竜造寺氏

歴史上の人物

隈部親永について

隈部親永の生涯 隈部親永(くまでもちかひさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名、冒険家、貿易家である。 隈部親永は、1541年に尾張国愛知郡隈部村(現在の愛知県名古屋市緑区)に生まれた。父は、隈部氏当主の隈部親職(ちかのぶ)である。親永は、幼少の頃から英邁(えいまい)にして、学問を好み、また武芸にも秀でていた。 16歳の時、家督を相続した。1560年の桶狭間の戦いで、織田信長に仕えて、今川義元を討ち取った功績により、三河国幡豆郡内400石を与えられた。 1568年、信長が足利義昭を奉じて上洛した際に、これに随行して上洛し、従五位下・河内守に叙任された。 1570年の姉川の戦いで、浅井長政、朝倉義景の連合軍を破った功績により、近江国坂田郡内2000石を与えられた。 1573年の長篠の戦いでは、武田勝頼の軍勢を破った功績により、美濃国加茂郡内3000石を与えられた。 1575年、信長が越前国一向一揆を討伐した際に、これに随行して越前国に赴き、一揆を鎮圧した功績により、加賀国能美郡内5000石を与えられた。 1582年の本能寺の変の後、柴田勝家と羽柴秀吉が対立した際、親永は柴田方に属した。しかし、1583年の賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れ、剃髪して仏門に入り、閑雲居士と号した。 1586年、秀吉の赦免により、蟄居を解かれた。そして、1593年に伏見城の城代に任命された。 1598年、秀吉の死後、徳川家康に仕え、石見国浜田城の城主に任命された。 1600年の関ヶ原の戦いでは、西軍に属して、大坂城を守備した。しかし、戦後、家康に降伏して、所領を安堵された。 1603年、家康が江戸幕府を開くと、幕府の老中の一人として、江戸城の普請奉行や大坂城の再建奉行を歴任した。 1605年、家康の命により、南蛮貿易の朱印状を賜り、朱印船を派遣して、東南アジアに赴き、貿易を行った。 1607年、朱印船を派遣して、南米に渡り、インカ帝国の遺跡であるマチュ・ピチュを発見した。 1611年、家康の死後、徳川秀忠に仕え、引き続き老中として幕政を担った。 1614年の大坂冬の陣では、豊臣秀頼を攻め、大坂城を落とした功績により、加増されて、石見国津和野藩10万石の大名となった。 1615年の大坂夏の陣では、再び豊臣秀頼を攻め、大坂城を落とした功績により、播磨国赤穂藩10万石に加増された。 1624年(寛永元年)、84歳で死去した。法名は、寿昌院殿法雲日栄。
歴史上の人物

甲斐宗運 – 戦国-織豊時代の武将

甲斐宗運の生涯 甲斐宗運は、戦国時代から織豊時代にかけての武将。甲斐武田氏の家臣で、武田信玄、武田勝頼の二代に仕えた。甲斐宗運は、永禄5年(1562年)、甲斐国に生まれた。父は甲斐守備の武士である跡部昌綱である。幼名は源七郎。信玄に仕えた父と共に駿河や三河などで戦功を挙げた。天正元年(1573年)、武田家の家督を継いだ武田勝頼の命を受けて、信玄の墓守を務めた。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が倒れると、勝頼は上杉氏と同盟して織田氏と戦うが、天正15年(1587年)、徳川家康の攻撃を受けて武田氏は滅亡する。甲斐宗運は、武田氏の滅亡後は、徳川家康に仕えた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで功を挙げ、大名に取り立てられた。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣で病死した。享年53。
歴史上の人物

高木宗家 – 平安後期~鎌倉時代の武士

-高木宗家とはどんな人物か- 高木宗家は、平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した武士です。桓武平氏の流れをくむ平家の一族であり、平忠盛や平清盛と同一の血筋であるといわれています。 宗家は、若くして源頼朝の挙兵に参加し、頼朝の鎌倉幕府設立にも貢献しました。頼朝からは、功績を認められて、常陸国に所領を与えられ、常陸平氏の一族として活躍しました。 宗家は、勇猛果敢な武将として知られており、源平合戦においては、平家方の総大将・平清盛と戦いました。しかし、清盛の軍勢に敗れ、常陸国に逃亡しました。 その後、宗家は再起を図り、源頼朝に再び仕えました。頼朝の死後、鎌倉幕府は内紛が続き、宗家は源頼朝の遺児である頼家や頼朝の弟である源義経と行動を共にしました。 しかし、頼家や義経が相次いで没落すると、宗家は朝廷に降伏しました。宗家は、朝廷から許しを得て、常陸国の所領に帰りました。 宗家は、晩年まで常陸国で過ごし、80歳で亡くなりました。宗家は、平家の一族でありながら、源頼朝に仕え、鎌倉幕府の設立に貢献した人物として知られています。
歴史上の人物

徳島胤順 – 戦国時代の武将

戦国時代の武将・徳島胤順 徳島胤順(とくしま たねのぶ)は、戦国時代の武将、戦国大名。土佐国(現在の高知県)の戦国大名・長宗我部元親の弟。 通称は弥四郎、法号は松岳院。 1539年、土佐国安芸郡に生まれる。長宗我部元親の四男。 1560年、元親が本山氏を滅ぼして安芸郡を平定すると、胤順は安芸郡を与えられ、安芸城の城主となる。 1569年、元親が土佐国統一を達成すると、胤順は土佐七郡の守護職に任命される。 1578年、元親が四国平定に乗り出すと、胤順は元親に従って出陣。 1585年、九州征伐では、胤順は九州攻めの総大将として島津氏と戦う。 1587年、豊臣秀吉の九州平定によって、元親は土佐国を没収される。胤順もまた、安芸郡を没収され、豊後国(現在の大分県)に配流される。 1592年、肥後国(現在の熊本県)の熊本城攻めで戦死した。享年54。 胤順は、元親の弟でありながら、戦国大名として活躍した。また、胤順は、元親の九州征伐にも従軍し、豊臣秀吉の九州平定にも貢献した。
歴史上の人物

少弐時尚 – 戦国時代の武将

-少弐家の断絶- 少弐氏は、九州北部を支配した戦国大名である。鎌倉時代初期に肥前国守護となった少弐資時を祖とし、南北朝時代には九州探題を務め、九州の支配権を確立した。しかし、戦国時代に入ると、大内氏や島津氏などの台頭により、その勢力は衰退していった。 そして、1550年、少弐氏第19代当主少弐資元が家臣の謀反により暗殺され、少弐家は断絶した。これにより、九州の覇権争いはさらに激化し、最終的には島津氏が九州を統一することになった。 少弐家の断絶は、九州の戦国時代の終わりを告げる事件であった。また、戦国時代は、日本の領主制が崩壊し、新しい中央集権国家が誕生するまでの時代である。少弐家の断絶は、この時代の終焉を象徴する事件であった。 少弐家は、九州を支配した戦国大名であり、その歴史は鎌倉時代初期まで遡る。戦国時代に入ると、少弐氏は衰退の一途をたどり、1550年に第19代当主少弐資元が家臣の謀反により暗殺され、少弐家は断絶した。少弐家の断絶は、九州の戦国時代の終わりを告げる事件となった。
歴史上の人物

城親賢 – 戦国から織豊時代にかけて活躍した武将

- 城親賢の生涯 城親賢は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した武将です。河内国の守護であった畠山氏の家臣として生まれ、畠山氏の内紛に巻き込まれながら、徐々に頭角を現していきました。1573年に畠山氏の家督を継いだ畠山顕綱に仕え、他の畠山氏家臣とともに顕綱を支えました。しかし、顕綱は1580年に織田信長の家臣である羽柴秀吉に攻められて、顕綱は自害しました。 秀吉に降伏した城親賢は、秀吉の配下として活躍しました。1584年の小牧・長久手の戦いで秀吉方の軍として参戦し、徳川家康の軍と戦いました。その後も、九州平定や小田原征伐などの秀吉の主要な戦役に従軍し、功績をあげました。 秀吉の死後は、豊臣政権に仕え、豊臣秀次の家老として活躍しました。しかし、1595年に秀次は切腹を命じられ、城親賢も連座して自刃しました。 城親賢は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した名将の一人です。畠山氏の家臣として生まれ、秀吉の配下として九州平定や小田原征伐などの主要な戦役に従軍し、功績をあげました。豊臣政権に仕えていましたが、豊臣秀次の切腹に連座して自刃しました。
歴史上の人物

竜造寺氏の娘であり戦国の動乱を生きた毛利勝永妻

-毛利勝永妻の生い立ち- 毛利勝永妻は、戦国時代の大名である竜造寺隆信の娘として、肥前国佐賀城で生まれた。幼名は不詳であるが、後に勝永が彼女を「お菊」と呼んでいたことから、菊姫と呼ばれていた可能性がある。 竜造寺氏は、肥前国を本拠とする戦国大名であり、隆信は「肥前の虎」と称される勇猛果敢な武将であった。菊姫は、そんな隆信と、その正室である鍋島氏との間に生まれた嫡女であった。 菊姫は、幼い頃から聡明で、武芸にも秀でていたと伝えられている。特に、弓矢の腕前はかなりのものであり、長じてからは隆信の側で戦に加わったこともあったという。 菊姫は、天文22年(1553年)に、毛利氏家臣である毛利勝永と結婚した。勝永は、毛利元就の三男であり、菊姫にとっては従兄にあたる人物であった。 菊姫と勝永の間には、2人の男子が生まれた。長子は毛利輝元であり、後に毛利氏の当主となった。次子は小早川隆景であり、豊臣秀吉の家臣として活躍した。 菊姫は、永禄12年(1569年)に、夫の勝永が病死した際に、夫の菩提を弔うために尼僧となり、法名を「浄心院殿月照禅定尼」と称した。その後、菊姫は、文禄3年(1594年)まで生存したと伝えられている。
歴史上の人物

阿蘇惟将

阿蘇惟将の生涯 阿蘇惟将は、戦国時代に阿蘇氏第19代当主として活躍した人物である。阿蘇氏の居城であった阿蘇城は、肥後国(現・熊本県)の中央に位置する阿蘇山の麓にあり、九州屈指の名城として知られていた。 阿蘇惟将は、天文2年(1533年)に阿蘇惟豊の長男として生まれた。幼名は童丸丸といい、のちに惟将と名乗った。天文19年(1550年)に父が没すると、家督を継いで阿蘇氏の第19代当主となった。 阿蘇惟将は、勇猛な武将として知られ、数多くの合戦で勝利を収めた。永禄2年(1559年)には、島津氏の侵攻を迎え撃ってこれを撃退し、肥後の領土を守った。永禄5年(1562年)には、大友氏との合戦で勝利し、豊後国(現・大分県)の一部を領有した。 しかし、阿蘇惟将の勢力拡大は、隣国の肥後国主・相良長毎の警戒を招いた。相良長毎は、阿蘇惟将を討つために、島津氏と手を組み、永禄7年(1564年)に阿蘇氏の本拠地である阿蘇城を攻撃した。阿蘇惟将は、奮戦したが、多勢に無勢で、ついに城を明け渡して退却した。 阿蘇惟将は、阿蘇城を奪還するために、島津氏と相良氏と何度も戦ったが、敗北を続けた。天正6年(1578年)、阿蘇惟将は、薩摩国(現・鹿児島県)の島津義久に降伏した。阿蘇惟将は、島津氏の家臣となり、阿蘇氏の領地は島津氏の支配下に入った。 天正15年(1587年)、九州平定を終えた豊臣秀吉が、肥後国に侵攻した。島津氏は、豊臣秀吉の軍勢に敗北し、肥後国から撤退した。阿蘇惟将は、豊臣秀吉に降伏し、阿蘇氏の領地を安堵された。 阿蘇惟将は、慶長5年(1600年)に死去した。享年68歳であった。阿蘇惟将の死後、阿蘇氏は代々肥後の大名として存続したが、明治維新後に華族制度が廃止されると、阿蘇氏は平民となった。