笑三

歴史上の人物

安宅康重:戦国-織豊期の名将

-安宅康重とは- 安宅康重(あんたく やすしげ)は、戦国時代後期から織豊時代にかけての武将。安宅氏12代当主。豊臣秀吉の家臣。 安宅氏は、近江蒲生郡安宅(現在の滋賀県東近江市安土町)を拠点とした武家で、代々佐々木六角氏の家臣であった。康重は、安宅氏11代当主・安宅冬重の子として生まれる。 康重は、若い頃から勇猛果敢で知られ、六角氏に仕えて戦功を挙げた。特に、1570年の観音寺城の戦いで、織田軍の猛攻を食い止めた功績は顕著であった。 しかし、1573年に六角氏が織田信長に降伏すると、康重も織田氏に仕えるようになった。康重は、織田氏の家臣として、伊勢長島一向一揆の平定、越前一向一揆の平定、毛利氏との戦いなどに参加し、功績を挙げた。 1582年の本能寺の変の後、康重は豊臣秀吉に仕えた。秀吉は、康重の武勇を高く評価し、近江国蒲生郡内で1万石を与えた。康重は、秀吉の九州征伐、小田原征伐に参加し、功績を挙げた。 1592年、康重は文禄の役に出陣し、朝鮮に渡った。康重は、碧蹄館の戦い、晋州城攻防戦に参加し、功績を挙げた。しかし、1593年に晋州城で戦死した。 康重は、戦国-織豊期の名将として知られている。康重は、勇猛果敢で、戦功を多く挙げた武将である。また、康重は、主君に忠実で、家臣思いの良い領主でもあった。