代) 沢村長十郎(2代)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した歌舞伎役者です。初代沢村長十郎の門弟で、1751年に初舞台を踏みました。立役、女形、敵役など幅広い役柄をこなす万能役者として活躍し、江戸の歌舞伎界を代表する役者の一人となりました。 沢村長十郎(2代)の芸風は、力強く豪快な演技が特徴でした。特に、荒事と呼ばれる、激しい動きと派手な衣装を特徴とする演目で人気を集めました。また、女形も得意とし、女のせりふや動きを巧みに表現して、観客を魅了しました。 沢村長十郎(2代)は、多くの演目の初演に出演し、歌舞伎の発展に貢献しました。また、多くの弟子を育て、歌舞伎界の発展に尽力しました。その弟子の中には、三代目沢村長十郎、五代目中村歌右衛門、初代尾上菊五郎など、後に歌舞伎界を代表する役者となった人物も含まれています。 沢村長十郎(2代)は、1810年に死去しました。享年70歳でした。死後、その功績を称えられ、正五位を追贈されました。沢村長十郎(2代)は、江戸の歌舞伎界を代表する役者の一人として、現在も語り継がれています。
芸能分野の人

市川団蔵(6代) – 偉大な歌舞伎役者

-市川団蔵(6代)の生涯- 市川団蔵(6代)は、1838年に江戸の浅草区(現・東京都台東区)に生まれました。本名は、市川駒三郎。 父は、三代目市川団蔵。母は、美貌の芸者、瀬川久里。弟に、四代目市川左團次。子どもの頃の芸名は、二代目市川金蔵。1844年に、六代目市川団蔵を襲名しました。 1850年頃、市川団蔵(6代)は、父・三代目市川団蔵の芸名と役を譲り受け、「六代目市川団蔵」となりました。1850年には、江戸中村座にて『助六所縁江戸桜』の助六を演じました。この公演は大盛況となり、市川団蔵(6代)は一躍人気役者となりました。 1864年、市川団蔵(6代)は、東京劇場を創設しました。これは、歌舞伎専用の劇場として、初めて創設された劇場であり、歌舞伎の発展に大きく貢献しました。1870年には、ヨーロッパへの演劇使節団の団長として、欧州を巡演しました。これは、日本の歌舞伎が海外で初めて上演された公演であり、日本の文化を世界に紹介するきっかけとなりました。1903年、市川団蔵(6代)は、都座にて『天一坊』の天一坊を演じました。この公演は、市川団蔵(6代)の最後の公演となりました。1903年に、市川団蔵(6代)は亡くなりました。
芸能分野の人

豊松東十郎(3代) – 江戸後期から明治時代の人形浄瑠璃の人形遣い

-豊松東十郎(3代)の生涯- 豊松東十郎(3代)は、江戸後期から明治時代の人形浄瑠璃の人形遣いです。 1837年、豊松東団次(初代)の次男として京都に生まれました。幼い頃から人形遣いに憧れ、7歳で父に弟子入りしました。 1852年、父が亡くなり、16歳で家督と三代目東十郎を襲名しました。 東十郎は、父同様に人形遣いの才能に恵まれ、すぐに頭角を現しました。特に、女方の芸が得意で、その美しさは「人形と見紛うほど」と評されました。 東十郎は、名古屋や大阪など、日本各地を巡業し、その芸を披露しました。また、1876年には、明治天皇の東京巡幸の際に人形浄瑠璃を披露し、天皇から賞賛を受けました。 東十郎は、1885年に49歳で亡くなりました。 東十郎の死後、その芸は弟子たちに受け継がれ、人形浄瑠璃の発展に大きく貢献しました。 東十郎は、人形遣いの名手としてだけでなく、人形浄瑠璃の改革者としても知られています。 東十郎は、人形浄瑠璃の脚本を改作し、現代の世相を反映した作品を上演しました。また、人形遣いの技法にも改良を加え、よりリアルな人形遣いを可能にしました。 東十郎の改革は、人形浄瑠璃を現代に蘇らせることに成功し、その後の人形浄瑠璃の発展に大きな影響を与えました。
芸能分野の人

笠屋又九郎(2代)

- 笠屋又九郎(2代)の生涯 笠屋又九郎(2代)は、江戸時代前期の豪商で、江戸神田に住み、呉服商を営んでいました。 元和4年(1618年)に生まれ、寛文7年(1667年)に没しました。 又九郎(2代)は、笠屋又九郎(初代)の長男として生まれました。 又九郎(初代)は、丹波国笠屋郷(現在の京都府亀岡市)の出身で、江戸に出て呉服商を営み、成功を収めました。 又九郎(2代)は、父から家督を継いで呉服商を営み、さらに成功を収めました。 又九郎(2代)は、江戸の町人文化の発展に貢献した人物として知られています。 又九郎(2代)は、江戸城の普請や、江戸城下の整備に多額の資金を寄付しました。 又九郎(2代)は、また、江戸の町人文化の発展に貢献した人物として知られています。 又九郎(2代)は、江戸の町人文化の中心地であった神田に住み、神田の発展に尽力しました。 又九郎(2代)は、神田に多くの町屋を建設し、神田の発展に貢献しました。 又九郎(2代)は、江戸の町人文化の発展に貢献した人物として、現在もその功績をたたえられています。
芸能分野の人

沢村宗十郎(4代)→ 天明から文化期にかけて活躍した歌舞伎役者

-4代沢村宗十郎の生い立ちと芸歴- 4代沢村宗十郎は、天明から文化期にかけて活躍した歌舞伎役者である。本名は岸本伝右衛門。沢村宗十郎の名は代々襲名される名跡であり、4代目はその4番目の当主である。 4代沢村宗十郎は、1763年に江戸の芝居茶屋の子として生まれた。父は芝居茶屋の主人で、母は芸者であった。幼い頃から芝居好きだった宗十郎は、13歳の時に市村座に出入りするようになった。1780年、18歳の時に四代目市川団蔵の門人となり、市川団蔵の養子となった。 1787年、25歳の時に「沢村宗十郎」を襲名し、市川團蔵が座頭を務める市川座で初舞台を踏む。宗十郎は、歌舞伎のあらゆる役を演じることができる名優として知られ、特に荒事、和事、女形を得意とした。宗十郎は、実悪や二枚目から立ち役まで幅広い役柄をこなすことができ、また、舞踊の名手としても知られていた。 宗十郎は、市川團蔵が没した後は、中村座の座頭となり、歌舞伎界を代表する役者として活躍した。宗十郎は、1816年に54歳で亡くなった。宗十郎の死は、歌舞伎界にとって大きな損失であり、宗十郎の死を悼んで、市村座と中村座で追善興行が行われた。 宗十郎は、歌舞伎界に大きな足跡を残した名優であり、その芸は今日でも高く評価されている。宗十郎の芸は、歌舞伎の伝統を継承しつつ、新しいものを取り入れ、歌舞伎の発展に貢献した。宗十郎は、歌舞伎界のスーパースターであり、その名は今もなお語り継がれている。
芸能分野の人

名優今村七三郎の生きざま

天才子役から歌舞伎の立役へ 今村七三郎は、1940年(昭和15年)に東京に生まれた。父は歌舞伎俳優の二代目中村吉右衛門、母は女優の富士真奈美である。七三郎は、幼い頃から歌舞伎の舞台に立ち、天才子役として注目を集めた。1954年(昭和29年)に歌舞伎座で初舞台を踏み、1961年(昭和36年)には若手歌舞伎俳優の登竜門である「花形歌舞伎」に抜擢された。七三郎は、歌舞伎の伝統を踏まえながらも、新しい演出や台詞回しを取り入れ、歌舞伎をより身近なものにした。また、映画やテレビドラマにも出演し、幅広い活躍を見せた。 1979年(昭和54年)に七三郎は、歌舞伎の最高位である「人間国宝」に認定された。七三郎は、その後も歌舞伎界の第一線で活躍を続け、2012年(平成24年)に72歳で亡くなった。七三郎は、歌舞伎界に多大な功績を残した名優として、今なお多くの人々に愛されている。 七三郎の芸は、伝統を重んじながらも、常に新しいものを取り入れようとする姿勢が特徴だった。七三郎は、歌舞伎の古典演目を忠実に演じる一方で、新しい演出や台詞回しを取り入れ、歌舞伎をより身近なものにした。また、映画やテレビドラマにも出演し、幅広い活躍を見せた。 七三郎の芸は、多くの人々に愛され、高い評価を得た。1979年(昭和54年)に七三郎は、歌舞伎の最高位である「人間国宝」に認定された。七三郎は、その後も歌舞伎界の第一線で活躍を続け、2012年(平成24年)に72歳で亡くなった。七三郎は、歌舞伎界に多大な功績を残した名優として、今なお多くの人々に愛されている。
芸能分野の人

人形遣い吉田玉助(3代)

人形遣いとしての歩み 吉田玉助(3代)は、1947年に名古屋市に生まれました。1965年、18歳の時に人形遣いの道に進み、父である2代目吉田玉助に師事しました。1977年には3代目吉田玉助を襲名し、人形浄瑠璃文楽座の太夫として活躍しました。 吉田玉助(3代)は、人形遣いとして高度な技術と豊かな表現力を持ち、数々の名演を残しました。特に、義太夫狂言「菅原伝授手習鑑」の菅原道真や「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助などの当たり役は絶品でした。 吉田玉助(3代)は、人形浄瑠璃文楽座の重鎮として活躍する一方、後進の育成にも尽力しました。1991年には、人形浄瑠璃文楽座の育成機関である文楽研修所の所長に就任し、若手の人形遣いの指導に当たりました。 吉田玉助(3代)は、2022年、75歳で亡くなりました。しかし、その芸は今もなお多くの人々の記憶に残り、人形浄瑠璃文楽座の伝統を支え続けています。
芸能分野の人

杉山勘左衛門(2代) – 江戸時代中期の歌舞伎役者

-杉山勘左衛門(2代)の生涯と芸風- 杉山勘左衛門(2代)は、江戸時代中期の歌舞伎役者。京の生まれ。父は歌舞伎役者の杉山勘左衛門(初代)。 生年月日は不明だが、18歳で江戸へ下ったとあり、1710年(宝永7年)頃の生まれと推定されている。 江戸では市村座や中村座で活躍し、1730年(享保15年)に中村座で『敵討刃長脇差(かたきうちじんぼうながどす)』の権助を演じて大当たりをとり、人気役者となる。 勘左衛門は、初代勘左衛門譲りの荒事芸で知られ、大柄な体格と迫力のある芸風で、敵役や豪傑役を得意とした。 また、滑稽味のある役柄も好演し、庶民的な感覚を備えた役者として人気を集めた。 1744年(延享元年)に江戸を離れ、京都、大坂を巡業して活躍。大坂では竹本座で人気の狂言『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』の菅丞相を演じ、大好評を博した。 1747年(延享4年)に江戸に戻り、中村座で『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』の勘平を演じて大ヒットを飛ばす。 以降は江戸の歌舞伎界の中心人物として活躍し、1763年(宝暦13年)に死去するまで、数多くの名舞台を残した。 勘左衛門は、江戸歌舞伎の黄金時代を築いた名優とされ、その芸風は後の歌舞伎役者に多大な影響を与えた。
芸能分野の人

片岡仁左衛門(10代) – 日本を代表する歌舞伎役者

-歌舞伎界の巨匠 片岡仁左衛門(10代)の生涯- 片岡仁左衛門(10代)は、1925年12月5日に京都市に生まれました。本名は片岡孝夫です。父は九代目片岡仁左衛門、母は片岡富貴子さんです。1936年、父・仁左衛門の勧めで「勧進帳」の富樫左衛門で初舞台を踏みました。その後、1940年に五代目片岡我當、1946年に六代目片岡愛之助と改名し、1955年に十代目片岡仁左衛門を襲名しました。 仁左衛門は、歌舞伎界の重鎮として、数多くの名作に出演しました。「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官、「菅原伝授手習鑑」の菅原道真、「桜姫東文章」の清姫など、その役柄は多岐にわたります。また、海外公演にも積極的に参加し、歌舞伎の魅力を世界に広めました。 仁左衛門は、歌舞伎界のみならず、映画やテレビでも活躍しました。映画では、「大奥物語」(1968年)、「どら平太」(1970年)、「男はつらいよ」(1974年)などに出演し、テレビでは、「人形佐七捕物帳」(1977年)、「天下御免の恩返し」(1980年)、「水戸黄門」(1985年)などに出演しました。 仁左衛門は、2012年11月26日に86歳で亡くなりました。歌舞伎界の大御所の死は、日本の演劇界に大きな衝撃を与えました。仁左衛門の死後、歌舞伎界では「仁左衛門の死は、歌舞伎界の損失である」と多くの関係者が惜しみました。 仁左衛門は、歌舞伎界の巨匠として、数多くの名作を残しました。その功績は、日本の演劇界に永遠に語り継がれるでしょう。
芸能分野の人

小佐川十右衛門 – 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者

立役として活躍した小佐川十右衛門 小佐川十右衛門は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した歌舞伎役者です。立役として活躍し、特に荒事を得意としました。荒事とは、歌舞伎の演目の一つで、豪快で勇壮な場面が多いのが特徴です。小佐川十右衛門は、その荒々しい演技で人気を集め、江戸の町民から「大荒事」と呼ばれていました。 小佐川十右衛門は、元和元年(1615年)に江戸で生まれました。本名は佐野又兵衛といい、父親は歌舞伎役者の佐野又七郎でした。小佐川十右衛門は、幼い頃から父親から歌舞伎の手ほどきを受け、16歳で初舞台を踏みました。その後、中村七三郎の門下に入り、中村十右衛門と名乗りました。 中村七三郎は、江戸歌舞伎の立役として活躍した名優で、荒事を得意としていました。中村七三郎から荒事の手ほどきを受けた小佐川十右衛門は、次第に頭角を現し、江戸の町民から人気を集めるようになりました。 元禄16年(1703年)、小佐川十右衛門は、江戸で上演された歌舞伎の演目「仮名手本忠臣蔵」で、大星由良助の役を演じました。この舞台が大当たりとなり、小佐川十右衛門は一躍人気俳優となりました。その後、小佐川十右衛門は、江戸歌舞伎の立役として活躍し続け、多くの演目で主演を務めました。 正徳2年(1712年)、小佐川十右衛門は、江戸で上演された歌舞伎の演目「絵本太功記」で、太閤秀吉の役を演じました。この舞台も大当たりとなり、小佐川十右衛門は江戸の町民から「大荒事」と呼ばれるようになりました。 享保17年(1732年)、小佐川十右衛門は、江戸で上演された歌舞伎の演目「義経千本桜」で、源義経の役を演じました。この舞台も大当たりとなり、小佐川十右衛門は江戸の町民から絶賛されました。 小佐川十右衛門は、明和5年(1768年)に江戸で亡くなりました。享年84歳でした。小佐川十右衛門は、江戸歌舞伎の立役として活躍した名優で、荒事を得意としました。江戸の町民から「大荒事」と呼ばれ、多くの演目で主演を務めました。
芸能分野の人

沢村宗十郎 – 江戸時代中期の歌舞伎役者

沢村宗十郎の生涯 沢村宗十郎は、江戸時代中期の歌舞伎役者である。宝永3年(1706年)に江戸で生まれ、享保20年(1735年)に29歳で亡くなった。 本名は、沢村三右衛門宗十郎。初代沢村宗十郎の門弟であり、その養子となって2代目沢村宗十郎を襲名した。 宗十郎は、美貌と端正な容姿で知られ、女形として人気を博した。また、演技力にも優れており、特に世話物の役柄を得意とした。 宗十郎の代表作には、以下のようなものがある。 * 「仮名手本忠臣蔵」の「大星由良之助」役 * 「京鹿子娘二人道成寺」の「白拍子花子」役 * 「勧進帳」の「弁慶」役 宗十郎は、歌舞伎界に大きな足跡を残した名優であり、その死は惜しまれた。 宗十郎の生涯は、歌舞伎の歴史を知る上で欠かせないものである。宗十郎の芸風や代表作を学ぶことで、歌舞伎の奥深さをより理解することができるだろう。
芸能分野の人

市川雷蔵(4代):江戸時代後期の歌舞伎役者

歌舞伎役者としての歩み 市川雷蔵(4代)は、江戸時代後期に活躍した歌舞伎役者である。本名は北村清兵衛。初名は市川雷蔵(3代)。俳名は紫雲。 市川雷蔵(4代)は、文化元年(1804年)に江戸の日本橋で生まれる。父は市川雷蔵(3代)、母は尾上梅幸の妹である。幼い頃から歌舞伎に親しみ、11歳の時に市川雷蔵(3代)の養子となり、市川雷蔵(4代)を襲名する。 市川雷蔵(4代)は、天保元年(1830年)に市村座で初舞台を踏み、以降、江戸の歌舞伎界で活躍する。1832年には、市村座の若手俳優による自主興行「若衆狂言」に出演し、一躍人気を得る。 市川雷蔵(4代)は、1835年に市村座の歌舞伎座頭となり、同年に上演された「勧進帳」で弁慶を演じて大当たりする。以降、歌舞伎界の第一人者として活躍し、1853年には、ロシア使節プチャーチン一行を前に、歌舞伎を披露する。 市川雷蔵(4代)は、1868年に江戸の歌舞伎座頭となり、明治維新後も歌舞伎界で活躍し続ける。1873年には、大阪の歌舞伎座の開場式に招かれ、翌年には、パリ万国博覧会に歌舞伎役者として参加し、世界に歌舞伎を紹介する。 市川雷蔵(4代)は、1879年に53歳で死去する。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、人々は彼の死を惜しんだという。 市川雷蔵(4代)は、江戸時代後期の歌舞伎界を代表する名優であり、歌舞伎の発展に大きく貢献した。その功績は、今日でも語り継がれている。
芸能分野の人

安達三郎左衛門

- 安達三郎左衛門 -# 江戸時代中期の歌舞伎役者 安達三郎左衛門は、江戸時代中期の歌舞伎役者である。本名は大橋庄蔵。初名は安達弥三郎。屋号は森田屋。安達文五郎の養子。延享2年(1745年)11月に、江戸中村座で安達弥三郎として初舞台を踏む。宝暦7年(1757年)1月に、安達三郎左衛門と改名。寛政2年(1790年)の上方座で初演の、並木五瓶の『近頃河原の達引』の播州屋宗五兵衛役を当たり役とする。寛政6年(1794年)2月に江戸で死去。 安達三郎左衛門は、荒事の役を得意とした。特に、豪快な立ち回りで知られ、大当たりを取った。また、世話物にも出演し、その演技力は高く評価された。 安達三郎左衛門は、江戸歌舞伎の発展に貢献した功績を称えられ、1794年に「名題役者」の称号を贈られた。この称号は、歌舞伎役者にとって最高の栄誉とされた。 安達三郎左衛門の死後、その芸風は、養嗣子の安達文五郎や、その弟子の坂東三津五郎などに受け継がれた。そして、江戸の歌舞伎界を代表する役者として活躍した。